Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/10/24
Update

『アポストル 復讐の掟』感想と考察。映画における「宗教」の描かれ方を考える|SF恐怖映画という名の観覧車20

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile020

『ザ・レイド』(2011)の監督として世界で有名になったギャレス・エヴァンスによるNetflixオリジナル映画『アポストル 復讐の掟』(2018)が先日公開されました。

この作品は宗教団体が支配する島で、「宗教」に複雑な想いを抱える男が妹を救うため奮闘する「サスペンス」&「ホラー」な作品で、宗教と言うものの「光」と「闇」を描いています。

今回は『アポストル 復讐の掟』の魅力を紹介しつつ、映画から見る「宗教」のあるべき姿を考えてみようと思います。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『アポストル 復讐の掟』のあらすじ


Netflixオリジナル映画『アポストル 復讐の掟』

身代金目的で誘拐された妹のジェニファー(エレン・リズ)を取り戻すため、単身で宗教団体が支配する「島」に忍び込んだトーマス(ダン・スティーヴンス)。

「島」を実質的に支配する予言者のマルコム(マイケル・シーン)は、長年の不作により自給自足での暮らしが難しく、この「島」での生活にジェニファーの身代金を当てにしていて…。

作りこまれた世界観と人物

今作は、ジャンルとして「ホラー」と類される事が多い作品です。

物語としても序盤は不可解な出来事や驚かせる描写が複数あり、「ホラー」としての世界観を演出していますが、作品全体を見るとこの映画を「ホラー」と属するには少々疑問が残ります。

それは、「サイコホラー」と属するにはあまりにも人間の描写が作りこまれているからであり、「カルトホラー」と属するには「超常現象」が人に悪意をもたらす描写が少ないからです。

閉塞的な空間での人間関係

主人公が「島」へ訪れる最序盤を除き、劇中では「島」以外の場面がほとんど存在しません。

このことで、主人公のトーマス以外が同じ宗教観を持つ人間たちに囲まれる「サイコホラー」が描かれている、と思いきや今作は一味違った展開を迎えます。

「島」では、必ずしも全員が全員、予言や奇跡を信じているわけではありません。

家族の関係で仕方なくこの「島」にいる者や、家族のためにこの「島」を離れようと考える者など、様々な人間関係が「島」の内部で発生していて、それが時にはトーマスの助けになります。

敵であるマルコムたちも一枚岩ではなく、それぞれがお互いに「不満」を持ちあい、ギリギリのところで繋がっているなど、誰のシーンでも目を離せないほどの人間模様が、理解の出来ない心理を描く「サイコホラー」とは違い、とてつもない「人間らしさ」を放っています。

視覚的、精神的にもグロテスクな描写

しかし、完全に「ホラー」でないわけでもありません。

全体を漂う宗教色を前面に出した雰囲気や、不気味な「女神」の彫刻、「島」の深層部にいる人のデザインなど数々の美術面での恐怖感は心の奥底にある「恐怖」をしっかりと味わうことになります。

刃物による殺傷描写も多く、視覚的にもグロテスクな作品ではあるのですが、一方で作中で行われるあまりにも「残虐なシーン」は敢えてその部分を映さず、何が起きているのかを「音」のみで伝え、それが逆に想像力を引きたてさせられます。

前述したとおり、多少ではありますがびっくりとさせるシーンもあり、「ホラー」や「グロテスクな描写」に耐性のない人にオススメ出来る映画ではありませんが、『バイオハザード7』のように、海外を舞台にした「ホラー」ゲーム等が好きな人には間違いなくハマる世界観の作品です。

スポンサーリンク

『アポストル 復讐の掟』と「宗教」

予言者マルコムは、序盤こそ自分たちに不利益を成す人物を殺害しようとする「危険な教祖」として描かれていますが、物語が進行するに連れ、彼が「島」の人間の犠牲を嫌う様子も見え始めます。

身代金目的で誘拐されたジェニファーを除き、この「島」での生活は希望制です。

そのため、この「島」に来た人間は、心の「救い」を求め訪れた人たちであり、マルコムは「島」の秘密を使い彼らと自身の生活を永遠に続けようと考えていました。

誘拐や殺人のような行動は許される行為ではありませんが、マルコムの行動は「島」の人間を守るための行為に終始していると言えます。

しかし、マルコムの側近のある人物はトーマスと言う「異物」の侵入で揺れるマルコムに漬け込み、「島」の秘密を私利私欲へと使い始め、「島」に混沌が訪れます。

今作から見ることが出来るのは「宗教」が、何かに追い詰められた人間の最後の行き場であり、生きるための「導き」となり得る一方で、使う人間次第ではその存在が他人を追い詰める「危険」な存在にもなりかねないと言う、「宗教」の「光」と「闇」の部分です。

新興宗教との戦いを描いた「トリックTRICK」シリーズ


(C)2010「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」製作委員会

およそ4分の3の人間が「無宗教」とも言われる日本では、今作のような「宗教観」があまり馴染み深くありません。

一方で、阿部寛と仲間由紀恵が主演をし、大ヒットとなったシリーズ「トリックTRICK」のように、エセの新興宗教のトリックを見破る物語を描きつつも「宗教」の「役割」に注目した作品も存在します。

「TRICK」のいくつかのエピソードでは、主人公たちが崩壊させた宗教団体の信仰者が絶望の底に落ち、泣き叫んでいるという後味の悪いラストが描写されます。

仮にその「宗教」がエセであったとしても、その存在に「救い」を見ていた人間がいるとするなら、その存在を一概に「悪」と決めつけることが出来るのか。

現代の日本と言う立ち位置から「宗教」の「光」と「闇」を描く視点として「TRICK」シリーズも一見の価値がある作品です。

まとめ

海外ドラマ「ダウントン・アビー」にレギュラー出演し、「X-MEN」シリーズのドラマ版である「レギオン」では主演を勤めるなどドラマでの活躍で話題を集めるダン・スティーヴンスや、確かなキャリアと演技力のあるマイケル・シーンなどが出演した『アポストル 復讐の掟』。

手に汗握る「サスペンス」としても、閉塞的な雰囲気の中で行われる猟奇的な「ホラー」としても、そして「宗教」と人との「距離感」を描いたメッセージ作品としても頭に強く刻まれる作品であり、全ての物は結局、使う「人」次第で「善」にも「悪」にもなるのだと痛感させられる作品でした。

スポンサーリンク

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile021では、11月3日公開の最新SFオムニバス映画『十年 Ten Years Japan』(2018)のエピソードの1つ「PLAN75」を題材に、作品の魅力と世界が抱える問題を類似映画と共に考えていこうと思います。

10月30日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

【荒井志郎インタビュー動画】シアターモーメンツ新作『#マクベス』俳優としての原点を語る| THEATRE MOMENTS2019③

連載コラム『THEATRE MOMENTS2019』第3回 ©︎Cinemarche 「日本発のワールドスタンダード演劇」をモットーに、これまで精力的な取り組みを展開してきた劇団シアターモーメンツ。 …

連載コラム

『ゴジラ対ヘドラ』カルト映画として再評価される内容と解説。坂野義光が監督デビュー作品に秘めた真意とは|邦画特撮大全25

連載コラム「邦画特撮大全」第25章 先月11月はゴジラの誕生月という事で、ゴジラシリーズを特集しました。 しかしたった4回の連載で「ゴジラ」シリーズの魅力を語り尽くすことは出来ません。そのため今月12 …

連載コラム

映画『陰謀のデンマーク』あらすじと感想。衝撃の展開から結末で伝えたダイレクトなメッセージ【ウラー・サリム監督のQ&A収録】2019SKIPシティ映画祭6

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・ウラー・サリム監督作品『陰謀のデンマーク』が7月14日に上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われるデジタルシネマの祭典が、 …

連載コラム

韓国映画『はちどり』感想とレビュー評価。キムボラ監督が描く思春期の少女の日常|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録9

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『はちどり』 2020年3月15日(日)、第15回大阪アジアン映画祭が10日間の会期を終え、閉幕しました。グランプリに輝いたタイの『ハッピー・オールド・イヤー』をはじ …

連載コラム

映画『ハッピー・オールド・イヤー』あらすじと感想レビュー。断捨離を通してモノに宿った思い出と家族の人生が浮ぶ|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録2

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『ハッピー・オールド・イヤー』 毎年3月に開催される大阪アジアン映画祭も今年で15回目。2020年3月06日(金)から3月15日(日)までの10日間にわたってアジア全 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP