Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『悪霊館(2019)』ネタバレ感想と評価解説。新たなエクソシストの登場|未体験ゾーンの映画たち2019見破録45

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第45回

ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は悪魔との対決を描いた映画が登場します。

ウィリアム・フリードキン監督が『エクソシスト』が発表すると、世界的なオカルトブームを巻き起こし、悪魔憑き・悪魔祓いという言葉は一躍世に知られ、社会現象になりました。

ホラー映画、ドラマのテーマとして定着した感のある悪魔祓い。近年映画『エクソシスト』が、テレビシリーズ化されるなど、このジャンルは新たな映像化ブームを迎えています。」

そしてまた、悪魔憑き・悪魔祓いを扱った新たな映画が誕生しました。

第45回はエクソシスト・ホラー映画『悪霊館』を紹介いたします。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『悪霊館』の作品情報


(C)Tell Me Your Name, LLC 2015

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Along Came the Devil

【監督】
ジェイソン・ドゥヴァン

【キャスト】
シドニー・スウィーニー、カイラ・ディーヴァー、ジェシカ・バース、ブルース・デイヴィソン、マディソン・リンツ、マット・ダラス

【作品概要】
幼い頃に母が失踪し、酒に溺れ荒れた父と暮らしてきたジョーダンとアシュリー姉妹。高校生になり、叔母と暮らし始めたアシュリーは、ある日母の霊を呼び出そうと、友人と共に降霊術を行います。

彼女が招いたものは、この世のものならざる邪悪な存在でした。

主人公アシュリーをTVドラマ『シャープ・オブジェクツ』(スター・チャンネル放送時タイトル『KIZU -傷-』)に出演の若手女優、シドニー・スウィーニーが演じます。

シドニーの叔母ターニャを、コメディ映画『テッド』シリーズで、あのテッドの妻を演じたジェシカ・バース、物語の鍵となる人物マイケル牧師を名バイプレーヤー、ブルース・デイヴィソンが演じて脇を固めます。

ヒューマントラストシネマ渋谷とシネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2019」上映作品。

映画『悪霊館』のあらすじとネタバレ


(C)Tell Me Your Name, LLC 2015
悪霊は、天使の顔で現れる。新約聖書の一文です。

幼い頃、母が失踪したジョーダンとアシュリー姉妹。ジョーダンは大学に進学を機に、母の妹と暮らすのアシュリーは、故郷の街へと帰ります。

まだ姉妹が幼い頃の姿が映し出されます。姉のジョーダンに、母はどんな人だったか尋ねるアシュリー。ジョーダンは妹に母は美しい人だったと告げます。

妹のもの同じとペンダントを、いつも母は身につけていた事をジョーダンは教えます。

そこに会話を聞きつけた父親が現れ、喋るなと言っただろうと叱りつけ、姉妹をクローゼットに閉じ込めます。沈黙を守る姉妹は、父が女を連れ込む姿を目撃します。

ママがいたらいいのに、と呟くアシュリーを姉が慰めます。神に祈りを捧げ眠りにつく2人。

目を覚ましたジョーダンは、アシュリーがいないと気付き、まだ暗い中妹を捜しにクローゼットから出ます。トイレにいたアシュリーを見つけましたが、父の相手の女が姉妹に気付きます。

相手の女は、子供がいるのに女を連れ込んだと父をなじって出て行きます。怒った父は、言いつけを守らなかった姉妹に、折檻をくわえようと近寄ります。

10年後。アシュリー(シドニー・スウィーニー)に、今日は教会に行かないの、と声をかける叔母のターニャ(ジェシカ・バース)。アシュリーは、今日は転校初日の準備をすると言って断ります。

高校生のアシュリーは現在叔母と共に暮らしており、幼い頃育った故郷に越してきたばかりでした。

叔母と言葉を交わしたアシュリーは、母サラの写真を収めたフォトフレームを手に取った後、外出します。フォトフレームは独りでに床に落ち、ガラスが割れた事にターニャは気付きます。

街の教会では若い牧師ジョン(マット・ダラス)が、自分を迎い入れてくれたマイケル牧師(ブルース・デイヴィソン)に感謝の言葉を述べていました。

ジョンの働きを褒めるマイケル牧師ですが、ジョンが彼の持つ悪霊に関する本に関心を示すと、多くを語らずそれを元の場所に仕舞わせます。

自転車で街を散策するアシュリー。子供時代の思いにふける彼女の名を呼ぶ者がいます。それは幼馴染みのハンナ(マディソン・リンツ)でした。

再会を喜ぶ2人。幼い頃アシュリーは、ハンナにお別れもせず引っ越していました。近況を聞かれたアシュリーは、今は叔母と共に暮らしており、姉ジョーダン(カイラ・ディーヴァー)は奨学金で大学にいっていると説明します。

ハンナに誘われ彼女の家を訪れます。ハンナの部屋に招かれますが、彼女は心霊や悪魔といったオカルトに興味がありました。映画『エクソシスト』は見た事あるかとアシュリーに尋ねるハンナ。

ハンナは同世代の仲間についても話します。昔カメを飼っていた男の子、シェーンはイケメンになったと教えるハンナ。彼女は今晩仲間が集まるパーティーにアシュリーを誘います。

無人の家に帰宅したターニャは妙な物音が気づきますが、そこにアシュリーがハンナを連れ帰ってきます。ハンナが教えたパーティーに行きたいと言うアシュリーに、ターニャは許しを与えます。

闇に包まれた森の中を歩くアシュリーとハンナ。湖の桟橋の上にある小屋に、若者たちが集まっていました。

ハンナはアシュリーを、同世代の男の子であるシェーンやブライスに紹介します。シェーンはアシュリーにおかえり、と声をかけ再会を喜びます。

会話が弾む中、ハンナはスマホのEVP(電子音声現象)アプリを起動させ、TV番組の『ゴーストハンターズ』の様に、霊を捜そうと提案します。EVPで霊界の声や活動が確認できると言うのです。

アシュリーはきみ悪がりますが、皆は興味を持ちEVPアプリを起動させ注目します。自分の名を呼ぶ声を聞き、何かの気配を感じるアシュリー。

突然悲鳴をあげたアシュリーに皆驚きます。ハンナに母が近くにいたように感じたと訴え、彼女は1人で帰ります。森の中を進むアシュリーに、怪しい気配が迫ります。

帰宅したアシュリーを迎えたターニャも、自分を名を呼ぶ声を聞いていました。風呂に入ったアシュリーは幻覚を見て悲鳴を上げ、ターニャがかけつけます。

叔母と言葉を交わし、落ち着きを取り戻すアシュリー。ターニャはアシュリーが姉に似てきたと語ります。アシュリーが身に付けているペンダントは、ターニャが16歳の時、姉サラにプレゼントしたものでした。

ターニャはあなたは強いとアシュリーを励まし、明日の転校初日に備え、もう休むように言い聞かせます。

夜ベットで休むアシュリーの周囲に、怪しい物音が響き奇妙な現象が起きていました。

翌朝、街の風景を写真に収めていたジョン牧師は、アシュリーに気付き声をかけます。ターニャから彼女の事を聞かされていたジョンは、彼女も写真が趣味と知り親しく言葉を交わします。

高校へ向かうアシュリーは、ハンナに出会います。彼女はまたEVPをやらないかと提案してきました。彼女はアシュリーが出会ったのは母親の霊ではないか、と考えていました。

授業中、うわの空でアシュリーは、突然悲鳴を上げ周囲を驚かせます。ハンナはパーティーの夜以来、アシュリーの周囲に何かが起きていると確信します。

アシュリーはシェーンの車に送られ帰宅します。明日の登校の迎えに来ると約束するシェーン。帰宅したアシュリーは、子供の声や物音を聞き取ります。そして家に中には、何かがいました。

突然ハンナが現れアシュリーは驚きます。家の物音はハンナがたてたと考えますが、ハンナには心当たりがありません。一方ハンナは、アシュリーの部屋の中に異臭を感じていました。

ハンナは彼女の周囲にいる存在が、アシュリーの母、サラであるか確かめようと提案します。蝋燭を立て、霊界に通じる道として鏡を用意し、2人は降霊術を行います。

母に呼びかけるアシュリー。しかし怪しげな周囲に気配に、ハンナは間違いを犯したと気付きます。何人かの人影が現れ、その背後に人ならぬものの気配があります。

2人の前に帰宅したターニャが現れ、何をしているのか尋ねます。ハンナはアシュリーに、あれはお母さんじゃない、と言い残し帰りました。

校長からアシュリーの学校での振る舞いを聞いていたターニャは、心配して姪に話しかけます。2人の会話はサラが話題となり、サラとターニャがやったいた様に、映画を見ながらポップコーンを食べようという事になります。

テレビの前で、姉との楽しい思い出をアシュリーに語るターニャ。2人はいつしか眠っていましたが、ターニャは過去の出来事を夢に見ていました。

ターニャに妊娠したと告げるサラ。彼女は頭の中で声がすると、悪い事でもせずにいられなくなると、ターニャに訴え助けを求めます。誰かの助けが必要だと答えたターニャは、姉をお守り下さいと神に祈ります。

目覚めたターニャに、アシュリーはもう寝ると告げ、寝室に向かいます。

眠るアシュリーの周囲でハエの羽音が響き、怪しい影がアシュリーに迫ります。

翌朝、食欲が戻ったと叔母に告げるアシュリー。ターニャは彼女の肩に傷があると気付きますが、尋ねられたアシュリーはぶつけただけと答えます。

迎えに来たシェーンの車に向かうアシュリーは、露出度の高い服を着ていました。シェーンに対し、冒険がしてみたいと告げた彼女がハンドルを握ります。

そんなアシュリーの姿を、ターニャは不安げに見ていました。

アシュリーとシェーンは登校せず湖に向かいます。アシュリーからの積極的なアプローチにショーンは戸惑いますが、彼女の求めに応じキスをします。

激しくキスをしたアシュリーは、シェーンの舌を深く噛んで出血させます。

職場のターニャは、学校からアシュリーが登校していないと連絡を受け早退します。ハンナも登校せず、電話しても連絡のとれないアシュリーの身を案じていました。

帰宅したターニャは物音聞き、アシュリーがいると思い彼女の部屋に向かいますが、そこには誰もおらず異臭を嗅ぎ取ります。一方ハンナは誤って呼び出した悪霊が、アシュリーに憑りついたと考えていました。

帰宅したアシュリーの、血にまみれた顔を見てターニャは驚きます。

教会では明日の集会の準備をするジョンを前に、マイケル牧師が酒を飲んでいました。信仰に関するジョンの問いに、マイケル牧師は闇を破壊し正したいと答えます。

しかし私は、全ての正しい魂を救う事は出来なかったと口にするマイケル牧師。ジョンは牧師が何を語っているのかは差し置いても、信仰に従って彼へ協力する事を約束します。

ターニャはアシュリーを連れ病院に向かいました。診察された精神科医から心と体を癒すよう言われ抗うつ剤、鎮静剤を処方されますが、彼女は安らかに眠れません。

アシュリーの身を案じたハンナは、自転車で彼女の家の前に現れメールを送り、アシュリーの部屋を見上げます。

窓にはアシュリーと、人ならぬ者の姿がありました。驚いて逃げ出し交通事故に巻き込まれるハンナ。

翌朝、アシュリーのスマホのEVPアプリが起動している事に気付いたターニャ。自分を呼ぶ声に気付いたターニャは、超常現象についてネットで検索し、1日を過ごしてしまいます。

教会の日曜の礼拝に参列したアシュリーとターニャ。牧師の言葉を前にうつむいていたアシュリーは、体を動かし何かを呟き始めます。

やがて恐ろしい形相となって、神を冒涜する言葉を叫び出すアシュリー。ジョン牧師と参列した人々は驚きます。

マイケル牧師はアシュリーの魂は危険にさらされており、力になろうとターニャに申し出ますが、彼女はサラの時は失敗したと非難し、アシュリーを連れ立ち去ります。

マイケル牧師はジョンと事務室に向かうと、彼に過去の出来事を打ち明けます。

私は余りに多くの悪を見てきた。悪魔憑きは存在する、と語り始めます。

以下、『悪霊館』ネタバレ・結末の記載がございます。『悪霊館』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Tell Me Your Name, LLC 2015

マイケル牧師はジョンに、アシュリーは母親のサラ同様、悪霊を招き入れたと語ると、悪魔払いについて説明し始めます。

悪魔憑きには3つの段階がある、と説明するマイケル牧師。まず「出没」。狙った人間の周囲に現れ、物が動いたり声が聞こえたり、異臭が漂う現象が現れます。

次が「攻撃」。悪魔は愛する者の姿で近寄り、狙った者を惑わせます。最後が「憑依」。悪魔は狙った者に自分を受け入れさせると、人に憑りついて完全に支配します。

悪霊に勝つにはその名を知り、唱える事だとマイケル牧師は語ります。

自宅で休むアシュリーを医師が訪ねます。医師はターニャにハンナが事故に遭ったと告げます。

アシュリーはターニャの手に負える状態ではないと、医師が彼女を診察に部屋に入ります。しかしターニャは、アシュリーによって注射器を突き立てられ、倒れている医師の姿を目撃します。

ついにターニャもマイケル牧師を頼ることを選びます。マイケル牧師はアシュリーに鎮静剤を打ち、教会に連れていきます。

ターニャの立ち合いの元、マイケル牧師はジョンと共に、椅子に縛り付けたアシュリーに対し悪魔祓いの儀式を開始します。

神の名を唱えアシュリーに聖水をかけ、悪魔に対し名を言えと迫るマイケル牧師。ジョンも必死に聖書を唱えますが、彼の鼻から血が流れだします。

知らぬ言語を話し、神や牧師を冒涜する言葉を吐くアシュリー。椅子から逃れた出た彼女は、壁をはいあがり天井に張り付きます。飛び降りた彼女の足の骨が折れますが、折れた骨を自ら戻すアシュリー。

牧師を襲い外に逃げたアシュリーをターニャが追います。追いついたターニャに元に戻ったアシュリーが救いを求めますが、再び悪魔に支配されると彼女に襲い掛かります。

マイケル牧師とジョンが現れアシュリーを捕えました。マイケル牧師がターニャを支え、ジョンがアシュリーを教会に連れ戻します。

教会に戻ったターニャが目にしたのは、アシュリーに殺されたジョン牧師の姿でした。彼女は悲鳴を上げます。

儀式は失敗に終わりました。怪我の治療を受けたターニャは、アシュリーの姉、ジョーダンに戻って来るよう連絡を入れます。

改めて教会を訪れたターニャに、マイケル牧師はここにいない方がいいと告げます。しかし立ち去らない彼女に、ならば君に見せようと牧師は地下室を案内します。

地下室には牢が並んでいました。その一つに悪魔に支配されたアシュリーが閉じ込められていました。

アシュリー、そして彼女の母サラへの、神の祝福を祈るマイケル神父。別の牢の中にはターニャの姉でもある、悪魔に憑りつかれたサラが監禁されていました。

行方をくらました姉の変わり果てた姿を目撃したターニャは、悲鳴を上げます。

スポンサーリンク

映画『悪霊館』の感想と評価


(C)Tell Me Your Name, LLC 2015

ここから始まる?アトランタ発のエクソシスト

なんとも衝撃なラストに、紹介されながらも全く活躍しない主人公の姉。物語はここから始まる、というドラマのパイロット版の様な展開に、驚いた方も多い模様です。

この映画はジェイソン・ドゥヴァン、ヘザー・ドゥヴァン夫婦を中心に製作されました。ジェイソン・ドゥヴァンは監督・脚本を、ヘザー・ドゥヴァンは脚本、そしてサラの役で出演しています。

90年代からジェイソン・ドゥヴァンはCM・ビデオゲームなど出演、ヘザー・ドゥヴァンはモデルとして広告業界で活躍、共にエンタメ業界でのキャリアを積んだ人物です。

結婚して20年以上になる2人は、LAとアトランタを拠点に家族経営のプロダクションを設立、この作品を実現するプロジェクトを2015年に立ち上げ、ついに完成したのがこの映画です。

ドゥヴァン夫妻のプロダクションは『悪霊館』の次回作の脚本も用意しており、本作はシリーズ化や更なる展開を意識して製作されました。

『悪霊館』の続きがありそうなラストの背景には、この様な事情がありました。

クオリティの高い映像とホラー描写を支えた人々


(C)Tell Me Your Name, LLC 2015

本作はインディーズホラー映画ですが、雰囲気ある映像、また特殊効果シーンなどは見応え充分。VFXは『THE JUON/呪怨』シリーズに参加、サム・ライミ監督の『スペル』でスーパーバイザーを務めたアーロン・カミナーが務めています。

映画として格調高い映像を手がけたのはジャスティン・デュバル。様々な撮影現場で経験を積んだキャリアを持つ人物ですが、本作の他に撮影監督として関わった長編映画に、悪趣味映画の代表作として名高い「悪魔の毒々モンスター」シリーズでお馴染みの、トロマ映画があります。

ロイド・カウフマン監督作品『Return to Nuke ‘Em High Volume 1』『Return to Return to Nuke ‘Em High Aka Vol.2』という2作品、「悪魔の毒々ハイスクール」シリーズの撮影監督を彼は務めています。

参考映像:『Return to Return to Nuke Em High aka Vol.2』(2017)

低予算と悪ノリに、更に磨きのかかった感のあるトロマ映画らしい予告ですが、『悪霊館』の映像はうって変わった本格派。彼の実力が存分に発揮されています。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ監督・脚本のジェームズ・ガンも、トロマ映画でキャリアを積んでから、『マーベル・シネマティック・ユニバース』の大作を手がける人物になりました。

低予算悪ノリ映画の雄、トロマは今も映画人を育てる役割を果たし続けています。

重要な登場人物である、マイケル牧師を演じたブルース・デイヴィソン。『いちご白書』で人気となり、現在も映画、ドラマに精力的に出演しています。

近年はロブ・ゾンビ監督作『ロード・オブ・セイラム』や、『インシディアス 最後の鍵』(日本ではDVDスルー、ネット配信公開)など、ホラー系の作品で見かける事が増えてきました。

参考映像:『インシディアス 最後の鍵』(2018)

彼の演技も作品の質を上げていますが、彼は牧師や神父を演じる際には、40年来の友人であり、オラー映画そして悪魔祓いのファンでもあるという、著名なギリシャ正教会司教のアドバイスを参考に、役を演じていると話しています。

テレビドラマ『エクソシスト』のシーズン1の最終回で、教皇役を演じているブルース・デイヴィソン。これからも本作のような役柄に縁がありそうです。

まとめ


(C)Tell Me Your Name, LLC 2015

インディーズ映画でありながら、本格的な雰囲気で見せる作品『悪霊館』。ラストは続編を意識したものになっていますが、劇中の悪魔憑き・悪魔祓い描写はホラー映画ファン納得のもの。

ドゥヴァン夫妻の家族経営のプロダクションは、他にもスリラー映画の企画を用意しており、ハリウッドとアトランタを行き来し活動を続けています。

「未体験ゾーンの映画たち2019」で上映中の『オッズ』は、ナッシュビルを拠点に脚本と映画製作を指導してきた、ボブ・ジョルダーノ監督が地元を舞台に製作した映画です。

様々な形で地方からも、エンタメ性の高いインディーズ映画が製作されているアメリカ。ハリウッドを支える裾野の広さを、我々に再確認させてくれます。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」は…


Copyright 2017 Rhythmic Films

次回の第46回はインドネシアを舞台に、孤独なヒットマンの闘いを描いたアクション映画『メッセージマン』を紹介いたします。

お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『家族にサルーテ!』評価と感想レビュー。ムッチーノ監督が故郷イタリアで描く人生への讃歌|シニンは映画に生かされて13

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第13回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第13回にてご紹介する作品は、『幸せのちから』で有名 …

連載コラム

映画『メモリーズ・オブ・サマー』感想と評価解説。観察者としての12歳の少年|銀幕の月光遊戯 33

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第33回 僕が子供でいられた最後の夏。 1970年代末のポーランドを舞台に、少年期の終わりを描いた、アダム・グジンスキ監督の映画『メモリーズ・オブ・サマー』。 2019年6 …

連載コラム

映画『ダウンレンジ』感想と考察。スラッシャーとシチュエーションスリラーの融合|SF恐怖映画という名の観覧車13

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile013 『カメラを止めるな!』(2018)の記録的な大ヒットにより、日本でも「低予算映画」への注目度は日に日に高くなっています。 しかし、日本に …

連載コラム

【カメラを止めるな!】なぜ面白いのかを考察。感染源としての『竜二Forever』と『貌斬り KAOKIRI』|映画道シカミミ見聞録10

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第10回 (C)ENBUゼミナール こんにちは。森田です。 今回は大ヒットを記録し、上映館拡大中の映画『カメラを止めるな!』の魅力に迫ります。 「おもしろい!」と感じ …

連載コラム

香港映画『G殺』あらすじと感想レビュー。リー・チョクバン監督の語り口の旨さに酔いしれる|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録2

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第2回 毎年3月恒例の大阪アジアン映画祭が今年もスタートしました。 今年は第14回目となり、2019年3月08日(金)から3月17日(日)までの10日間に …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP