Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

【魔界探偵ゴーゴリ】ネタバレ感想と結末評価。 暗黒の騎士と生け贄の美女たちで描かれたダークファンタジーの魅力とは⁉︎

  • Writer :
  • 秋國まゆ

異世界とつながる闇の力に覚醒した主人公が難事件の解決に挑むダークファンタジー映画『魔界探偵ゴーゴリ 暗黒の騎士と生け贄の美女たち』。

イゴール・バラノフが監督を務めた、2017年に製作されたロシアのダークファンタジー映画『魔界探偵ゴーゴリ 暗黒の騎士と生け贄の美女たち』。

ロシアの文豪ニコライ・ゴーゴリが、異世界と繋がる闇の力に覚醒し、腕の立つ名探偵グローと共に難事件の解決に挑む姿を描いた本作は、具体的にどういった内容なのでしょうか。

今回は19世紀の文豪ニコライ・ゴーゴリと、『アトラクション 制圧』『ガーディアンズ』を手掛けた最高峰のスタッフが放つ、ダークファンタジー映画『魔界探偵ゴーゴリ 暗黒の騎士と生贄の美女たち』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『魔界探偵ゴーゴリ 暗黒の騎士と生け贄の美女たち』の作品情報


(C)TNT-Broadcasting Network JSC

【公開】
2019年(ロシア映画)

【脚本】
ティーホン・コルネフ、アレクセイ・チュポフ、ナタリア・メルクロワ、アレクセイ・カラウロフ

【監督】
イゴール・バラノフ

【キャスト】
アレクサンドル・ペトロフ、オレグ・メンシコフ、ユリヤ・フランツ、イフゲニー・スティチキン、タイーシャ・ビルコバ、アルチョム・トカチェンコ

【作品概要】
ヒューマントラストシネマ渋谷の特集「WCC ワンダーナイト・シネマカーニバル2019」内の「WWC ホワット・ア・ワンダフル・シネマ2019」で上映された、ダークファンタジー作品。

2020年公開の映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー ダイナミック完全版』『ANNA アナ』『ザ・スパイ ゴースト・エージェント』『アトラクション 侵略』『T-34 レジェンド・オブ・ウォー 最強ディレクターズ・カット版』に出演される、ロシアの俳優アレクサンドル・ペトロフが主演を務め、ロシアのエドガー・アラン・ポーとも呼ばれる19世紀の文豪、ニコライ・ゴーゴリを演じています。

映画『魔界探偵ゴーゴリ 暗黒の騎士と生け贄の美女たち』のあらすじとネタバレ


(C)TNT-Broadcasting Network JSC

ディカーニカ近郷の荒涼とした森の中、誘拐した美女を3人の男が強姦しようとした際、突如謎の黒い騎士が上等な馬具をつけた馬に跨って現れます。

男たちは黒い騎士から金を巻き上げようと近づきますが、黒い騎士の背中から4本の鋭い角が現れたことで愕然としていると、黒い騎士は近づいてきた2人の男を無言で殺しました。

それを見て逃げ出そうと走り出した1人の男も、黒い騎士が投げつけた剣で木に磔にされて死んでしまい、残った美女は短剣で胸を斬りつけられて、そこから出た大量の血を黒い騎士は吸い込んでいくのです。

これは19世紀のロシアの文豪ニコライ・ゴーゴリの著作に基づく物語、ここからは『第1章 ディカーニカ村の殺人』についてお話ししましょう。

1829年サンクトペテルブルク、豪邸のリビングにある暖炉前で、その豪邸に住むエレーナ夫人が何者かによって殺害された事件が発生しました。

体の数か所に火傷の痕と首を絞められた痕が残るエレーナ夫人の遺体がある現場では、霊的能力を持つ駆け出しの作家ニコライ・ゴーゴリが、捜査内容を記録する書記官として訪れます。

病的に青白い肌に常におどおどしているゴーゴリは、捜査官のグローが事件現場に入ってきた瞬間、エレーナ夫人が犯人に殺された際のヴィジョンが頭に浮かび、一心不乱にその事を紙に記した直後に椅子から崩れ落ちてしまいました。

それに驚くグローは、意識を取り戻したゴーゴリの捜査記録を手に取り、彼が一心不乱に書いた言葉からヒントを得て、エレーナ夫人と顔見知りであるイワンが殺したと突き止めます。

グローに尋問されたエレーナ夫人の御者で敬虔なクリスチャンのイワンは、恋仲である彼女が家の破産を理由に他の男性と婚約してしまい、それに怒って大事な十字架のペンダントで首を絞めて殺害してしまったと自供しました。

