Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/02/15
Update

映画『ザ・ルーキーズ』あらすじネタバレと感想。 ミラ・ジョヴォヴィッチがお調子者のド素人と世界を救う!?|未体験ゾーンの映画たち2020見破録20

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第20回

毎年恒例となった劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて実施、一部作品は青山シアターにて、期間限定でオンライン上映されます。

前年は「未体験ゾーンの映画たち2019」にて、上映58作品を紹介いたしました。

今年も挑戦中の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」。第20回で紹介するのは、香港、そしてブダペストを舞台にしたアクション映画『ザ・ルーキーズ』

この世のどこかに存在し、密かに世界を守る秘密組織。ある日平凡な人物が、組織にスカウトされ大活躍、というお話はスパイアクション映画の定番です。

そんな映画が中国から世界に飛び出しました。 香港のお騒がせ男とその仲間たちが、ミラ・ジョヴォヴィッチと共に悪の組織に立ち向かう!

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ザ・ルーキーズ』の作品情報


(C)2019 New Classics International Media Limited

【日本公開】
2020年(中国・ハンガリー合作映画)

【原題】
素人特工 / The Rookies

【監督・脚本】
アラン・ユエン(袁锦麟)

【キャスト】
ミラ・ジョヴォヴィッチ、ダレン・ワン(王大陸)、チャン・ロンロン(張榕容)、デヴィッド・マクイニス、ラム・シュー(林雪)

【作品概要】
偶然秘密組織に加わることになり、世界を救おうと奮闘する若者たちを描いた、スパイアクション・コメディ映画。

監督はジャッキー・チェンの『香港国際警察 NEW POLICE STORY』の脚本を書き、アンディ・ラウ主演の『ファイヤー・ストーム』で監督・脚本を務めたアラン・ユエン。彼が「バイオハザード」シリーズなどでお馴染みの国際女優、ミラ・ジョヴォヴィッチを起用して描く作品です。

主演は『私の少女時代 Our Times』や『台北セブンラブ』、「未体験ゾーンの映画たち2018」上映作品『レジェンド・オブ・パール ナーガの真珠』のダレン・ワン。『空海 KU-KAI 美しき王妃の謎』で楊貴妃を演じたチャン・ロンロン、香港映画界のバイプレイヤーとして長らく活躍する、ラム・シューが共演を務めます。

ヒューマントラストシネマ渋谷とシネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2020」上映作品。

映画『ザ・ルーキーズ』のあらすじとネタバレ


(C)2019 New Classics International Media Limited

どこかの孤島にある研究施設内でガラス容器が砕けると、白い煙が立ち上ります。その煙から逃れるようと多くの研究員が走り出しました。しかし彼らは次々煙に包まれ倒れます。トランクケースを持った男、Mr.xだけがヘリコプターに乗って逃れようとします。

そのヘリに何人かの研究員がしがみつきますが、Mr.xはケースからガラス容器を取り出し、中身をしがみつく研究員に散布します。赤い煙に包まれた研究員の体から、みるみる植物が芽吹き出して落ちていきます。無数の死体が倒れる島は、煙に包まれました。

世界有数の資産家で鉄の拳を持つ男、アイアン・フィストこと鉄拳(デヴィッド・マクイニス)は、Mr.xから完成した新兵器、DM85を売りたいとのメールを受け取っていました。

かつて自然保護活動家であった恋人と死別した鉄拳は、保存容器に保管した彼女の眼球に、間もなく野望が実現すると語りかけます。

香港でインターポールのツァイ警視(ラム・シュー)のチームと共に、容疑者を監視していた捜査官のミャオミャオ(チャン・ロンロン)。ところが彼女はツァイの心配した通り、容疑者のセクハラ行為にブチ切れ、警視の制止を聞かず容疑者どころか、同僚まで叩きのめします。

捜査は台無しで、彼女はツァイにお説教をもらいます。やる気ゼロで事なかれ主義の警視の発言に、またも彼女は切れかけますが、処方された心を落ち着かせる薬を流し込み、どうにか落ち着きを取り戻したミャオミャオ。

同じ香港の街で、高僧ビルの屋上に立つフォン(ダレン・ワン)。彼はその姿を自撮りし中継してネットに流し、視聴者の注目を集めていました。自信たっぷりにビルの上に組まれた鉄骨の上にそびえ立つ、避雷針の頂上に駆け登ると宣言します。

おどけて余裕たっぷりに喋っていたフォンですが、近くにライバルの男・フェニックスがいる事に気付きます。2人はどちらが先に頂上へ到着するか、競って登り始めます。

ほぼ同時に頂上へ到着した2人。インターポールの香港支部で悶々としていたミャオミャオにとって、世の中のルールを無視したフォンのお騒がせ動画は目障りそのもの。気付いた彼女は早速中傷コメントを書き込みます。

どちらが先に到着したか言い争うフォンたちですが、雲行きが怪しくなり雷が鳴りだして慌てます。隙を見てフェニックスを蹴落とし、ドヤ顔で頂上一番乗りを宣言するフォン。しかしライバルの逆襲で落とされ、パラシュートを開いて香港の街を滑空するフォン。

これこそ見せ場、とカメラに向くフォンですが、先程の格闘でカメラを失い中継出来ず。おまけにパラシュートはコントロールを失い、とある高層ビルの物々しい一室に飛び込みます。

そこには見るからに危険な連中がいましたが、偶然にも彼らの待つ時間通りに現れたフォンを、自分たちの取引相手と勘違いします。フォンは持ち前のお調子者な態度を発揮して、取引相手のふりをして調子を合わせ誤魔化します。

男たちはあのDM85を売ろうと待ち構えていました。そこに本当の取引相手が現れます。とっさに知恵を巡らせてフォンは仲介者を装い、口八丁手八丁でこの場を乗り切ろうとします。

しかし取引を巡り両者は対立、銃を突きつけ合います。巻き込まれては大変と仲裁を買って出ますが、新たな訪問者が到着し、これ幸いと彼を迎い入れたフォン。

ところがこの訪問者、背中にナイフで致命傷を負っていまいました。彼から逃げるよう言われ、慌てて逃げ出したフォン。この物騒な取引現場にさっそうとブルース(ミラ・ジョヴォヴィッチ)が乗り込みます。

華麗なアクションとスパイグッズの秘密兵器で、その場の男たちを倒していくブルース。しかしDM85の買い手Mr.xの正体は暴けず、DM85も爆破処分され回収できませんでした。

その頃ミャオミャオは、ツァイ警視からブタペストに送る捜査資料を渡されます。警視から適当に処理するよう言われた彼女は、資料を開封しフォンの動画との関連に気付きます。憎きファンを調べようと、まずネットを通じフェニックスに接触を試みるミャオミャオ。

ミャオミャオに接触されたフェニックスは、慌ててフォンにメールを送ります。お調子者のフォンですが、家では同居している母から将来を心配されていました。

母はなぜか自宅に送りつけられた大金を見て、息子をロクでもない事をやったのかと問い詰めます。しかし心当たりの無いフォンは、それよりベットの上に横たわる、母に見られては恥ずかしい物を隠すのに大わらわです。

ようやく母が去ると、部屋にはいつの間にかブルースが忍び込んでいました。見た目の割りにいい加減な通訳を介して、自分を”幽霊騎士団”の一員と名乗ったブルースは、今回の件に関わったフォンをスカウトに現れたのでした。

18世紀に密かに結成された”幽霊騎士団”は、人知れず悪の組織やテロリストを始末し、世界の平和を守っている秘密組織でした。フォンが居合わせた取引に関わった人物Mr.xを、ブルースは危険人物として追っていました。

ブルースはブタペストにいるDM85の買い手が、騒動でMr.xをフォンと勘違いしている事を利用し、彼を囮にして捕えようと計画、協力を求めに現れたのです。目の前の大金と、色々と経費名目で引き落とせる便利なカードに目がくらみ、危険な任務を引き受けたフォン。

ブタペストに到着すると、スパイ気取りで”幽霊騎士団”に接触するフォン。彼が何かを犯罪に関わっていると睨んだミャオミャオも、資料を引き渡す名目で到着し、現地の頼りない捜査官ビーフィーに出迎えられると、独断でフォンの後を追います。

現地でネット中継の相棒で、メカに強い友人シャンと合流した後、”幽霊騎士団”の秘密列車に乗り込んだフォン。幹部に集まった会議では間抜けな姿を披露しますが、地元の犯罪組織を率いるフラミン家が持つ宝物の聖杯と、DM85の交換をMr.xが望んでいると知らされます。

“幽霊騎士団”は聖杯を奪い、DM85の回収を計画します。フォンは自分も参加させろと訴えますが、彼がインターポールのミャオミャオに尾行されていると指摘し、彼に出番がくるまで大人しくしていろと命じるブルース。

その言葉に反発し、スパイ映画よろしく自らの手で聖杯を奪い、事件を解決しようと思い付くフォン。シャンに近づいたミャオミャオと、シャンのアシスタントで友人の女の子LVに、実は自分は世界を守るエージェントだと打ち明けます。

ファンはミャオミャオの正体を知らぬふりを装い、セクハラ行為でイライラさせながらも仲間に引き入れます。潜入活動に大乗り気のシャンと、LVとブタペストの仲間が作った特殊グッズを使用し、フラミン家の娘の誕生パーティーに忍び込み、聖杯を奪おうと計画するフォン。

4人の”ド素人エージェント”は、パーティーで演奏するパンクバンドとそのマネージャーに変装し、フラミン家のパーティーに潜入します。

以下、『ザ・ルーキーズ』のネタバレ・結末の記載がございます。『ザ・ルーキーズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 New Classics International Media Limited

ヘビメタなメイクのお蔭で、見事バレずに潜入した4人。警護にいた現地の捜査官ビーフィーに、自分の正体を伝えようとするミャオミャオですが、メイクと間抜けな彼のおかげでさっぱり伝わりません。

犯罪組織を仕切るフラミン家の屋敷に現れた鉄拳は、警察局長立ち合いの元で聖杯を手に入れる交渉をしていました。見返りは彼らに安全な未来を約束すること、つまりDM85の解毒剤でした。

当然ながら本物のバンドがやって来て正体はバレますが、それぞれドタバタ騒動を引き起こしながらも、聖杯を保管する部屋に忍び込んだフォンとミャオミャオ。聖杯を手に入れると、彼女の正体を暴き、自分だけ逃げ出そうとするフォン。

やけになったミャオミャオのおかげで侵入がバレ、彼女とファンは2人で逃げるハメになります。しかしフォンの運動能力とミャオミャオの格闘技で、次々追手を倒してゆきます。

フォンらの独断行動を察したブルースも屋敷に入り、敵を倒して助けに入りますが、”幽霊騎士団”の行動を見破っていた鉄拳は、その監視要員を射殺します。

ミャオミャオは窃盗犯としてフォンを捕え、シャンとLVと共にビーフィーに引き渡します。一同の身柄を預かったのは、鉄拳と組んだ警察局長でした。彼らが自分たちを殺そうとしていると察し、シャンとLVと共に逃げ出すフォン。

自分に銃が向けられたミャオミャオも、危険を悟ります。フォンの助けを借り彼女も逃げますが、外に出た一同の前で乗って来た車は爆破されます。

鉄拳の部下に襲われる彼らを、ブルースが車に乗せ助け出します。しかし鉄拳の乗る車が追ってきて、激しいカーチェイスとなります。なんとか逃れたブルースの車ですが、まだ事情の判らぬミャオミャオが銃を奪い、全員を逮捕しようと試みます。

一同から事情を聞かされ混乱するミャオミャオ。ブルースは撃たれており、”幽霊騎士団”のセーフハウスへ逃げ込みます。LVの手術でブルースは一命をとり止めますが、神経を傷付けられ全身が麻痺し、目以外が動かせなくなります。

4人は警察に襲撃犯として手配されたと報道されました。上司のツァイ警視にも信じてもらえないミャオミャオが、想像して描いた未来は絶望的です。彼女を慰めようとするフォンに、自ら身を寄せるミャオミャオ。

しかし手元には壊れたとはいえ、聖杯が残っています。ブルースともアイコンタクトで話し、Mr.xと取引して、連携プレーで彼を逮捕しDM85を回収しようと4人は試みます。移動サーカスの会場の取引現場に、颯爽と乗り込むフォン。

ところがそこに鉄拳が一足早く乗り込み、Mr.xを射殺しDM85を奪取しました。とっさの判断でミャオミャオは、その場に置かれたサイドカー乗り込むと、鉄拳からDM85を奪ったフォンを乗せ逃走します。

鉄拳と部下と共にサイドカーに乗り込み追ってきます。激しい争いでクラッシュしたフォンは無事でしたが、DM85は鉄拳の手に落ちます。行く手を阻もうと先回りしたシャンとLV。しかし鉄拳のサイドカーが跳ね飛ばした金属板に、LVの両足は切断されました。

病院に運ばれ手術を受けるLV。落ち込むシャンの前で、ミャオミャオは彼女はフォンの犠牲になったと怒ります。フォンが鉄塔に駆け登ったパフォーマンスも、彼がフェニックスと仕組んだやらせだったと、彼の自分勝手な行動を非難するミャオミャオ。

返す言葉のないフォンですが、DM85を手に入れた鉄拳は、亡き恋人が望んだ自然保護を、人類への復讐という歪んだ形で実行します。まずニューヨークにDM85が散布され、何万という市民が植物化して命を落しました。

その悲劇を目にしたフォンは立ち上がります。ブルースや手術を乗り越えたLVからも励まされ、シャンは仲間の技術者共に秘密兵器の製作に取り掛かります。

フォンは何をやってもダメだった自分にとって、高い所に登り人に見てもらう事が、そしてそこから見る風景が意味あるものだったと、ミャオミャオに自分を駆り立てた物について告白します。ようやく互いを理解できた2人。

フォンとシャンは全てを壊し、ミャオミャオはインターポールの捜査官の身分を捨てると、改造を加えた車に乗って出発します。まず鉄拳の一味である、警察局長を捕えて情報を得ようと動きます。

様々な秘密兵器と、フォンのバンジージャンプを駆使して警察局長を捕えます。局長を車に吊るして逃亡、そしてミャオミャオは彼を脅し、1時間後に世界の10都市に鉄拳の攻撃が行われると聞き出しました。

ブタペスト市内で、警察車両とカーチェイスを繰り広げるフォンとミャオミャオ。散々な目に遭わされた局長は、あわれ部下の車に轢かれました。

渋滞に巻き込まれたフォンとミャオミャオは、車に仕掛けられた秘密アイテムで邪魔な車を跳ね飛ばして前進。工事現場に突っ込めば2足歩行と、何でもありの方法で逃れます。鉄拳の部下の車にガトリンク砲で撃たれると、ロケットパックで空へと脱出した2人。

空では無数の風船を膨らまし、空中散歩で逃走するフォンとミャオミャオを、シャンの車が見事受け止め助け出します。しかしシャンは鉄拳に部下に脅されており、3人は彼の秘密基地へと連行されます。

ブタペストの街に近い山中に、鉄拳の秘密基地はありました。拘束した3人の前で、あと10分で世界の10都市を攻撃すると宣言する鉄拳。しかし3人を挑発した鉄拳は計画を変え、まずブタペストと香港を攻撃すると伝え、無理やりシャンにスイッチを押させます。

煙に包まれるブタペストと香港。その中にはブルースやフォンの母親の姿もありました。このガスにもう一つの薬剤を混ぜると、DM85は効力を発揮します。これは始まりに過ぎないと言い放ち、ヘリに乗り込もうと立ち去って行く鉄拳。

見張りをミャオミャオが挑発した隙に、軽業を使い脱出したフォン。3人は拘束を解き、鉄拳の企てを阻止しようと動きます。幸いにも機器の機能を停止させるEMP発生装置があり、フォンはこれを使用し鉄拳のヘリを止めようと決意します。

装置をパスしながら鉄拳を追う3人。部下たちの抵抗をはね除け、何とかヘリポートまでと到着します。ミャオミャオが落したEMP発生装置を掴み、身体能力を駆使してクレーンに飛びつき、舞い上がったヘリに迫るフォン。

ヘリにしがみついたフォンは、ミャオミャオと目を合わせて笑うと、EMP発生装置を作動させます。鉄拳を乗せたヘリはコントロールを失いました。

ヘリポートに衝突したヘリはそのまま落下、墜落して爆発します。その光景をミャオミャオとシャンは、ただ見つめるしかありませんでした。

こうしてブタペストと香港、そして世界は救われました。フォンとの思い出にふけるミャオミャオに、ツァイ警視が手柄を褒め帰って来いと電話をかけてきます。

そこに中国針のおかげで回復したブルースから、”幽霊騎士団”へのスカウトの電話が入ります。彼女はツァイや将来貰える年金にも別れを告げ、ブルースの誘いに応じます。

今回の一件の補償で、”幽霊騎士団”は破産状態になったとブルースから聞かされたのは、彼女が誘いに応じた後でした。

ヘリの爆発に巻き込まれたかに見えたフォン。彼の手はヘリポートをしっかり掴み、将にはい上がろうとしていました。

スポンサーリンク

映画『ザ・ルーキーズ』の感想と評価


(C)2019 New Classics International Media Limited

ジャッキー・チェン映画の遺伝子を持つお騒がせアクション活劇

台湾映画界で大ブレイク中のダレン・ワンが、フランスのストリート・アクロバティック・アクション映画『YAMAKASI』ばりの、体をはったパフォーマンスを見せる映画です。

お調子者の主人公にギャグの嵐、変わった乗り物(サイドカーです)でのチェイスに、急にお笑いを忘れて涙腺に訴える展開、ジャッキー・チェンの冒険活劇映画そのままの展開です。

さて台湾・香港の俳優陣に、ミラ・ジョヴォヴィッチを加えた中華テイストの作品が、ハンガリーと合作でブタペストを舞台にしているには、世界の映画業界の動静が関わっています。

旧共産圏であった東欧諸国には民放TVが無く、その当時から映画文化が力を持っていました。冷戦後もその傾向は続き、映画の観客数はさらに増加したといいます。

映画産業を支えるスタッフが豊富で、人件費が安く、様々なロケ地に恵まれた東欧諸国に欧米の映画界は目をつけ、様々な作品の撮影が行われるようになります。東欧諸国は海外の撮影に税金の優遇処置を設け、積極的に誘致しました。

さらに自国の映画産業に助成金を投入し、東欧諸国の映画界は活況を呈しています。文化・文芸的な作品だけでなく、東欧発の「未体験ゾーン」的な、アクション・ホラー映画が続々誕生しているのも、こういった背景が存在します。

元気のある中国映画界とハンガリー映画界が、タッグを組んで娯楽作を生み出したのも、当然の流れといえるのです。 

やりすぎ感と人命の軽さが中華風?


(C)2019 New Classics International Media Limited

まるで中華料理の満漢全席のように、娯楽要素をこれでもか!と詰め込んだ感のある『ザ・ルーキーズ』。あらすじ紹介でスパイグッズの紹介は最小限に止めましたが、描写するのに時間を要するトンデモな品々が続々と登場します。

その中身は007、というよりドラえもんの秘密道具といった、悪ノリ系のアイテムです。本作の悪ふざけ部分は、相当タガの外れた状態で画面に登場します。

軽業・格闘アクションシーンはてんこ盛り、異国の風景は無論、サーカス場まで舞台にした、実にサービス過剰なロケーション。軽い下ネタ、くどい小ネタで笑いを取りながら、ここぞとばかり泣かせにもかかるベタな展開です。

軽い娯楽映画にしては、妙に命の軽い描写の数々。80年~90年代の香港映画をご存知の方なら平常運転、と感じるでしょうが、ご存知無い方だとこの展開には困惑を覚えるでしょう。

しかしハリウッドのアクション映画が忘れかけたノリを持つ、香港映画だけでなく60年代のジャン=ポール・ベルモンド主演の、フランスアクションコメディ映画にまでつながる系譜の作品として楽しめます。

とはいえここまでサービス過剰な映画も、疲れてしまうので少々考えモノです。

まとめ


(C)2019 New Classics International Media Limited

色々と盛り込み過ぎと紹介した『ザ・ルーキーズ』、実は紹介した以外にも様々な要素がトッピングされています。

オープニング・エンドロールが凝っているのは勿論、ありがちですが主人公の飛行機移動はCGアニメ&キャラで表現。そして何故かミャオミャオの描く絶望的な未来は、独特のタッチのアニメで表現。実写以外の様々な表現技法も試したかった模様です。

冒頭で主人公、フォンと高層ビル登りを競うフェニックス、このシーンにしか登場しない人物を演じるのは、2015年中国のオーディション番組から芸能界デビューを果たしたショウ・セン(肖戦)。華流アイドルファンの注目を集める人物です。

あらゆる要素が詰め込まれたこの作品、色んなシーンが見る人それぞれが持つアンテナに、何かが引っかかるはずです。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」は…


(C)2019 BlESS-FILM LLC. All rights reserved

次回の第21回は紛争の地で奮闘する、ロシア特殊部隊の活躍を描いたアクション映画『バルカン・クライシス』を紹介いたします。

お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『猿楽町で会いましょう』感想レビューと評価。金子大地と石川瑠華の切実な表情と姿態で見せた“現在の若者”|TIFF2019リポート32

第32回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ『猿楽町で会いましょう』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの …

連載コラム

『影裏』映画と原作小説との違いをネタバレありでラストまで考察。岩手ロケ地とグルメに至るまで郷土愛に満ちた監督のこだわり|永遠の未完成これ完成である8

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第8回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回、紹介するのは、映画『影裏』です。 第157回芥川賞を受賞した、岩手 …

連載コラム

講義【映画と哲学】第9講「“理由”を問うこと:デイヴィドソンの観点から『ある過去の行方』を見る」

講義「映画と哲学」第9講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 第9講では、「理由」を問うことをドナルド・デイヴィドソンの観点から再考。それを踏まえた上で、アスガー …

連載コラム

映画『ロッキー・ザ・ファイナル』ネタバレあらすじと感想。スタローン渾身のシリーズのラストを飾る完結編|すべての映画はアクションから始まる17

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第17回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はア …

連載コラム

『シュガーラッシュオンライン』あらすじ。映画で同様にゲームの世界を舞台にした作品を紹介|SF恐怖映画という名の観覧車28

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile028 ゲーム好きなら一度は行ってみたい「ゲームの中の世界」。 2012年に公開されたゲームの中の世界を題材としたディズニー映画『シュガーラッシ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP