Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

仮面ライダー×ウィザード&フォーゼMOVIE大戦アルティメタム|映画感想と考察評価。浦沢義雄をはじめとする東映特撮スタッフが総結集|邦画特撮大全71

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第71章

今回の邦画特撮大全は2012年の映画『仮面ライダー×仮面ライダーウィザード&フォーゼMOVIE大戦アルティメタム』。

この作品は、石ノ森章太郎原作で、アクションを含む監督は坂本浩一、脚本は浦沢義雄が手がけました。

実は浦沢は、公開が迫る映画『がんばれいわ!!ロボコン』の脚本も担当しています。浦沢義雄が東映特撮の脚本を執筆するのは『仮面ライダー×仮面ライダーウィザード&フォーゼMOVIE大戦アルティメタム』(2012)以来、8年ぶりのこと。“浦沢義雄の仮面ライダー”をじっくりご紹介します。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『仮面ライダーウィザード&フォーゼMOVIE大戦アルティメタム』の作品情報

「ウィザード&フォーゼ」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
【公開】
2012年(日本映画)

【原作】
石ノ森章太郎

【監督・アクション監督】
坂本浩一

【脚本】
中島かずき、浦沢義雄

【キャスト】
白石隼也、福士蒼汰、吉沢亮、高橋龍輝、清水富美加、坂田梨香子、富森ジャスティン、土屋シオン、志保、田中卓志、原幹恵、真野恵里菜、須賀健太、足立梨花、山谷花純、長澤奈央、神保悟志、遠山俊也、奥仲麻琴、高山侑子、戸塚純貴、中川絵梨奈、篤海、小宮孝泰、KABA.ちゃん、小倉久寛、入来茉里、渡部秀、関智一、三ツ矢雄二、デーモン小暮

【作品概要】
本作『MOVIE大戦アルティメタム』は新旧仮面ライダーが競演する映画「MOVIE大戦」シリーズの第4弾で、今回は『仮面ライダーフォーゼ』(2011~2012)と『仮面ライダーウィザード』(2012~2013)の競演作品です。

『フォーゼ』編はTVシリーズ最終回から5年後を舞台にしており、教師になった主人公・如月弦太朗をはじめ仮面ライダー部のその後の姿が描かれます。福士蒼汰、吉沢亮らオリジナル出演者が集結。そして『ウィザード』編には伝説のスーパーヒロイン“美少女仮面ポワトリン”が登場。

『フォーゼ』編の脚本は、TVシリーズのメイン脚本家で劇団☆新感線の座付き作家・中島かずきが担当。『ウィザード』編、『MOVIE大戦』パートの脚本は、『美少女仮面ポワトリン』(1990)のTVシリーズのメイン脚本家・浦沢義雄が担当しています。監督、アクション監督は『仮面ライダーフォーゼ』のメイン監督・坂本浩一が担当しました。

美少女仮面ポワトリンほか集結する石ノ森ヒーローたち

「ウィザード&フォーゼ」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

本作『MOVIE大戦アルティメタム』には仮面ライダー以外にも石ノ森章太郎が生み出したヒーロー、ヒロインたちが多数登場します。

まずは『美少女仮面ポワトリン』。“東映不思議コメディーシリーズ”の一作で、この作品のメイン脚本家が本作MOVIE大戦アルティメタム』を執筆した浦沢義雄です。

町中の人間がポワトリンの誕生日を祝うシュールな展開や、ぬいぐるみにされる怪人など、ポワトリンが活躍するアンダーワールド(精神世界)の不思議な雰囲気はまさに浦沢義雄ワールドです。

原典通り「コスモマジックメタモルフォーゼ」、「愛ある限り戦いましょう。命燃え尽きるまで」など、ポワトリンの決め台詞も健在でした。

「○○が許してもポワトリンが許さない!!」というTVシリーズの決め台詞は今回、「ミッツ・マングローブが許してもマツコ・デラックスが許さない」に変更されています。

一見ギャグに感じるこの台詞ですが、実はポワトリンの正体に関する大きな伏線となっています。

『フォーゼ』編には『イナズマン』が登場。敵役の番場影人/ヘラクレス・ゾディアーツの名前も、『イナズマン』の敵・帝王バンバがモチーフです。

そして作品全体の悪役である“アクマイザー”は『アクマイザー3』が原典です。「アクマ」という訳で、アクマイザーのリーダー・ザダン(原典のザビダン)の声はデーモン小暮が担当しました。

坂本浩一監督はアクマイザーに強い思い入れがあったようで、3人のポージングや攻撃など、オリジナルへのリスペクトを強く感じる描写も多数登場しています。

スポンサーリンク

観客を圧倒する坂本浩一監督渾身のアクション

「ウィザード&フォーゼ」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

監督とアクション監督を共に坂本浩一監督が担当したこともあり、本作は全篇に亘ってアクションシーンが満載です。以下、見所のアクションを見ていきましょう。

まず冒頭の朔田流星のアクションはTVシリーズ同様に、ブルース・リーが考案したジークンドーを基調にしたものです。この冒頭のアクションから一気に観客を引き込みます。

そして弦太朗と三郎の追跡劇にはパルクールが取り入れられています。パルクールとは街中をアクロバティックに駆けて行くスポーツで、坂本監督は以前から作品内にこのアクションを導入したかったと言います。

小型カメラGoPro(ゴープロ)による主観映像を織り交ぜた映像はスピーディーで、アクションと撮影と編集、各パートの力が見事に重なり結晶した迫力ある映像となっています。

余談ですがアパートの階段から弦太朗と三郎の2人が飛び降りる描写は、ジャッキー・チェン映画へのオマージュです。

『ウィザード』編ではTVシリーズ同様、仮面ライダーウィザードのエクストリーム・マーシャル・アーツ(XMA)を堪能できます。ワイヤーを使用しない華麗なアクションは必見です。

刑事・大門凛子のガンアクションにも力が入っています。また美少女仮面ポワトリンのアクションは、演じる入来茉里が新体操経験者だったため、柔軟系のアクションとなりました。

終盤には『マッドマックス2』(1981)を意識した装甲車によるアクションも登場。本作の公開は2012年で、『マッドマックス 怒りのデスロード』(2015)よりも数年早いのです。

まとめ

「ウィザード&フォーゼ」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

王道の青春モノである『仮面ライダーフォーゼ』と、浦沢義雄脚本によるシュールな世界が展開するTVシリーズとは一風変わった『仮面ライダーウィザード』。

一見水と油に感じる2つの作品の要素を見事に成立させた本作『仮面ライダー×仮面ライダーウィザード&フォーゼMOVIE大戦アルティメタム』。全篇を通してアクションが満載の一大娯楽大作となっています。

次回の『邦画特撮大全』は…

(C)石森プロ・東映

次回の邦画特撮大全は『がんばれいわ!!ロボコン』(2020)を特集します。お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『カゾクデッサン』感想評価と考察レビュー。“真の家族とは何か、どんな姿か”を今井文寛監督が描く|映画という星空を知るひとよ6

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第6回 映画『カゾクデッサン』は、事故にあい意識を無くした女の夫と元夫、そしてその息子が織りなす物語を描いた人間ドラマ。初夏の大気の中、東京の下町と郊外で紡がれ …

連載コラム

【2019年の挨拶】あけましておめでとうございます。

橿原神宮 ©︎Cinemarche 謹啓 あけましておめでとうございます。 今年も映画の多様な価値を、“読者の皆さんに映画を届ける”という原点に立ち返り、専属ライターともに作品解説のご紹介することに取 …

連載コラム

『マチネの終わりに』映画と原作の違いをネタバレ考察。4つのキーポイントを徹底解説|永遠の未完成これ完成である1

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第1回 こんにちは、もりのちこです。 小説や漫画を原作にした映画化の魅力は、「一粒で2度美味しい」。異なる表現である文字と映像をストーリーを通して、「一石二鳥」 …

連載コラム

『レゴ バットマン ザ・ムービー』ネタバレ感想。キャラクターの魅力や評価を監督らの手腕で増幅させた作品|最強アメコミ番付評27

連載コラム「最強アメコミ番付評」第27回戦 こんにちは、野洲川亮です。 『スパイダーマン:スパイダーバース』で、第91回アカデミー賞長編アニメーション部門を受賞したフィル・ロード&クリストファー・ミラ …

連載コラム

映画『仮面ライダー 令和ザ・ファーストジェネレーション』ネタバレあらすじと感想。「原点も頂点もない」と「お前はお前の時代の1号なんだ」というライダー宣言|邦画特撮大全64

連載コラム「邦画特撮大全」第64章 令和最初の仮面ライダー“ゼロワン” と平成最後の仮面ライダー“ジオウ”が競演する仮面ライダー冬映画『仮面ライダー 令和ザ・ファースト・ジェネレーション』(2019) …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP