Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/04/28
Update

【パワーレンジャー】映画版3作あらすじと感想・評価。アメリカ発のスーパー戦隊シリーズを観る|邦画特撮大全67

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第67章

東映製作の特撮作品「スーパー戦隊」シリーズは、現在も毎年新作が製作・放送されています。現在放送中の『魔進戦隊キラメイジャー』で数えること44作品目。シリーズの息の長さに改めて驚きます。

スーパー戦隊シリーズは1990年代にアメリカへ渡り、英語版ローカライズ作品「パワーレンジャー」シリーズが製作されました。「パワーレンジャー」は人気を博し、現在まで劇場用作品が3作製作されています。

今回の邦画特撮大全は、アメリカ映画なので厳密には「邦画」ではありませんが、映画版『パワーレンジャー』3作品を紹介します。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『パワーレンジャー 映画版』の作品概要


(C) SCG Power Rangers LLC (C) Toei Company, Ltd.

【公開】
1995年(アメリカ映画)

【原題】
Mighty Morphin Power Rangers The Movie

【監督】
ブライアン・スパイサー

【キャスト】
ジェイソン・デビッド・フランク、デイビッド・ヨスト、エイミー・ジョー・ジョンソン、スティーブ・カルデナス、ジョニー・ヨング・ボッシュ、キャラン・アシュレー、ポール・フリーマン

映画『パワーレンジャー 映画版』のあらすじ

かつて地球支配を目論んだ悪の帝王アイバン・ウーズが、魔女リタ・レパルサたちの手によって6千万年の封印から目を覚まします。

非常事態を察知したゾードンはパワーレンジャー6人を現場へ向かわせますが、アイバンはその間に基地を強襲。アイバンの手によってゾードンは瀕死の状態に。

パワーレンジャーはゾードンを救いアイバンを倒すため、新たなパワーを求めて惑星フェイドスへと向かいます。

映画『パワーレンジャー 映画版』の感想と評価

映画『パワーレンジャー 映画版』予告編

マッシブなスーツとフルCGの巨大戦

東映が製作するスーパー戦隊シリーズの英語版ローカライズ作品が『パワーレンジャー』。その劇場用オリジナル作品の第1作目が本作『パワーレンジャー 映画版』です。

差別問題に厳しいアメリカ作品のため、『パワーレンジャー』は白人・黒人・東洋人などさまざま人種のメンバーで構成され、5人のうち2人は女性になっています。

トップシーンはパワーレンジャー6人によるスカイダイビングで、映画はいきなりアメリカンな空気を放ちます。パワーレンジャーのスーツは、TVシリーズでは日本と同じデザインでしたが、本作ではマッシブな造形にリファインされています。

TVシリーズの劇場用作品では、主人公たちが映画オリジナルキャラクターの個性に負けてしまうことがしばしばありますが、本作でもパワーレンジャーの個性が本作の敵役アイバン・ウーズに負けてしまっているように感じられ、そこが少し残念な点でもあります。

本作一番の見所は、当時まだ珍しかったフルCGによる巨大戦です。日本のスーパー戦隊の巨大戦は基本的に着ぐるみによって表現されています。

『パワーレンジャー』TVシリーズの巨大ロボ戦のシーンは、主に日本版からの流用映像でした。これはアメリカで特撮シーンを新規に撮影した場合、映画並みの予算とスケジュールがかかってしまうための措置です。

本作の巨大ロボ戦がCGだったのも、そうした面をカバーするためのものでした。

スポンサーリンク

映画『パワーレンジャー・ターボ 誕生!ターボパワー』の作品概要


(C) SCG Power Rangers LLC (C) Toei Company, Ltd.

【公開】
1997年(アメリカ映画)

【原題】
Turbo: A Power Rangers Movie

【監督】
デヴィッド・ウィニング、シュキ・レヴィ

【キャスト】
ジェイソン・デビッド・フランク、ジョニー・ヨング・ボッシュ、キャサリン・サザーランド、ナキア・ブリース、ブレーク・フォスター、ヒラリー・シェパード・ターナー

映画『パワーレンジャー・ターボ 誕生!ターボパワー』のあらすじ

宇宙の女海賊ディバトックスは、緑の星ライレリアに住む魔法使いラルゴを狙います。ラルゴはディバトックスの魔の手から逃れるため、地球へ逃亡。ゾードンの指令を受けてラルゴを保護するパワーレンジャーでしたが、妻と子供を人質に取られたラルゴはディバトックスのもとへ行ってしまいます。

ディバトックスの真の目的は、異次元ミューランシアス島に封印されている魔獣マリゴルを復活させること。異次元に行くにはラルゴが持つ鍵が必要だったのです。

パワーレンジャー6人もディバトックスを追って、異次元へ向かいます。

映画『パワーレンジャー・ターボ 誕生!ターボパワー』の感想と評価

映画『パワーレンジャー・ターボ 誕生!ターボパワー』予告編

日本の特撮スタッフも参加!重量感のある合体シーン

本作のベースは『激走戦隊カーレンジャー』(1996~1997)。『カーレンジャー』はメインライターの浦沢義雄による作風が反映され、シュールなギャグが満載というスーパー戦隊シリーズにおける異色作のひとつでしたが、本作『パワーレンジャー・ターボ』は非常にオーソドックスなヒーロー映画となっています。

ディバトックスの部下で甥のエルガーは『カーレンジャー』の副長ゼルモダ、ライゴグも同じく『カーレンジャー』の総長ガイナモがオリジナル。

デザインはほとんど同じですが、着ぐるみは流用ではなく新規造形です。前作ではCGだった巨大ロボ戦ですが、本作では日本と同じく着ぐるみによって撮影されています。

またメガゾードの合体シーンは、本家スーパー戦隊を手掛ける日本の特撮研究所で撮影されました。巨大メカのターボゾードのミニチュアは非常に細かく作り込まれています。

本家『激走戦隊カーレンジャー』の合体シーンは強い疾走感のあるものでしたが、本作では重量感のある合体シーンとなっています。

スポンサーリンク

映画『パワーレンジャー』の作品概要


(C)2016 Lions Gate TM & (C)Toei & SCG P.R.

【日本公開】
2017年(アメリカ映画)

【原題】
Power Rangers

【監督】
ディーン・イズラライト

【キャスト】
デイカー・モンゴメリー、ナオミ・スコット、RJ・サイラー、ベッキー・G、ルディ・リン、エリザベス・バンクス、ブライアン・クランストン

映画『パワーレンジャー』のあらすじ


(C)2016 Lions Gate TM & (C)Toei & SCG P.R.

アメリカンフットボール選手として将来を有望視されていた高校生ジェイソン・スコットは、悪ふざけから交通事故を起こしてしまいます。事故での怪我からジェイソンは選手生命を絶たれ、悪ふざけの責任から補修クラスへ。

ジェイソンはいじめられっ子のビリーを救ったことをきっかけに、彼と一緒に立入禁止の鉱山へ行きます。その時、鉱山に偶然居合わせたのは、元チアリーダーのキンバリー、不登校児のザック、転校生のトリニー。

5人は鉱山の中から、不思議なメダルを手に入れ、驚異的な力を得ます。そのメダルはパワーレンジャーの力を封じたもの。

5人は谷底で見つけた宇宙船内でかつてのパワーレンジャー・ゾードンと出会い、パワーレンジャーの使命を知ります。

しかし5人はなかなか変身できません。一方かつてのパワーレンジャーで、力を求め悪に堕ちた魔女リタ・レパルサが復活し、その脅威が5人にも迫っていました……。

映画『パワーレンジャー』の感想と評価

(C)2016 Lions Gate TM & (C)Toei & SCG P.R.

ヒーローになるまでの過程を丹念に描いた青春映画

本作『パワーレンジャー』は、シリーズ第1作目のTVシリーズ「マイティ・モーフィン・パワーレンジャー」(1993~1994)のリブート作品です。

本作の一番の特徴はパワーレンジャーの5人が変身するまでに、映画の半分の時間が要されていることです。

事故による怪我で選手生命を絶たれ周囲の人々から失望されたジェイソン、自閉症スペクトラムのビリー、友人を傷つけてしまった元チアリーダーのキンバリー、病弱な母の看病に追われている不登校児のザック、度重なる転校から孤独感を抱えるトリニー。

彼らパワーレンジャーに選ばれた5人の高校生は、それぞれ問題を抱えた等身大の若者です。彼らが得たパワーレンジャーの力そのものは肉体的なものであり、5人が抱える精神的な問題を解決できるものではありません。

彼らが抱える問題はあくまで彼ら自身の手によって乗り越えなければいけないのです。5人はパワーレンジャーに選ばれ仲間を得たことで、少しずつそれらを乗り越えていきます。仲間を得たことで主人公が成長していくのは、青春映画の定石でしょう。

本作『パワーレンジャー』は5人がヒーローの使命に目覚めるまで、人間的に成長する過程を丹念に描いています。一方5人が変身してからのアクションシーンは迫力満載で、CGもふんだんに取り入れられています。

『パワーレンジャー』は単純なヒーロー作品ではなく、青春映画としても楽しめる作品なのです。

まとめ

(C)2016 Lions Gate TM & (C)Toei & SCG P.R.

長い歴史のある日本のスーパー戦隊シリーズは、もはや日本人の伝統文化のひとつともいえるでしょう。その英語版ローカライズ作品『パワーレンジャー』に目を向けると、日本とアメリカの文化や製作条件の違いを理解するきっかけにもなるのではないでしょうか。

また『パワーレンジャー』にも30年近い歴史が存在します。3作品を順に見て行くと、映像技術の進化を感じることが出来ます。

次回の『邦画特撮大全』は…

次回の邦画特撮大全は井上森人が監督した自主怪獣映画『無明長夜の首無しの怪獣』(2018)を紹介します。

お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ダブル・ライフ』あらすじ感想と解説評価。余園園監督と菊地敦子で描くレンタル夫使用の二重生活の実態|2022SKIPシティ映画祭【国際Dシネマ】厳選特集6

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2022国内コンペティション長編部門・優秀作品賞受賞の余園園監督作品『ダブル・ライフ』 2004年に埼玉県川口市で誕生した「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、映画産 …

連載コラム

映画『フォックストロット・シックス 』あらすじネタバレと感想。デストピア近未来SFアクションをインドネシアから発信せよ!|未体験ゾーンの映画たち2020見破録11

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第11回 世界各地の映画が大集合の「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催しています。2月7日(金)からはシネ・ …

連載コラム

映画『ハード・ヒット 発信制限』あらすじ感想と解説評価。チ・チャンウクが悪役に⁈爆弾を仕掛けられた車が街を暴走する|映画という星空を知るひとよ90

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第90回 『SEOBOK/ソボク』(2021)のチョ・ウジンが単独初主演を務めた韓国製アクションスリラー『ハード・ヒット 発信制限』。 キム・チャンジュ監督が手 …

連載コラム

『アンセイン狂気の真実』ネタバレあらすじ結末と感想考察。スマホで映画をつくると監督ソダーバーグの作品特徴がより活かされる|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー56

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも …

連載コラム

【アカデミー作品賞の歴代一覧おすすめ】感動泣ける洋画の名作傑作を発表(2021年予想のために振り返る)|映画という星空を知るひとよ46

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第46回 映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が主催するアカデミー賞。2020年の映画から各賞のノミネート作品は、2021年3月15日に発表されます。 2019 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学