Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『アクアマン』ネタバレ感想と評価。陽気な酔っ払いが海底王になる楽しさを解説|最強アメコミ番付評24

  • Writer :
  • 野洲川亮

連載コラム「最強アメコミ番付評」第24回戦

こんにちは、野洲川亮です。

DCEUから大ニュースが二つ飛び込んできました。

一つは2021年公開予定の『ザ・バットマン』で、ベン・アフレックがバットマン役を演じないことが発表されました。

これまでシリーズ3作でバットマンを演じてきたアフレックが、若きバットマンを描く『ザ・バットマン』以降に、同役に復帰するかは不明ですが、今後のシリーズの行方に大きく影響を及ぼすキャスティングとなりそうです。

そして、もう一つは『スーサイド・スクワッド』の続編に、ジェームズ・ガン監督が就任間近というものです。

過去の不適切発言で「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズから解雇されたガンですが、ライバルシリーズの監督として、どのような作品を見せてくれるか、大変楽しみになりました。

今回は2月8日に公開されたジェイソン・モモア主演の『アクアマン』を解説していきます。

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

アクアマンのあらすじ(ネタバレ)

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics

ある嵐の夜、灯台守のトーマスは、海岸で気絶している女性を発見します。

彼女の正体はアトランティスの女王、アトランナ(ニコール・キッドマン)で、アトランティスでの政略結婚から逃れるため地上に現れたのです。

程なく恋仲になった二人の間に子供が生まれ、アーサーと名付けられます。

幸せな生活を送っていた三人の前に、アトランティスから追手が現れ、逃げられないことを悟ったアトランナは、いつか夜明けに戻ってくることを告げ、アトランティスへと向かいました。

そして、時は流れ人間とアトランティス人の混血児として成長したアーサー・カリー(ジェイソン・モモア)は、スーパーヒーロー、アクアマンとして活躍していました。

潜水艦を襲った海賊を退けたアーサーは故郷へ帰り、毎日桟橋でアトランナの帰りを待つ父トーマスと再会します。

そんなアーサーの前に海底王国ゼベルの王女、メラ(アンバー・ハード)が現れ、アトランティスが地上世界への攻撃を企んでいることを告げます。

アーサーの異父兄弟で、アトランティスンの王子オーム(パトリック・ウィルソン)は7つの海底王国を統治し、海の覇王オーシャンマスターとなろうと画策していました。

メラはアーサーにアトランティスの王になり、オームを止めてほしいと頼みますが、アーサーは自分には関係ないと無視します。

しかし、アトランティスが全世界へ向けて警告の津波に遭い、父親トーマスは溺死しかけますが、危うくメラに命を助けられます。

危機感を抱いたアーサーは、やむなくメラと共にアトランティスへ向かいました。

メラの手引きでアトランティスに潜入したアーサーは、かつて自分の教育係を務めたバルコ(ウィレム・デフォー)と再会し、王と認められるためには、かつてアトランティスの王が使った伝説の槍、トライデントを探すようにと告げます。

ところが、そこへ現れたオームの兵隊にアーサーは捕らえられ、オームの元へと連行されてしまいます。

アトランティスに戻ったアトランナは、アーサーの存在に嫉妬を受けた王により処刑されていましたが、そのことでアーサーを恨むオームは決闘を提案しました。

大観衆の前でのアーサーとオームの決闘が始まり、激しい戦いが繰り広げられますが、アーサーは母アトランナの形見の槍を折られ、窮地に陥ります。

ところが間一髪のところでメラに助けられたアーサー、二人はそのまま逃亡し、トライデントを探す旅へと出発します。

手がかりを頼りにサハラ砂漠、そしてイタリアのシチリアへとたどり着いた二人、悪戦苦闘の末に目的地を解き明かしました。

そこへ潜水艦の事件で父を殺されたと、アクアマンを恨む海賊ブラックマンタが、オームから授けられたバトルスーツを着用し、アクアマンを襲撃します。

メラもアトランティスの兵士たちに追われますが、二人は何とかブラックマンタと兵隊たちを撃退し、目的地である海溝王国へと向かいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『アクアマン』ネタバレ・結末の記載がございます。『アクアマン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

海溝王国で怪物トレンチの群れに襲われますが、ギリギリで難を逃れた二人は地球のコアへとたどり着きます。

そこでアーサーは、トレンチの生贄にされ処刑されたと思われていたアトランナと思わぬ再会を果たしました。

地球のコアから脱出するためには、トライデントを手にしなければいけないとアトランナから知らされたアーサーは、トライデントの眠る滝つぼの奥へと進んでいきます。

トライデントの前には、槍を守る怪物カイゼンが待ち受けていましたが、カイゼンと会話を交わしたアーサーはトライデントを手にし、新たな力を得ました。

その頃オームはオーシャンマスターとなるべく、敵対する海底国の一つブライン王国へと攻め込んでいました。

激しい戦闘の最中、トライデントを手にしたアーサーがカイゼンに乗って現れます。

再びオームと対峙したアーサーは、トライデントの力とかつてバルコに教わった技を駆使し、オームを圧倒、今度は逆に相手の武器を粉々にしました。

そこへアトランナが登場し、オームを抱きしめます。

オームは捕らえられ幽閉されることになりますが、アーサーはオームに「いつか話をしよう」と語りかけました。

こうして、アーサーは新たなアトランティスの王の座につきます。

そして、いつものように夜明けに桟橋へと向かうトーマスの前にアトランナが現れ、二人は数十年ぶりの再会を分かち合います。

陽気でド派手に笑って戦うアクアマン

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics

シリーズ前作、『ジャスティス・リーグ』でスクリーン初登場となったアクアマン、戦闘の舞台が主に陸地だったこともあり、その特殊能力を活かす場面は限られ、他のヒーローたちに比べると見せ場は少なく、少々割を食った印象もありました。

しかし本作では、海を高速で泳ぎ回り、海洋生物とコミュニケーションが取れるという、能力の見せ場が隙間なく盛り込まれており、いよいよそのキャラクターの本領を発揮しています。

また、これまでのDCEUシリーズに共通していた、重厚でシリアスな世界観は影を潜め、明るい画面の中で陽気で豪快に「ガハハ!」と笑い、悩まず、立ち止まらないアクアマンは、観客を自然に笑顔にし、心地よい高揚を与えてくれる存在となっていました。

人間とアトランティス人、いわば“ハーフ”という出自によりアイデンティティを確立しきれないという、シリアスになりがちなキャラクターをあえて陽気に描き、酔っ払いでいい加減な性格まで付与されたアクアマンは、伝説の武器を手にし、王の座へと駆け上がっていく過程も、漫画チックなケレン味あふれる演出で、勢いよく描かれていきます。

本作は海外での公開直後、「DC映画史上最高のマーベル映画」と言われ絶賛されました。

『ジャスティス・リーグ』でザック・スナイダー監督のバトンを受け継ぎ、最終編集を担当したジョス・ウェドン(『アベンジャーズ』監督)による、『アベンジャーズ』化の流れは本作でも続いており、今後もこの潮流が続くことが予想されます。

縦横無尽なアクションと縦横無尽なカメラワーク

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics

また本作の象徴的な演出として、アクションに合わせて縦横無尽に動き回るカメラワークは印象的です。

吹っ飛んで壁に叩きつけられた敵に動きに合わせて、カメラも横向きになり、またジェットコースターのごとく元のポジションへと戻っていきます。

一時期流行した手持ちカメラで、ユラユラと動き続けるカメラワークとは違い、ピシッ、ピシッと気持ちよく決まっていくカット割りは、小気味よいアクションをさらに盛り上げる一助となっています。

またそのアクション、カメラワークを、アヴァンタイトル、開始数分でニコール・キッドマンにやらせることで、より早く観客の気持ちを掴んだことも本作成功の要因と言えるでしょう。

シチリアにおける、アクアマンとブラックマンタの対決と、屋根の上を飛び回るメラの逃走シーンを、巧妙に一つの画面に収めて同時進行していくシーンも素晴らしく、本作でのジェームズ・ワン監督のカット割り演出は、そのほとんどが大成功していると言って過言ではありません。

最後に本作を観た人へのオススメ作品として、『ブラックパンサー』と『マイティ・ソー』を挙げておきます。

共に本来家族である敵と、王座を争って戦い(ブラックパンサーは従弟、ソーは義理の弟)、架空の国を舞台にしているという共通点があります。

『ブラックパンサー』に至っては、中盤の決闘シーンで敗れ、ラストでやり返すというところまで同じで、マーベル化してきた本作との比較で楽しめるでしょう。

次回の「最強アメコミ番付評」は…

いかがでしたか。

次回の第25回戦は、アカデミー賞にもノミネートされた、3月8日(金)公開の『スパイダーマン:スパイダーバース』公開前情報を考察していきます。

お楽しみに!

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】④

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】(2019年6月下旬掲載) 【細野辰興の連載小説】『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』の一覧はこちら スポンサー …

連載コラム

『スーサイドスクワッド』ネタバレ解説と内容評価。続編映画はジェームズ・ガン監督が務めるのか?|最強アメコミ番付評21

連載コラム「最強アメコミ番付評」第21回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回はDCEUシリーズ第3弾となる、悪役たちのオールスター映画『スーサイド・スクワッド』を考察していきます。 クイーンの楽曲「ボ …

連載コラム

講義【映画と哲学】第2講「悲劇的な行為について:アリストテレスの詩学から映画を見る」

講義「映画と哲学」第2講 日本映画大学准教授である田辺秋守氏によるインタネット講義「映画と哲学」。 第2講でも、クシシュトフ・キェシロフスキ監督の名作『デカローグ』(1989~90)を題材に、「悲劇的 …

連載コラム

バレエダンサーの舞台裏を女性男性の視点からの読む『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』|映画と美流百科2

連載コラム「映画と美流百科」第2回 © Valery Todorovsky Production Company 今回は全国のミニシアターで絶賛上映中の『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』(2017/ …

連載コラム

千原ジュニア映画『ごっこ』あらすじと感想レビュー。是非に揺れる家族の物語|銀幕の月光遊戯7

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第7回 こんにちは、西川ちょりです。 今回取り上げる作品は、10月20日(土)より、ユーロスペースほか全国順次ロードショーされる日本映画『ごっこ』です。 早世の鬼才・小路啓 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP