Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/11/19
Update

【ネタバレ】シンウルトラマンはつまらない?賛否両論への考察解説から見えた“愛の原点”を知るヒントの物語|光の国からシンは来る?15

  • Writer :
  • 岩野陽花

連載コラム『光の国からシンは来る?』第15回

1966年に放送され、2021年現在まで人々に愛され続けてきた特撮テレビドラマ『空想特撮シリーズ ウルトラマン』(以下『ウルトラマン』)を基に描いた「空想特撮映画」こと『シン・ウルトラマン』。

2022年5月13日に劇場公開を迎えた本作ですが、ついに同年の11月18日、Amazon Prime Videoでの独占配信を迎えました。

本記事では、SNSをはじめネット上で見受けられる、『シン・ウルトラマン』を観た人々の賛否両論の感想について改めて注目。

「愛が詰め込まれた映画」と高評価が反転したかのような否定的な意見から見えてくる、映画が持つ「ヒント」としての役割を考察・解説していきます。

【連載コラム】『光の国からシンは来る?』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『シン・ウルトラマン』の作品情報


(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

【日本公開】
2022年(日本映画)

【監督】
樋口真嗣

【脚本・総監修】
庵野秀明

【製作】
塚越隆行、市川南

【音楽】
鷺巣詩郎

【キャスト】
斎藤工、長澤まさみ、有岡大貴、早見あかり、田中哲司、西島秀俊、山本耕史、岩松了、長塚圭史、嶋田久作、益岡徹、山崎一、和田聰宏

映画『シン・ウルトラマン』を賛否両論の感想から考察・解説!


(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

「ただのファンムービー」という感想から見えるもの

2022年5月13日に劇場公開を迎え、同年11月18日にAmazon Prime Videoでの独占配信を迎えた映画『シン・ウルトラマン』。映画の鑑賞方法が増えたことで、SNSはじめネットでは本作を観た人々の感想がより増え続けています。

そこでは、作品への高評価や肯定的な意見が見られる一方で、中には否定的な意見、あるいはハッキリと「つまらない」「面白くない」と断言する感想も。「賛否両論」という様相のネット上での『シン・ウルトラマン』の評価ですが、本作への否定的な意見の中で最も印象的だったのは、「ただのファンムービー」という意味合いの言葉です。

「オタクが金をかけて作ったファンムービー」「オタクしか喜ばない映画」……「庵野秀明と樋口真嗣のタッグをはじめ、製作陣のウルトラマンへの愛が詰まった映画」という高評価がそのまま反転してしまったかのような感想です。

それらの感想は、『シン・ウルトラマン』の脚本・総監修を務めた庵野秀明が「DAICON FILM」の自主制作映画『帰ってきたウルトラマン マットアロー1号発進命令』(1983)にてウルトラマン役を演じ、同作はまさしく「ファンムービー」であったからこそ、よりイメージがしやすく言語化のされやすい「否」だったのかもしれません。

「あなたの好きなウルトラマン」を思い出すために


(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

しかしながら上記の通り、その「否」は同時に「製作陣のウルトラマンへの愛が詰まった映画」という「賛」にも反転することを忘れてはいけません。

そもそも「愛」という現象とは、人・物を問わず特定のある対象へ、それ以外の一切よりも多くの感情を向けられることでもあるはずです。そこには向けられる感情の量・質における「偏り」が必ずと言っていいほど生じ、愛の一つのあり様を表現した「偏愛」は、その証となる言葉といえます。

またウルトラマンという存在も「偏愛」されていることも、ある質問によって証明することができます。それは「あなたが好きなウルトラマンは?」という問いです。

1966年の『ウルトラマン』から始まった、これまでのシリーズ作品のどれかを観たことがあるという方にこの問いを投げかけた時、その答えと理由は十人十色。一人一人が違うものとなるはずです。


(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

子どもの頃リアルタイムでテレビ放送されていて観ていた、あのウルトラマン。リアルタイムでは観れなかったけれど今では一番好きな、あのウルトラマン。「このウルトラマンが好きなんだよ」と語る親が観せてくれた、あのウルトラマン。子どもに付き合って一緒に観るうちに感動してしまった、あのウルトラマン。リブート版として作られた映画で初めて観た、あのウルトラマン……。

その時代や場所、何より出会い方によって、人々の心の中に「あなたが好きなウルトラマン」が数え切れないほど存在する。それは同時に、これまで様々な作品の中で描かれ続けてきたウルトラマンが、数十年にわたって蓄積されてきた無数の、しかしどれも形が違う「偏愛」によって構成されているということでもあります。

シン・ウルトラマン』はなぜ、特撮テレビドラマ『ウルトラマン』や他シリーズ作品のオマージュというありったけの偏愛が詰め込まれ、「製作陣のウルトラマンへの愛が詰まった映画」と「ただのファンムービー」という賛否両論を生み出す映画となったのか。

そこには、本作が「ウルトラマンへの愛」を調べるための試験紙となることで、映画を観た人々が自己の内にある「自分が好きなウルトラマン」という偏愛……人それぞれの「ウルトラマン」の原点を気づいてもらいたい、という意図があったのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ/「人の間」で生まれ、愛されるアイデンティティ


(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

シン・ウルトラマン』作中では、人間と同じかそれ以上に人間という群の可能性を信じ、その上で自己は人間とどう関係するべきなのかを探り続けていた「ウルトラマン」ことリピア。

彼が「ウルトラマン」としての自己を見出したのも、神永との出会いに始まる多くの人間や外星人との関係性によるものであり、ウルトラマンはリピアにとって「人の間」に在るがゆえに生まれた自己といえます。

人々の心の中に「自分の好きなウルトラマン」が存在し、人々は「自分の好きなウルトラマン」を愛し続ける……それもまた、『ウルトラマン』とそのシリーズ作品が持つアイデンティティの一側面=「人の間」で生まれた自己といえるかもしれません。

そして『シン・ウルトラマン』は、作中でリピアが禍特対の人々に託したUSBメモリのように、あくまでも「答え」ではなく、映画を観た人々がそれぞれの「偏愛」の原点に立ち返るための「ヒント」となる作品なのでしょう。

次回の『光の国からシンは来る?』もお楽しみに!

【連載コラム】『光の国からシンは来る?』記事一覧はこちら








関連記事

連載コラム

映画『1秒先の彼女』あらすじとネタバレ感想解説。消えたバレンタインデーの理由と再会の奇跡を手紙から読み解く|映画道シカミミ見聞録64

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第64回 こんにちは、森田です。 今回は、2022年2月からU-NEXT他で配信開始された台湾映画『1秒先の彼女』を紹介いたします。 消えたバレンタインの記憶をめぐり …

連載コラム

【スーパーナチュラルシーズン14】第6・7・8話ネタバレあらすじと感想。ドラマの見どころ解説も|海外ドラマ絞りたて6

連載コラム『海外ドラマ絞りたて』第6回 北米で2019年10月15日から放映開始となる『スーパーナチュラル』最終シーズン15。 このコラムでは引き続き1つ前のシーズン14を3話ずつ、あらすじをネタバレ …

連載コラム

大泉洋映画『騙し絵の牙』感想評価と考察。原作との違いが生む衝撃の結末と“面白い”の修羅場|シニンは映画に生かされて24

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第24回 2021年3月26日(金)より全国ロードショー公開予定の映画『騙し絵の牙』。 『罪の声』の小説家・塩田武士が人気俳優・大泉洋をイメージし主人公を「あてが …

連載コラム

【今野健太インタビュー動画】シアターモーメンツ新作『#マクベス』マルカム役への意気込みと劇団への想いを語る| THEATRE MOMENTS2019⑦

連載コラム『THEATRE MOMENTS2019』第7回 ©︎Cinemarche 「日本発のワールドスタンダード演劇」をモットーに、これまで精力的な取り組みを展開してきた劇団シアターモーメンツ。 …

連載コラム

【スーパーナチュラル】ドラマ解説とあらすじネタバレ。シーズン1〜13まとめ編|海外ドラマ絞りたて1

『スーパーナチュラル』シーズン1〜13までのあらすじを詳細まとめ 人気海外ドラマ『スーパーナチュラル』がいよいよ最終シーズンを迎えます。 本コラムでは、番組のファンとこれから『スーパーナチュラル』を観 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学