Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/05/29
Update

映画『琴音ちゃんのリコーダーが吹きたくて』あらすじ感想と評価解説。荻颯太郎監督が描く様々なジャンルの要素を詰め込んだエンターテインメント|インディーズ映画発見伝9

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第9回

インディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画を動画配信するサービス「CINEMA DISCOVERIES」。

2021年3月にサイトがリニューアルされ、早くもミニシアターで話題を集めた映画や、話題作のインディーズ映画が目白推しです!

コラム第9回目では、荻颯太郎監督の映画『琴音ちゃんのリコーダーが吹きたくて』をご紹介いたします。

立命館大学映像学部に入学後映画を撮り始めた荻颯太郎監督。卒業成果作品『地球がこなごなになっても』(2017)で注目された荻颯太郎監督が在学時に制作した映画の一つが『琴音ちゃんのリコーダーが吹きたくて』です。

本作は43分という短編でありながら、青春、恋愛、シリアス、サスペンス、ヒューマンドラマ…と様々な要素を詰め込んだエンターテインメント作となっています。

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『琴音ちゃんのリコーダーが吹きたくて』の作品情報


(c)荻颯太郎

【公開】
2014年(日本映画)

【監督、脚本、編集】
荻颯太郎

【キャスト】
合田達矢、田端奏衛、田之畑凌士、古池峻輔、佐藤柚里、杉本幸介、小森ちひろ、福井夏子、武田彩佳

【作品概要】
立命館大学映像学部に入学後、映画を作り始めた荻颯太郎監督。2016年に初監督作『2006のぷるーと』を制作。その後、『キエル』(2014)、『琴音ちゃんのリコーダーが吹きたくて』『風が吹けばキスをする』『うち湯』(共に2015)を制作します。

卒業成果作品として『地球がこなごなになっても』(2016年制作)を制作後、MV『WEEKEND』や『地球がこなごなになっても』のスピンオフ的短編『feral』を制作しています。ミュージックビデオ、企業コマーシャルなど様々な映像作品で意欲的に制作活動をしています。

映画『琴音ちゃんのリコーダーが吹きたくて』のあらすじ


(c)荻颯太郎

友人も彼女もいる、何不自由ない生活を送っていた普通の男子高校生の主人公。ある日、幼馴染の佐々本琴音がしばらく学校を休むことを担任から告げられます。

「琴音ちゃんはどこにいるんだよ」

何かがおかしいと思った主人公は琴音を探し始めます。必死になる主人公に友人らは探すのをやめた方がいいと言いますが主人公は聞き入れません。

次第に異変にたどり着いていく主人公でしたが、琴音を探し出すことはできるのか…

スポンサーリンク

映画『琴音ちゃんのリコーダーが吹きたくて』感想と評価


(c)荻颯太郎

友達も彼女もいて、何不自由ない普通の高校生活を送っていた主人公の日常に大きな変異がやってきます。それが幼馴染の佐々本琴音がしばらく学校を休むということでした。

クラスメートの中で囁かれる噂に主人公は怒り、躍起になって琴音を探そうとします。隣にいる彼女のことにも気にかけないまでに琴音を探すことで頭がいっぱいになっている主人公を友人らは心配しますが、主人公には届かず。

琴音を探すうちに浮き彫りになった担任の裏の顔。いなくなった幼馴染を探す青春映画から次第にサスペンスへと雰囲気が様変わりしていきます。

主人公に対し、教師は中身のない正義感、肝心な時には決断できないと罵られます。それは何不自由ない普通な高校生活を送っていた主人公の有様そのものなのかもしれません。

幼馴染がいなくなるという非日常な出来事に必死になるのは、普通の日常に対する反動なのかもしれません。

様々な要素を詰め込んだエンターテインメント作でありながら、社会の情勢に対する視点も感じさせる一作になっています。

本作と比べ、『風が吹けばキスをする』(2015)は“風が吹けば桶屋が儲かる”を現代風にアレンジし、ファンタジックな要素を入れつつもコミカルで楽しい映画になっています。


荻颯太郎監督(c)Cinema Discoveries

『うち湯』も摩訶不思議で愛おしい人々が集まる銭湯を描き、ファンタジックでほのぼのとする優しい映画になっています。このようなコメディ要素の強い作品の中にもSFであったり様々な要素を混ぜ合わせ荻颯太郎監督独特の世界観を作り上げています。

まとめ


荻颯太郎監督(c)Cinema Discoveries

幼馴染の佐々本琴音がしばらく学校を休むということを知り何不自由ない普通の高校生活を送っていた主人公の日常が大きく変わっていく映画『琴音ちゃんのリコーダーが吹きたくて』。

幼馴染を探すことに必死になる主人公とその彼女や友人との関係性の変化を描く青春要素、そして探していくうちにサスペンス色の強い展開になっていく様々な要素が入り混じったエンターテイメント作になっています。

様々な要素が入り混ざり作り上げられた荻颯太郎監督独特の世界観。他の短編と合わせて堪能してみるのも良いかもしれません。

荻颯太郎Twitter
シネマディスカバリーズTwitter

次回のインディーズ映画発見伝は…


(C)2017 morning film

次回の「インディーズ映画発見伝」第10回は、様々な登場人物が織りなす恋愛模様を描いた木村聡志監督の『恋愛依存症の女』。

次回もお楽しみに!

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『ビッグ・リトル・ファーム』感想とレビュー評価。“理想の暮らしのつくり方”として、自然の摂理に託した農場づくりに臨む|だからドキュメンタリー映画は面白い42

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第42回 自然を愛する夫婦が望む、究極の農場とは──。 今回取り上げるのは、2020年3月14日(土)よりシネスイッチ銀座、新宿ピカデリー、YEBISU …

連載コラム

映画『アトラクション 侵略』ネタバレ感想と考察解説。SFディザスター・ロシアンムービー第2弾を解く|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録14

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第14回 世界のあらゆる国から、様々なジャンルの映画をお届けする、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」。第14回 …

連載コラム

映画『スリージャスティス』あらすじネタバレと感想。名高い実在のヒーロー(孤高のアウトロー)が登場するスター共演の西部劇|未体験ゾーンの映画たち2020見破録32

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第32回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第32回で紹介するのは、スター共演で送るウェスタン映画『スリー・ジャスティス 孤高のアウトロー』。 …

連載コラム

SF映画おすすめ5選!洋画邦画ランキング(1960年代)の名作傑作【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車85

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile085 第2次世界大戦が終結し世界に平和が訪れたかと思いきや、新たな戦争の火種が見え隠れしていた1960年代。 映画『博士の異常な愛情 または私 …

連載コラム

香取慎吾『凪待ち』映画ロケ地リポ④ 白石和彌監督が見た石巻・南浜地区の風景と日和大橋に託した想い|凪待つ地をたずね4

連載コラム『凪待つ地をたずね』第4回 映画『凪待ち』の背景、そして白石和彌監督と香取慎吾が映画を通して描こうとしたものを探るため、本作のロケ地である宮城県の各地を巡り、その地に生きる人々を取材。 ロケ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学