Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/05/16
Update

【ネタバレ評価考察】シンウルトラマン|メフィラス(俳優/山本耕史)の“野生の思考”と対極の思考דウルトラマンへの依存”への答え【光の国からシンは来る?10】

  • Writer :
  • 河合のび

連載コラム『光の国からシンは来る?』第10回

1966年に放送され2021年現在まで人々に愛され続けてきた特撮テレビドラマ『空想特撮シリーズ ウルトラマン』(以下『ウルトラマン』)をリブートした「空想特撮映画」こと『シン・ウルトラマン』。

2022年5月13日(金)に劇場公開を迎えたのち、同年11月18日からはAmazon Prime Videoでの独占配信が開始されました。

本記事では、予告編での初登場時点から山本耕史の怪演によって強烈な存在感を放ち、「メフィラス構文」でも話題となった「外星人第0号」ことメフィラスをピックアップ。

メフィラスの策略の根幹にある、同じく特報・予告編に登場していた書籍『野生の思考』とは対極の論理。そして本作が主人公・神永とウルトラマン自身を通じて模索しようとした、ウルトラマンという物語が長年抱える「ある問題」について考察・解説していきます。

【連載コラム】『光の国からシンは来る?』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『シン・ウルトラマン』の作品情報


(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

【日本公開】
2022年(日本映画)

【監督】
樋口真嗣

【企画・脚本】
庵野秀明

【製作】
塚越隆行、市川南

【音楽】
鷺巣詩郎

【キャスト】
斎藤工、長澤まさみ、有岡大貴、早見あかり、田中哲司、西島秀俊、山本耕史、岩松了、長塚圭史、嶋田久作、益岡徹、山崎一、和田聰宏

映画『シン・ウルトラマン』メフィラス考察・解説


(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

「悪質宇宙人」としてのメフィラスは健在

外星人ザラブとの一件後、禍特対の分析官・浅見弘子(長澤まさみ)を巨大化させて街中で暴れさせるというデモンストレーションを行なったのち、禍特対の面々の前に出現した「特命全権大使」にして「外星人第0号」のメフィラス(山本耕史)。

やがて、主人公・神永新二(斎藤工)がウルトラマンの姿へと変身する際に用いる「ベーターシステム」の原理が利用されている生体の巨大化装置「ベーターボックス」を活用した「人類の巨大化による対敵性外星人からの自衛計画」を日本政府に提案します。

メフィラス星人が初登場したテレビドラマ『ウルトラマン』の第33話「禁じられた言葉」にて描かれたフジ隊員の巨大化シーンのオマージュはもちろん、「悪質宇宙人」ことメフィラス星人の慇懃無礼さは『シン・ウルトラマン』でも健在

特に「メフィラス構文」としても有名になった、地球の言語を流暢に話しながら「私の好きな言葉です」とその言語を褒める様は、無知の人々が持つ文化への賞賛を足がかりにその心へ取り入ろうとする「詐欺師」の話術といえます。

『野生の思考』の対極にあるメフィラスの策略


(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

立て続けの禍威獣の出現は、地球に放置されていた生物兵器をウルトラマンをおびき出すための罠」として使用した結果であり、ザラブの一件も「ウルトラマンを含む外星人の脅威を人類に提示するため」という狙いのもと、禍威獣同様に「現地調達」した一部に過ぎなかったとのちに語るメフィラス。

そして自身の真の目的が、「暴力でも知恵でも、外星人には無条件に従うしかない」と人類に知らしめることであり、人類はベーターシステムによって強力無比な兵器に転用できる有効資源であるがゆえに、他の知的生命体に荒らされる前に、地球を独占管理しようと考えたためであったと「ウルトラマン」こと神永に明かしたのです。

絶対的な屈服による支配」とも評すべき、メフィラスの策略。それは『シン・ウルトラマン』特報・予告編にも登場したクロード・レヴィ=ストロース著『野生の思考』の対極ともいえる論理に基づいて練られた策略といえます。

植民地主義と「依存」の侵略の正当化


(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

「構造主義の生みの親」とされるレヴィ=ストロースの代表的な著作『野生の思考』は、当時のヨーロッパ圏における自民族・西洋中心主義への自己批判をした上で、当時のヨーロッパ圏では「未開人」と称されていた人々からも見出すことができた普遍的な思考「野生の思考」の存在を提唱しました。

「野生の思考」とは、効率性や概念に重きを置くヨーロッパ圏の「科学的思考」とは別に独立した形で存在する人類の普遍的思考であり、トーテミズム(人間集団がある特定の動植物=トーテムと特別な関係を持つと捉える信仰)にも見受けられるように、自己と他者/自然物との「関係」を具体的な「記号」を用い「象徴」として表現することで、現象/事物を認識しようとする思考を指しています。

テレビドラマ『ウルトラマン』の場合も、「ウルトラマン」という記号を「地球の人類の平和のために戦う地球外生命体」という象徴として据えた上で、「他者」であるウルトラマンとの関係性を通じて人類が自分たちの課題の再考・解決を目指そうとする=「自己」の在り方を認識するという構造で物語で捉えることができます。


(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

その構造が最も色濃く現れているのが、ウルトラマンが敗れた怪獣ゼットンを人類の力で打倒する最終回「さらばウルトラマン」であり、だからこそ『シン・ウルトラマン』の最後にも「ウルトラマンと人類の“自立”した関係性」を提示するための記号として往年の最強怪獣・ゼットンが登場したのでしょう。

対して『シン・ウルトラマン』のメフィラスは圧倒的な科学技術を提供し、一見すれば自衛を通じて地球人類の「自立」を促しているように振舞います。しかし実際は超技術を通じて地球人類を自身へ「依存」=「服従」させ、他の外星人との地球の人的資源争奪戦が勃発する前に地球を自身の母星にとっての「属星」にすることが真の目的でした。

そしてその目的や手段を「地球にとってベストな選択」と評するメフィラスから透けて見えるのは、レヴィ=ストロースが自己批判したヨーロッパ圏における自民族・西洋中心主義とも深くつながっている、かつての19世紀後半における欧米列強の植民地主義

植民者は被植民者より優れており、植民地支配は被支配国の近代化に不可欠な経済・政治の発展につながるため、被植民者にとっても利益になる」「文明の劣った植民地に近代文明を伝来することが、先進国としての責務」……そうした侵略の正当化の論理が、メフィラスの策略の根幹にあるのです。

スポンサーリンク

まとめ/「真実と正義と美の化身」への依存


(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

居酒屋での場面にてメフィラスは、自身の策略が完遂へと向かった要因にはウルトラマンの存在があり、「人類のウルトラマンという力への依存」が日本政府との密約を実現させたことにも言及します。

「人類のウルトラマンという力への依存」という問題は、『ウルトラマン』の第37話「小さな英雄」などをはじめ、ウルトラマンが登場するすべての多くの物語で触れられてきたものでもあります。

「他者のために自身を犠牲にした、興味深い人間」である神永新二と融合したウルトラマンもまた、神永や多くの地球上の書物を通じて、メフィラスに指摘される前からその問題に気づいていたと考えることができます。そしてその上で、「侵略の正当化」のためだけにメフィラスが利用した人類とウルトラマンの「依存」の関係性を否定し、「人類の自立ありき」という本来あるべき関係性への到達に向け模索を続けます。


(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

その模索の果てに辿り着いた結果こそがシン・ウルトラマン』終盤での対ゼットン戦の展開であり、人類と対等な関係性であろうとしたウルトラマンの答えでもあります。

また何よりも忘れてはならないのは、本作における人類とウルトラマンの対等な関係性の模索と提示は、「関係性の依存」が蔓延する現代日本の社会を生きる人々、そして長年のシリーズ継続を通じ「ウルトラマンの神格化」という対等とは程遠い関係性を築いてきたウルトラマンを知る人々への問いでもあるということです。

なぜ『シン・ウルトラマン』は、「真実と正義と美の化身」としてのウルトラマンを徹底的に映像化しようとしたのか。そこには、映画作中にてウルトラマンへの依存からの「再」脱却を描きたかったからという理由も含まれていたのかもしれません。

次回の『光の国からシンは来る?』もお楽しみに!

【連載コラム】『光の国からシンは来る?』記事一覧はこちら

編集長:河合のびプロフィール

1995年生まれ、静岡県出身の詩人。2019年に日本映画大学・理論コースを卒業後、2020年6月に映画情報Webサイト「Cinemarche」編集長へ就任。主にレビュー記事を執筆する一方で、草彅剛など多数の映画人へのインタビューも手がける。

2021年にはポッドキャスト番組「こんじゅりのシネマストリーマー」にサブMCとして出演(@youzo_kawai)。


photo by 田中舘裕介









関連記事

連載コラム

映画『屋敷女』あらすじ感想と内容解説レビュー。ノーカット完全版で衝撃の問題作が劇場公開|サスペンスの神様の鼓動43

サスペンスの神様の鼓動43 映画『屋敷女 ノーカット完全版』は2021年7月30日(金)より全国公開。 夫を失った妊婦が、正体不明の女に襲われる、クリスマス・イブの惨劇を描いた映画『屋敷女』。 200 …

連載コラム

映画『TELL ME ~hideと見た景色』あらすじ感想と解説評価。キャストの今井翼がファンに贈る‟兄の遺した音楽”|映画という星空を知るひとよ104

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第104回 「X JAPAN」のギタリスト、またソロアーティストとして、その名を馳せたロック界のカリスマhide。1998年5月の彼の急逝を惜しむ声が後を絶ちま …

連載コラム

韓国映画『神と共に 第一章:罪と罰』あらすじ解説と考察。死後の世界の「仏教的宗教観」の楽しみ方とは|SF恐怖映画という名の観覧車50

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile050 ゾンビ映画の定番や基礎を丁寧に踏襲しつつ、移動する密室と言う斬新な設定を活かしきった韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』(201 …

連載コラム

映画『茜色に焼かれる』感想評価とレビュー解説。尾野真千子が母親役で見せた理不尽な世の中でも“生き抜く強さ”|映画という星空を知るひとよ61

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第61回 『舟を編む』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』の石井裕也監督が手掛けた映画『茜色に焼かれる』。 主演に単独では4年振りとなる尾野真千子を迎え、和 …

連載コラム

映画『猫、かえる Cat’s Home』あらすじ感想と評価解説。モトーラ世理奈の主演で描く“猫”がつなぐ男女の思い出|インディーズ映画発見伝12

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第12回 日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画をCinemarcheのシネマダイバー 菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学