Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『スキャナー・ダークリー』『サイコパス』2つの映画に見る監視社会の未来|SF恐怖映画という名の観覧車16

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile016


(C)サイコパス製作委員会

SFが描く未来の世界には様々な種類の未来があります。

私たちが理想とする素晴らしい世界がある一方で、決しておとずれて欲しくはない恐ろしい未来もあります。

今回は、そんな数ある未来を描いた映画の中でも、“監視社会”を描いた2作品と、それに近づきつつある現実をご紹介していきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『スキャナー・ダークリー』(2006)

2006年にキアヌ・リーヴス主演で公開された『スキャナー・ダークリー』。

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』など、数多くのSF小説を世にはなったフィリップ・K・ディックの『暗闇のスキャナー』を映像化した作品であり、独特なアニメーションによる表現が麻薬により自己を見失っていく主人公の様子を見事に表現しています。

“自分”を監視する“自分”


TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.

個人の保護のため、職場にすら自身の正体を明かさず任務に就く麻薬の潜入捜査官の主人公が、売人だと疑われた自分自身の監視を命じられます。

潜入捜査の過程で薬物に溺れ始めた事と、監視対象となった“自分自身の監視”を繰り返すうちに“本当の自分”を見失う物語がメインとなり、狂気と一筋の希望が物語としても強烈に頭に残ります。

キアヌ・リーヴス本人が海外の掲示板に登場した際にこの作品を勧めるなど、ロバート・ダウニー・Jrのつかみどころのない演技も合わせ評価が高いことを納得できる1作で、興味のある人にはぜひ見て欲しいとすら言えます。

“監視社会”がもたらす弊害とは


TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.

今作では、“監視対象”となった人物にはプライバシーは存在せず、家の中に至るまでプライベートなありとあらゆる部分を監視されています。

一方で、現実では犯罪捜査の場においても家の中までを監視することはありませんが、“監視カメラ”の普及により、犯罪捜査以外でも様々な場所が監視されています。

街中や店内に設置される監視カメラは、犯罪捜査や犯罪に対する抑止力として日々活躍しています。

しかし、社内や店内に設置した監視カメラで、社員の勤務状況を監視するなど犯罪とは違った部分での監視が増えてきているのも事実です。

社内に設置された監視カメラで、不正や過度な職務怠慢を指導することは正常な使い道とすら言えますが、必ずしも“監視している人間”が正しいとは言えないのが世の常です。

高度な“監視社会”は使う人間の暴走で、良い方にも悪い方にも転んでしまう危うさを抱えていると言えるでしょう。

『PSYCHO-PASS サイコパス』Next Project(2019)

「踊る大捜査線」シリーズで有名な本広克行監督とアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の虚淵玄がタッグを組み製作されたアニメ「PSYCHO-PASS」。

1度の映画化を経験し、来年には3部作の映画化が予定されるなど、根強い人気を持つこのシリーズでは、“完全監視”により成し遂げた理想の社会が描かれています。

“犯罪係数”が左右する人生


(C)サイコパス製作委員会

あらゆる生体反応からその人の精神状態を解析し、“犯罪者になる危険性”を数値化した“犯罪係数”。

今作の中ではこの“犯罪係数”が何よりも重要になり、この値が一定の基準を上回った人間は、仮に罪を犯していなくても“強制収容”もしくは“即時射殺”となります。

この部分だけを見ると非常に恐ろしい社会であるように思えますが、犯罪係数が低い人間にとっては、数値化したあらゆる自己の情報から自分に合った人生をシステムが紹介してくれる素晴らしい社会のようにも描かれています。

自身が決める人生ではなく、システムが決める自身の人生。

恐るべき犯罪者との戦いと、そのシステムの裏側を巡った陰謀を楽しめるアニメシリーズです。

スポンサーリンク

犯罪を事前検知する社会


(C)サイコパス製作委員会
作中では、犯罪係数を測定するために、監視カメラ等を通しスキャンすることで犯罪者となり得る存在を事前に検知しているのですが、現実でもその世界はかなり近づいています。

ロシアで開発された監視カメラ「DEFENDER-X」には、カメラに映った人物の行動を解析し、その人物の危険度を自動で検知する機能が内蔵されています。

大規模なイベント会場など、様々な場所で導入が決定されているこのカメラのように、“犯罪を未然に防ぐ”と言う、犯罪被害に合う人を減らす様々なシステムは既に現実のものになりつつあり、“監視社会”が人々に幸福を与えてくれるのか、が問われる時期になってきています。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

今回のコラムでは現実に近づきつつある、人々のテクノロジーについて少しだけ触れましたが、次回のprofile017では、今回のコラムとは真逆とも言える、人間の底力と宇宙人の文明とのド派手なぶつかり合いを描いた最新映画『スカイライン 奪還』(2018)を詳しくご紹介していきたいと思います。

10月3日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ごっこ』あらすじと感想。千原ジュニアの演技力で描いた疑似家族の原理|映画道シカミミ見聞録21

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第21回 こんにちは、森田です。 2018年は映画『万引き家族』がカンヌ映画祭でパルムドールを受賞したことで、改めて「疑似家族」に注目が集まっています。 10月20日 …

連載コラム

『ハイエナたちの報酬 絶望の一夜』あらすじネタバレと感想。ゲラ・バブルアニ監督がフランス社会を風刺する理由|未体験ゾーンの映画たち2019見破録15

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第15回 1月初旬よりヒューマントラストシネマ渋谷で始まった“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」にて、ジャンル・国籍を問わない貴重な5 …

連載コラム

【ネタバレ感想】『ワンダーウーマン』映画と原作コミックとの比較解説。新たな女性ヒーローのアイコン|最強アメコミ番付評22

連載コラム「最強アメコミ番付評」第22回戦 こんにちは、野洲川亮です。 『アベンジャーズ エンドゲーム』に続いて『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の予告がアップされましたね。 2019年公開の …

連載コラム

『恐怖の報酬 オリジナル完全版』感想と評価。1977年の名作フリードキン版で描かれた映画的サスペンス手法を解説|サスペンスの神様の鼓動2

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ピックアップする作品は、40年の歳月を経て復活した、 …

連載コラム

【三橋俊平インタビュー動画】シアターモーメンツ新作『#マクベス』身体表現の模索と劇団の活動について語る| THEATRE MOMENTS2019⑨

連載コラム『THEATRE MOMENTS2019』第9回 ©︎Cinemarche 「日本発のワールドスタンダード演劇」をモットーに、これまで精力的な取り組みを展開してきた劇団シアターモーメンツ。 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP