Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『神が描くは曲線で』ネタバレ結末あらすじと感想評価。ラストどんでん返しに“最後まで気が抜けない”真相とは⁉︎|Netflix映画おすすめ131

  • Writer :
  • 山田あゆみ

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第131回

『神は曲線を描く』は、Netflixで2022年12月9日から配信されたスペインのサスペンス映画。

サスペンスに定評のあるオリオル・パウロ監督が手がけています。

本作の主演は、同監督の『インビジブル・ゲスト 悪魔の証明』(2016)のローラや『ペトラは静かに対峙する』(2018)のペトラを演じたバルバラー・レニー。

155分の長編映画ですが、スピーディな展開に引き込まれて、最後まで油断できないサスペンスとなっています。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『神が描くは曲線で』の作品情報


(C)Netflix映画『神が描くは曲線で』

【公開】
2022年(スペイン映画)

【監督】
オリオル・パウロ

【原作】
トルクアト・ルカ・デ・テナ

【キャスト】
バルバラ―・レニー、エドゥアルド・フェルナンデス、ロレート・モーレオン、ハビエル・ベルトラン、パブロ・デルキ、フェデリコ・アグアド、アデルファ・カルボ

【作品概要】
『神が描くは曲線で』を手がけたオリオル・パウロ監督は、サスペンス映画に定評のある監督です。過去作品に『ロスト・ボディ』(2012)、『インビジブル・ゲスト 悪魔の証明』(2016)やSFスリラー『嵐の中で』(2018)などがあります。

主人公のアリス・グールドを演じるのは、『インビジブル・ゲスト 悪魔の証明』(2016)や『ペトラは静かに対峙する』(2018)のバルバラ・レニー。院長であるサムエル・アルバは、『誰もがそれを知っている』(2018)のエドゥアルド・フェルナンデス。

原作はトルクアト・ルカ・デ・テナによる1979年の同名小説です。

映画『神が描くは曲線で』のあらすじとネタバレ


(C)Netflix映画『神が描くは曲線で』

アリス・グールドは、泉の聖母精神病院へと向かいます。

アリスに関する病状について、「患者は常に答えを用意します。嘘であれ必ず答えます。発言に統合性を欠くこともあります。しかしすぐに説明を返します。以前の話は嘘で、今回の話こそ本当だと。彼女は愚直な人間や経験不足の精神科医を簡単に惑わせます」と書かれた報告書を、ルイペレス医師は読み上げます。

アリスに夫婦関係について質問するルイペレス。アリスは、16年一緒に暮らす夫のヘリオドロはアリスの金をギャンブルで使い込んでいると言います。

夫から合法的に誘拐されたとアリスは説明しますが、医師はアリスが夫を毒殺しようとした件について問い正します。

アリスは夫は知性に欠くが美しく、美しいものを崇めている自分は殺せないのだと説明します。ルイペレス医師はアリスのことをパラノイアだとメモをします。

アリスは、モンセ・カステル副委員長に施設内へと案内されました。アリスは、持ち物検査と身体検査をされたのち、病棟に入ります。

私物の持ち込みは禁じられますが、「パラノイア症候群について」という本だけモンセに許可を得て持ち込みます。

モンセから扉の中では自分を忘れるよう助言され、‟アリシア”と名乗るように言われました。

部屋に案内されたアリスは先ほどの本の中から、「私でなくお前が殺した」というメモや「デルオルモ家の悲劇」と書かれた新聞記事の切り抜きを取り出します。

アリスは、デルオルモ家のダミアンという男が精神科内で死んだ事件解決のために潜入捜査にきた私立探偵でした。

病棟内の食堂で、アリスは患者の一人であるイグナシオに話しかけられたアリス。

テーブルの下に突如現れた小人症の男ルイスに驚かされたアリス。ルイスがエレファントマンと呼ばれる巨大な男のもとへ走って行ったのを、イグナシオが叱りつけます。

イグナシオから患者たちを紹介されます。精神障碍者同士の間に生まれた、人まねをするロムロと、双子で言葉を話せないレモ。

ロムロが、自分の妹だと思い込んで大切にしている少女などが病棟にはいました。

過去のある夜。敷地内で火災が起こります。患者の一人が複数個所を刺されて血まみれで誰も入れないはずの病室で死んでいました。

ベッドの下には凶器とみられるガラスの破片が有りました。外は雨のなか、患者の一人が行方不明になっており、容疑がかけられました。

場面が変わり、現在。患者たちに、ダミアン・ガルシア・デオモルモについて聞き込みをするアリス。

その後アリスは、臨床サービス部長のセザル・アレヤノから診療を受けます。アルバ院長に会いたいというアリスに対し、その話以外で診察すると言います。

セザルはアリスに簡単な質問をし、精神状態を確認します。夫婦関係や性生活についても聞かれます。夫は子供を欲しがっていませんでした。

後日、セザルとの面談中にアリスは水をわざとこぼし、トイレを借りたいと頼みます。職員用トイレのカギをセザルから借り、トイレに細工をして水漏れを起こします。

係員が水漏れに気を取られている隙に事務室に潜り込み、ダミアンが死んだ日の1978年11月24日の外出許可書を手に入れます。

過去。患者刺殺の疑いが、ライターを持っており、手のひらが血まみれだったイグナシオにもかけられます。イグナシオは「助けようとしたが、手遅れだった」と話します。

現在。教会で、ロムロがアリスに「分かっているよ」と微笑みかけます。外のベンチにいたイグナシオにアリスは11月に外出した件について質問します。

ダミアンの死に関係があるのか聞きますが、イグナシオは姉と会っていたと言い、空を仰いだ後「行かなければ」と言って立ち去ろうとします。

雨が降り始め、苦しむイグナシオ。痙攣し倒れてしまいます。イグナシオは恐水病でした。

病室のベッドで意識を取り戻したイグナシオに、アリスはダミアンの事件を負っている探偵であることを打ち明けます。

ダミアンを殺した犯人は、統合失調症であり自殺を偽装したといいます。ダミアンの父親はアリスの父親の親友なので潜入捜査している、という経緯をイグナシオに説明しました。

イグナシオから、ダミアンは統合失調症で電気ショックなどの治療を受けていたと聞いたアリス。

ダミアンはいつも小人症のルイスともめていて、ダミアンが死んだ日、ルイスは失踪していたと言います。

過去の事件の日、院長は刑事に事件を病院内で処理したいと話していました。疑問視されているある改革を行っていることが表沙汰されることを避けていたからです。

そこへ、行方不明になっていた患者が見つかったと知らせが入ります。

ルイスを探しに森へ入ったアリスは、ロムロに導かれて木の枝で作った家に行きます。

その中にはロムロが妹だと思い込んでいる少女がおり、ロムロはアリスのことを母親だと言いました。「置いていかないで」と言うロムロを抱きしめるアリス。

物音がして再び森へ入ったアリスはルイスに飛びつかれ、石で殴られて失神してしまいます。

ベッドで目覚めたアリスは、セザルからルイスが死んだと知らされます。レイプされそうになったアリスが、ルイスを木の棒で殴ったことが原因でした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『神が描くは曲線で』ネタバレ・結末の記載がございます。『神が描くは曲線で』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Netflix映画『神が描くは曲線で』

院長が現れ、アリスはデルオルモの調査結果を話しますが、院長からは覚えがないと言われてしまいます。アリスの父親のこともしらを切られ、潜入捜査の件も否定されてしまいました。

怒ったアリスは夫に電話しようとしますが、病棟からの電話は交換手にしかつながりません。捜査の件を認めない院長に、アリスは怒って突き飛ばしてしまいました。

鎮静薬を打たれて眠らされたアリス。目覚めるとモンセが様子を見に来ました。退院するために審査員を招集するよう頼んだアリス。

審査会では、自分は病気ではなく夫との仲も良好だが、事件解決のために入院したのだと説明します。

アリスの言い分では、おおみそかの夜にアリスが夫とリッツに行くと、ダミアンの父親がおり、息子は自殺ではないはずだという話を聞きます。

父親の元に「私ではなく、お前が殺した」という統合失調症の筆跡の手紙が届いていました。そのまま、事件について捜査したアリス。

精神科から手紙を送るには、外出許可がいることが分かります。内部で調査するためにアリスはダミアンの父親の協力の元、院長と手紙でやり取りします。

院長から、入院しやすい病気がパラノイアだと提案され、症状を学び面接の練習を繰り返します。

信頼しているドナティオ医師から報告書に署名をもらい、加筆しました。「患者は常に答えを準備します。経験不足の医師を惑わせます」という内容です。

夫の署名は、銀行の書類に紛れ込ませて書かせて、アリスは「ブエノスアイレスに数週間行く」とウソをつき、精神科に向かったのでした。

院長は、アリスには夫の殺害未遂の疑いがあることを職員たちに説明します。

アリスが夫の食事に毒を盛っていたことが、夫にバレてしまい罰せられることを恐れて探偵として潜入捜査をしているふりをしたのだと言います。

セザルとムンセはアリスが真実を言っているのなら、健常者を拘束できないとして院長に反論します。

イグナシオが院長に話をしたいと言ってアリスと共に訪れます。ルイスに襲われそうになったアリスの様子を見て、助けに入ったとイグナシオが説明しました。

院長は警察の介入は必要ないと、同室にいた男性に目配せをしました。アリスはその男性を警察だと思い、自分の状況を尋ねます。夫や報告書を書いた医師に連絡してほしいと言います。

ムンセが、ドナティオはチューリッヒで会議中で、アリスの夫は自宅の電話に出ないと言います。その上、アリスが警察だと思って話しかけた男性は、デルオルモ(ダミアンの父親)だと名乗ります。

この男は自分のことを雇ったデルオルモではないと言い張るアリスですが、その場にいる全員は信じません。アリスはそのまま拘束されて職員に連れて行かれ、電気ショック治療を受けさせられます。

その後、意識がもうろうとした状態で精神錯乱状態の患者たちがいる部屋で寝かされました。

アリスは記憶をたどります。大晦日のパーティで夫からデルオルモを紹介された時、夫に署名をさせたとき。「勇気に感謝する。君なら大丈夫」とデルオルモに言われた言葉を思い出します。

目を覚ますとロムロとイグナシオ、セザルがアリスの目の前にいて、アリスを外に逃がすと言います。

アリスは夫がアリスの金目的に自分をはめたと、セザルとムンセに説明します。ドナティオや院長も金を受け取り共謀しているのだと。

ムンセは院長の部屋に潜り込みます。アリスの夫が20倍の医療費を院長に払った領収書が見つかりました。

その現場を院長に見られ、ムンセは解雇されてしまいます。ムンセから多額の医療費の理由を聞かれても、院長は病院への寄付だと言い張りました。

警察に合法的誘拐の疑いを話しに行ったセザルでしたが、疑いはないと調査を断られてしまいます。

一方アリスは病院から脱出するためにイグナシオやほかの数人の患者たちに協力を仰ぎます。

作業場にアリスは火をつけます。恐水症のイグナシオは、自室で自ら水に触れ、倒れているところを職員から助けられます。

職員が部屋のカギを開けた隙に、ほかの患者の部屋の鍵を開けてまわり、避難するように呼び掛けます。

セザルはアリスの家に向かい、夫が家におらず長く住まれていないことを確認します。アリスの探偵事務所の看板も見つけました。

火事の最中、ロムロが血だらけで死んでいるのをイグナシオが発見しました。警察もやってきて施設内は大混乱の中、アリスは門のカギを手に入れて外に出ようとします。

そこへ検視官やってきてアリスは鍵を開けて中へ入れました。ロムロが死んだことを検視官から聞いたアリスは、検視官を眠らせて衣類を交換して病室に入りました。

患者用の服を着て車の中で眠っている検視官を見つけた院長や警察らは、検察室に行きアリスを見つけます。アリスは犯人が分かったとすべてを説明し始めます。

アリスはロムロの遺体には刺し傷以外に重量を加えた外傷があったと言います。アリスのことを襲ったルイスは、上から襲い掛かってきており、それを仕向けたのはエレファントマンでした。

そして、ルイスを殴って撃退したのはロムロ。ロムロとエレファントマンはロムロが妹のように大事にしている少女を巡って何度も喧嘩しており、ルイスを殺された恨みが重なり、エレファントマンはロムロを殺したのです。

ロムロを刺したときにできた切り傷が手のひらにあったことが証拠となって、エレファントマンは捕まりました。

アリスの夫が、アリスの口座から全額引き落とした後、口座名義人である夫が成年被後見人となり、権限を得ていたことを警察の一人が突き止め、アリスは警察に事情を話すために向かいます。

ムンセは、院長に退任を求める署名を集め、翌日アリスの退院について臨時総会を開くと院長に伝えます。

アリスはレモに会いに行きます。そして、「あなたを失ったかと思った。母親は息子の見分けがつくものよ」と言い、「あなたは妹と弟のレモも守った」と言うと、レモのふりをしていたロムロは涙を流しました。

火事で病院内がパニックになっている最中、ロムロは妹を守ろうとレモを病室に残して妹の元に行っている間に、エレファントマンに間違って殺されてしまったのでした。

アリスは、また会いに来ると言って彼を抱きしめました。

翌日の総会。夫は預金をおろして南アジアへ逃亡中。ドナティアは行方をくらましており、デルオルモを名乗った男は誰だったのか不明な状況でした。

審理では、委員会全員の一致がなければアリスを退院させることが出来ません。

アリスは院長に対し「あなたの名誉にかけて公平に願います」と言います。「あなたの問題は、自分の権威が女性に失墜させられたことよ。私だけでなく患者全員部下たちにも。それが耐えられないのです」と言いました。

これに対し、院長はそのアリスの物言いから「操作的で危険な人間だと反論します」と言い、アリスが夫を殺害しようとしたのだということを改めて主張しました。一貫性と尊厳を保つため自分の票を放棄すると言いました。

そして、アリスの退院が決まった場合、退任要求の手紙を破棄し、自ら退任したと言うことにするようムンセに言います。

「君たちが失ったものを指摘しよう。臨床的判断を信頼することだ。つまりドナティオの診断だ。彼の手紙に何が書かれていたか。患者の嘘に基づき診断すべきなのか」と院長は最後に言いました。

投票の結果、アリスの精神は正常だと全員から投票されました。院長は、この結果は大きな過ちだと言い、昨夜ドナティオから連絡を受けたことを明かします。

「チューリッヒの後休暇を取って連絡が付かなかったのだ」と言います。そして、「本件について説明を依頼したら快諾いただいた」と言って去りました。

そこへ、アリスがデルオルモだと思っていた人物が入ってきて、「アリス、今度は何をしでかした?」とアリスに向かって言いました。

スポンサーリンク

映画『神が描くは曲線で』の感想と評価


(C)Netflix映画『神が描くは曲線で』

様々な伏線とミスリードがうまく作用し、最後まで観る人を惑わすサスペンス映画となっています。

まず、この映画の大きなトラップは、回想シーンのように途中で挟まれる、ダミアンが死んだ過去の事件の映像が、実はアリスが引き起こした火事の夜だったという点です。

次に、院長がアリスに対して夫を殺害しようとして精神錯乱に陥ったという疑惑をかけたことで、主人公アリスの人物像が揺らぎます。

しかし、この疑惑はアリスが自分の記憶をたどり、全て財産目当ての夫の策略だったことが判明し、覆されました。

ここで副院長のムンセをはじめ、患者のイグナシオやロムロなど、院長以外の人物のほとんどがアリスの味方をすることで、自然とアリスを正当化するよう、観客をミスリードしていたといえます。

アリスが、ルイスから襲われそうになったというのもアリス=被害者という、上手い刷り込みといえるでしょう。

さらに、双子のロムロとレモが入れ替わっていた点も、観客を惑わす小さな仕掛けになっています。

そして、最後のわずか数秒ほどの大どんでん返し…。

院長が「ドナティオに説明を依頼した」と言って会場に入ってきたのは、アリスがデルオルモだと認識してた人物。

つまり、その男が医師ドナティオだったということです。

満場一致でアリスの潔白が証明された直後の、このどんでん返しに驚く人は多いはずです。

しかも、「今度は何をしでかした?」ということは、今までも何かをやらかしてきたということ…。

アリスは実際にパラノイアだった…のか?という衝撃と共に映画は終わります。

映画のはじめ、ドナティオによるアリスに関する報告書にはこう書かれていました。

「患者は常に答えを用意します。嘘であれ必ず答えます。発言に統合性を欠くこともあります。しかしすぐに説明を返します。以前の話は嘘で、今回の話こそ本当だと。彼女は愚直な人間や経験不足の精神科医を簡単に惑わせます」

この忠告を聞こうとしたルイペレス医師も、最後にはアリスを信じてしまいました。

つまり院長以外全員「愚直な人間」そして、医師らも「経験不足の精神科医」だと嘲笑われてしまったような結果になったのです。

そして、まんまと騙された観客たちも…。ですが、ラストカットのアリスの困惑、混乱を漂わせる表情は、解釈の余地を残した絶妙なラストとなっています。

もう一度はじめから観なおしても楽しめるはずです。

まとめ

スペイン映画は、先の読めない秀逸なスリラーやサスペンス映画が豊富です。

本作のオリオル・パウロ監督による『ロスト・ボディ』(2012)は、韓国で『死体が消えた夜』(2018)としてリメイクされています。

また、『インビジブル・ゲスト 悪魔の証明』(2016)やSFスリラー映画『嵐の中で』(2018)なども予想の裏をかくような意外な展開が面白い作品です。

また、セルヒオ・G・サンチェス監督の『マローボーン家の掟』(2017)や、Netflixオリジナル作品のダビ・パストール、アレックス・パストール監督の『その住人たちは』(2020)も、人間の闇の部分を映し出し、予想できないストーリーが味わえる作品です。

『線が描くは曲線で』もその一つ。先の読めないストーリー展開が気に入った方は、ご覧になってみてください。






関連記事

連載コラム

韓国映画『ザ・コール』ネタバレ感想解説と結末までのあらすじ。パクシネとチョンジョンソの時空を超えた血みどろバトル|Netflix映画おすすめ7

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第7回 1999年と2019年という別々の時代を生きる、共に28歳の2人の女性。彼女たちがある日コードレス電話により20年の時を超えて繋がっ …

連載コラム

マドンソク映画『スタートアップ!』感想評価と考察解説。韓国ウェブ漫画の調理人に扮した痛快コメディに注目!|映画という星空を知るひとよ29

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第29回 韓国の俳優マ・ドンソク主演の痛快コメディ映画『スタートアップ!』をご紹介します。 人生に迷える不良少年が出会ったおかっぱ頭の謎の厨房長。母と喧嘩し家出 …

連載コラム

映画『ある用務員』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。福士誠治と阪元裕吾監督が殺し屋集団バトルを描く|未体験ゾーンの映画たち2021見破録4

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第4回 世界のあらゆる国の、様々な事情で埋もれかけた映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第4回で紹介するのは、今回唯一の日本映画『 …

連載コラム

スタローン映画『ロッキー』あらすじネタバレと感想。アカデミー賞の評価に輝く出世作にして名作|すべての映画はアクションから始まる14

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第14回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はア …

連載コラム

梅沢壮一映画『積むさおり』考察とレビュー解説。日常サスペンスに施した“不快感で斬新な手法|SF恐怖映画という名の観覧車74

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile074 「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2019」の特集を終え、独創性の高い作品群が懐かしく感じる秋。 草木が枯れ落ちる、どこ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学