Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

Entry 2018/11/14
Update

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生|感想とあらすじ。映画の見どころの紹介も

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の劇場公開は、11月23日(祝・金)より全国ロードショー!

『ハリーポッター』を生んだJ・K・ローリングが新たにスタートしたスピンオフ的前日談シリーズの第2弾。

アメリカ、イギリスはもちろん日本でも大ヒット記録した1作目『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』以来2年ぶりの作品です。

主人公ニュートを演じたエディ・レッドメイン以下、キャサリン・ウォーターストン=ティア、ダン・フォグラー=ジェイコブ、アリソン・スドル=クイニーが続投。

そして「ハリポタ」シリーズとのブリッジ役としてあのダンブルドアも登場の映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の作品情報


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Wizarding World TM Publishing Rights (C) J.K. Rowling
WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald

【監督】
デビッド・イェーツ

【キャスト】
エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラーアリソン・スドル、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ、エズラ・ミラー、ゾーイ・クラビッツ、カラム・ターナー、クローディア・キムウィリアム・ナディラム、ブロンティス・ホドロフスキー、ケビン・ガスリー

【作品概要】
大ヒット映画「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J・K・ローリングが自ら脚本を担当し、同様の魔法ワールドを舞台に、魔法動物学者ニュート・スキャマンダーの冒険を描くシリーズ第2弾で、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の続編。

前作に続きデビッド・イェーツ監督が演出を担当。ニュート役にエディ・レッドメインほか豪華メインキャストが続投。若き日のダンブルドア役をジュード・ロウが務めます。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のあらすじ


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Wizarding World TM Publishing Rights (C) J.K. Rowling
WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

ニューヨークを半壊寸前までにさせた魔法使いグリンデンバルドが、ヨーロッパへの輸送中に脱走し自由の身となります。

すぐにフランス・パリに拠点を置くと、策謀を張り巡らし、暗躍を始めます。

一方、ニュートはニューヨークでの騒動もあって、イギリスから出国することを魔法省によって禁じられてしまいます。

魔法省にいる兄のテセウスやホグワーツ魔法学校のクラスメイトだったリタから魔法省に加われば、海外渡航も許されると条件を出されますが、ニュートは自分は闇祓い向きではないと断ります。

暗躍を続けるグリンデルバルドの目的は、ニューヨークで大暴れしたオプスキュラスのホストの少年クリーデンスでした。彼が自分の側につけば勝利は確実のものになると、配下の者たちに言って聞かせます。

ニュートは突飛な行動をするのではと思われているのかと、魔法省から監視を受けますが、その眼をかいくぐってある者が彼を呼び寄せます。

その人こそホグワーツの恩師ダンブルドアでした。

そもそもニュートのニューヨーク行きを画策したのも彼で、ニュート同様魔法省からにらまれている身でもありました。

ダンブルドアはニュートにグリンデルバルドがパリで暗躍していることを伝え、彼を倒せるのはニュートしかいないと語ります。

そうは言われても海外渡航を禁じられているニュートには、どうすることもできません。

これ以上魔法省に睨まれてはアズガバン行きの可能性も出てきます

そんな中、ニュートの元に突然ジェイコブとクイニーが訪ねてきます。

二人は婚約したと言いますが、少なくともアメリカの魔法省は魔法使いと一般の人間(マグル・ノーマジ)との結婚は認めていません。

そのことをニュートが問い詰めると、クイニーが魔法を使ってジェイコブに婚約を同意させたことが分かります。

クイニーの魔法をニュートが解くとジェイコブは、クイニーへの愛は変わらないものの、今のままで強引に結婚してもいいことにならないとクイニーを嗜めます。

クイニーは喧嘩別れするように姉のティナがいるパリに向かってしまいます。

ニューヨークでニュートとともに危機に立ち向かったティナでしたが、雑誌の記事でニュートとリタの婚約を知り、仕事一筋で生きていこうとしていました。

しかし、このニュースは誤報で実際にリタと婚約したのは兄のテセウスでした。

グリンデルバルドのことに加えてそれぞれの想い人までもが揃ってパリに行ってしまったことを受け、ニュートはジェイコブを伴ってパリに密入国することにします。

ニュートが姿を消したことを受けて、ホグワーツに魔法省の執行部がダンブルドアを訪ねてきますが…。

スポンサーリンク

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の感想と評価


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Wizarding World TM Publishing Rights (C) J.K. Rowling
WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

今度はジョニー演じるグリンデルバルドは出ずっぱり‼︎

前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』では、コリン・ファレル演じるパーシバル・グレイブスとしての姿で暗躍していた、ジョニー・デップ=グリンデルバルドとしての出番はラストに顔を出した程度でした。

しかし、本作は冒頭からずっとジョニー・デップが出ずっぱり!

