Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/05/30
Update

映画『ストレンジシスターズ』ネタバレ感想と考察評価。ホラー妖怪・首だけ女ガスーが現代に蘇る|未体験ゾーンの映画たち2020見破録53

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第53回

「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第53回で紹介するのは、強烈な姿の妖怪が登場する、美少女アクションホラー『ストレンジ・シスターズ』。プラッチャヤー・ピンゲーオ監督が手掛けるモンスター・ホラー映画です。

東南アジア諸国に伝わる恐ろしい妖怪”ガスー”。その存在が伝わってくると、日本の妖怪ろくろ首(抜け首)と同じものか、と話題になりましたが見た目の凶悪さは段違いです。

そんな伝統的な妖怪と対決するのが、タイ・バンコクで活躍するアイドルグループ、BNK48の2期生としてセンターも務めた、”ミューニック”ことナンナパット・ルートナームチューサクン。グロテスクな妖怪と美少女が対決する、新世代タイ製ホラー映画が誕生しました。

本作は第32回東京国際映画祭の、「CROSSCUT ASIA #06 ファンタスティック!東南アジア」で上映された作品です。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ストレンジ・シスターズ』の作品情報


(C)2019 SAHAMONGKOLFILM INTERNATIONAL CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2020年(タイ映画)

【原題】
กระสือสยาม / Sisters

【監督・製作・原案】
プラッチャヤー・ピンゲーオ

【キャスト】
プロイユコン・ロージャナカタンユー、ナンナパット・ルートナームチューサクン(ミューニック)、スパコーン・キッスワン、ラター・ポーガーム、アパー・パーウィライ、チンナパット・キティチャイワラングーン

【作品概要】

実の姉妹の様に育った2人の少女。妖怪”ガスー”との対決を運命づけられた彼女たちを描く、モンスター・ホラー映画です。アクションシーンもある本作を監督したのは、『マッハ!!!!!!!!』(2001)や『トム・ヤム・クン!』(2005)、『チョコレート・ファイター』(2008)を製作・監督したプラッチャヤー・ピンゲーオです。

もう1人の主演として”ミューニック”の従姉役を演じ、アクションに挑戦したのが、ノンタワット・ナムベーンチャポーン監督の『#BKKY』(2016)に主演した、プロイユコン・ロージャナカタンユー。少女たちと敵対する妖怪”ガスー”を、『オンリー・ゴッド』(2013)や『ルパン三世』(2014)、『メカニック:ワールドミッション』(2016)のラター・ポーガームが演じます。

本作は第32回東京国際映画祭の、「CROSSCUT ASIA #06 ファンタスティック!東南アジア」で上映された作品です。

映画『ストレンジ・シスターズ』のあらすじとネタバレ


(C)2019 SAHAMONGKOLFILM INTERNATIONAL CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

少女ウィナー(プロイユコン・ロージャナカタンユー)は、自らの身に生まれながら背負わされた、数奇な運命について語ります。

彼女の母は漢方医で呪術師でした。しかし彼女の妹、スロイは呪われた運命から、男と関係を持ってしまった後に、妖怪”ガスー”となってしまいます。

スロイを愛した夫シン(スパコーン・キッスワン)は、妻と産まれた子モーラーを守ろうと、ウィナーの母に懇願します。彼女も持てる術を尽くし運命に抗います。

しかしある夜スロイを仲間に引き入れようと、ラートリーとドゥアンダーオ姉妹に率いられた、ガスー一味が現れます。

しかしガスー一味との戦いでウィナーの母も、モーラーの母スロイも命を落とし、シンも傷付きます。そしてガスーの汚れた血を浴びてしまう赤ん坊のモーラー。

残された実子のモーラーと、姪のウィナーを実の姉妹のように育てるシン。しかしモーラーは成長すると、妖怪ガスーとなる宿命を背負ってしまいました。

シンはそれを防ごうと修得した様々な術を、ウィナーに幼い頃から厳しく仕込んでいきます。医術に呪術、法術に格闘武術を収めたウィナーは、成長した今も修練を怠りません。

そんな彼女も通う高校では、気になる男子もいる平凡な女生徒でした。彼女の通う同じ学校に、車で送られて登校するモーラー(ナンナパット・ルートナームチューサクン)。

様々な術を学ぶためウィナーは叔父のシンと暮らし、一方シンの実子モーラーは、2人と離れて生活しています。しかしウィナーとモーラーは、姉妹のように支え合って日々を過ごします。

もうすぐ16歳になるモーラーは、自分にかけられた呪いを知らずに生きています。その残酷な運命から、必ず彼女を守ろうと決意しているウィナー。

叔父と住む荒れ果てたアパートに帰宅し、ウィナーは音楽を聞きながら美術の課題の絵を描きます。しかし車椅子で現れたシンは、課題より重要なのはモーラーを守ることだと諭します。

それはウィナーの将来を犠牲にするもので、彼女は叔父に反発します。すると何処からか、女の悲鳴が聞こえてきます。ウィナーはマグボトルを手に高校に向かいました。

姪のモーラーが出て行くと、水槽の中にいる何かに生肉を与えるシン。

モーラーは5階の部屋から、エレベーターで1階へと向かいます。しかしエレベーターは3階で停止すると、独りでにドアが開きます。彼女はやむなくエレベーターから外に出ます。

何かの気配を感じたモーラーは、床にチョークで呪術の記号を描きますが、背後から何者かが迫ってきます。記号を描き切れなかった彼女は、非常階段を使い外に逃れました。

高校でモーラーと一緒になったウィナーは、彼女にマグボトルを与えます。それには特別に煎じた薬草茶が入っていました。それを飲んだモーラーは、体が弱いのか日差しを嫌います。

モーラーは父シンと暮らす、ウィナーを羨んでいました。しかし病気を治すには今の暮らしが良いとウィナーは告げました。

仲良く別れたものの、車で帰るモーラーの表情は優れないものです。そして廃墟のようなアパートに帰宅するウィナー。

部屋の扉には呪文を書いた紙が貼ってあり、部屋の中には多くの薬草が所狭しと並んでいます。ウィナーは荷物を置くや、漢方薬を調合し始めました。

夜の街の路地を1人歩く妖艶な女。彼女の前にナイフを持った男が立ちふさがりますが、彼は触手に貫かれ絶命します。

豪華な部屋に戻ったその女、ラートリー(ラター・ポーガーム)は、美しい女たちを従え、車椅子の老婆ドゥアンダーオ(アパー・パーウィライ)を世話していました。

ドゥアンダーオは自分の衰えた容姿に怯え、食事をとれません。彼女に対し、あなたを傷付けた奴らには、必ず復讐すると誓うラートリー。

従者の女は、ドゥアンダーオが残した生肉の入った食事を牢屋に投げ捨てます。牢の奥から這ってきた、幾つもの老婆の首がそれを貪り喰らいました。

その夜、恐ろしい夢を見て目覚めたモーラー。彼女は生肉を手にしますが、気分が悪くなり吐いてしまいます。彼女は肉を断つ食生活を送っていたのです。

モーラーは父シンの家から出され、今の家に預けられた日を思い出します。その理由が判らず泣く彼女を、父が決めたことだと慰めるしかないウィナー。

翌日、学校でバスケットボールに興じるウィナーを、羨ましそうに見るモーラー。立ち去った彼女は、体育用具室で男子生徒のゴン(チンナパット・キティチャイワラングーン)に出会います。

ゴンに声をかけられるモーラー。そこにウィナーが現れますが、ゴンは彼女が意識していた男子生徒でした。動揺を隠し、何事も無いように振る舞うウィナー。

その日、2人は映画を見に行きました。しかしモーラーが体調を崩します。具合が悪くなった彼女のために、ウィナーは水を求めに行きます。

しかしモーラーは、通りがかった若い女の後を、引き寄せられるように付いていきます。その女は美容サロンに入って行きました。

そのサロンに入ろうとした彼女を、現れたウィナーが引き止めます。なぜここにいるととがめるウィナーの前で、気を失うモーラー。

ウィナーは彼女をシンのアパートに連れ帰り、調合したジュースを飲ませます。美味しいというモラーは、父との再会を喜んでいました。

最近は空腹でも食べれない、と訴える娘を診察したシンは何かの兆候を悟ったようです。今日はここに泊まりたいとモーラーは訴えますが、あの悲鳴が聞こえてきます。

シンは帰るよう告げ、ウィナーに娘を送らせます。エレベーターに2人は乗りますが、また3階で停まると開いた扉から手が伸び、掴まれさらわれたモーラー。

ウィナーがエレベーターから出ると、3階は闇に包まれていました。懐中電灯を手に彼女は進み、気を失ったモーラーを見つけます。

エレベーターに乗り込む2人を、衣服の裾を血に染めた女の幽霊が追ってきますが、ウィナーが床に呪文を描いて逃れることが出来ました。

モーラーを送り届けたウィナーは、今日はここに泊まるとシンに電話で連絡します。今まで騒ぐだけのアパートに憑りついた幽霊が、攻撃的になったと訴えるウィナー。

しかしシンは、幽霊からモーラーを守れなかった彼女を責め、お前の母は妖怪ガスーを倒すほどの、術の使い手だったと告げます。

モーラーは幽霊に傷付けられていました。彼女はなぜパパとウィナーは、あのアパートに住み続けるのかと訴えます。そして自分の体は、本当はどこが悪いのかと訊ねました。

怯えるモーラーに、真実を告げられないウィナー。しかし自分は必ずお前を守ると約束します。この日は同じベットで寝た2人。

次の日1人登校したウィナーに、ゴンはモーラーはどうしたか尋ねます。妹は休んだと告げると、ゴンは彼女にメールを送りたいと、モーラーの電話番号を訊ねます。

彼女はモーラーの電話番号をゴンに教えます。ゴンの連れの男子生徒、ウェンはウィナーに気があるらしく、彼女の電話番号を訊ねましたが、ウィナーは無視しました。

早速ゴンはモーラーにメールを送ります。それはウィナーのスマホに送られます。何故か彼女はモーラーを男から引き離そうとしていました。

その頃、ウィナーが入ろうとした美容サロンに、深刻な顔をした女が入って行きます。彼女は受付に、ニキビの特別治療を受けたいと申し出ます。

サロンの主人はラートリーでした。すると女に男から電話が入り、処置は止めろ伝えます。特別治療とは堕胎手術でした。女が中止すると申し出ると、怪しく目を光らせるラートリー。

女は意識を失いました。足を開かせた女の前に、ラートリーは車椅子のドゥアンダーオを連れて行きます。人間の胎盤を食べ、力をつけるようドゥアンダーオに告げ、ラートリーは立ち去ります。

仕切られたカーテンに、ドゥアンダーオの首が伸びてゆく影が映し出されました。

“食事”を終えたドゥアンダーオは若返り、意識も言葉もしっかりしました。その彼女に妹と呼びかけ、今度は新しい体を与えると約束したラートリー。

夜の街をモーラーと歩いていたウィナーは、嫌な予感に襲われます。するとモーラーがあのサロンの従業員に捕まり、チラシを渡されました。

その手をウィナーが払うと、怪しい光が発します。それが合図になったのか、サロンの授業員の女たちの体が痙攣し始めます。

モーラーの手を引き夜道を急ぐウィナー。夜空に緑の光を発し内臓をぶら下げて飛ぶ、いくつもの女の首がありました。妖怪ガスーが2人を追って現れました。

理由も告げずに走らされ、モーラーは戸惑い理由を訊ねます。それに構わず彼女を逃がし、ウィナーは術を使います。すると悲鳴を上げ逃げ去る妖怪ガスー。

ウィナーはタクシーを停め、2人はそれに乗り逃げました。しかしモーラーは、理由を話さないウィナーを責め、2人は言い争いになりました。

タクシーはモーラーの家に着きますが、怒った彼女はウィナーが渡した薬草茶のマグボトルを捨てました。理由も告げられず、独り暮らしを強いられているとモーラーは不満をぶつけます。

長い年月、皆があなたのために闘ってきたと訴えるウィナー。しかし心は通わず、喧嘩したままで別れる2人。

アパートに戻ったウィナーは、遂に現れた妖怪ガスーの姿を思い出します。叔父のシンに、妖怪ガスーに何も出来なかったと彼女は訴えました。

奴らは普通の人の姿で、社会に紛れて潜んでいると語るシン。成長し妖怪ガスーになりかけているモーラーの臭いを、奴らは嗅ぎつけ迫ってきたと説明します。

お前の母は、妖怪ガスーとなった妹スロイに最期まで尽くしたと告げ、同じことがお前に出来るか、と問いかけるシン。

まだ時間はある。あの子の変化を見守り、妖怪に対抗できる術を身に付けろとシンは諭します。しかし過酷な運命がもたらす重圧に、ウィナーは耐えられなくなっていました。

次の日モーラーは高校の授業で、カエルの解剖を行います。終業のベルが鳴り、教師や生徒が立ち去った後、1人教室に残ったモーラー。

彼女はカエルの死骸を手に掴み、引き寄せられるようにそれを舐め、やがてその内臓をすすり始めました…。

以下、『ストレンジ・シスターズ』のネタバレ・結末の記載がございます。『ストレンジ・シスターズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 SAHAMONGKOLFILM INTERNATIONAL CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

