Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2023/11/08
Update

『きっと、それは愛じゃない』あらすじ感想と評価解説。イギリス発大人の恋愛ラブストーリーはリリー・ジェームズ主演で“恋愛と結婚”を描く|映画という星空を知るひとよ178

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第178回

多文化が花咲くロンドンを舞台にした“今”のラブストーリー『きっと、それは愛じゃない』が2023年12月15日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほかで全国公開されます。

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』(2013)『ラブ・アクチュアリー』(2003) 『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001)の制作陣が恋愛のカタチを映像化しました。

『きっと、それは愛じゃない』の監督は、アカデミー賞7部門にノミネートされた『エリザベス』で世界的名声を獲得したシェカール・カプール。実写版『シンデレラ』(2015)のリリー・ジェームズが、本作でも主演を務めます。

SNSや出会い系アプリが溢れかえっている現代において、あえて親が進める相手と見合い結婚をしようとする幼馴染みの男性・カズ。結婚に愛は必要か? そんな疑問から自分の気持ちに気が付く主人公・ゾーイ。

果たしてゾーイの思いはどうなるのでしょう。映画『きっと、それは愛じゃない』をご紹介します。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

映画『きっと、それは愛じゃない』の作品情報


(C)2022 STUDIOCANAL SAS. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2023年(イギリス映画)

【原題】
WHAT’S LOVE GOT TO DO WITH IT?

【監督】
シェカール・カプール

【キャスト】
リリー・ジェームズ、シャザド・ラティフ、シャバナ・アズミ、エマ・トンプソン、サジャル・アリー

【作品概要】
『きっと、それは愛じゃない』の監督はアカデミー賞7部門にノミネートされた『エリザベス』(1999)で世界的名声を獲得した、インド映画界の生ける伝説シェカール・カプール。本作は『エリザベス:ゴールデン・エイジ』以来、15年ぶりの新作となりました。

主演を務めるのは、『シンデレラ』(2015)をはじめ、『ベイビー・ドライバー』(2017)や『イエスタデイ』(2019)などの話題作に出演してきた人気俳優リリー・ジェームズ。

主人公の母を演じるのは、『ハワーズ・エンド』(2019)でアカデミー賞主演女優賞を受賞し、『ラブ・アクチュアリー』(2003)や「ハリー・ポッター」シリーズなどの人気作にも出演するエマ・トンプソンも共演しています。

映画『きっと、それは愛じゃない』のあらすじ


(C)2022 STUDIOCANAL SAS. ALL RIGHTS RESERVED.

ドキュメンタリー監督を仕事としているゾーイ。隣人の結婚式に招かれ、そこで幼なじみの医師カズと久々に再会しますが、彼が見合い結婚をすると聞いて驚きます。

ゾーイは、今の時代になぜ親が選んだ相手と結婚するのかと疑問に思いました。そして、彼女は、カズの結婚までの軌跡を追う新作ドキュメンタリーを制作することにします。

実はゾーイ自身は運命の人の出現を待ち望んでいました。この人こそと思って何人もの男性と付き合うのですが、みなダメ男ばかりで、失敗を繰り返していたのです。

そんな頃に、条件の合う相手が見つかったカズは、両親も交えたオンラインでお見合いを決行。

数日後、カズから婚約の報告を受けたゾーイは、これまで自分で気が付かないふりをしてきたカズへのある思いに気がつきます。

映画『きっと、それは愛じゃない』の感想と評価


(C)2022 STUDIOCANAL SAS. ALL RIGHTS RESERVED.

ドキュメンタリー監督のゾーイと幼馴染みの医師カズのドタバタラブストーリー。

仕事に没頭するゾーイですが、慌ただしい毎日の中でも、素敵な恋人を見つけたいと常にアンテナをはっています。ですが、なぜかゾーイが恋人とするのは、ダメ男と呼ばれる部類の男性ばかり。自分の恋に苛立ちを覚え始めたとき、カズがお見合い結婚をすると知り、驚きを隠せません。

自由に異性と知り合い恋愛をして生涯のパートナーを見つけられる今なのに、なぜお見合い結婚なのか。このギャップが面白いとゾーイはカズのお見合いを密着してドキュメンタリー作品を作ることにします。

ゾーイはカズに張り付いて取材をします。お見合いの席にも同行し、カズ自身と両親が決めた結婚相手を見ました。そして気が付く自分の気持ち……。

一番気心が知れて安心できる相手なのにあまりに身近にいると、その存在すら意識しないことは多々あることでしょう。ゾーイの場合もそうでした。

SNSなどが発達している現代ではマッチングアプリなど出会い系サイトも多くあり、新たな出会いを求めるには不自由はしませんが、相手の全部の性格や日常の生き様などが短い期間で分かり合えるのでしょうか。

「運命の人」は身近にいるとは限りません。ですが、本当に自分のことを分かってくれる人というのは、そうそう頻繁に現れるものではありません

パートナーとして生涯を共にする相手に何を求めるのかが、結婚を意識したときの大きなポイントとなることは間違いないでしょう

まとめ


(C)2022 STUDIOCANAL SAS. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『きっと、それは愛じゃない』をご紹介しました。心の痛みを感じつつ、自分の疑問を素直にカズにぶつける主人公・ゾーイは、リリー・ジェームズが演じました。

シンデレラ』(2015)のナチュラルな演技で周囲を魅了したのは記憶に新しいところです。本作では、揺れ動く女心を時には愛らしく時には小悪魔的に、さまざまな顔で表現していますので注目してください。

恋愛かお見合か結婚についての大きな選択肢を題材にした本作は、愛についての教訓も含まれているので、素敵な出会いを求める人は必見です。

映画『きっと、それは愛じゃない』は2023年12月15日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開!

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

星野しげみプロフィール

滋賀県出身の元陸上自衛官。現役時代にはイベントPRなど広報の仕事に携わる。退職後、専業主婦を経て以前から好きだった「書くこと」を追求。2020年よりCinemarcheでの記事執筆・編集業を開始し現在に至る。

時間を見つけて勤しむ読書は年間100冊前後。好きな小説が映画化されるとすぐに観に行き、映像となった活字の世界を楽しむ。



関連記事

連載コラム

映画『レリック 遺物』感想解説と評価考察レビュー。結末まで“老いの恐怖”を描いたサスペンススリラーを張り巡らされた「予兆」から読み解く|サスペンスの神様の鼓動44

サスペンスの神様の鼓動44 映画『レリック -遺物-』は、2021年8月13日(金)よりシネマート新宿ほかにて全国公開 森に囲まれた家で、1人暮らしをしていた老女エドナが突然失踪した事で、恐怖の連鎖が …

連載コラム

『機界戦隊ゼンカイジャー』キャスト/声優の感想評価。ロボの元ネタなど過去戦隊シリーズとの比較も|邦画特撮大全81

連載コラム「邦画特撮大全」第81章 今回の邦画特撮大全は2021年3月7日から放送が開始される、スーパー戦隊シリーズ最新作『機界戦隊ゼンカイジャー』を紹介します。 2021年1月15日に行われた製作発 …

連載コラム

映画『ゲート・オブ・キングダム』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ダークファンタジーな王の帰還をフィリップトッド監督が描く|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー35

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第35回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

『フランケンシュタイン対地底怪獣』『サンダ対ガイラ』映画解説。進撃の巨人に影響を与えた特撮作品|邦画特撮大全47

連載コラム「邦画特撮大全」第47章 2019年現在、NHKにてアニメ版が放送中で、2015年に樋口真嗣監督によって実写映画化もされた人気漫画『進撃の巨人』。 そのイメージベースとなった作品が、今回特集 …

連載コラム

NETFLIX映画『飢えた侵略者』ネタバレ感想と考察。ラストが秀逸で2017年にカナダ映画トップ10に選出された作品|SF恐怖映画という名の観覧車66

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile066 2019年11月に公開される『ゾンビランド ダブルタップ』(2019)のようにコメディを多量に含んだ作品や、王道のパニックホラーを貫いた …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学