Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/05/21
Update

映画『ふゆの獣』あらすじ感想と評価解説。内田伸輝監督が暴力的に描く求めても求めても掴めない愛|インディーズ映画発見伝8

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第8回

インディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画を動画配信するサービス「CINEMA DISCOVERIES」。

2021年3月にサイトがリニューアルされ、早くもミニシアターで話題を集めた映画や、話題作のインディーズ映画が目白推しです!

コラム第8回目では、内田伸輝監督の映画『ふゆの獣』をご紹介いたします。

脚本は作られずプロットとキーとなるセルフのみで、4人の男女が即興芝居でリアルな涙、葛藤、怒りをぶつけ合います。長回しで撮影された男女のむき出しの感情は暴力的でありながら、どこか美しく焼きつけられます。

本作は、第11回東京フィルメックスで最優秀作品賞を受賞し、内田伸輝監督の長編2作目の映画となります。

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ふゆの獣』の作品情報


(C)映像工房NOBU

【公開】
2011年(日本映画)

【監督】
内田伸輝

【キャスト】
加藤めぐみ、佐藤博行、高木公介、前川桃子

【作品概要】
監督を務める内田伸輝はドキュメンタリー映画『えてがみ』(2002)で初監督を務め、PFFアワード2003審査員特別賞、香港国際映画祭スペシャルメンションを受賞。

続く、初長編映画『かざあな』(2007)は、第8回TAMA NEW WAVEグランプリをはじめ、国内の映画祭で数多くの賞を受賞し、国内だけでなくバンクーバー国際映画祭コンペティション部門に正式招待されました。

僕らの亡命』(2017)などの作品に続き、『女たち』が2021年6月1日(火)に公開予定です。

映画『ふゆの獣』のあらすじ


(C)映像工房NOBU

ユカコは同じ職場のシゲヒサと付き合っています。しかし、シゲヒサの浮気を疑い不安になり駅の地下道で座り込みます。

座り込んだユカコに声をかけ介抱したのは同僚のノボルでした。

ノボルはアルバイトのサエコに恋心を抱き思いを伝えますが、サエコからノボルのことを同僚以上には思っていないと断られてしまいます。

ノボルは自身の恋の悩みをユウコに打ち明けます。

一方サエコはシゲヒサに思いを寄せ、シゲヒサとサエコは密会を重ねていました。

ある日、4人の男女は同じ部屋で顔を合わせることとなってしまい…

スポンサーリンク

映画『ふゆの獣』感想と評価


(C)映像工房NOBU

本作で描かれているのは求めても求めても得られない愛です。

ユウコはシゲヒサが浮気しているかもしれないと思いつつも、その現実を受け入れたくないとどこかで思い、自分が心配性なだけだと思い込もうとしています。

しかし拭えない不安や、浮気の形跡は見えないようにしていても目にとまってしまいます。

電話が鳴っても出ようとしないシゲヒサ、剥がれたネイル、口紅のついた空き瓶…それらを目にしてもユウコはシゲヒサと別れたくない一心で何も言えず、一人で抱え込みます。

ノボルは自分が気兼ねなく話せるサエコに思いを寄せ、サエコも自分に気を許しているから自分に気があるはずだとどこかで思っていますが、サエコにとってノボルは仲の良い同僚でしかありません。

ノボルが思いを寄せるサエコも、シゲヒサに思いを寄せていますが、自分が浮気相手であることを分かっています。

浮気をしている当のシゲヒサは、男は浮気をするもので女性は一人だけではないと思っています。

それぞれの状況を映し出し、4人で対面してから描かれる剥き出しの感情のぶつかり合いは、即興の演技だからこそ必死に愛を求め、それでいて傷つきたくないという人間の生々しさがありありと伝わってきます。

感情がぶつかり合う破滅的な瞬間は暴力的でありながら、人間本来の姿を映し出します。

手に入らなくても、どんなに愚かでも、愛を求めようと必死になり、ぶつかり合う彼らの姿はどこか美しく感じられます。

まとめ


内田伸輝監督(c)Cinema Discoveries

4人の男女が即興芝居で演じ、愛を求めぶつかり合う剥き出しの感情を映し出した映画『ふゆの獣』。

内田伸輝監督の感性で、鮮やかに描き出した暴力的でありながらも生身の人間の愛を求め合う姿はどこか美しくもあり、観客を惹きつけます。

誰もが他者の愛を求め、孤独を埋めようとするその気持ちは醜くもあり美しいと伝えてくれます。

内田伸輝Twitter
シネマディスカバリーズTwitter

次回のインディーズ映画発見伝は…

次回の「インディーズ映画発見伝」第9回は、荻颯太郎監督の『琴音ちゃんのリコーダーが吹きたくて』。

何不自由ない高校生活を送っていた主人公ですが、幼馴染の佐々本琴音がしばらく学校を休むと担任から伝えられ、それを聞いた主人公は…

青春、恋愛、シリアス、サスペンス、ヒューマンドラマ、様々なジャンルの要素を詰め込んだエンタテインメント映画です。

次回もお楽しみに!

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら


関連記事

連載コラム

原一男映画『れいわ一揆』感想評価と考察解説。ドキュメンタリー作品でありプロバガンダではない“令和の選挙戦を記録”|だからドキュメンタリー映画は面白い55

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第55回 怒れる10人の個性的な候補者たちの、令和元年の熱き17日間 今回取り上げるのは、2020年9月11日(金)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開 …

連載コラム

映画『アメリカン・アニマルズ』あらすじと感想。実話の強盗事件を本人も登場させて描く青春サスペンス|銀幕の月光遊戯 31

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第31回 何かが起こる日を俺たちは待っていた! 大学図書館が所蔵する時価12億円を超えるヴィンテージ本を狙った、 普通の大学生が起こした普通じゃない強盗事件を描く『アメリカ …

連載コラム

『ファイブ・ウォリアーズ』ネタバレ感想レビュー。異色ウェスタン映画は南アフリカから颯爽と登場!|未体験ゾーンの映画たち2019見破録42

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第42回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は、南アフリカを舞台に描かれた西部劇が登場し …

連載コラム

おすすめコメディ映画『パンチドランク・ラブ』あらすじと感想。ポール・トーマス・アンダーソン監督の珠玉の名作|銀幕の月光遊戯15

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第15回 来る2018年12月15日(土)、16日(日)に、座・高円寺2にてAfter School Cinema Club + Gucchi’s Free Schoolに …

連載コラム

野村奈央映画『からっぽ』あらすじと感想。卒業制作がPFFアワードなどを多数受賞の快挙|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り1

ちば映画祭2019エントリー・野村奈央監督作品『からっぽ』が3月30日に上映 「初期衝動」というテーマを掲げ、2019年も数々のインディペンデント映画を上映するちば映画祭。 ©︎Cinemarche …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学