Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/09/07
Update

映画『ヒットマン エージェント:ジュン』感想と考察解説。韓国人俳優クォンサンウ演じるキャラを魅力的にする為に脚本を熟考|コリアンムービーおすすめ指南19

  • Writer :
  • 西川ちょり

売れない漫画家の正体は、対テロ保安局“猛攻隊”の元エージェントだった!

韓国映画『ヒットマン エージェント:ジュン』が2020年9月25日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋他にて全国順次公開されます。

対テロ保安局“猛攻隊”のエージェント、ジュン。誰もが怖れる暗殺者はウェブ漫画家になるために死を偽装しますが……。

チェ・ウォンソブ監督が手掛け、主演にクォン・サンウを迎え、2020年旧正月に韓国で大旋風を巻き起こした抱腹絶倒のアクションコメディ。実写アクションとウェブトゥーンやアニメーションを交えたユニークな構成が注目を集めました。

チョン・ジュノ、ファンウ・スルヘ、イ・イギョン、イ・ジウォン、ホ・ソンテらも出演しています。

【連載コラム】『コリアンムービーおすすめ指南』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ヒットマン エージェント:ジュン』の作品情報


(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(韓国映画)

【原題】
히트맨/英題:Hitman:Agent Jun

【監督・脚本】
チェ・ウォンソプ

【キャスト】
クォン・サンウ、チョン・ジュノ、ファンウ・スルヘ、イ・イギョン、イ・ジウォン、ホ・ソンテ

【作品概要】
韓国を代表する人気俳優クォン・サンウを主役に迎え、チェ・ウォンソブ監督がクォン・サンウの魅力を最大限にイメージして脚本を執筆。

実写アクションとウェブトゥーンやアニメーションを交えたユニークな構成が注目を集めました。チョン・ジュノ、ファンウ・スルヘ、イ・イギョン、イ・ジウォン、ホ・ソンテらが出演。

映画『ヒットマン エージェント・ジュン』のあらすじ


(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

楽しい家族旅行の最中、両親を交通事故で亡くした少年は、国家情報院に拾われ「ジュン」と名付けられました。

ジュンは暗殺要員として育てられ、瞬く間に人間兵器部隊“猛攻隊”のエースとなりましたが、漫画家になるという幼い頃からの夢を捨てられず、任務遂行中に死を偽装して行方をくらませます。

15年後―。ジュンは「スヒョク」と名前を変え、憧れの漫画家になっていました。しかし彼のマンガはまったく人気がなく、いつもひどい感想が書き込まれ、落ち込む毎日です。

たいしたギャラも貰えずバイトと妻・ミナの稼ぎでなんとか日々をしのいでいるありさまです。

連載の打ち切りが決まり自暴自棄になったジュンは、娘のカヨンから自分のことを描けばいいのにと言われたことを思い出し、酔いに任せて暗殺要員時代の機密を漫画にします。

彼が眠り込んでいる間にミナが配信してしまい、翌朝目覚めたときには「面白い!」と大反響を巻き起こしていました。

しかし、漫画を読んだ国家情報院とテロリストに生きていることがバレてしまい、ジュンは双方から命を狙われることに……!

スポンサーリンク

映画『ヒットマン エージェント:ジュン』の解説と感想

(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

クォン・サンウの魅力と個性的な共演者

『ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ』(2019/パク・ヨンジプ)、『鬼手』(2019/リ・ゴン)、そして本作『ヒットマン エージェント:ジュン』と主演作がたてつづけに公開されるクォン・サンウ。

もともと知名度の高いスター俳優ですが、昨今は「二度目の全盛期」と称されるほどの活躍を見せています。

『ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ』ではコメディ、『鬼手』ではシリアスとまったく違う役柄を演じていましたが、本作ではシリアスのちコメディと、クォン・サンウの2つの持ち味を同時に味わうことができます。

「探偵なふたり」シリーズでは恐妻家の推理マニアを演じていましたが、本作でも妻に頭のあがらない売れない漫画家ぶりがおかしく、やっぱりクォン・サンウは恐妻家が似合うなぁと妙に納得してしまいます。

妻・ミナに扮しているのは人気ドラマ『愛の不時着』で、ヒロイン、ユン・セリの兄セジュンの調子のいい妻を好演したファンウ・スルヘ。

本作では売れない漫画家の夫にきつめにあたる気の強い女性を演じていますが、とんでもない出来事に巻き込まれた際の彼女の活躍ぶりは本作でも屈指の見どころとなっています。

また、“猛攻隊”の鬼教官ドキュに扮したチョン・ジュノも、シリアスもコメディもこなす俳優で、本作でもその両面を遺憾なく発揮しています。

人気テレビドラマ『SKYキャッスル』でチョン・ジュノの娘役だったイ・ジウォンが、本作ではクォン・サンウの娘・カヨン役を演じています。カヨンが歌うラップの家族思いのリリックには思わずほろりとしてしまうことでしょう。

笑いとアクションが満載の極上エンターティメント

(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

酔いに任せて描いた暗殺要員時代の機密を題材にした漫画が、ネット配信されてしまい、大反響となったために、生きていることがバレて国家情報院と過去に関わったテロリストの両方から狙われることとなった主人公。

妻をテロリストに、娘を国家情報院にさらわれるという考え得る大きなピンチが訪れ、俄然シリアスになるかと思いきや、ドタバタぶりはさらに加速していきます。

チェ・ウォンソブ監督が「とにかく最後まで休むことなく笑い続ける映画」だと語っているように、爆笑につぐ爆笑へとなだれ込んでいきます。

その一方で、アクションシーン、格闘シーンも豊富で、迫力満点のバトルが展開されます。

クォン・サンウは元“猛攻隊”のエースに相応しい颯爽としたアクションを見せており、さえないのにめっぽう強いジュンという男を絶妙な案配で演じています。

ジャッキー・チェンやチャウ・シンチーが活躍した香港映画のアクションコメディーを彷彿させる極上のエンターティメントに仕上がっています。

ウェブトゥーンが組み込まれた映像の面白さ

(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

実写アクションに、ウェブトゥーンやアニメーションが組み込まれているのも本作の見どころのひとつです。

ウェブトゥーンとは、韓国のデジタルコミック、ウェブコミックの一種です。従来のコミックが、ページごとに描かれているのに対して、ウェブトゥーンはスマホやPCの画面に縦長のストリップで進行していくコミックです。

主人公の描いた漫画ということで、登場するウェブトゥーンはスクロールさせて進んでいく画面が、映画の映像としても映えることがわかります。

キム・イェシンというウェブトゥーン・アーティストが描くウェブトゥーンのジュンはめっぽう格好良く、対するテロリストや“猛攻隊”の仲間たちもシリアスな魅力にあふれています。

ウェブトゥーンでアクションが表現されることで、実写によるアクションもより迫力が増す効果があると同時に、ノワール的でクールな雰囲気のウェブトゥーンとずっこけキャラクターの実際のジュンたちのギャップが、さらなる笑いを誘います。

キム・イェシンは、ジュンが最初に描いていた駄作である『爆笑少林寺』と大反響を巻き起こした『暗殺要員 ジュン』との作品の描き分けも行っており、その部分も是非チェックしてみてください。

まとめ

(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

監督のチェ・ウォンソブは、2009年の作品『私の愛、私のそばに』(パク・チンピョ)の脚色で認められ、短編映画『Fantastic Couple(英題)』で監督としてデビュー。コメディー映画で才能を発揮してきた監督として知られています。

今作も、「すべてをより面白くするためにはどうすれば良いか」とさらなる面白さを追求しながら脚本を書きあげました。

クォン・サンウ扮する主人公・ジュンと彼をとりまくキャラクターとの絶妙な掛け合いが笑いを誘い、何度も爆笑してしまうことでしょう。

韓国映画『ヒットマン エージェント:ジュン』は2020年9月25日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋他にて全国順次公開です。

次回のコリアンムービーおすすめ指南は…

次回もとびっきり面白い韓国映画をお届けする予定です。

お楽しみに。

【連載コラム】「コリアンムービーおすすめ指南」記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

ポランスキー初期短編映画の感想とレビュー評価【殺人 /微笑み /タンスと二人の男】ほかの内容紹介|偏愛洋画劇場20

連載コラム「偏愛洋画劇場」20 今回の連載でご紹介するのは、名匠ロマン・ポランスキー初期短編集に見る才能の片鱗。 2019年11月10日から23日まで、二週間にわたって開催されたポーランド映画祭での上 …

連載コラム

スタローン映画『ロッキー』あらすじネタバレと感想。アカデミー賞の評価に輝く出世作にして名作|すべての映画はアクションから始まる14

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第14回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はア …

連載コラム

映画『マン・オン・ワイヤー』感想と評価。フィリップ・プティが摩天楼の上空を歩く|だからドキュメンタリー映画は面白い7

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第7回 1974年8月7日、摩天楼ニューヨークの上空を、驚愕の目で見つめる人々がいた――。 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第7回は、2009年公 …

連載コラム

映画『スキンウォーカー』あらすじネタバレと感想。最後までラストの意味を掘り下げた監督ジャスティン・マクコーネルの秀作とは⁈|未体験ゾーンの映画たち2020見破録38

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第38回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第38回で紹介するのは、恐るべき生態を持つ、謎の怪物を描いたSFスリラー映画『スキンウォーカー』。 …

連載コラム

韓国映画『ザ・コール』ネタバレ感想解説と結末までのあらすじ。パクシネとチョンジョンソの時空を超えた血みどろバトル|Netflix映画おすすめ7

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第7回 1999年と2019年という別々の時代を生きる、共に28歳の2人の女性。彼女たちがある日コードレス電話により20年の時を超えて繋がっ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学