Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/10/30
Update

是枝裕和監修映画『十年』より「PLAN 75」感想と考察。高齢化社会の行き着く先とは【十年 Ten Years Japan】|SF恐怖映画という名の観覧車21

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile021

世界には様々な「SF」オムニバス作品が存在します。

イギリスのSFオムニバスドラマ『ブラック・ミラー』では、約1時間と言う尺で様々な未来を描きだし人間の未来の多様性と、その先にある社会の「残酷さ」を提言していました。

一方、2018年11月3日(土)テアトル新宿、シネ・リーブル梅田他全国順次公開される、映画『十年 Ten Years Japan』。

僅か「10年後の日本」と言う今、既に足を踏み出している「未来」が描かれています。

高齢化、AI教育、デジタル社会、原発、徴兵制など様々な題材の作品群の中で、今回は特に我々の「未来」にほど近い問題を描いた『PLAN75』についてご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『十年Ten Years Japan』とは


(C)2018 “Ten Years Japan” Film Partners
香港で社会現象となったオムニバス映画『十年』を元に、新鋭監督達が自国の抱える問題点を軸に10年後の社会・人間を描く、日本、タイ、台湾の国際共同プロジェクト「Ten Years International Project」。

釜山国際映画祭2017での製作発表以来、世界中のメディアから注目され、『ブンミおじさんの森』のアピチャッポン・ウィーラセタクンが監督として参加したタイ版が、第71回カンヌ国際映画祭で特別招待作品として選出されるなど、世界から注目されている本プロジェクト。

日本版のエグゼクティブプロデューサーは、日本映画界を牽引する映画監督・是枝裕和。

杉咲花、國村隼、太賀、川口覚、池脇千鶴ら実力派俳優たちが各作品に集結しました。

是枝監督の最終ジャッジのもと、脚本のクオリティ、オリジナリティ、将来性を重視して選ばれた5人の新鋭監督たちが描く”5つの未来”を通じて、今、日本が抱えている問題、これからの私たちの未来が鮮明に見えてきます。

映画『十年Ten Years Japan』作品情報

【公開】
2018年 (日本映画)

【エグゼクティブプロデューサー】
是枝裕和

『PLAN 75』

【『PLAN 75』監督】
早川千絵

【『PLAN 75』キャスト】
川口覚、山田キヌヲ、牧口元美、美谷和枝

【『PLAN 75』作品概要】

オムニバス映画『十年』のトップを飾る短編『PLAN 75』。

75歳を越える高齢者に国が安楽死を勧めると言う過激な世界観を短編映画『ナイアガラ』でぴあフィルムフェスティバルを始めとした数多くの賞を受賞した早川千絵が描き出す。

主演は舞台、ドラマ、映画と幅広く活躍する演技派俳優、川口覚が務めた。

スポンサーリンク

『PLAN 75』のあらすじ


(C)2018 “Ten Years Japan” Film Partners

75歳以上の高齢者に安楽死を奨励する国の制度『PLAN75』。

公務員の伊丹(川口覚)は、貧しい老人達を相手に複雑な想いを抱えながらも”死のプラン”の勧誘にあたっています。

今回の参加者は身寄りも家も無い、老人ホームに仮住まいする1人の老人(牧口元美)です。

一方、出産を間近に控えた妻・佐紀(山田キヌヲ)は認知症の母親を抱え途方に暮れていて…。

現代社会の問題を描いた日本版『ソイレント・グリーン』

「現代社会の抱える問題」と「安楽死」を組み合わせた作品として、1つ思い浮かぶ作品があります。

『ソイレント・グリーン』(1973)

1973年にアメリカで公開された映画『ソイレント・グリーン』では、人口爆発によりあらゆる資源が枯渇した世界で起こる殺人事件が描かれ、最終盤に主人公が行き着く真実があまりにも衝撃的で今もなお「SF」好きには語り継がれるほどの名作です。

この作品では、人口が増え続けることによって限界を迎えた2022年が舞台となっていて、政府は安楽死を推奨する施設、通称「ホーム」を完備し人口の削減を行っています。

現代から約10年後を描いた『PLAN75』でもこの構図で描かれていますが、その様相は『ソイレント・グリーン』は違ったものになっていました。

避けられない高齢化社会の現実と『PLAN75』


(C)2018 “Ten Years Japan” Film Partners

1970年当時、人口の増加は止まるところを知らず、「人口爆発」によって世界の資源は底を尽きるとさえ言われていました。

しかし、想像とは違い人口の増加率は年月を重ねるほどに減少を始め、我々の住む日本では別の問題が姿を表し始めます。

2015年には日本人口のおよそ4分の1が65歳を越える「高齢化社会」が現実のものとなり、年々その数値は悪化しています。

認知症患者の増加、年金制度の崩壊、孤独死の増加など、「高齢化社会」における様々な弊害が現実のものとなりかけている現代社会で制作された『PLAN75』は、とても刺激的な作品でした。

作中の「安楽死制度」は「痛みも苦しみもなく」、「不安感をそぐ無料カウンセリングが受けられ」、「10万円の支度金配布される」など至れり尽くせりな上に、あくまでも「希望性」であり、募集から参加までを付き添う主人公の存在により「温かみ」すら感じます。

ですが、その実態は「負担」となる存在の「排除」でしかなく、本人たちのいない影の部分では残酷な判断が繰り広げられています。

その判断が本当に自分の心からの意見なのか、それとも誰かからの誘導により導かれた結論なのか、様々な想いが頭の中を駆け巡る作品でした。

スポンサーリンク

暖かで残酷な世界を彩るキャストたち


(C)2018 “Ten Years Japan” Film Partners

今作の軸になる「暖かさ」と「残酷さ」のギャップを生み出したのは実力派俳優でそろえた役者たちの演技だと言えます。

「PLAN75」の参加者である老人を演じた牧口元美は様々な映画に出演し、その印象の濃さを植え付けるだけでなく自身の劇団を立ち上げるなど舞台でもその活動が幅広く知られています。

そんな、彼の「人生」の「重み」を感じる演技により、「PLAN75」と言う「安楽死」が一見「温かみ」に溢れた制度のように感じます。

しかし、一方で山田キヌヲ演じる佐紀の抱える認知症の母の問題がこの制度の問題点を巧みについています。

日本テレビ系ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」にレギュラー出演するなど、着実に活躍の場を広げる山田キヌヲならではの絶妙な演技で「PLAN75」に救いを求める彼女の心理が描写され、演技以外にも歌手としての活動もするなど長きにわたり活躍する美谷和枝の認知症の演技が「高齢化社会」の問題を体現していました。

まとめ

医療の発達や、女性の社会進出による晩婚化により「高齢化社会」は今後一層深まっていくとされています。

より良い社会の発展の代償として直面している問題に目を背けず、しっかりと向き合わなければいけない。

主人公の伊丹が迫られる決断は、そんな我々の「未来」を示しているようにすら思える、現代の日本に生きる人間全てが鑑賞するべき、とすら言える作品でした。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile022では、映画とは密接な関係にある「都市伝説」を中心に、様々な映画に関する「都市伝説」や、逆に「都市伝説」を映像化した作品たちを紹介していこうと思います。

11月7日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『運び屋』ネタバレ感想と評価解説。クリント・イーストウッドが実在の“伝説の運び屋”に挑む|サスペンスの神様の鼓動14

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回取り上げる作品は、実在した“伝説の運び屋”をモデルに …

連載コラム

ゴースト・ラボ: 禁断の実験|ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。Netflixホラー映画は医師が霊の存在を証明する異色作|Netflix映画おすすめ41

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第41回 今回ご紹介するNetflix映画『ゴースト・ラボ: 禁断の実験』は、タイ映画初のドル​​ビー ビジョンかつNetflix基準で制作 …

連載コラム

イラン映画『死神の来ない村』あらすじと感想レビュー。老人の“終の姿”にこそ生きる希望を見出す|TIFF2019リポート30

第32回東京国際映画祭・アジアの未来『死神の来ない村』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの10日間をかけ …

連載コラム

映画『琴音ちゃんのリコーダーが吹きたくて』あらすじ感想と評価解説。荻颯太郎監督が描く様々なジャンルの要素を詰め込んだエンターテインメント|インディーズ映画発見伝9

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第9回 日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画をCinemarcheのシネマダイバー 菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝」 …

連載コラム

鬼滅の刃|アニメ2期はいつ/内容予想!漫画/映画から可能性を深掘り【鬼滅の刃全集中の考察1】

劇場版『無限列車編』の続きは?大人気『鬼滅の刃』アニメ続編を予想! 2020年10月16日に公開された『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』は空前絶後のメガヒットを記録。多くの人々が炭治郎たちの激闘に胸躍ら …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学