Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/02/22
Update

映画『マルコム&マリー』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。Netflixが描く大人のラブストーリーはスレ違う男女の恋愛会話劇|Netflix映画おすすめ21

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第21回

自身が監督した映画のプレミア上映から帰宅したマルコムと、恋人のマリーが繰り広げる、一夜の愛の物語を描いた映画『マルコム&マリー』。

登場人物は2人だけで、マルコムの邸宅を舞台に繰り広げられる会話劇は、何気ない恋人同士のすれ違いのように見えて、男女の人生観や、無償の愛、尊敬と感謝など、かなり深いテーマを盛り込んでいます。

モノクロ映像も印象的な、本作の魅力をご紹介します。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『マルコム&マリー』の作品情報


Netflix映画『マルコム&マリー』

【日本公開】
2021年公開(アメリカ映画)

【原題】
Malcolm & Marie

【監督・脚本】
サム・レビンソン

【キャスト】
ゼンデイヤ、ジョン・デビッド・ワシントン

【作品概要】
自身の作品が絶賛され、有頂天で帰宅したマルコム。人生最高の夜になるはずが、恋人マリーは何故か機嫌が悪く、何気ない2人のすれ違いは、やがてお互いの愛を試す事になっていく、異色のラブ・ロマンス作品。

マルコム役に、名優デンゼル・ワシントンを父親に持ち、自身も2020年に話題を呼んだ作品『TENET』で大ブレイクを果たしたジョン・デビッド・ワシントン。

マルコムの恋人マリーを『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)でミシェルを演じ、一躍話題になったゼンデイヤが演じており、複雑なマリーの感情を、見事に表現しています。

監督は、2019年からアメリカで放映され、話題になっているテレビシリーズ『ユーフォリア/EUPHORIA』で原案と脚本を務めているサム・レビンソン。

映画『マルコム&マリー』のあらすじとネタバレ


Netflix映画『マルコム&マリー』

映画のプレミア上映会から帰宅した、映画作家のマルコムと、その恋人マリー。

マルコムは、上映会での自身の映画の反応が非常に良かったことに気を良くし、帰宅後も興奮していました。

上映会での手応えと、自身の今後のキャリアの未来像について、興奮した状態で話すマルコムに対して、マリーは不機嫌な様子です。

一通り喋り終わった後に、マルコムはマリーが不機嫌な事にようやく気付きます。

マルコムは、マリーの機嫌が悪い理由を探ろうとしますが、マリーは明確に答えようとしません。

作品が評価された人生最高の夜に、何故か面倒な態度を取るマリーに、次第にマルコムは腹を立て始めます。

マルコムがマリーを「情緒が不安定」と罵倒し始めると、マリーが不機嫌な理由を話し始めます。

上映会のスピーチの際に、マルコムは両親とキャスト、スタッフへ感謝の気持ちを伝えましたが、マリーへの感謝の気持ちがありませんでした。

マリーは「自分がいなければ、あの映画はあそこまで評価されなかった」と、自分への感謝が無かった事を悲しみます。

マルコムはマリーに謝り、マリーは「あなたを怒れるのは私だけ、忘れないで」と伝えます。喧嘩は収まったように見え、マリーは寝室へ向かいます。

ですが、マルコムはマリーの言葉に納得のいかない部分があり、寝室へと怒鳴り込みます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『マルコム&マリー』ネタバレ・結末の記載がございます。『マルコム&マリー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