事件解決後、小地主の生まれで裕福な家柄のゴーゴリは、自費出版した本が少しでも批評されるとすぐ執事のヤキムを連れて本屋へ行き、自分の金で買い取って泣きながら暖炉で燃やします。

夜が明け、暖炉の前で椅子に座ったまま眠ってしまっていたゴーゴリの屋敷へ、グローが朝早く訪れ、捜査記録からヒントを得たおかげで事件が解決できたことへのお礼を述べました。

洞察力が優れており、いくつもの難事件を解決してきた敏腕捜査官のグローがこれから行く難事件の現場が、ゴーゴリの夢に出てきたボルタバ州だと知り、ゴーゴリは「自分を書記官として、捜査に同行させてほしい」とお願いするのです。

ヤキムが運転する狭い馬車に揺られて、ポルタバ州ディカーニカ村へ向かうゴーゴリたちが捜査するのは、ろくに教育も受けていないせいで迷信的になっているその村で、3人の若い女性が遺体となって発見された事件です。

恐らく儀式殺人だと思われるこの事件は、今は被害者は3人となっているものの、これからさらに被害が拡大する可能性がありました。

ディカーニカ村に到着したゴーゴリは、赤いコートに着替えたグローと一緒に、地元警察の署長アレクサンダー・ピンフと合流し、事前に冷蔵保存するよう伝達していた遺体の検分をしようとします。

しかし、アレクサンダーの後ろに控えていた司教曰く、「キリスト教の教えに反する」として既に遺体は埋葬されてしまっており、グローは事件の早期解決のためにすぐに3人目の被害女性の遺体を掘り起こすよう命じました。

遺体が検分できるまでの間、宿でグローと一緒に昼食をとることにしたゴーゴリは、彼から地元警察の捜査記録によれば、事件現場には必ず悪魔のような風貌をした黒騎士が現れるという目撃情報があったと聞かされます。

掘り起こして貰った3人目の被害女性の遺体を納屋で検分した結果、グローはプロの医者か肉を切る専門家が大動脈を切って失血死させたと断定し、その証拠に遺体には血液が一滴も残っていませんでした。

グローが遺体を淡々と解剖していく様を、間近で見ていたゴーゴリは気分を害し、川へ行って気分を落ち着かせようとしますが、突如現れた馬車に轢かれてしまいます。

どうやらゴーゴリを誤って轢いてしまった馬車の主は、ディカーニカ村の丘の豪邸に住む貴族アレクセイ・ダニシェヴェスキー伯爵のものだったようで、彼の妻リザにゴーゴリは介抱されていました。

ダニシェヴェスキー伯爵夫妻に食事に誘われたゴーゴリでしたが、その食事の途中、急に具合が悪くなったリザが自室へ戻っていってしまい、彼女を心配するゴーゴリはダニシェヴェスキー伯爵から「薬を飲むのを忘れただけだ、女の体は脆い」とだけ説明を受けます。

ゴーゴリもこの後すぐに、ダニシェヴェスキー伯爵から与えられた馬に乗って豪邸を後にしますが、雷雨で視界が悪い森の中に差し掛かった時、彼は黒騎士の姿を目撃しました。

ゴーゴリは黒騎士から逃げるように馬を走らせますが、雷に驚いた馬に振り落とされてしまい、彼は風車の前で倒れて、そこに心配して駆け寄って来てくれた粉屋の娘オクサーナと出会います。

焚火のそばでゴーゴリを介抱するオクサーナに、彼は渡された温かい飲み物を飲みながら「君は怖くないのか?3人の女性がこの村で殺されたというのに」と尋ねました。

するとオクサーナは、妖艶な笑みを浮かべながら「もっと殺されている。眠るのよ、すぐに目が覚めるから。全てには時がある」と謎の言葉を告げ、それを聞いていたゴーゴリは強烈な眠気に負けて眠ります。

宿屋のベッドの上で目覚めたゴーゴリはすぐさまこの事をグローに伝え、彼とアレクサンダーたちと一緒にとっくの昔に壊れた風車のところへ行くと、そこで村の人から「30年前にオクサーナは沼に落ちて溺死し、娘の死に嘆いた父親は首を吊り、娘の継母はどこかへ消えた」と聞かされました。

30年前に起きた事件では、オクサーナが言っていたように10人以上もの女性が消息不明となっており、これを聞いたグローは「今起きている事件と同じことがあったことを何故報告しない」とアレクサンダーを詰問しますが、彼は「悪い噂が村中に広まることを防ぐのは私の使命だ。30年前の事件と今回の事件は無関係であり、今の犯人は生まれていないかもしれない」と答えるのです。

以下、『魔界探偵ゴーゴリ 暗黒の騎士と生け贄の美女たち』ネタバレ・結末の記載がございます。『魔界探偵ゴーゴリ 暗黒の騎士と生け贄の美女たち』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)TNT-Broadcasting Network JSC

グローと共に村へ戻ろうとしたゴーゴリは、自分を心配して駆けつけたリザと会い、彼女が自費出版した自分の本を愛読し、賞賛してくれたことから彼女に好意を寄せていきます。

その日の夜、ゴーゴリは部屋の鏡に不審な影が写ったことが気になりつつ就寝すると、「若い娘を殺す黒騎士を探すのを手伝ってあげる、その代わり、自分と姉妹たちから力を奪って人魚に化けている継母への復讐を手伝って欲しい」と訴えるオクサーナに、胸に一文字の傷がある若い女性たちの中から1人の女性を見つけるよう促された夢を見ました。

ゴーゴリが見つけた女性にオクサーナたちが飛び掛かった姿を最後に、夢から目覚めたゴーゴリは再びグローと一緒に風車へ向かうと、切り落とされた腕が1本落ちているのを発見します。

ゴーゴリたちは新たな犠牲者が出たかもしれないと思って急いで村へ戻ると、宿屋の女将アンナの片腕がないことに気づいて彼女を追いかけると、「あんたのせいで私は…」と怒るアンナがゴーゴリの首を絞めはじめ、それを助けようとしたグローが近くの小屋まで吹き飛ばされました。

ゴーゴリはその場を偶然通りかかったアレクサンダーによって助けられ、彼に射殺されたアンナの家から怪しげな薬品と短剣、殺害現場に残されたものと同じ血の紋章がある事が分かり、魔女である彼女が犯人という事で事件は解決しました。

魔女が殺人事件の犯人であることに釈然としないグローとゴーゴリは、明日村を出立することが決まり、ゴーゴリは部屋を訪れたリザと最後の逢瀬と思って彼女と抱き合います。

その最中、リザの姿はオクサーナに変貌し、ゴーゴリは彼女から「アンナが犯人ではない。黒騎士の犠牲者はまだ出る。早く起きないと焼け死ぬわよ」と告げられました。

それを聞いて飛び起きたゴーゴリは、燃えている向かいの小屋の中で、黒騎士と剣を交えているグローの姿があり、彼は後に燃え盛る小屋の中で焼死体となって発見されます。

犯人の黒騎士の遺体がないことに気づいたゴーゴリは、「事件はまだ終わっていない。次の捜査官が来るまで、僕がグローさんの代わりに捜査を続行する」とアレクサンダーに宣言し、彼から渋々捜査の続行を許可されました。

その夜、納屋に安置されたアンナを生き返らせた黒騎士は、彼女から「何故かあの書記官に正体を見破られた」と聞いてから始末し、その直後に映った月には血文字でゴーゴリの名が書かれます。

ここからは『第2章 赤いジャケット』の話、ゴーゴリが捜査を続行すると宣言してから数日後、司祭の息子と不倫していた夫人が赤いジャケットを見つけた直後、家の中へ侵入した何者かに刺殺されてしまいました。

この事件を聞いたゴーゴリは、アレクサンダーに容疑者として牢屋に入れられた司祭の息子に話を聞くと、「赤いジャケットが玄関前に置かれ、それを持った夫人と自分が後ろを振り返ると、蝋燭の火が突如緑色に変わった。炎から死んだ豚の頭がどんどん大きくなって出てきた」と告げられます。

この村では赤いジャケットは「浮気をした女性を罰しようとする悪魔が来る前兆」とされており、事件の後も湖で洗濯していた夫人の娘パラスカが、湖に夫人の亡霊を目撃したという不思議な現象が起きていました。

ゴーゴリはこの事件を捜査することを決め、捜査内容を絵に描いて記録する画家の協力が必要だとアレクサンダーに訴えたところ、絵心がある鍛冶職人バクーラを紹介されます。

幼い娘が被害に遭わないために捜査への協力に応じたバクーラを連れ、ゴーゴリはアレクサンダーが案内する被害者の夫人宅へ向かい、黒騎士が残したとされる印を見ようとしましたが既に消されていたのです。

その絵がバクーラによって復元された瞬間、ゴーゴリは夫人が殺害された時のヴィジョンが頭に浮かんだ後、アレクサンダーに「黒騎士が残す印と夫人宅で発見された印は向きが違う。しかも黒騎士は夜の森で若い女性を襲う。これは黒騎士に罪をなすりつけようとした夫人の旦那による犯行だ」と話しました。

