Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『Cosmetic DNA』映画は遊園地の体感アトラクション【自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦3】

  • Writer :
  • 大久保健也

連載コラム『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』
第3回「『Cosmetic DNA』映画は遊園地の体感アトラクション

2021年7月7日。皆様、お疲れ様です。今秋劇場公開予定のウルトラ最高映画『Cosmetic DNA』の監督・脚本の大久保健也です。今日も疲れました。早く肉体から解放されて知性と感情のみの概念になりたいものですね。


(C)田中舘裕介:『Cosmetic DNA』を演出した大久保健也監督

今回は『Cosmetic DNA』って一体どんな映画なの??という話を少しさせてください。

「どうせインディーズ映画なんかくだらないでしょう」「なんで同じ料金払って映画館でアマが撮った映像拝まなきゃならないのか」と思う方もいらっしゃることでしょう。しかし僕はここで断言します、宣言します、『Cosmetic DNA』は映画館で観てこそ真価が発揮される映画です。

映画館で観ないと死ぬまで、いや死後来世まで後悔すること請け合いです。基本的に人生は後悔の連続ですが、するべき後悔としなくていい後悔があります。少なくとも、『Cosmetic DNA』は後者だと断言できます。

【連載コラム】『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』一覧はこちら

『Cosmetic DNA』は遊園地

最初から話が少し逸れます。僕は映画が好きになるよりも遥か昔から(当然「映画監督になりたい」と思うよりも前から)遊園地が大好きでした。幼い頃からずっと「遊園地を作りたい」と思ってきました。

特にライド型アトラクション。自分もインディ・ジョーンズ・アドベンチャー:​クリスタルスカルの魔宮を作ってみたい。アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライドを作ってみたい。そんな子供でした。

今もそんな気持ちで映画を作っています。映画は「体験」です。「鑑賞物」ではありません。人生の記憶の一部の再現です。異論がある方は直筆で手紙をください。あるいは記事末尾のメッセージ欄をご活用ください。

今回の『Cosmetic DNA』も、何よりも「ライド感」を意識して作りました。願わくば3Dで撮りたかったですが、なるべく画面が立体的に浮かび上がってくるように。シーンの1分間を「本当の人生における1分間」だと感じてもらえるように。観た人がキャラクターに憑依して、泣いて笑って怒って、肌で感じながら内臓から感動できるように。『Cosmetic DNA』は2時間弱の映像ではありません。皆さんの人生の一部となる記憶そのものなのです。

だから映画館で観てほしい。映画館の暗闇ではスマホを弄れません。早送りもできません。大画面&大画面で世界に飲み込まれるしかありません。そんな体験をひとりでも多くの人にしてほしいから、僕も生半可な気持ちで作っていません。人生のうちの2時間弱を奪うわけですから、こちらも相応の覚悟があります。

僕の創造物を褒めてくれ、肯定してくれ、そんなつもりは毛頭ありません。今この文章を読んでいるあなたがもし『Cosmetic DNA』を映画館で観たのなら、その『Cosmetic DNA』はもう既にあなたの人生の一部です。その記憶に僕は一切存在しません。あなただけのものです。あなたのためにこの映画を作りました。

少し小難しくてキモい話をしてしまいましたが、結局は映画です。所詮映画です。ポップコーンを食べながら、氷たっぷりのコーラを飲みながら観てください。きっと楽しいです。無料ダウンロードできるソシャゲ以上のエンターテインメントだということは自信を持って言えます。

今秋、コスメがひとりでも多くの方の人生の一部、遊園地で楽しく遊んだ幼少期の記憶となりますように。

次回の「自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦」は…


(C)穏やカーニバル

今後、定期的に大久保健也が自らを連載コラム通して、インディーズ映画『Cosmetic DNA』の魅力を更新していきます。

『Cosmetic DNA』の劇場公開を終えるまで、粛々と続けていこうと思います。全ての劇場公開が終わった時、それまでの連載コラムの記事を全部読んだという人は自己申告してください。自己申告は大事です。

【『Cosmetic DNA』公式Twitter】
@CosmeticDna

【『Cosmetic DNA』公式facebook】
https://www.facebook.com/CosmeticDna/

【連載コラム】『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』一覧はこちら

大久保健也監督プロフィール


(C)田中舘裕介

1995年生まれ、大阪育ち。中学時代より自主映画の制作を始め、60本以上の映像作品を制作。近年は様々なアーティストのMVなどを手がける傍ら、自主映画の制作を行っている。

2021年秋公開予定の『Cosmetic DNA』は初の長編監督作となる。

映画『Cosmetic DNA』のあらすじ


(C)穏やカーニバル

化粧を愛する美大生・東条アヤカ(藤井愛稀)は、ある日クラブハウスで出会った自称映画監督・柴島恵介(西面辰孝)に性的暴行を受ける。

泣き寝入りせざるを得ない状態に精神的に病んでいくアヤカだったが、大学院生のサトミ(仲野瑠花)、アパレル店員のユミ(川崎瑠奈)と出逢うことで少しずつ自我を取り戻していく。

しかし、柴島の次なる標的がユミであることを知ったアヤカは突発的に柴島を殺害。やがて死体処理を行う最中に人間の血液こそが理想の化粧品であることに気付くが……。

大久保健也監督へ応援のメッセージをお寄せください。

映画『Cosmetic DNA』を監督した大久保健也さんの連載コラムを読んでいただき、

*本記事は大久保健也監督がnoteに執筆したものを、監督本人に意向を伺いながら再構成した内容になっております。本文の一部の文言について編集部で追記調整した箇所があります。

関連記事

連載コラム

『彼女が好きなものは』あらすじ感想と評価解説。小説を原作にセクシュアルマイノリティの青春模様を描く|TIFF2021リポート2

『彼女が好きなものは』は東京国際映画祭2021Nippon Cinema Nowにて上映、12月3日(金)全国ロードショー! 2021年、舞台を日比谷・有楽町・銀座地区に移し実施された東京国際映画祭。 …

連載コラム

映画『悪人伝』ネタバレと内容解説。マドンソク演じるヤクザと暴力刑事の異色コンビで描く人間としての秩序|サスペンスの神様の鼓動36

サスペンスの神様の鼓動36 こんにちは「Cinemarche」のシネマダイバー、金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今 …

連載コラム

【VSスターウォーズ】日本SF映画『惑星大戦争』×元ネタ『海底軍艦』の感想比較|おすすめ新作・名作見比べてみた2

連載コラム『おすすめ新作・名作見比べてみた』第2回 公開中の新作映画から過去の名作まで、様々な映画を2本取り上げ見比べて行く連載コラム“おすすめ新作・名作を見比べてみた”。 第2回のテーマは「スター・ …

連載コラム

映画『若さと馬鹿さ』あらすじ感想と評価解説。中村祐太郎監督がどうしようもない男女の日常を描く|インディーズ映画発見伝30

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第30回 インディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画をCinemarcheのシネマダイバー菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝」第30 …

連載コラム

平成の宮崎駿と令和の新海誠。倫理観から恋愛観へ|新海誠から考える令和の想像力3

連載コラム「新海誠から考える令和の想像力」第4回 新海誠監督の過去作をたどることで、「ぼく」が「きみ」との関係を保つために、他者を征服しない“弱さ”が土台になっていることがわかりました。 (C)Mak …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学