Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/02/11
Update

韓国映画『野球少女』感想評価レビュー。イジュヨンは梨泰院クラスに続き“性別”の隔たりと向き合う|シニンは映画に生かされて27

  • Writer :
  • 河合のび

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第27回

2021年3月5日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開予定の映画『野球少女』。

大ヒット韓国ドラマ『梨泰院クラス』(2020)で日本でも一躍人気・知名度を獲得したイ・ジュヨンが主演を務め、「天才野球少女」と称された高校生の主人公が「プロ野球選手」という夢を目指し奮闘を続ける姿を描いた作品です。

映画が持つリアリティ、そして映画が伝えようとするメッセージのために、約40日間に渡る特訓によってピッチングを学び撮影に臨んだというイ・ジュヨン。

「性別」という名の想いの隔たりに悩みながらも、それでもマウンド上で真っすぐに前を見つめ続ける主人公を快演したジュヨンの姿には、誰もが目を離せません。

【連載コラム】『シニンは映画に生かされて』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『野球少女』の作品情報


(C)2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2021年(韓国映画)

【原題】
Baseball Girl

【監督・脚本】
チェ・ユンテ

【キャスト】
イ・ジュヨン、イ・ジュニョク、ヨム・ヘラン、ソン・ヨンギュ、クァク・ドンヨン、チュ・ヘウン

【作品概要】
「天才野球少女」と称された主人公が、「女性だから」という壁に直面しながらも「プロ野球選手」という夢を目指し奮闘する姿を描いたスポーツ青春映画。なお本作の主人公は、1997年に女性として初めて国内の高校野球部に所属、韓国プロ野球の公式戦にて先発登板を果たした実在の選手アン・ヒャンミをモデルとしている。

大ヒット韓国ドラマ『梨泰院クラス』にて注目を浴びた女優イ・ジュヨンが主人公役を演じた他、ドラマ『秘密の森』(2017)のイ・ジュニョク、ドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』(2016)のヨム・ヘランなどが出演。

映画『野球少女』のあらすじ


(C)2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

青春の日々をすべて野球に捧げ、周囲の人々からは《天才野球少女》と称えられてきたチュ・スイン(イ・ジュヨン)。

高校卒業を控えたスインは「プロ野球選手」という長年の夢を叶えようとするものの、「女子」という理由だけで入団テストさえ受けさせてもらえない。また母や友だち、野球部の監督からも夢を諦めて現実を見るよう忠告されてしまう。

「わたしにも分からないわたしの未来が、なぜ他人に分かるのか」……自分を信じて突き進むスインの姿に、新しく野球部に就任したコーチのチェ・ジンテ(イ・ジュニョク)は心を動かされる。

かつてプロ野球選手となる夢に破れた過去を持つジンテは、スインをスカウトの目に留まらせるための作戦を練り、彼女をプロにするための独自の特訓を開始する。

次々と立ちふさがる壁を乗り越え続けたスインは、遂にテストを受けるチャンスを掴むが……。

スポンサーリンク

映画『野球少女』の感想と評価


(C)2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

「野球少女」と「野球少年」の狭間で

本作のタイトル『野球少女』。原題『Baseball Girl』の直訳そのものと受け取れる邦題ですが、一方でその命名の理由には、日本にて「幼い頃から野球に情熱を注ぐ男子」を表現する際に度々用いられる「野球少年」という言葉との対比も含まれているのではないでしょうか。

「幼い頃から野球に情熱」を注いできた中で「天才野球少女」と呼ばれるようになった主人公スイン。そして映画作中では、スインの幼馴染みであり、彼女の負けず嫌いに負けまいと同じく野球に打ち込んできた「野球少年」であるイ・ジョンホ(クァク・ドンヨン)が登場します。

入団テストを受けることもできないスインに対し、プロ球団からの指名を受けたことで晴れてプロ野球選手となったジョンホ。しかしながら、彼はスインに「“男”だから自分はプロ野球選手になれた」という負い目を感じている様子が度々描かれています。

そうしたジョンホの姿は、どのような形の「男性優位社会」であっても一定数存在する、自身が「男」で在ることのに葛藤や苦悩を抱く男性像の一つと捉えるのも可能です。しかしスインとジョンホの「野球少女」と「野球少年」としての関係に注目すると、その「負い目」にはジョンホの心情がより多く、複雑に内包されていることに気づけます。


(C)2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

プロ野球選手として「野球少年」で在り続けられる自身に対し、プロ野球選手どころか「野球少女」で在り続けることすらも困難に陥ったスイン。自身が「野球を続ける」という意志を保ち続けられた大きな存在として、「野球を続けてきた者」或いは「一緒に野球をする相手」として彼女に抱いてきた友情が、「性別」という理由だけで隔てられてしまう。

またスインとの友情に隔たりが生じてしまうことで、同じく野球を通じて長年心の内で抱いてきた、友情とは異なる、しかし友情なくしては生まれることもなかったであろう想いも、友情が終わってしまえばスヨンに打ち明けられなくなる。

そして彼女に対する「友情とは異なる想い」を、自身は「野球を続けてきた者」「一緒に野球をする相手」としての純粋な友情と心の内で並べてしまっている。

スヨンとジョンホが「野球少女」「野球少年」であるが故の、同時に「男女」であるが故の感情が、ジョンホの心の内で意識・無意識含めて時に結び合い、時に反発し合っている状態。それがジョンホのスインに対する「負い目」であり、彼の行動を左右しているのです。

ジョンホはスインと彼女に対する「負い目」とどう向き合うのか。そして「野球少女」と「野球少年」の関係性という、一見すれば純粋な友情に見えるものの、実は隔たりが存在する関係性をどう解いてゆくのか。「野球少女」の心の成長によって促されてゆく、「野球少年」の心の成長にも注目です。

プロ野球選手という夢の形、アイドルという夢の形


(C)2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

またスインにとっての「同世代の異性」であるジョンホとは別に、スインとは「同世代の同性」であり、作中にて「性別」という想いの隔たりと向き合い続ける彼女にとってさり気なく、しかし明確に重要な登場人物が一人います。それが、アイドルを目指すスインの親友ハン・バングル(チュ・ヘウン)です。

国内のみならず、日本でも「K-POP」という名のもと多数のグループが人気を博している韓国アイドル業界。業界内は苛烈な競争社会によって成り立っているだけでなく、女性アイドル/男性アイドルのいずれも「性別」に翻弄され苦悩する現実があることも知られています(それは、韓国並みかそれ以上に「飽和」状態にある日本国内のアイドル業界にも該当するはずです)。

作中のバングルは、自身がもともと続けていた作詞・作曲の活動から遠ざかり、「アイドルとして求められるもの」であるダンスのレッスンに注力しています。それは自分自身の「夢の形」を社会が求める「夢の形」へと擦り合わせた結果であり、周囲の人々や社会が望む「趣味」ではなく、「プロ野球選手」として野球をしたいという自身の「夢の形」にこだわるスインとは対極の姿でもあります。

しかしある出来事を機に、バングルは見つめるフリをして実は目を逸らしていたアイドル業界の現実へ直面。自分自身にとっての「夢の形」をスインとともに見つめ直すことになります。そして野球とアイドルという異なる世界、しかし「性別」という想いの隔たりが存在するそれぞれの世界で生き抜こうとしているスインとバングルは、夜の公園でお互いの想いを明かします。

自分たちの「性別」ではなく、あくまでも自分たちの「夢の形」を主に語り合う二人の姿。そこからは、ジョンホがスインに抱く純粋な、しかし「男女」としての想いと葛藤を続ける友情とはまた異なる、「互いに夢を追う同世代の女性」同士の連帯が含まれた確かな友情が感じられるはずです。

まとめ


(C)2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

「性別」という想いの隔たりに直面しながらも、プロ野球選手という自分自身の「夢の形」を見つめ続ける主人公スイン。彼女の真っすぐな眼差しと想いを支える要因として、同じく夢を追い続ける同世代の異性であるジョンホ、そして同性であるバングルの存在が描かれています。

また「同世代」である二人のみでなく、プロ野球選手という同じ夢を追ったものの挫折してしまった過去を持つ野球部コーチのジンテ、人生の中で夢を追うことも「自分自身」の想いを貫くこともできなくなったスインの母(ヨム・ヘラン)と父(ソン・ヨンギュ)の存在も、スインの眼差しと想いを支えた一部といえます。

果たしてスインは、「性別」という想いの隔たりに対して、自分自身の「夢の形」に対してどのような答えを導き出すのか。彼女が「一人の人間」として納得するために見出したその答えは、「野球は誰がするのか」「野球は誰のためにあるのか」という問いの答えでもあるはずです。

次回の『シニンは映画に生かされて』は……


(C)Nikola Productions, Inc. 2020

次回の『シニンは映画に生かされて』では、2021年3月26日(金)より劇場公開予定の映画『テスラ エジソンが恐れた天才』をご紹介させていただきます。

【連載コラム】『シニンは映画に生かされて』記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『あの娘、早くババアになればいいのに』あらすじ感想と評価解説。中村朝佳がアイドルオタクの父に育てられた娘役を好演|インディーズ映画発見伝3

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第3回 インディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画を動画配信するサービス「CINEMA DISCOVERIES」。 2021年3月にサイトがリニューア …

連載コラム

実写映画『スポーン』あらすじと解説。ジェイミー・フォックスでリブートするダークヒーローとは|最強アメコミ番付評17

こんにちは、野洲川亮です。 今回は『ヴェノム』を生んだ作者の代表作、ダークヒーロー映画『スポーン』を解説していきます。 映画『スポーン』の魅力、そして2019年にジェイミー・フォックス主演で公開予定と …

連載コラム

シンエヴァンゲリオン考察|ループ説解説=“否定”という庵野秀明の贖罪ד決別”という再会の願い【終わりとシンの狭間で8】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第8回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした新 …

連載コラム

映画『河童の女』感想評価と内容考察レビュー。結末で描かれた意味をテレンスマリック監督の『地獄の逃避行(1973)』との比較から読む|映画道シカミミ見聞録49

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第49回 こんにちは、森田です。 今回は7月11日(土)より新宿K’s cinemaほかでロードショー公開予定の映画『河童の女』を紹介いたします。 ここで …

連載コラム

映画『日日是好日』感想と評価レビュー。茶道を通した心の成長と日本の四季|映画と美流百科15

連載コラム「映画と美流百科」第15回 こんにちは、篠原です。 今回は和の文化に目を向け、茶道の世界を描いた『日日是好日(にちにちこれこうじつ)』を取り上げます。 エッセイスト森下典子が、24年に渡って …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学