Netflix映画『マルコム&マリー』

マルコムが気に入らなかったのは「あなたを怒れるのは私だけ」という言葉でした。

実はマリーは過去に、ドラッグ中毒になった事があり、立ち直るまでの5年間、献身的に支えたのがマルコムでした。

マルコムは、マリーがその事を忘れたように、自分より上から目線で物を言ったことに怒り「自分を特別な存在と思わせたいのか?」とまくしたて、寝室を出て行きます。

マルコムがバーカウンターでお酒を飲んでいると、寝室から出て来たマリーが、今度はマルコムに噛みつきます。

マルコムが上映会で評価された映画は、ドラッグ中毒の女性が立ち直るまでを描いた作品でした。

マリーは、マルコムが自分に献身的に尽くしてくれたのは、映画のネタ集めの為だと感じており「あなたは、自分で何も考えられない凡人だ」と批判します。

マルコムは、作品の主役がマリーではないと主張しますが、マリーは話を聞かずにバーカウンターから立ち去ります。

化粧を落とし、バスタブに入っていたマリー。

ですが、マルコムがバスルームの中に入って来て「作品の主役は、これまで会ったさまざまな人がモデルになっている」と主張し、過去の恋愛経験を語ります。

マルコムの話が一通り終わった頃には、マリーはショックを受けた様子で、バスタブの中に浸かっていました。

バスタブから出たマリーは、外でお酒を飲んでいるマルコムの横に座りますが、マルコムは居心地が悪そうに屋敷内に戻ります。

マルコムは、自分の作品を絶賛した、LAタイムズの記者の映画評論をスマホで読みますが、絶賛されているにも関わらず、自分が狙ったテーマが伝わっていないことに腹を立て、庭で荒れ狂います。

映画が絶賛されたにも関わらず、荒れた様子のマルコムが、おかしくなったマリーは、マルコムが今後、映画作家として成功する未来を語ります。

マルコムは次第に落ち着きを取り戻し、マリーを抱いてベッドに入りますが、その直後にトイレへ向かいます。

マルコムがトイレから戻ると、マリーは急にマルコムを拒否する態度を取ります。

元女優だったマリーは、明らかに自分をモデルにした映画の主人公に、自分を起用しなかったことに不満を抱いていました。

またバスルームで、マルコムが過去の恋愛経験について話をしたことにも「そんな話は聞きたくなかった」とショックを受けた様子を見せます。

急変したマリーの態度に、マルコムが困った様子を見せていると、マリーは「私はただ、あなたに感謝されたかっただけ」と語ります。

マルコムが、マリーに「ありがとう」と伝えると、マリーは眠り始めます。

マリーの横で眠ったマルコムは、翌朝、先に目覚めたマリーがいる、裏庭へと向かうのでした。

スポンサーリンク

映画『マルコム&マリー』感想と評価


Netflix映画『マルコム&マリー』

新作映画のプレミアが大成功し、人生最高の夜になるはずだったマルコムと、上映会でのマルコムの態度に不満を持ち、不機嫌な感情を見せる恋人マリーの、一夜の物語を描いた映画『マルコム&マリー』。

本作の登場人物は、マルコムとマリーの2人だけで、さらに物語が展開される場所も、マルコムの邸宅だけという、かなり異色の作品となっています。

本作はマルコムとマリーの口論で物語が展開される会話劇なのですが、その内容は、男女の何気ないすれ違いから、政治論、映画論、人種差別とさまざまです。

特に注目なのは、マルコムが制作した映画の内容について語られていることです。

映画の内容は、ドラッグ中毒になった女性が、立ち直るまでを描いた作品のようですが、これはマリーの実体験と重なります。

ですが、マルコムはその事を一切認めず、マリーがいなくても映画は作れた事を主張します。

反対に、マリーはただ純粋に自分への感謝の気持ちを、マルコムに求めていただけだったとラストで主張します。

マルコムがマリーに感謝の気持ちを伝えれば、すぐに終わる話だったのですが、マルコムは何故そうしなかったのでしょうか?

マルコムがマリーに求めているのは、自分への尊敬だからです。

マルコムは、自身が脚本と監督を務めた作品が大絶賛され、かなり有頂天になっています。

そしてこの作品を、マリーの実体験は全く関係なく、自分の才能のみで作り上げたことにしたいのです。

そうすることで、マリーより優位な立場になり「君の恋人は凄いんだ」と思わせたいのでしょう、作中のマルコムは「自分のお陰で今がある」と、遠回しにマリーへ感謝させようとしている台詞が多いです。

しかし、マルコムは自分が思っている程、完璧な男ではありません。

自分の作品の批評を読もうと、スマホの記事をクレジットカードで購入しようとするのですが、やり方が分からずパニックになります。

パニックになった様子のマルコムを、マリーは冷静に見守り、記事購入の手続きをサポートします。

マリーの態度から、マルコムがパニックになるのは、日常茶飯事である事が分かります。

作中でマリーがマルコムへ伝える台詞「あなたは、仕事以外のトラブルを片付けられない」が、マルコムという人間を的確に表現しているのではないでしょうか。

自分の作品が評価されているのに、怒鳴り始めるマルコムは、今後劇場公開された時のことを考えて不安になっている様子を見せており、かなり小心者なのでしょうね。

そのマルコムを、支え続けてきたのがマリーで、マリーがいたからこそ、マルコムは作品を完成させる事ができたのです。

なのに、プレミアム上映会で自身に感謝の言葉が無かったので、マリーは怒っているのです。マルコムとマリーは、終始口論していますが、絶対に別れ話を口にしません。

お互いが愛し合っており、そしてお互いが必要である事を認めているのでしょう。だからこそ、マルコムはマリーに「尊敬」を求め、マリーはマルコムに「感謝」を求めていたのです。

このすれ違いは、男女の人生観の違いから生じているような気がして、決して他人事だとは思えませんでした。

最終的にマルコムへの尊敬と感謝の気持ちを伝え、マルコムから感謝の気持ちを引き出した、マリーが何枚も上手に見えましたが、結局男女の勝負として見ているところが、男性目線なのでしょう。

男性と女性では捉え方が変わる作品だと思いますので、鑑賞後に恋人や異性の友人と作品について語り合う事で、違う見方がいろいろ見つかりそうです。

まとめ


Netflix映画『マルコム&マリー』

本作は106分の作品なのですが、大半がマルコムとマリーの口論となっています。ですが、視覚的に飽きさせない工夫もかなりされています。

例えば序盤では、プレミア上映会が成功し、興奮しているマルコムの演説のような話と、それを聞かされてうんざりしている様子のマリーを長回しで見せます。

その後に、手際よく夜食を作るマリーと、その時になって初めてマリーが不機嫌な事に気付き、焦るマルコムの様子を、今度は細かいカット割りで見せていき、作品に抑揚を生んでいます。

また、マルコムとマリーは終始口論している訳ではなく、一度落ち着いた様子を見せますが、些細な事でまた口論が始まるという、少しコメディタッチの雰囲気もあります。

さらに、マルコムとマリーは、お互いが口論の主導権を握ろうとするのですが、いわゆるマウントの取り合いを見せており、かなりスリリングです。

映画『マルコム&マリー』は、マルコムの邸宅を舞台にした、マルコムとマリーの会話劇です。

だからこそ、視覚的な部分などに細かい工夫がされた、映像ならではの面白さが詰まった作品でもあります。

ハリウッドの、古典的なラブ・ロマンスへのオマージュも込められており、モノクロ映像や家具の配置など、芸術的な美しさを感じる場面も多いです。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

実写映画『がっこうぐらし!』感想と考察。日本製ゾンビ映画が示す新たな方向性|SF恐怖映画という名の観覧車35

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile035 様々な作品の興行的、批評的失敗から、邦画に対する「実写化アレルギー」のようなものを持つ方もいるでしょう。 「アベンジャーズ」シリーズを代 …

連載コラム

映画『親愛なる君へ』感想評価と解説考察。チェン・ヨウジエ監督が描く血の繋がりを超えた家族の絆|銀幕の月光遊戯 80

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第80回 世界的評価を受けた『⼀年之初(⼀年の初め)』(2006)や『ヤンヤン』(2009)などで知られる台湾のチェン・ヨウジエ監督の5年ぶりの作品となる映画『親愛なる君へ …

連載コラム

『バンクシーを盗んだ男』考察。価値観を揺さぶり問いただすアートとは|映画と美流百科4

連載コラム「映画と美流百科」第4回 今回ご紹介するのは、グラフィティ・アーティストとして最も有名な人物バンクシーと、その作品に迫ったドキュメンタリー映画『バンクシーを盗んだ男』(2017)です。 舞台 …

連載コラム

『ハウス・ジャック・ビルト』映画監督ラース・フォン・トリアーのインタビュー【芸術は定義することが難しい】FILMINK-vol.4

FILMINK-vol.4「Lars Von Trier: ‘Art Is Difficult to Define’」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinem …

連載コラム

映画『jam』あらすじと感想。劇団EXILEメンバーをSABU監督が起用した新作アクション・クライム・コメディーの魅力とは|銀幕の月光遊戯11

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第11回 こんにちは、西川ちょりです。 今回取り上げる作品は、12月01日(土)より、東京・新宿バルト9ほかにて全国ロードショーされる『jam』。 SABU監督の新作で、劇 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学