Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/01/31
Update

『記憶屋』ネタバレありで映画と原作の違いを考察。ラストで犯人キャストが取った行動とは⁈|永遠の未完成これ完成である6

  • Writer :
  • もりのちこ

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第6回

映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。

今回、紹介する作品は、映画『記憶屋 あなたを忘れない』です。


織守きょうやの小説『記憶屋』が、平川雄一監督により、山田涼介と芳根京子の共演で映画化となりました。

人の記憶を消すことが出来るという都市伝説「記憶屋」の存在。もし、自分の大切な人の記憶が消されてしまったら…。その記憶を取りもどすことは出来るのでしょうか。

映画と原作の違いを比較し、より深く映画を楽しみましょう。

【連載コラム】「永遠の未完成これ完成である」記事一覧はこちら

映画『記憶屋 あなたを忘れない』の作品情報


(C)2020「記憶屋」製作委員会
【公開】
2020年(日本映画)

【原作】
織守きょうや『記憶屋』

【監督】
平川雄一朗

【キャスト】
山田涼介、芳根京子、佐々木蔵之介、蓮佛美沙子、泉里香、田中泯、杉本哲太、佐々木すみ江、櫻井淳子、戸田菜穂、ブラザートム、須藤理彩、濱田龍臣、佐生雪、稲垣来泉

映画『記憶屋 あなたを忘れない』のあらすじとネタバレ


(C)2020「記憶屋」製作委員会

満月の夜、吉森遼一は「記憶屋」をググっていました。ネット上の都市伝説好きが集まるサイトでは、日々情報交換が行われています。

「記憶屋は本当に存在するのかな?」。遼一が記憶屋を探しているのには訳がありました。

それは、恋人だった澤田杏子の記憶の中から、遼一の記憶だけが失われたからです。

同じ大学に通う杏子にプロポーズをし、OKをもらった矢先の出来事に、遼一は信じられない思いでした。そこで、記憶屋の存在を思い出します。

幼い頃、幼なじみの真希が連続幼女誘拐事件に巻き込まれ、目の前で男に連れ去られたことがありました。

しかし、戻ってきた真希は事件のことを何も覚えていませんでした。当時、都市伝説と化していた記憶屋の仕業だと噂が広がります。

辛い記憶が消えたことで、真希は明るく活発な女の子に育ちました。遼一と同じ大学に合格し、広島から上京した真希は、相変わらず遼一の後を追いかけまわし、世話を焼いています。

ある日、遼一は、大学の特別講座でやって来た弁護士・高原と知り合います、彼もまた都市伝説サイトの住人で、記憶屋を探している人物でした。

高原は、落ち込む遼一を誘い、杏子がバイトしている喫茶店に連れて行きます。遼一の記憶がない杏子は、何度か声を掛けてくる遼一を不審に思っていました。

高原の後押しで、遼一はもう一度、杏子と向き合う決心をします。「俺が記憶を取りもどすじゃけ」。

遼一は、高原と助手の七海の協力で、本格的に記憶屋探しを始めます。

高原もまた、記憶屋を探しているのには理由がありました。高原は余命わずかでした。離婚はしているものの、娘の愛莉はパパが大好きです。

愛莉を悲しませたくない、新しい父親と幸せに暮らして欲しいという思いから、娘の記憶から自分を消して欲しいと願っていました。

遼一と高原は、過去の真希の事件を調べていました。2人は、当時、真希を保護した警察官、真希の祖父・慎一に話を聞きに、広島に向かいます。

慎一に会い、遼一は謝りたいことがありました。真希が誘拐された日、遼一たちは町の花火大会に向かう途中でした。

子供たち同士で会場を目指す途中、幼い真希が足手まといに感じた遼一は、真希を置いて先に行ってしまったのです。戻った時には、真希はすでに男に連れ去られていました。

泣きながら懺悔する遼一に、慎一は言います。「忘れないと生きていけない人もいる。辛い記憶は忘れりゃ、前に進めるんじゃ」。

帰り道、遼一は考えていました。杏子がもし、自ら望んで記憶を消したのなら。辛い思い出したくない記憶があるのだろうか。

以下、『記憶屋 あなたを忘れない』ネタバレ・結末の記載がございます。『記憶屋 あなたを忘れない』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2020「記憶屋」製作委員会
高原事務所の七海が、記憶を消されたという女子高校生・佐々操の調査から、本当に「記憶屋」は存在するという証言を取り付けていました。

操の同級生・要が、操が記憶を失くした日、メールで「記憶屋に会いに行ってくる」という伝言を貰っていたのです。操は、連続女性強姦事件の犠牲者のひとりでした。

要は、公園の緑のベンチに座る若い女性と、操が一緒にいる所も目撃していました。

記憶屋の真相に迫っていたその時、高原がとうとう倒れます。病院に見舞いに行く遼一。高原はすべてを知っているかのように穏やかでした。

1人になった高原の元に、真希が現れます。「来てくれると思っていたよ。記憶屋さん」。記憶屋の正体は、真希でした。

娘・愛莉の中から自分の記憶を消して欲しいと、お願いする高原。真希は複雑な表情を浮かべます。

「頼んでおいて何だけど、記憶屋を止めることは出来ないの?」。高原には真希が苦しんでいるように見えます。

真希の中に蘇る悪夢の残像。それは、記憶を消した者たちの辛い体験でした。真希は、記憶を消すと同時に、自分にその記憶を受け入れて来たのです。

一方、遼一は高原の事務所で、操と同じ連続女性強姦事件の犠牲者のリストを見ていました。そこに、杏子の名もあります。

事件の日付は、遼一が杏子にプロポーズしたその夜でした。ふらふらと事務所を後にする遼一。雨の降る町で泣き崩れ、怒りで地面を殴りつけます。

それは、あまりにも残酷な真実でした。

遼一は、高原の死後、元妻から一通の手紙を受け取ります。「僕はこのあと記憶屋さんに会う。記憶屋さんは憎むべき存在じゃないよ」。高原は記憶屋の正体を知っているようでした。

「悲しいことがあっても、殺したくなる人がいても、それはいつか必ず罰せられるから」。高原の言葉で、遼一は救われます。

高原の手紙には追伸として、「遼一君と記憶屋さんが、お互い許し合えることを」と書いてありました。

遼一は、病院で高原の娘・愛莉に寄り添う真希の様子を思い出していました。「もしかして」。

遼一は葬儀場にいる愛莉の元へ駆け付けます。「愛莉ちゃん、ごめんね。パパのこと憶えてる?」。遼一の言葉に「パパが死んじゃったー」と泣き出す愛莉。記憶は消されていませんでした。

遼一が、公園の緑のベンチに向かうと、真希がいました。「真希が記憶屋なんか?」。

真希は、いつもの明るい幼なじみのままでした。「高原先生、怒ってるかなぁ。愛莉ちゃんの記憶、消せんかった」。

真希は、東京に来る時、自分にも記憶屋の力があると、祖父の慎一から聞かされました。困った人がいたら、助けてあげなさい。祖父の言葉通り、記憶屋として人を助けてきたつもりが、まだ若い真希には相当なダメージを与えていました。

「記憶は消してもまた再生できる。周りの人が思い出させてくれるんだ。真希にも俺がいる。もう止めるんだ」。遼一は真希を抱きしめます。

「ごめん、遼ちゃんに謝らんと。杏子さんのこと。事件の記憶を消すだけじゃなく、遼ちゃんのことも消したのは私の意思だった。ずっと遼ちゃんのことが好きなの」。

真希の告白を聞いて、高原の「罪を許すことも大切だ」という高原の言葉を思い出す遼一。その気持ちは、やはり幼なじみを思うものでした。「真希は俺が守る」。

「守ってくれなくていい、一度だけでいいから、私のこと好きになってよ」。真希は叶うことのない思いに打ちひしがれていました。

いつもの穏やかな朝です。町をひとり去る、真希の姿がありました。

遼一は、杏子の働く喫茶店の前にいました。何か忘れ物をしたかのような表情をみせた遼一でしたが、杏子と目が合い微笑み合うと、喫茶店へと入ってきました。

『記憶屋 あなたを忘れない』映画と原作の違い


(C)2020「記憶屋」製作委員会

原作の『記憶屋』は、日本ホラー小説大賞で読者賞を受賞した作品です。ホラー部門ではありますが、記憶屋を巡って繰り広げられるエピソードは、人間の記憶について考えさせられる人間ドラマとなっています。

映画化にあたり、この人間ドラマが一層深堀りされ、より感動的によりドラマチックな展開になっていると感じました。

いくつか違いをあげていきましょう。

原作と違うキャラ設定・高原智秋の場合

原作と違うキャラ設定一人目は、記憶屋を探す登場人物のひとり、弁護士の高原智秋(佐々木蔵之介)です。

原作では、高原に家族はおらず、関わりのある人間は助手の外山という男性と、慕ってくる弁護人の娘・七海だけです。

映画では、高原の元妻(戸田菜穂)と子供・愛莉が登場します。外山(ブラザートム)は、喫茶店のオーナー、七海(泉里香)は高原弁護事務所の助手という、原作とは違う役どころになっています。

原作での、高原と助手の外山とのやり取りや、関係性が素敵だったので、映画では違う設定になっていたのが少し残念です。

また、高原が記憶を消して欲しい理由も大きく変わってきます。

原作では、自分がいなくなった後、心の弱い七海が後を追わないか心配し、七海の中から自分の記憶を消して欲しいと願います。映画では、娘の愛莉を悲しませず、新しい家族との幸せを願ってのことでした。

どちらも、「大切な人から自分の記憶を消して欲しい」という願いは一緒です。

しかし、その結果の違いにも驚かされることになります。

原作では、七海の中から高原の記憶は消され、普通の高校生活を送る七海が描かれています。

映画では、愛莉の中から高原の記憶は消されませんでした。それは記憶屋が、愛莉に父親のことを忘れて欲しくなかったからです。この結末には、胸をなでおろしました。

原作と違うキャラ設定・澤田杏子の場合


(C)2020「記憶屋」製作委員会

主人公の遼一(山田涼介)の恋人・澤田杏子(蓮佛美沙子)のキャラ設定も、原作と大きく異なっています。

原作での杏子は、遼一の大学の先輩で、互いに惹かれ合いますが、お付き合いはしません。トラウマからくる極度の夜道恐怖症に悩み、記憶屋に頼みます。

映画での遼一と杏子は、結婚を約束した恋人同士です。プロポーズを受けた杏子が、次の日から遼一の記憶を失くします。

遼一は、記憶屋に一方的に記憶を消されたと、記憶屋を憎むことになっていきます。

しかし、それには不幸な出来事が隠れていました。原作とは違う、衝撃的な展開に驚かされます。

幼なじみ真希の消された記憶

原作では、幼なじみ真希が、記憶屋に消された記憶は、両親が浮気をしていたという記憶でした。

映画では、真希が過去に体験した連続幼女誘拐事件の被害者だったという記憶が消されています。

また映画では、真希の他にも、遼一の恋人・杏子と、女子高生・操の消された記憶に違いがあります。

原作では、杏子は夜道恐怖症の記憶を、操は幼なじみの要から振られた記憶を消しています。

映画では、共に連続女子強姦事件の被害者とし辛い記憶を消してもらっています。

何かしらの辛い経験を持たされた映画版。残酷な犯罪が増える現代にあり、胸に迫るものがあります。

記憶屋の行方

記憶屋の正体は、幼なじみの真希(芳根京子)でした。真希は「記憶屋」を祖父から継ぎ、ひとり苦しんできました。

ずっと思い続けてきた遼一は、最後まで振り向いてくれることはありませんでした。

原作ではラスト、正体を知られた真希は、遼一の記憶を消し「ごめんね」。と呟きます。

映画では、そのあと、真希は町を去ります。遼一は、杏子の元へと帰っていきます。

真希は、いや、「記憶屋」は、次はあなたの町に行くかもしれません。

まとめ


(C)2020「記憶屋」製作委員会
『記憶屋』の原作と映画を比較し、違いを紹介しました。

小説では、その後の10年後を描いた『記憶屋Ⅱ』と『記憶屋Ⅲ』と続きます。また、映画化を受け、原作『記憶屋』のスピンオフ版として『記憶屋0』も発売となっています。

映画版での登場人物の過去を描いた『記憶屋0』も合わせて読むと、さらに深堀りできること間違いなしです。

次回の「永遠の未完成これ完成である」は…


(C)2020「朝が来る」Film Partners

次回紹介するのは、2020年初夏公開予定の映画『朝が来る』です。

不妊治療の末、特別養子縁組という手段を選んだ夫婦。子供はすくすく成長し、穏やかな日々が続くかのように思えたある日、「子供を返してほしい」と現れた、産みの母親。

辻村深月の小説『朝が来る』を、永作博美、井浦新、蒔田彩珠ら豪華キャストで、河瀬直美監督が映画化。

映画公開の前に、原作のあらすじと、映画化で注目する点を紹介していきます。

【連載コラム】「永遠の未完成これ完成である」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『ライク&シェア』あらすじ感想と評価解説。大阪アジアン映画祭グランプリ作は“リベンジポルノ”と“インドネシアの法律”に切り込む|大阪アジアン映画祭2023見聞録10

第18回大阪アジアン映画祭・グランプリ作『ライク&シェア』! 2023年3月10日(金)より10日間に渡って開催された「第18回大阪アジアン映画祭」。16の国・地域の合計51作品が上映されました。 今 …

連載コラム

映画『影踏み』ネタバレ感想とレビュー評価。タイトルの意味から読み解く【真壁の過去と吉川聡介殺害の真相】|サスペンスの神様の鼓動24

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回紹介するのは、『半落ち』や『64-ロクヨン-』など、 …

連載コラム

『月の満ち欠け』原作ネタバレあらすじと結末までの感想評価。壮大なラブストーリーは生まれかわって愛を紡いだ“女性の軌跡”|永遠の未完成これ完成である36

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第36回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは、佐藤正午の第157回直木賞受賞作『月の満ち欠け』です …

連載コラム

ポランスキー初期短編映画のあらすじ感想と考察評価【殺人 /微笑み /タンスと二人の男】ほかの内容紹介|偏愛洋画劇場20

連載コラム「偏愛洋画劇場」20 今回の連載でご紹介するのは、名匠ロマン・ポランスキー初期短編集に見る才能の片鱗。 2019年11月10日から23日まで、二週間にわたって開催されたポーランド映画祭での上 …

連載コラム

映画『空白』ネタバレ考察。怒りの被害者が加害者ともなる古田新太演じる‟怖い父の心情”|映画という星空を知るひとよ74

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第74回 『ヒメアノ~ル』(2016)の吉田恵輔監督による、主演・古田新太×共演・松坂桃李の映画『空白』が、2021年9月23日(木・祝)より全国公開! ある日 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学