高校の体育用具室でゴンが片付けをしていると、普段より元気そうなモーラーが現れます。ゴンからメールを送ってもつれない返事しかないと言われ、彼女は不審に思います。

モーラーが確認すると、彼はウィナーのスマホにメッセージを送っていました。彼女がモーラーになりすまし、冷たい返事を送っていました。

ゴンに自分の連絡先を伝えたモーラー。彼女は異性との交流を楽しんでいるようです。

その頃モーラーの父で、ウィナーの叔父であるシンは、幽霊を封じるためアパートの3階にウィナーが書いた呪文を、何故か消して回っていました。

学校が終わっても待ち合わせの場所に現れず、電話にも出ないモーラーを、ウィナーは心配します。そこに突然、いつもより明るい調子で現れたモーラー。

モーラーは今日は調子も良く、薬はいらないと言いだします。ウィナーがゴンと、モーラーと偽ってチャットしていた事実を指摘します。

ゴンを意識するウィナーの気持ちを知ってか、守りたかったのは私か彼か、モーラーはゴンと付き合うと言い出します。彼女の普段と異なる態度に、戸惑いを覚えるウィナー。

薬草茶のマグボトルも持たずに、モーラーは立ち去ります。アパートに戻ったウィナーはエレベーターに乗りますが、その中にあの下半身を血に染めた幽霊がいました。

子供を返せと叫ぶ幽霊。怯えたモーラーは、部屋に戻ると3階の幽霊の封印を、なぜ解いたのかとシンに怒ります。

あの程度の幽霊に勝てないようでは、妖怪”ガスー”には勝てないと告げるシン。叔父はお前の妹のような存在の、モーラーを守りたくないのかと責めました。

シンに言われるまま、従妹のモーラーに全てを捧げる生活を強いられたウィナーは怒り、自分は夢を見ることも、人生も選ぶことも出来ないのかと叫びます。

部屋にこもると書き溜めた絵を捨て、ゴンをチャットからブロックするウィナー。

出てきたウィナーに、シンは薬湯を与えます。お前を実の娘のように思っていると話すシン。ウィナーが背負った運命を思うと、胸が痛むと語りかけます。

しかしモーラーの命には変えらないと告げます。その言葉を聞いたウィナーは、妖怪ガスーからモーラーの身を守れない事態を想像すると、本当に恐ろしいと訴えます。

涙を流す姪を優しく抱きとめ、もう休むよう諭すシン。

翌日、学校でウィナーはモーラーを待ちますが現れません。そこに彼女に気があるウェンが現れ、モーラーはゴンと一緒にショッピングモールに行ったと教えます。

ウィナーの電話に応じないモーラーは、映画館の暗闇の中で触れてくるゴンに身を任せていました。それが変異の刺激となったのか、首に異変を覚えるモーラー。

映画館を出てトイレに駆け込んだモーラー。モールに駆け付けたウィナーも、漂う怪しい気配を感じます。

あの美容サロンでラートリーに仕えていた女が現れ、モーラーの拉致を試みます。気を失い引き立てられるモーラーの脇には、ゴンの遺体がありました。

気付いたウィナーは、先回りして女に薬の粉を撒きます。女たちが苦しむ隙に、モーラーを助け出し逃げるウィナー。それを察し群れとなって2人を追う妖怪ガスー。

ウィナーはモーラーと閉店準備中の衣料店に逃げ込み、そのガラス戸に呪文を描き、薬の粉を撒き妖怪から身を守ろうと試みます。

現れた妖怪ガスーに、強いライトの照明を浴びせ追い払うウィナー。内臓をぶら下げ宙を舞う女の首の姿に、店の従業員は怯えます。そこにラートリーが現れました。

ガスーを束ねるラートリーは、照明を浴びても動じません。彼女が手をかざすと呪文は消え、ガラスは破れます。倒れたウィナーの記憶を読み、シンの居場所を掴むラートリー。

シンは敵を研究するために、水槽に老いた妖怪ガスーを飼っていました。それが激しくうごめき、シンは異変を悟ります。アパートにラートリーが現れました。

お前たちに傷つけられ、私の妹は弱り老婆のようになったと告げるラートリー。復讐は果たすと言った彼女の隙をつき、シンは術で動きを封じます。

しかしラートリーは術を破ります。そして妖怪ガスーの正体を現して、シンに襲いかかったラートリー。老婆のガスーが放つ笑い声が響きます。

ウィナーが目を覚ました時、店の従業員は無惨な姿で死んでいました。そしてモーラーの姿はありません。

アパートに戻ったウィナーを待っていたのは、叔父シンの凄まじい姿の骸でした。

ウィナーは悲しみに暮れながらも、弓矢や剣、シンの残した呪術書を身に付けます。そこに何者かがやってきます。現れたのは忘れ物を届けにきたウェンでした。

彼はよく判らないまま、ウィナーに協力を頼まれます。彼女が3階の幽霊と対決する間、エレベーターで待機することになったウェン。

幽霊の叫び声に耐え、待ち続けたウェンのもとに、ウィナーが帰ってきました。

1人より2人の方が良いと言い、協力を申し出たウェン。しかしウィナーは彼を残し、1人で妖怪ガスーに立ち向かおうと去っていきます。

捕えられたモーラーは、ドレスを着せられ拘束されて、ラートリーとドゥアンダーオ姉妹の前にいました。

姉妹の狙いは、呪われた宿命でモーラーが妖怪ガスーと化した時に、首が離れた残された体をドゥアンダーオが奪い、復讐と若返りを図る企てです。

ラートリーの隠れ家にウィナーは潜入します。ラートリーの手下の女が全裸で現れ、モーラーを囲みました。そして妖怪ガスーと化してゆく女たち。

体を離れた妖怪ガスーの首の群れは、夜空高く飛んで行きます。

ウィナーはモーラーが捕らえられた部屋に入ります。モーラーの周りを、首の無い女の体が囲んでいます。モーラーの頭に薬草の冠を被せ、拘束を解いてゆくウィナー。

ガスーの群れは、モーラーに術をかけようと月を囲んで飛びます。ウィナーはガスーの残された体の首の抜けた穴に、薬の粉をかけ元の体に戻れなくします。

異変を察知し、ガスーの首の群れは戻ってきました。するとウィナーは呪文を唱え、自分の使い魔としたアパートの幽霊を呼び出しました。

幽霊と妖怪ガスーが闘う間に、ウィナーはモーラーを連れ逃げました。しかし彼女は天井からぶら下がる、異様な繭状の物体を目にします。中には無数の老いたガスーがいます。

ウィナーは現れたガスーを、弓矢と剣で次々倒します。しかし手下を倒した幽霊をラートリーがねじ伏せ、隙をつきウィナーを襲い首を絞めるドゥアンダーオ。

ウィナーの前にラートリーも現れ、彼女に触手のような長い舌を伸ばします。目覚めたモーラーは、ウィナーに迫る危機を悟りました。

呪われた宿命には逆らえないのか、被せられた冠が外れた影響か、それとも姉のように慕うウィナーを救おうとしたのか、妖怪ガスーと化してゆくモーラー。

ウィナーはこの時が来るのを恐れ、モーラーが人のまま過ごせるように手を尽くしました。しかし彼女の願いも空しく、モーラーの首は体から離れていきます。

ラートリーとドゥアンダーオ姉妹は、望んだ状況となり狂喜します。立ち向かってきたモーラーの首に対し、妖怪ガスーと化して立ち向かうラートリー。

年期を経たラートリーのガスーは手強く、モーラーの首は苦戦を強いられます。モーラーをガスーにすることが、姉妹の狙いでした。

ドゥアンダーオの首は体から離れて行きます。首の抜けたモーラーの体を奪い、若い肉体を手に入れようとしたのです。

ラートリーとドゥアンダーオはこの方法で、妖怪ガスーと化した若い女の体を奪い、命を永らえていました。繭の中にいる老いたガスーは、姉妹に肉体を奪われた者でしょうか。

ドゥアンダーオの体はウィナーの首を絞め続けています。モーラーはドゥアンダーオの首に体を奪われそうになりますが、ラートリーを追うのに夢中で気付きません。

ようやくウィナーが逃れた時、ドゥアンダーオはモーラーの体を得て、若返っていました。妹が目的を果たしたとし知り、不敵な笑みを浮かべるラートリー。

モーラーとラートリーのガスーは、屋外に飛び出てグラウンドで対決します。ラートリーに内蔵を噛まれ、苦しんだモーラーは追い詰められます。

新たな体を得て笑うドゥアンダーオの前で、ウィナーは叔父シンが語った、心を強く持てとの言葉を思い出しました。

今まで過ごした日々を思い浮かべながら、モーラーの体に剣を突き立てたウィナー。

急所を刺され苦しむドゥアンダーオのガスーを、ウィナーはモーラーの体から引き抜き、内臓を切り落とし止めを刺します。

妹の危機を察し動揺したラートリーのガスーを、モーラーが襲って噛みつき、投げ飛ばします。変電設備に触れ、焼け焦げて死んだラートリー。

繭から無数の老いたガスーが現れ、残されたラートリーとドゥアンダーオの体を、我が物にしようと争い始めます。ウィナーはモーラーの体を引きずり、その場から逃げました。

しかし妹のように思っていたモーラーは妖怪ガスーとなり、その体はウィナーが傷付けてしまったのです。彼女は泣き叫んでいました。

それからどれだけの時が経ったのでしょうか。1人自転車に乗って、夕暮れの田園風景の中を進んで行くウィナー。

妖怪ガスーと化したモーラーは無事でした。彼女はウィナーの付けた傷痕の傍にタトゥーを入れると、彼女の前から姿を消しました。

以前の自分は、宿命から逃れて自由になること、自分の夢を追うことを強く求めていたと振り返るウィナー。

しかし今の彼女は、妹として共に長い月日を過ごしてきた、最愛のモーラーと共に生きることを、何よりも強く望んでいました。

闇が迫る田園の空に、緑色の光を放って飛ぶ妖怪ガスーが現れます。ウィナーはモーラーと呼びかけ、その光の方へと走って行きました…。

スポンサーリンク

映画『ストレンジ・シスターズ』の感想と評価

参考映像:『首だけ女の恐怖』(1981)

東南アジア諸国に伝わる、恐るべき女妖怪”ガスー”。その存在を日本で一躍有名にしたのが、ビデオバブルの頃に入ってきたインドネシア映画、『首だけ女の恐怖』です。

日本の妖怪、ろくろ首の同類と話題になりましたが、首の下に内蔵をぶら下げた妖怪ガスーの姿は、あまりにも凶悪でした。それをチープな特殊効果で、見世物小屋感覚で登場させた『首だけ女の恐怖』は、様々な意味で記憶に残る映画でした。

その妖怪ガスーを、最新の特殊効果を駆使し、完成度の高い美少女ホラーとして映画化した作品が『ストレンジ・シスターズ』です。

伝統の妖怪をモダンホラー化した作品


(C)2019 SAHAMONGKOLFILM INTERNATIONAL CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

この作品が2019年に、第32回東京国際映画祭で上映された際(その際のタイトルは『Sisters』です)、来日したプラッチャヤー・ピンゲーオ監督は、妖怪ガスーに馴染みのない日本人の為に、タイで伝統的に伝えられている生態を、詳しく語ってくれています。

暗い間に体から首だけ離れ、内臓を下げて光ながら飛ぶガスー。多くは老いた女の姿で、夜が明ける前に元の体に戻らねばなりません。日の光に当たったり、本体を隠されたり焼き払われると、ガスーは死んでしまいます。

好物は出産後に出る、人間の胎盤。しかしそれが手に入らなければ、人間の便やカエルを食べる。それが監督の語る、タイに伝わるガスー像でした。

そんな汚い物を食べたガスーは、その口を干してある洗濯物で拭くと信じられています。映画の冒頭に汚れた洗濯物が登場するのは、それを意識したものです。

この妖怪はマレーシアやインドネシアではペナンガラン、ミャンマーではケフィン、カンボジアではアープと呼ばれ、地方によっては吸血鬼の性格も色濃く持っています。

見た目も生態も日本のろくろ首のような、可愛げのある妖怪では無いことは確かです。

タイ版の妖怪ガスーを知ると、ピンゲーオ監督によってそれが、いかに現代的なキャラクターに作り変えられたかが、良く判るかと思います。

ガスーが人間の胎盤を食べるという伝説は、中絶と美容(スキンケア用品「プラセンタ」は動物の胎盤を使用しています)という現代的なものに結びつけたと監督は語っています。

そして呪われた女性が成長し、男性と関係を持つことがガスーと化する引き金となることと合わせ、女性を取り巻く身近な恐怖を基にした、モダンホラー的な物語となりました。

参考映像:第32回東京国際映画祭『ストレンジ・シスターズ』 Q&A

なお東京国際映画祭では、監督とプロイユコン・ロージャナカタンユーが登壇して、日本のファンからの質問にも答えてくれています。

Q&Aをご覧頂くと、トニー・ジャー主演作品で有名なプラッチャヤー・ピンゲーオ監督ですが、決してアクション一筋の映画人ではないと、お判り頂けると思います。

良質な美少女ホラーを楽しもう


(C)2019 SAHAMONGKOLFILM INTERNATIONAL CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

見た目のインパクトが強い妖怪、ガスーが登場する本作ですが、グロテスクな描写に慣れたホラー映画ファンなら、むしろ美しい映画と受け取るでしょう。

“ミューニック”こと、ナンナパット・ルートナームチューサクンが出演していますが、本作撮影中はまだ、アイドルグループBNK48に加入していません。

タイで映画が公開されると彼女のファンが詰めかけましたが、一部のシーンは評判が悪かったそうです。子役として演技経験のある彼女、表情豊かな上に熱演派です。

カエルのシーンは生の本物に、ラップを当てたものを相手に、あの演技を見せたそうです。このシーンは作り物の、おもちゃのカエルでも良かったのに……。

タイのファンにとってこのカエルのシーンと、彼女が男子生徒とイチャつくシーンの、どっちが抗議の対象だったのやら。詳しく知りたいものです。

観客からは、アクションを期待されたプロイユコン・ロージャナカタンユー。しかし監督は彼女に巧みな技を期待せず、妹同然の従妹を守るために無理をしながら闘う、健気なアクションを期待し、彼女はそれを演じ表現しました。

ナチュラルなゴス系、とでも言うべき容貌と雰囲気を持つ彼女が、特異な武器と呪術を武器に、妖怪に立ち向かいます。その雄姿に注目して下さい。

そんな2人の美少女の敵対するのが、妖艶なラター・ポーガーム率いる美女ガスー軍団。内臓を吊り下げた生首姿で迫られれば、お色気も何もないですが…。ともかく可憐な少女VS年上セクシー過剰女という、美少女ホラー映画お約束の構図です。

そして主人公2人の身近にいる男子学生が、全く役に立たないのも、ファンに余計な心配させぬよう配慮された(?)、アイドル映画の鉄板の図式です。安心して彼女たちの活躍をお楽しみ下さい。

まとめ


(C)2019 SAHAMONGKOLFILM INTERNATIONAL CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

グロテスクで、インパクトのあるシーンも存在する、しかしそれ以上に様々な魅力を持つ映画が『ストレンジ・シスターズ』です。

本作が妙に日本人の心に馴染むのは、ハッピーエンドともバットエンドともいいかねる、意味深いラストシーンにあるのではないでしょうか。

他国より寛容な国であると言われるタイ。無論実際には様々な問題があるのでしょうが、基本的には仏教国ならではの、運命を受け入れた上で、人生をより良く生きようという考え方が、人々に根付いていることは確かです。

モーラーを悲しい宿命から逃れさせようと、幼い時から努力を強いられたウィナーが、最後には妖怪と化した彼女を受け入れ、共に生きる道を選びます。

妖怪を滅ぼす、妖怪に滅ぼされるのではなく、それを受け入れ共存する姿は、神仏同様に妖怪や幽霊とも、何となく気持ちの上で共存する人の多い日本では、親しみやすいラストといえるでしょう。

難しい話はさて置き、美少女ホラー映画『エコエコアザラク 』(1995)シリーズや、『富江』(1999)シリーズのような、スクリーム・クイーンとは異なる闘う美少女、謎めいた美少女が活躍する、そんな作品が好きな方には必見の映画です。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」は…


(C)2017 Nancy the Film, LLC

次回の第54回はサンダンス映画祭で脚本賞を受賞したサスペンス・ドラマ『ナンシー』を紹介いたします。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』あらすじと感想レビュー。泣ける感動のヒューマンドラマには他人の為に優しくできる人がいる|蟹江まりの映画ともしび研究部4

蟹江まりの映画ともしび研究部 第4回 こんにちは、蟹江まりです。 連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」の第4回目に取り上げるのは、2019年11月1日に公開された映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』で …

連載コラム

【来るネタバレ考察】岡田准一演じる野崎は最後に何と戦い生き残ったのか|映画道シカミミ見聞録27

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第27回 こんにちは。森田です。 中島哲也監督の新作『来る』が、異色のホラー映画として、12月7日の公開直後からさまざまな解釈をされています。 (C)2018「来る」 …

連載コラム

香取慎吾『凪待ち』映画ロケ地リポ④ 白石和彌監督が見た石巻・南浜地区の風景と日和大橋に託した想い|凪待つ地をたずね4

連載コラム『凪待つ地をたずね』第4回 映画『凪待ち』の背景、そして白石和彌監督と香取慎吾が映画を通して描こうとしたものを探るため、本作のロケ地である宮城県の各地を巡り、その地に生きる人々を取材。 ロケ …

連載コラム

韓国映画『8番目の男』感想とレビュー評価。パク・ヒョンシクの演技力に確かな信頼を感じる|コリアンムービーおすすめ指南16

人を裁くことは初めての経験だからこそ、ちゃんとしたいのです! 韓国映画『8番目の男』が2019年11月01日よりシネマート新宿、シネマート心斎橋にて公開されます。 2008年、韓国初の国民参与裁判で陪 …

連載コラム

映画『歩けない僕らは』あらすじと感想レビュー。短編37分の間に描かれた人間の成長と絆というドラマ|蟹江まりの映画ともしび研究部5

蟹江まりの映画ともしび研究部 第5回 こんにちは、蟹江まりです。 連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」の第5回目に取り上げるのは、2019年11月23日公開の映画『歩けない僕らは』です。 脳卒中 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP