Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/05/15
Update

【ネタバレ】シン・ウルトラマン評価考察と内容解説|竹野内豊(赤坂秀樹)らシン・ゴジラキャストの存在が伝える製作陣の“遊び心の浪漫”【光の国からシンは来る?8】

  • Writer :
  • タキザワレオ

連載コラム「光の国からシンは来る?」第8回

2016年に公開され大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』(2016)を手がけた庵野秀明・樋口真嗣が再びタッグを組み制作した新たな「シン」映画。

それが、1966年に放送され2021年現在まで人々に愛され続けてきた特撮テレビドラマ『空想特撮シリーズ ウルトラマン』(以下『ウルトラマン』)を基に描いた「空想特撮映画」こと『シン・ウルトラマン』(2022)です。

「2021年初夏公開」の延期から劇場公開時期の調整が続いていましたが、ついに「2022年5月13日(金)」での劇場公開が決定された『シン・ウルトラマン』。

本記事では劇場で発売されたデザインワークス、『シン・ゴジラ』(2016)にも出演していた俳優・竹野内豊の本作における役どころをもとに「シン」シリーズの世界観、構成を考察・解説していきます。

【連載コラム】『光の国からシンは来る?』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『シン・ウルトラマン』の作品情報


(c) 2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (c)円谷プロ

【公開】
2022年(日本映画)

【監督】
樋口真嗣

【企画・脚本】
庵野秀明

【製作】
塚越隆行、市川南

【製作】
鷺巣詩郎

【出演】
斎藤工、長澤まさみ、有岡大貴、早見あかり、田中哲司、西島秀俊、山本耕史、岩松了、嶋田久作、益岡徹、長塚圭史、山崎 一、和田聰宏

【作品概要】
昭和41年(1966年)の放送開始以来、海外でも100を超える地域で放送され、今なお根強い人気を誇る日本を代表するヒーロー“ウルトラマン”がウルトラマン55周年記念作品として映画化したリブート作品。

企画・脚本は、自身もウルトラマンシリーズのファンであることを公言する庵野秀明。監督は数々の傑作を庵野氏と共に世に送り出してきた樋口真嗣。この製作陣の元に斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊、有岡大貴、早見あかり、田中哲司ら演技派・個性派キャストが総出演。

『ウルトラマン』の企画・発想の原点に立ち還りながら、現代日本を舞台に、未だ誰も見たことのない”ウルトラマン”が初めて降着した世界を描く。キャッチコピーは「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。」「空想と浪漫。そして、友情。」
 

映画『シン・ウルトラマン』の考察と解説


(c) 2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (c)円谷プロ

竹野内豊演じる人物の正体

シン・ゴジラ』(2016)にて竹野内豊が演じた人物は、内閣総理大臣(首相)補佐官の「赤坂秀樹」。

赤坂は、長谷川博己が演じた若くて情熱あふれる内閣官房副長官の矢口蘭堂とは対称的な、冷静に周囲を見極め、政府の中でうまく渡り歩いている人物ですが、『シン・ゴジラ』に続き『シン・ウルトラマン』劇中にもその姿を見せています。

シン・ウルトラマン』における竹野内豊の役どころは「政府の男」という説明のみで、パンフレットにおいてもその正体は明かされていません。

本作では、メフィラスと日本政府間で行われるベーターボックスの受領式典会場にて、ウルトラマンにボックスを奪取されたメフィラスに釘を指す場面に登場。ウルトラマンを国連組織による新たな管理下に置くため、ゼットンに立ち向かおうとする神永を連行する場面にも登場しました。

名前の明記されていない彼の存在が意味するのは、『シン・ウルトラマン』の世界が『シン・ゴジラ』の続編であるということでしょうか。

結論から言うと、『シン・ゴジラ』と『シン・ウルトラマン』は繋がっているようで、直接的な続編ではありません。

本作の構成について脚本・総監修を担当した庵野秀明は次のように答えています。

「シン・」というタイトルとスタッフの共通点、なんとなくつながっているような世界観から『シン・ゴジラ』のタイトルロゴにしました。一般の人には「何故?」という即時理解が難しい表現ですが、ここは特撮ファンとしての自分たちの心を表現したいなと。
(『シン・ウルトラマン デザインワークス』「手記 2022/04/03」より)

このことから分かる通り、本作制作には『シン・ゴジラ』のヒットがあったという経緯を踏まえたメタ的な視点と特撮ファンとしてのこだわりから、ウルトラマンはゴジラの精神的な続編というパッケージングが本作で成されたのです。

「別人設定」が意味するもの


(c) 2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (c)円谷プロ

テレビシリーズ『ウルトラマン』(1966)に登場し、最終回においては重要な役割を果たした岩本博士。科学センターに所属し、冷静沈着にして科特隊のムラマツキャップにとっては良きアドバイザーであり、最終回では宇宙恐竜ゼットンを倒す兵器を開発した人物です。

岩本博士を演じた平田昭彦と言えば『ゴジラ』(1954)にてゴジラを倒す恐るべき兵器「オキシジェンデストロイヤー」を開発した芹沢博士を演じたことで有名です。

岩本博士と芹沢博士。似た役どころでありながら、共通点の多いこの2人に直接的な関係性はありません。

特撮シリーズにおいて、俳優が別の役で続編、別作品に出演するケースは数多く、同じ「ウルトラマンシリーズ」では『ウルトラマン』でアラシ隊員を演じた毒蝮三太夫(当時の芸名は「石井伊吉」)が次作『ウルトラセブン』(1967)ではフルハシ隊員を演じているなど、例を挙げたらキリがないほどです。

初代ゴジラと初代ウルトラマンの関係について、1993年に竹書房から出版された『ウルトラQ空想特撮シリーズ ウルトラマンベストブック』には科特隊の説明について次のような記述がありました。

科特隊日本支部の前身でもある対宇宙防衛研究所は、かつて東京にゴジラが現われたとき対策本部で活躍した山根博士が加って設立された。ムラマツはここの宇宙実験班にいて、山根の助手を務めていた。科特隊隊員の多くはこういった宇宙開発計画の養成隊員から引き抜かれ、あるいは専門の訓練を受け、厳しい選抜から選ばれた優秀な特別チームである。

加えて岩本博士は、対宇宙防衛研究所では初代ゴジラに登場した山根博士に師事していたという設定もあり、同書には前作『ウルトラQ』との関連だけでなく、初代ゴジラの世界観を継承していることが明記されていました。

どちらの作品も円谷英二が特技監督を担当し、開米プロダクションが造形を担当したことから、「ゴジラシリーズ」の着ぐるみの一部が「ウルトラマンシリーズ」が流用されている背景と同様に、別人設定で俳優を出演させることは、本作『シン・ウルトラマン』にとって物語の外にある繋がりを意識させる上で重要な要素でした。

庵野秀明の言う特撮ファンとしての「心」とは、ゴジラとウルトラマン両方の産みの親である特撮の神様、円谷英二特技監督をはじめとした当時の制作陣が「空想を映像化するために」用いた手法への敬意を指します。

円谷英二を通して生まれるゴジラとウルトラマンの繋がりを「シン・」シリーズにおいても、タイトルシーン・スタッフ・キャストの共通点において再現しようとする試みには、1966年当時にはじめてウルトラマンを見た感動を現代に呼び起こそうという試み同様に彼らの「浪漫」が溢れています

スポンサーリンク

まとめ


(c) 2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (c)円谷プロ

竹野内豊を『シン・ゴジラ』と似た役どころで出演させたのは、精神的続編としての遊び心でしょう。解釈によっては物語も繋がっていると捉えることができますし、俳優の起用ひとつで解釈の幅を広げられる面白い試みです。

特撮作品において同じ俳優を別の役で起用するケースは多く、中でも混乱を招くのが「平成ゴジラシリーズ」の篠田三郎。『ゴジラvsモスラ』(1992)ではゴジラを研究する地質学教授・深沢重樹として出演し、続編の『ゴジラvsデストロイア』(1995)では、国連G対策センター長官・国友満という全くの別人して出演していました。

過去のこういったケースとの違いは、今回の竹野内豊に関してはつながりを見せるために意識的に起用したという点です。

「赤坂」と「政府の男」をつなげて考察すると、かつて人類の業が生み出したゴジラと戦った男が、今度は悪質宇宙人による地球侵略の脅威を目の当たりにするということになります。

そして、地球の内側から放出した恐怖によって個人の無力感を味わった男が、今度は外部から地球人の民度に挑戦してくるという、より観念的な悪によって、個人だけでなく、人類全体のより大きな無力感を味わうこととなった数少ない人物だと考えられるのです。

【連載コラム】『光の国からシンは来る?』記事一覧はこちら

タキザワレオのプロフィール

2000年生まれ、東京都出身。大学にてスペイン文学を専攻中。中学時代に新文芸坐・岩波ホールへ足を運んだのを機に、古今東西の映画に興味を抱き始め、鑑賞記録を日記へ綴るように。

好きなジャンルはホラー・サスペンス・犯罪映画など。過去から現在に至るまで、映画とそこで描かれる様々な価値観への再考をライフワークとして活動している。









関連記事

連載コラム

「新海誠から考える令和の想像力──セカイからレイワへ──序論

連載コラム「新海誠から考える令和の想像力」序論 『君の名は。』で歴代邦画興行収入の第2位となる250億円を記録した、新海誠監督の3年ぶりの新作『天気の子』が2019年7月19日に全国公開されます。 4 …

連載コラム

韓国映画『神と共に 第一章:罪と罰』あらすじ解説と考察。死後の世界の「仏教的宗教観」の楽しみ方とは|SF恐怖映画という名の観覧車50

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile050 ゾンビ映画の定番や基礎を丁寧に踏襲しつつ、移動する密室と言う斬新な設定を活かしきった韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』(201 …

連載コラム

『雨の詩』あらすじ感想と評価考察。蔦哲一朗監督の‟自然と人との共存”が描かれたノスタルジックな作風は必見|映画という星空を知るひとよ122

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第122回 『祖谷物語 おくのひと』(2014)の蔦哲一朗監督が、自然エネルギーをフル活用し、自給自足生活する主人公たちを描いた映画『雨の詩』。 主人公は、都会 …

連載コラム

映画『おろかもの』あらすじと感想。芳賀俊×鈴木俊ふたりの監督が描く“おろかもの”ゆえにたどり着く感動|2019SKIPシティ映画祭12

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・芳賀俊監督×鈴木祥監督作品『おろかもの』が7月16・20日に上映 埼玉県川口市にて、映画産業の変革の中で新たに生み出されたビジネスチャンスを掴んでい …

連載コラム

鬼滅の刃2期キャラ童磨・黒死牟のアニメ声優予想!漫画コミックでの描写から考察【鬼滅の刃全集中の考察4】

新キャラクターはだれが演じる? キャスティングを大胆予想! 第2回の「吉原遊郭編」堕姫・妓夫太郎編、第3回の「刀鍛冶の里編」玉壺・半天狗編と続けてきた『鬼滅の刃』CVキャスティング予想。 本記事では、 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学