これを聞いて初めは信じなかったアレクサンダーでしたが、夫人宅にあった燃やされた木箱の中から赤いジャケットと、凶器に使った短剣が発見されたことと、旦那が自供したことからゴーゴリの話が本当であると信じます。

木箱の中からは夫人が買ったという蝋燭も見つかり、ゴーゴリはそれに触れた瞬間に黒騎士と湖にいる夫人の亡霊のヴィジョンを見て、自分がアレクサンダーに話した推理は間違っていたことを悟るのです。

ゴーゴリは村の医者に勧められた酒を飲みつつ、酒浸りの彼から夫人の解剖結果を聞くと、夫人の死因は心破裂であると告げられました。

医者にすすめられるがまま酒を飲んだゴーゴリは、酔ってふらついた足でリザに会いに行くと、「この村で起きたことか、あなたの地元であるウクライナ地方を題材にした話を書いてみたら」と彼女から新作のアドバイスを貰います。

夫人の亡霊に追われて森の中を走るパラスカは、今度は黒騎士に追われてしまい、ゴーゴリに助けを求めて木陰に隠れてやり過ごすことにしました。

森の中で赤いコートを着たグローの姿を目撃した後、パラスカを助けたゴーゴリは、森の外にいたパラスカの婚約者に事情を説明しようとするも殴られ、倒れた際に再び雑多な都市でオクサーナに会う夢を見るのです。

ゴーゴリはオクサーナから「この世には悪が完全に支配する闇の世界と、人の世界という2つの世界が存在する。闇の世界と繋がれるあなたには、闇の力がある。その力をコントロールすれば黒騎士を見つけられる」と告げられた後、宿屋のベッドの上で目覚めます。

ゴーゴリはあの日リザに化けたオクサーナと逢瀬したことに気づいたのち、ヤキムから「殺された女性たちの似顔絵を描いたバクーラが来た」と聞かされ、さらに鍵がないグローのトランクと彼が亡くなる前に記したメモを渡されました。

パラスカの結婚式が行われた夜、ゴーゴリは医者に事件現場にあった蝋燭を調べて貰うと、緑色の火が点く蝋燭は中の薬品に火が到達すると、幻覚作用を起こす煙が出ることが判明したのです。

医者が蝋燭に火を灯した際にゴーゴリが見た、豚の頭部をつけた人々が自分を嘲笑するというのも幻覚作用によるものであり、そう考えたゴーゴリは「夫人に蝋燭を渡した男か、あるいは殺意がある女性が幻覚を見た夫人の前に現れ、豚のマスクを着けて脅かしたのちに殺害した」と推理します。

ゴーゴリは夫人の旦那に詰め寄り、「事件当日の夜、夫人に会いに来た司祭の息子を捕まえようとしたあなたは、豚のマスクをつけて赤い服を着たパラスカが、幻覚を見て倒れた夫人を刺殺した光景を目撃したのではないか」と話しました。

すると、娘の罪を被った夫人の旦那は「底意地の悪いあの女が娘を苦しめる前に、俺が殺せばよかった」と告げた直後、ゴーゴリの首を絞めようとしますが、アレクサンダーに瓶を叩きつけられて阻止されます。

ゴーゴリたちはアレクサンダー率いる地元警察と共に、混乱に乗じて婚約者と逃げたパラスカを追って森へ行くと、木の根に足を絡めとられた婚約者の姿があり、湖からは夫人の亡霊と黒騎士に襲われたパラスカがあげた悲鳴が聞こえてきました。

ゴーゴリ・医者・ヤキム・バクーラが湖へ向かおうとすると、行く手を阻むように夫人の亡霊が現れ、医者が気絶している間に3人は空高く舞い上げられて手も足も出ません。

気絶から目覚めた医者が蝋燭に火を灯すと、夫人の亡霊は事件当時のことを思い出して錯乱し、さらに地上へ戻ってきたゴーゴリが闇の力を持っていると知って姿を消しました。

翌朝、湖にいたアレクサンダーと婚約者、夫人の旦那と合流したゴーゴリは、小舟の上で殺害されたパラスカの遺体を発見し、ついに4人目の被害者が出てしまったと愕然とします。

パラスカの遺体の近くの地面には黒騎士が残す印が大きく刻まれており、その現場から村へ戻ったゴーゴリは、ヤキム・医者・バクーラに黒騎士を見つけて殺害を止めようと協力を依頼しました。

これに応じたバクーラによって、解錠できたグローのトランクをゴーゴリが開けようとした瞬間、彼は黒い洞窟の中で血塗れの若い女性たちの姿と、黒騎士に襲われて絶叫するリザの姿が写ったヴィジョンを見ます。

リザが危ないと言うゴーゴリの姿と、村に近づく赤いコートを着たグローが画面に向かって振り返った姿を最後に、物語は幕を閉じました。

スポンサーリンク

映画『魔界探偵ゴーゴリ 暗黒の騎士と生け贄の美女たち』の感想と評価


(C)TNT-Broadcasting Network JSC

ゴーゴリが殺害現場へ行くと、必ず被害者が殺害されるところを写したヴィジョンは、闇の世界に繋がった故に与えられた彼の力なのでしょうか。

ヴィジョンを見るたびに倒れてしまうのは難点であるものの、そのおかげでゴーゴリが事件を解決へと導いていくのですから、そう悪い力ではないのだと考えられます。

しかし物語の中盤までゴーゴリと一緒にいたグローが、燃え盛る小屋の中で黒騎士と剣を交えた末に亡くなってしまうので、凄腕の名探偵の早すぎる退場に驚きます。

それからのゴーゴリは、グローのためにもこの難事件を解決しようと奔走し、真犯人を闇の力で見たヴィジョンから突き止めて、逮捕する一歩手前まで犯人を追い詰める快挙を成し遂げるのです。

ところが既に真犯人であるパラスカは黒騎士によって殺されており、その黒騎士が次に狙うのはゴーゴリの好きな人、リザだと判明します。

さらに物語の最後には赤いコートを着たグローが登場しているのも相まって、この話の続きが気になって仕方ない気持ちにさせられると同時に、誰もがこの映画の虜となっていることでしょう。

まとめ

次から次へと発覚する謎、それらが上手くパズルのピースのように組み合わさった瞬間、真犯人へ繋がる糸口が見えてきます。

それによって解決していく難事件の真相に、ゴーゴリたちと一緒に辿り着いた瞬間、観ているこちらも探偵になった気分がして楽しかったです。

しかし、そのゴーゴリの才能に気づいたグローが、物語の中盤で死んだことによって退場してしまったことに関して、続編に繋がる意味があったのでしょうか。

もしグローがあの火災の中生き残ったとしたならば、ゴーゴリと再びタッグを組んで黒騎士を捕まえようとする話が続編で描かれているかもしれません。

一瞬森の中にグローが佇む姿を見たときは、もしかして彼が黒騎士なのではと予想する人が多いことでしょう。

夫人の亡霊や若い娘たちが惨殺されるシーンは肝が冷えるほど怖いものの、魔女と謎の力を持った黒騎士に立ち向かう捜査官と書記官の姿が描かれた本作は、ドキドキハラハラするスリルと謎解きを求める人にはオススメな映画です。

関連記事

ファンタジー映画

映画『エンドレス・ポエトリー』感想レビュー【ホドロフスキー監督】

アレハンドロ・ホドロフスキー監督の『エンドレス・ポエトリー』は、11月18日(土)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷ほか全国順次公開。 世界に潜むマジック・リアリ …

ファンタジー映画

映画『空気人形』ネタバレあらすじと感想評価レビュー。涙と感動のラブストーリーを是枝裕和監督が描く大人のファンタジー

是枝裕和監督が描く、空虚な心を持った大人の愛の映画『空気人形』 心をもったことで、“せつなさ”を知った人形と、心が空っぽになった人間との交流を描く、第62回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」に出品された …

ファンタジー映画

ゴーストスクワッドあらすじとキャスト【ノーメイクス映画】

松尾スズキが主宰する劇団「大人計画」の役者でありながら、映画監督として、キッチュでパワフルな独自の世界観が、常に全壊すぎる映画を世に贈けてくれる日本映画界の秘宝・井口昇監督。 『変態団』『キネマ純情』 …

ファンタジー映画

実写映画『プーと大人になった僕』のあらすじとキャスト【ユアン・マクレガー主演】

映画『プーと大人になった僕』は、2018年9月14日(金)より全国公開! あのご存知!『くまのプーさん』が、ついに初実写化されました。 プーさんではなく、クリストファー・ロビンに焦点を当てるとう、ウィ …

ファンタジー映画

いぬむこいりキャストとあらすじ!原作は民話?有森也実の演技評価も

天孫降臨の地より日本の千年を撃つ!美しくパンクな幻想世界!片嶋一貴監督の4時間を超える大作は衝撃の連続の4章構成! 2017年まさに大作の名に相応しい『いぬむこいり』のクロニクルを有森也実が女優人生を …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学