Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

Entry 2020/07/07
Update

実写映画『シンデレラ』ネタバレあらすじと感想考察。ディズニー作品でリリー・ジェームズが主役を演じる

  • Writer :
  • もりのちこ

どんな時も勇気と優しさを持つこと。
ゴッドマザーはそんなあなたを見守っているかもしれません。

ラブストーリーの原点であり、世界中で愛され続ける物語、ディズニーの「シンデレラ」が、比類の映像美で実写映画化となりました。

時を経てもなお愛され続ける「シンデレラ」。女の子なら誰もが憧れるシンデレラストーリーは、夢と希望を与え続けています。

ケネス・ブラナー監督の実写映画化にあたり、主人公のシンデレラに選ばれたのは、新鋭のリリー・ジェームズ。文字通りシンデレラストーリーとなりました。

ガラスの靴、カボチャの馬車、華麗なドレス、灰まみれのシンデレラが魔法の力で素敵なプリンセスに大変身。勇気と優しさが導く奇跡の愛の物語『シンデレラ』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『シンデレラ』の作品情報

(C)2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

【日本公開】
2015年(アメリカ)

【監督】
ケネス・ブラナー

【キャスト】
リリー・ジェームズ、ケイト・ブランシェット、ヘレナ・ボナム・カーター、リチャード・マッデン、ソフィー・マクシェラ、ホリデイ・グレインジャー、デレク・ジャコビ、ノンソー・アノジー、ステラン・スカルスガルド、ベン・チャップリン、ヘイリー・アトウェル

【作品概要】
ディズニーのクラシック・アニメーションの名作『シンデレラ』を、ディズニーが新たに実写映画化しました。シンデレラに選ばれたのは、イギリス出身の新星リリー・ジェームス。物語から飛び出したような美しいシンデレラ姿を披露します。

その後リリー・ジャームズは、ゾンビ映画『高慢と偏見とゾンビ』(2016)、英BBCドラマ『戦争と平和』(2019)と話題作に出演、エドガー・ライト監督のアクション映画『ベイビー・ドライバー』(2017)ではヒロイン役にも抜擢され、まさにシンデレラストーリーを地で行く存在となりました。

監督は、俳優としても演出家としても活躍するケネス・ブラナー監督。リリー・ジェームズとは、舞台『ロミオとジュリエット』(2016)でもタッグを組んでいます。

意地悪な継母役には、オスカー女優のケイト・ブランシェットが。魔法使い役は、ティム・バートン監督映画でお馴染みのヘレナ・ボナム=カーターが演じています。

映画『シンデレラ』のあらすじとネタバレ


(C)2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

美しい草原が広がるのどかな土地で、女の子が産まれました。名前はエラといいます。エラの目に映る世界は、魔法にあふれていました。

エラは、両親に愛され、豊かな自然の中で、動物たちと一緒に成長していきます。ガチョウもカモも、にわとりもネズミも、みんな大事な友達です。

しかし、愛にあふれた生活は、そう長くは続きませんでした。母親が病に倒れこの世を去ってしまったのです。

「人生の辛さを乗り越える魔法を教えるわ。勇気と優しさを持つことよ」。母親が最後に残した言葉でした。

エラは、母との約束を守り、悲しみを乗り越え大人の女性へと成長していきます。

そんなある日、貿易商で長旅が多かった父が、エラをひとり家に残していくのを不憫に思い、再婚を決意します。

エラの家に継母と2人の姉がやってきました。冷ややかで傲慢な態度の継母と、落ち着きがなく意地悪な2人の姉。エラのことを見下しています。

ハデ好きな継母は、着飾りホームパーティー三昧。美貌も器量も備わっていない姉たちを、資産家に嫁がせるために必死です。

贅沢ばかりの生活で資金が底をついた父親は、商売のため旅に出ることになりました。今回は危険な長旅になりそうです。最後まで父との別れを悲しむエラ。

父が旅だってから継母のイジメは度を増していきます。そんな時、父の訃報の知らせが届きます。打ちひしがれるエラ。

その後、節約のため使用人をクビにした継母は、エラを屋根裏部屋へと追いやり、まるで使用人のようにこき使いました。

エラは、亡くなった母との約束、勇気と優しさを持つことを守り、どんな嫌がらせにも耐えます。

屋根裏の寒さで眠れないエラは、ぬくもりが残る居間の暖炉の前で眠りに落ちます。次の朝、灰まみれになったエラの顔をみて、2人の姉がからかいました。

「灰まみれのエラでシンデレラね」。継母も交じり「それは面白い」と大笑いです。

さすがのエラもこれにはたまりかね、馬にまたがり駆け出しました。泣きながら森の中を走るエラ。そこで一頭のシカに遭遇します。

美しい瞳のシカに惹かれるように話しかけるエラ。そこに、狩りに来ていたひとりの青年がやってきます。

逃げて行くシカを「撃たないで」とお願いするエラ。キットと名乗った青年は、お城の使用人だと言います。キットは、シカよりエラに夢中のようです。

会話を楽しんだ2人は、「また会おう」と約束し別れます。エラの心は弾んでいました。

しばらくして町に買い物に出たエラは、お城で舞踏会が開かれることを知ります。その舞踏会は、王子様が花嫁を選ぶ場であり、未婚の女性は誰もが参加できるということです。

「お城に行けばキットに会えるかもしれない」。エラはワクワクした気持ちのまま家に戻ります。

お城での舞踏会を知った継母たちは、さっそくドレスの準備に取り掛かります。姉たちは、王子の気を引こうと必死です。

エラも屋根裏でドレスの準備をしていました。実母の着ていたドレスの綻びを直します。同居するネズミの家族も協力してくれました。

舞踏会当日。お世辞にも綺麗とは言えないドレスを身に纏い、お城に行こうとするエラ。継母たちは「時代遅れのドレスで行くなんて恥ずかしい」と、ビリビリに破いてしまいます。

「あんまりだわ」。泣き崩れるエラに「お前は一生、薄汚い使用人だよ」と言い捨て、継母たちはお城に向かいました。

「許して、お母様。勇気と優しさを持ち続けると誓ったけどもう無理よ」。打ちひしがれるエラの前に、薄汚いおばあさんが現れます。「ミルクとパンをくれないか」。

驚いたエラでしたが、おばあさんに新鮮なミルクを分けてあげました。すると、おばあさんの姿はみるみる若返っていきます。

「急がないとね、エラ」。「なんで私の名前を知っているの」。光り輝くマダムの姿に変身したその人こそ、エラが幼い頃、母親から聞いていたフェアリー・ゴッドマザーでした。

少しおっちょこちょいなフェアリー・ゴッドマザーでしたが、「ビビデバビデブー!」と、杖を一振りすると、かぼちゃが馬車に変身しました。

「ビビデバビデブー」。ネズミが馬に変身。トカゲは従者に、ガチョウは御者に変身していきます。

「ドレスは母のものなの」。エラの気持ちを汲み、魔法をかけたドレスは、シルクのようにふわふわと柔らかく、目を惹く綺麗なブルーのドレスへと変身しました。

さぁ、急いで。慌てて馬車に乗り込むエラ。ドレスを持ち上げた時見えた靴は、汚れた靴でした。

ゴッドマザーは、「私、靴は得意なの」と最後の魔法をかけます。キラキラ虹色に輝くガラスの靴が現れました。その靴はエラにぴったりでした。

「魔法が効くのは、真夜中の12時の鐘が鳴り止むまでよ」。それまでに帰るよう約束し、エラはお城へと向かいます。

以下、『シンデレラ』ネタバレ・結末の記載がございます。『シンデレラ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

お城では、王子の花嫁を狙う着飾った女性達であふれていました。しかし、どの花嫁候補にも興味がなさそうな王子。

実はエラが森で出会ったキットこそ、次期国王となる王子様だったのです。キットもまたエラが来るのを楽しみに待っていました。

国王は、どこの誰か身分も分からない女性との結婚に猛反対です。すでに王女候補の女性を決めていました。

挨拶も済み、いよいよダンスの時間です。王子の最初のダンスパートナーに誰が選ばれるのか。その時、遅れてやってきたエラが姿を現します。

階段から降りてくるエラの美しい姿に、皆が釘付けです。国王までも見入っていました。真っ直ぐキットの所にやってくるエラ。

それはもう初めから決まっていたかのように、2人は手を取り踊り出します。軽やかなステップでドレスがふわりと揺れます。幸せなオーラに満ち溢れていました。

周りが踊り出した隙に、2人はホールを抜け出します。そして、エラはキットが王子であることを知るのでした。

それでも互いを思う気持ちは止まりません。楽しい時間はあっと言う間に過ぎていきます。

聞こえてくる真夜中の12時を知らせる鐘の音。「帰らないと」。慌てだすエラに王子は聞きます。「君はいったい誰なんだ?」。

ドレスの裾をまくり上げ、駆け出すエラ。大勢いるダンスホールを横切り、外へ飛び出します。

追いかけてくる王子。エラのガラスの靴が、片方脱げてしまいました。拾っている時間はありません。馬車に飛び乗り走り出します。

鐘の音が鳴り止みそうです。トカゲのしっぽが現れ、ガチョウの嘴がもどり、馬からネズミの耳が生えてきました。馬車がだんだんと縮んでいきます。

とうとう馬車は、かぼちゃに戻りました。道の途中で魔法が解けボロボロになったエラは、魔法が唯一解けなかったガラスの靴にネズミの家族を入れ、歩いて帰ります。

遅れて、継母たちも戻ってきました。ゴッドマザーの魔法でエラだと気付かなかった継母たち。初めから王子の結婚相手は決まっており、その女性は国王が決めた王女だと噂話を始めます。

現実を知ったエラは、美しい夢をせめて日記に残そうと屋根裏部屋へと閉じこもります。

一方お城では、国王が最期の時を迎えていました。キットは父の言う通り、国の繁栄のため政略結婚をする覚悟を決めていました。

しかし国王は、最後に王子に言います。「愛する人を選べ」と。キットは父、国王に誓います。「勇気と優しさを持って国を守ります」。

お城では、ガラスの靴を落とした姫探しに乗り出します。それを知ったエラは勇気を出すことを決意します。残った片方のガラスの靴が手元にはあります。

しかし、そのガラスの靴は継母に見つかってしまいました。「あなたなはずはないわ。でもそれなら私たちを優遇しなさい」と脅す継母。

「私は、新国王と国をあなたから守るわ」。言い放つエラに、腹をたてた継母は、ガラスの靴を割ってしまいます。

家にお城の使者がやってきました。エラの存在を隠す継母は、こっそり色仕掛けで大公に近付き、ガラスの靴の女は使用人でとんでもない女だと嘘を流します。

屋根裏部屋のエラは、もう勇気を失っていました。甘い記憶は美しい思い出になることを、エラは両親の死で知っていました。切ない気持ちを歌にし、口ずさみます。

その歌声は、お城の使者たちにも聞こえました。「もうひとり、娘さんがいるのでは?」尋ねる大佐に「いません」と嘘をつく継母。大公も帰るよう勧めます。

その時です。使者の中に紛れていた王子が姿を現します。エラは、ありのままの自分をみせる勇気を取り戻します。

みすぼらしい恰好で王子の前に現れるエラ。「君は?」王子の問いに「シンデレラです。王女でもないし、馬車もない。それでも愛して下さる?」。

エラにガラスの靴を履かせるキット。「行こう」手を差し出しました。エラはキットの手をしっかり握り玄関へと向かいます。

継母が悔しそうに睨んでいます。そんな継母に「許すわ」と声をかけ、エラは王子と共に家を出ました。

王女のお披露目の時です。エラは、綺麗なドレスに身を包み、幸せに満ち溢れていました。バルコニーの外からは、結婚を祝福する民衆の声が聞こえてきます。

スポンサーリンク

映画『シンデレラ』の感想と評価


(C)2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ディズニーが贈るラブストーリーの王道『シンデレラ』。シンデレラの魔法の世界が、最新の映像技術を用いて圧巻の実写化となりました。

「シンデレラ」の物語の根源は、世界中にあるとされており、古くは古代エジプト時代にも遡ると言われています。日本ではグリム童話の影響が大きいのではないでしょうか。

そして、1950年にはディズニーがアニメ制作をし、大ヒットとなりました。「シンデレラ」は、ディズニープリンセスの中でも大御所です。

継母にいじめられ、可哀そうな境遇の女の子・エラが、魔法使いの魔法によって綺麗に大変身してお城の舞踏会に。王子様と結婚して幸せになりました。

幼い頃、シンデレラに憧れた女性も多いのではないでしょうか。思わぬ幸福が訪れ、夢を叶えた。玉の輿にのった。なんて、シンデレラストーリーという言葉も定着しました。

しかし、大人になって改めて観ると、『シンデレラ』は単なるラッキーガールの話ではないことに気付きます

エラはどんなに辛いことにあっても、どんなに酷い仕打ちを受けても、勇気と優しさを失いませんでした。そして、最後にはイジメていた継母のことも、受け入れ許します。

この美しい心こそが、真のプリンセスなのだと教えてくれます。

多くの人々に愛され、夢と希望を与え続けてきた『シンデレラ』のお話は、これから先の未来にもきっと語り継がれて行くことでしょう。

そして、シンデレラを演じた新星リリー・ジェームス。絵本から飛び出したような美しい容姿。健気で心優しいシンデレラを見事に演じています。

また、第88回アカデミー賞では、サンディ・パウエルが手がけた衣装がノミネートされるなど、華麗なドレスにも注目です。

特にお城での舞踏会シーンは、華やかな衣装の数々と豪華絢爛な美術にうっとりすること間違いなしです。

まとめ


(C)2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ディズニーの不朽のラブストーリー『シンデレラ』の実写版(2015)を紹介しました。

最新の映像技術を使い表現された魔法の世界。かぼちゃが馬車に、ネズミが馬に、トカゲとガチョウが人間に変身。そして、シンデレラの魔法の靴。

キラキラと輝く魔法の世界が、驚きの映像で堪能できます。あなたも知らないうちに魔法にかかっているかもしれません


関連記事

ファンタジー映画

深田晃司映画『海を駆ける』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

鬼才・深田晃司監督の映画『海を駆ける』は、インドネシアで海からやって来た謎の男が起こす奇跡と、不可解な現象を描きます。 バンダアチェの風景の映像美とディーン・フジオカをはじめとする若手俳優たちのみずみ …

ファンタジー映画

映画『転校生』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【大林宣彦の尾道三部作第1作目】

『君の名は。』の大ヒットの要因となった重要なモチーフは、「男女の入れ替わり」。 その1つに挙げられる映画『転校生』が注目をあびています。 今回は、思春期の性への興味と不安を切なくも爽快に描いた青春映画 …

ファンタジー映画

映画ハイヒール初日舞台挨拶の劇場は?ファンタジア国際映画祭で上映決定も

30分という短編映画でありながら、異例の大作あつかいで全国的に劇場公開される『ハイヒール』。 主演の菊地凛子をはじめとするキャストたちの初日舞台挨拶が決定しました! また、この作品はファンタジア国際映 …

ファンタジー映画

映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ランサム・リグズによるベストセラー小説『ハヤブサが守る家』をティム・バートン監督が映画化。ティム・バートンらしさが随所に現れた傑作に仕上がっています。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となります …

ファンタジー映画

映画『いなくなれ、群青』あらすじネタバレと感想。横浜流星が原作の世界観を実写化させた新境地

映画『いなくなれ、群青』は2019年9月6日(金)より全国ロードショー公開! 河野裕の人気小説シリーズの第一作『いなくなれ、群青』が初の実写化。 主演を務めたのは、今乗りに乗っている人気若手俳優・横浜 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学