今年2018年のサンディエゴコミコンでも登場したりと、なかなかのお気に入りのキャラクターのようです。

黒いジャック・スパロウとでもいうべき、トリックスター的な立ち位置は、もともとジョニーの得意とするキャラクターなので堂々たるものです。

これに美中年ダンブルドアとしてジュード・ロウも登場。

この3人は故ヒース・レジャーの遺作でテリー・ギリアム監督の2009年公開の『Dr.パルナサスの鏡』で鏡の中のヒース・レジャーを演じあった仲。

ウィザーディングワールドで、まさか名前を連ねるとは思っていませんでしたね。

いわば“スターウォーズ帝国の逆襲”⁈


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Wizarding World TM Publishing Rights (C) J.K. Rowling
WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

ファンタスティックビースト」シリーズ5部作のの第2弾となった本作は、すでにメインキャラクターの顔見世は済ませてあるので、スタートからフルスロットル

キャラクターを深堀りして、濃密なドラマを描きました。

いうなればスターウォーズにおける“帝国の逆襲”のように、シリーズに深みを与える存在となりました。

この辺りはキャラクターも物語も混み合っていく一方だったハリポタ後期を支え続けたデビッド・イェーツ監督の面目躍如といったところでしょう。

次作以降原作・脚本を担当してきたシリーズの生みの親J・K・ローリングがメガホンをとるのではという話もありますが、果たしてどうなっていくのでしょう。

まとめ


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Wizarding World TM Publishing Rights (C) J.K. Rowling
WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

本作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』には、エディ・レッドメインほか、キャサリン・ウォーターストン=ティア、ダン・フォグラー=ジェイコブ、アリソン・スドル=クイニーが続投。

そして、何と言ってもダンブルドア=ジュード・ロウも、さらにグリンデルバルド=ジョニー・デップも登場しますので、見逃す訳にはいきません。

さて、物語はの幕開けは、アメリカからイギリスに舞い戻って来たエディ・レッドメイン演じるニュート・スキャマンダー…。

そんな矢先、アメリカ合衆国魔法議会が捕らえた強大な魔法使いグリンデルバルドが逃走したという事実を知ります。

恩師ダンブルドアから特命を受け、フランスのパリに向かったニュートは、仲間である魔法生物たちと一緒にグリンデルバルドの行方を追いかけますが…。

お見逃しなく!

関連記事

ファンタジー映画

映画『くるみ割り人形(2018)』ネタバレ感想レビュー。【秘密の王国】はディズニーの真骨頂!

誰もが知っているバレエの演目『くるみ割り人形』。 あのディズニーがついにクラシック中のクラシックのファンタジーを完全実写化しました。 実力派のキャストスタッフが集まり、全力で作り上げた、クリスマスシー …

ファンタジー映画

映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ランサム・リグズによるベストセラー小説『ハヤブサが守る家』をティム・バートン監督が映画化。ティム・バートンらしさが随所に現れた傑作に仕上がっています。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となります …

ファンタジー映画

映画『神様メール』動画無料視聴はHulu。ネタバレあらすじと考察

もしも、神様が限りなく今の人間に近い生活を送っていたら…? そんな設定の下、新約聖書をテーマに、キュートな女の子が人間界に余命宣告のメールを一斉送信するという、鬼畜生な展開でありながら、どこかシュール …

ファンタジー映画

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』|ネタバレ感想と内容評価。キャスト演じる魅力的なキャラたちの“ハリポタ”シリーズ前日譚

エディ・レッドメイン主演『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 「ハリー・ポッター」シリーズでおなじみJ・K・ローリングが、ロバート・ガルブレイス名義で執筆した「ファンタスティック・ビースト」 …

ファンタジー映画

ゴーストスクワッドあらすじとキャスト【ノーメイクス映画】

松尾スズキが主宰する劇団「大人計画」の役者でありながら、映画監督として、キッチュでパワフルな独自の世界観が、常に全壊すぎる映画を世に贈けてくれる日本映画界の秘宝・井口昇監督。 『変態団』『キネマ純情』 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学