Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』|ネタバレ感想と内容評価。キャスト演じる魅力的なキャラたちの“ハリポタ”シリーズ前日譚

  • Writer :
  • さくらきょうこ

エディ・レッドメイン主演『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

「ハリー・ポッター」シリーズでおなじみJ・K・ローリングが、ロバート・ガルブレイス名義で執筆した「ファンタスティック・ビースト」シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。

物語は『ハリー・ポッターと賢者の石』の時代から約70年前。魔法学校のホグワーツやそこの教師ダンブルドアなど、おなじみの名前が登場しますが、シリーズの主人公はニュート・スキャマンダー、魔法生物学者です。

アメリカのニューヨークを舞台にしたその内容をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の作品情報

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2016年(アメリカ映画)

【原題】
Fantastic Beasts and Where to Find Them

【原作・脚本】
J・K・ローリング

【監督】
デビッド・イェーツ

【キャスト】
エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、サマンサ・モートン、ジョン・ボイト、カルメン・イジョゴ、ロン・パールマン、コリン・ファレル、ジェン・マーレイ、フェイス=ウッド・ブラグローブ、ローナン・ラフテリー、ジョシュ・カウダリー、ゾーイ・クラビッツ、ジョニー・デップ

【作品概要】
「ハリー・ポッター」シリーズの前日譚として執筆された「ファンタスティック・ビースト」シリーズ。主人公の魔法生物学者ニュート・スキャマンダーは『幻の動物とその生息地』という本の著者で、映画『ハリー・ポッターと賢者の石』でその本は教科書として登場。この映画ではその本を執筆する少し前、ニュートが初めてアメリカを訪れ、彼の所有する魔法生物たちが逃げ出してしまったことから起きる騒動と、時を同じくして進行する闇の勢力との闘いが描かれています。

「ハリー・ポッター」シリーズでおなじみの魔法の数々、そして見たことのない愛らしい魔法生物たちが多数登場するファンタジックな世界観をお楽しみください。

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のあらすじとネタバレ

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVE

1926年。世界は、魔法を使える人間とそうではない人間との間に争いが起こりそうな不穏な空気に包まれています。アメリカの魔法議会議長ピッカリー(カルメン・イジョゴ)は、冷静になるよう呼びかけています。

そんな中、イギリスの魔法生物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は魔法生物の入ったトランクを持ってアメリカに入国しました。もちろん、魔法生物が見つからないようトランクには仕掛けが施してあります。

折しもニューヨークの街では、魔法のせいとしか思えないような建物の倒壊などが相次いでいました。不安を煽るように、新セーレム救世軍のリーダー、ベアボーン(サマンサ・モートン)が魔女狩りを奨励するような演説をおこなっています。

たまたまそこに居合わせたニュートは、トランクからニフラー(魔法動物の一種)が逃げ出しているのを見つけあとを追います。そこは銀行で、キラキラした光るものが大好きなニフラーは貴金属や金貨を漁りまくっています。

融資の申し込みに来ていたジェイコブ・コワルスキー(ダン・フォグラー)は、ニュートが落としていった何かの卵を拾います。ニフラーを追うニュートに声を掛けたジェイコブは、魔法でニュートのいる銀行の金庫に引き込まれてしまいます。

ニュートはためらいもなく大金庫を開けて中を荒らしていたニフラーをつかまえます。駆けつけた警備員から逃げるために再び魔法で外に移動し、そこでジェイコブの記憶を消そうとしますが逃げられてしまいました。

その様子を見ていたアメリカ合衆国魔法議会MACUSA<マクーザ>で働くティナ・ゴールドスタイン(キャサリン・ウォーターストン)は、魔法生物を持ち込んだ罪でニュートを連行します。しかし今のティナは調査部の所属ではないため、上司のグレイブス長官(コリン・ファレル)は相手にしてくれません。

一方ジェイコブは間違えてニュートのトランクを持ち帰ってしまい、中から出てきた生物に噛まれてしまいます。他にも何かが窓から飛び出していきました。

ジェイコブの部屋にやってきたニュートは彼を噛んだマートラップを回収しますがニフラーは見つかりませんでした。具合の悪そうなジェイコブを介抱するため、ティナは仕方なく自分のアパートにふたりを連れていきます。

そこにはティナの妹クイニー(アリソン・スドル)がいました。ティナと違い魅惑的なクイニーにジェイコブはひと目で恋しまいます。クイニーは相手の心を読むことができ、どうすれば相手が喜ぶかを心得ています。そんなクイニーも素直なジェイコブに惹かれていくのでした。

新セーレム救世軍のベアボーンは、養子たちを連れて新聞社を訪れています。社長のヘンリー・ショー(ジョン・ボイト)は最近の事故が魔女の仕業だという彼女の話を信じず、また上院議員であるその長男(ジョシュ・カウダリー)は救世軍の青年クリーデンス(エズラ・ミラー)を変人扱いして追い返します。

そのクリーデンスは街でのビラ配りのあと、路地裏で魔法議会のグレイブスと密かに会っていました。新セーレム救世軍に巨大な魔力を持つ子供がいると知ったグレイブスが、魔法使いの家系であるクリーデンスを協力者にしていたのです。いずれ魔法界に入れてやるから、とグレイブスは情緒不安定なクリーデンスを言い含めます。

その夜、ニュートはジェイコブをトランクの中に招き入れます。そこには魔法生物を世話するための空間が広がっていました。薬を調合して傷の手当を済ませると、ニュートはたくさんの生物をジェイコブに紹介し説明します。銀行で拾った卵の殻は純銀で、そのためハンターに狙われる、など。しかし雪原にポツンと浮かぶ黒い霧のようなものについては教えてくれませんでした。

そのままニュートとジェイコブはニフラーを探しに街へ出ます。宝石店のショーウィンドウでニフラーを見つけたニュートは、魔法でガラスを割って店内に入ります。ヤキモキするジェイコブの目の前でようやくニフラーをつかまえたニュートですが、駆けつけた警官隊に囲まれてまた魔法での移動を余儀なくされます。

その後、セントラルパークの動物園で巨大なエルンペント(サイに似た魔法動物)の捕獲に成功しますが、その様子を見ていたティナによってトランクごと魔法議会に突き出されてしまいます。

その少し前、上院議員ヘンリー・ショー・ジュニアが演説中に襲われ殺されてしまいました。緊急で議会が開かれているその場へ、そうとは知らずティナはやってきてしまいました。魔法動物が犯人だと主張する議会に対し、ニュートは「オブスキュラスです」と断言します。

しかし議長はアメリカにそれを生み出す者はいないと言い、トランクは押収され、ニュート、ジェイコブそしてティナまでもが逮捕されてしまいます。

ティナは牢の中で、魔法動物の安否を心配するニュートに謝ります。ニュートはオブスキュラスについて、自分の魔力を抑えつけ、やがて制御しきれなくなって発現する不安定な闇の力だと説明し、その持ち主は子供で、皆10歳以下で命を落としてしまうのだと話します。

ニュートはティナとともに、グレイブスに尋問されます。ニュートは、自分は最も危険な闇の魔法使いグリンデルバルドの信奉者ではないと反論します。

しかし、ニュートのトランクの中にはオブスキュラスが入っていました。研究のために保管していたものですが、それだけで疑われるには十分でした。グレイブスはニュートとティナの死刑を命じます。

同じ建物の中で働いていたクイニーはティナの動揺を察知し、ふたりを助けるために動き出します。ジェイコブを救出し、グレイブスの部屋に侵入してトランクとふたりの魔法の杖を取り戻しました。

ティナの死刑執行はすぐに始まりました。拘束され、杖もないふたりは絶体絶命。しかしニュートの胸ポケットに入っていたボウトラックル(木の枝のような魔法動物)のピケットが鎖をはずし、隠し持っていたスウーピング・イーヴル(魔法鳥類)の働きでティナを救い出すとクイニーたちと合流し脱出に成功しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』ネタバレ・結末の記載がございます。『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVE

救世軍の室内では、クリーデンスが少女モデスティ(フェイス=ウッド・ブラグローブ)のベッドの下で杖を発見しました。しかしそれをクリーデンスの物だと勘違いしたベアボーンは、「お前の母親は魔女だった」と言って杖を折り、罰を与えようとします。

クリーデンスが怒りで表情をこわばらせると、ベアボーンの手から彼をたたくためのベルトが叩き落されます。突風で建物の一部が崩れ、ベアボーンは死んでしまいました。

見つかっていない魔法動物はあと一匹、透明になれるデミガイズ(おとなしい猿のような草食動物)のドゥーガルです。四人は情報屋ナーラク(ロン・パールマン)のいる酒場へとやってきました。したたかなナーラクに、ピケットと引き換えに情報をもらったニュートたちですが、通報されてしまい魔法議会マクーザが踏み込んできました。

間一髪でピケットを救って逃げたニュートたちは、ドゥーガルがいるらしきデパートへやってきました。案の定そこで発見されたドゥーガルは、巨大なオカミー(胴体は蛇、翼をもつ攻撃的な生物)の世話をしていたのです。それは、以前銀行でジェイコブが拾った卵から孵り、ジェイコブの家から飛び出していったものでした。

協力してオカミーとドゥーガルを確保した四人。トランクの中のニュートの部屋に戻り、そこに飾ってある女性の写真に目を留めたクイニーはニュートの心を読みます。女性の名はリタ・レストレンジ(ゾーイ・クラビッツ、写真のみ)。ホグワーツではニュートと同じくはみ出し者だったといいますが、ニュートは口を閉ざしてしまいます。

すると突然、危険を察知して騒ぎ出すサンダーバード。

救世軍にやってきたグレイブスは、泣いているクリーデンスを立たせて魔力を持つと思われる少女モデスティのもとへ案内させます。モデスティの生家へやっていくると、クレイブスは「君はスクイブ(魔法使いの家系だが魔力がない)だ。もう用はない」とクリーデンスを突きはなしてモデスティを探します。

うずくまるモデスティに手を差し伸べると建物に亀裂が入り、壁に次々と穴があいてその向こうにクリーデンスが立っていました。

オブスキュラスの持ち主はクリーデンスだったのです。グレイブスに裏切られたクリーデンスは力を解放し、制御するつもりはないと言い放って街を破壊し始めます。

ビルの屋上からその様子を確認したニュートは、魔法生物の入ったトランクをティナに託しクリーデンスを助けに向かいます。ティナもまた、トランクをクイニーに渡して移動してしまいます。クイニーも行こうとしますが、それを止めたのはジェイコブでした。

グレイブスは手のひらを返したようにオブスキュラスに話しかけ、その力の強さをほめたたえます。ニュートも近づこうとしますが、オブスキュラスの力が強すぎてなかなかうまくいきません。ずっとクリーデンスを見守ってきたティナは、グレイブスの企みを阻止するべく彼に闘いを挑みます。

騒ぎ始めた人間たちの姿に危機感をおぼえたピッコリー議長は、現場を魔法で封鎖し、争いを食い止めるよう指示を出します。

オブスキュラスは地下鉄の線路に逃げ込み、ニュートがあとを追います。ニュートの言葉に反応してオブスキュラスはクリーデンスの姿に戻りましたが、ニュートがグレイブスに襲われ、クリーデンスをかばって攻撃を受け続ける様子を見るうちにクリーデンスは制御不能に。再びオブスキュラスに変貌してしまいました。

ティナもやってきて話しかけます。ようやく落ち着いてきたところに魔法議会の闇祓いたちがやってきました。制止も聞き入れられないまま一斉攻撃が開始され、オブスキュラスは消滅しました。

ピッコリー議長は今回の騒動を起こした罪でグレイブスの拘束を指示しますが、グレイブスは逆に魔法使いたちに訴えます。「誰のための法か?」

力の強い魔法使いであるグレイブスは闇祓いたちを攻撃して倒していきますが、ニュートの繰り出した魔法生物の活躍でその動きは封じられ、ティナが杖を奪います。

そしてニュートが「レベリオ(現われよ)」と唱えると、グレイブスの顔は最強の魔法使いグリンデルバルド(ジョニー・デップ)へと変わりました。

グリンデルバルドが連行されたあと、ピッコリー議長が街の人間の記憶を消すのは不可能だと困っていると、ニュートは「忘却」の薬を取り出してサンダーバードにそれを託します。もともと故郷のアリゾナへ連れて行くつもりだったのですが、緊急事態につきこのニューヨークで放つことにしました。

嵐を呼ぶサンダーバードはニューヨークの空を飛び回り、雨とともに忘却薬が街に降り注ぎます。魔法使いたちは破壊された街を魔法で元通りにし、人々の記憶は記録的な嵐があったと上書きされていきます。

忘却はジェイコブも例外ではありません。皆に別れの挨拶をし、目を閉じたジェイコブにクイニーがそっとキスをしました。

目を開けたジェイコブに記憶はなく、怪訝な顔で雨に打たれていました。

その後、再び缶詰工場に勤めることになったジェイコブ。出勤途中の彼にぶつかる人影が。気づくと足元にトランクが置いてあります。不思議に思ってジェイコブがそれを開けると、たくさんのオカミーの卵の殻が詰められており、それを担保に店を持つといい、という手紙が入っていました。

港では、ティナがニュートを見送っています。イギリス魔法省に戻ったら本を書き上げるというニュート。出来上がったら送ると告げたあと、少し考え「直接渡しに来てもいい?」と言い直しました。ティナは笑顔で「楽しみ」と応えるのでした。

不思議な動物の形をしたパンが人気のパン屋。店主はあのジェイコブです。その店内で、チャーミングな女性客が笑顔で彼を見つめています。ジェイコブも彼女に微笑み返すのでした。

スポンサーリンク

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の感想と評価

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVE

世界中で愛され続ける「ハリー・ポッター」シリーズ。そのスピンオフとして、大きな期待感をもって迎えられたこの「ファンタスティック・ビースト」。その内容は期待を裏切らない、いえ期待以上、想像以上の面白さでした。

スピンオフというとどうしてもパンチに欠けてしまうイメージがありますが、主人公の人物設定や家庭環境、彼を取り巻く人たちと「ハリー・ポッター」シリーズへとつながる彼らの相関関係、そして登場する魔法動物たちの造形や特徴など、どれをとっても緻密に考えられ作り込まれています。

主演のエディ・レッドメインがイケメン度を抑え、ちょっとコミュ障の変わり者を生き生きと演じています。撮影中も積極的にアイディアを出すなど、現場の雰囲気の良さが伺えます。ちなみに魔法の杖が傘代わりになるのはエディの発案だそうです。

今回は写真だけの出演でしたが、ニュートの想い人リタ・レストレンジは次作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』にメインのキャラクターとして登場し、重要な役回りを演じます。ハリポタシリーズを観たことがある人なら、レストレンジという名前にピンとくるかもしれません。あの悪い魔女とどういう関係があるのか、興味深いところです。

また、ラスト近くで印象的に登場したジョニー・デップ演じるグリンデルバルド。『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』では若きダンブルドアとタッグを組んだニュートと、グリンデルバルドとの対決が描かれていきます。登場人物の出生の秘密など、今作以上に複雑な背景が絡んでくるそうです。

まとめ

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVE

2021年には3作目が公開される予定の「ファンタスティック・ビースト」シリーズ。当初は三部作の予定でしたが、原作者のローリングは全部で五本の映画シリーズとなると発表しており、4作目は2022年、5作目が2024年に公開されるそうです。

まだまだこの魅力的な魔法生物学者と可愛い動物たちの活躍は続くということで、楽しみが増えます。

関連記事

ファンタジー映画

映画『空海 美しき王妃の謎』あらすじネタバレ感想。ラスト結末も

東宝とKADOKAWA初の共同配給作品にして、日中共同製作映画史上最大の本格ビッグプロジェクト。 企画の立ち上げから完成まで、10年の歳月をかけたチェン・カイコー監督。 染谷将太主演の『空海 KU-K …

ファンタジー映画

映画『ボーダー(2019)』感想考察と評価レビュー。原作は【ぼくエリ】で知られるヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの短編小説

映画『ボーダー 二つの世界』は2019年10月11日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー! 映画『ボーダー 二つの世界』の原作者は、異色の吸血鬼小 …

ファンタジー映画

映画『マガディーラ 勇者転生』ネタバレ感想レビュー。ラスト結末も

400年の時を超えて繰り広げられる壮大なラブストーリー『マガディーラ 勇者転生』。 日本でも大ヒットした『バーフバリー』2部作のS・S・ラージャマウリ監督とスタッフによる『バーフバリー』の原点とも呼べ …

ファンタジー映画

映画『僕の彼女は魔法使い』あらすじネタバレと感想。神を信じる力と愛の力で世界を守る!

「魔法、それは奇跡を起こす力」信じる心があれば誰もが奇跡を起こせる魔法使い⁈ この世には科学では説明出来ない奇跡が存在します。それは魔法の力なのでしょうか。 人の心に「奪う愛」を植え付ける黒魔法と、「 …

ファンタジー映画

映画『ジャックと天空の巨人』あらすじネタバレ感想。ラスト結末も

イギリスの童話「ジャックと豆の木」をモチーフに作成された映画『ジャックと天空の巨人』。 人間界を支配しようとする巨人の迫力は、文章にし難いものがあります。今回は、そんな『ジャックと天空の巨人』を紹介し …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学