Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生|あらすじとキャスト。ハリポタ監督のデビッド・イェーツの紹介も

  • Writer :
  • 富士野

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、11月23日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー!

大ヒットファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズの新たな物語として制作された『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の続編がついに公開されます。

主演に前作に引き続き、エディ・レッドメイン、監督に「ハリー・ポッター」シリーズのデビッド・イェーツ、脚本に原作者のJ・K・ローリングと、ファン歓喜の制作陣が集結です。

スポンサーリンク

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の作品情報


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K. Rowling

【公開】
2018年(アメリカ)

【原題】
Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald

【監督】
デビッド・イェーツ

【脚本】
J・K・ローリング

【キャスト】
エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、エズラ・ミラー、クローディア・キム、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ、ゾーイ・クラビッツ、カラム・ターナー、ブロンティス・ホドロフスキー

【作品概要】
2000年代を代表するファンタジー作品「ハリーポッター」シリーズの派生作品として登場した映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の続編が公開されます。

主役にオスカー受賞俳優のエディ・レッドメイン、メインキャストにジョニー・デップが本格参戦と、さらにパワーアップした“ファンタビ”の魔法にかかっちゃってください!

デビッド・イェーツ監督のプロフィール

参考映像:『不死鳥の騎士団』(2007)

1963年、イギリス・マージーサイド州生まれ。イギリスとアメリカの大学にて政治学を専攻。

短編で、脚本も兼ねた初監督作品『When I Was a Girl』(1988)が高く評価され、イギリスの国立映画TV学院に入学します。

テレビドラマの演出を手掛けつつも、1998年に『The Tichborne Claimant(原題)』で長編監督デビューを果たします。

社会派テレビドラマ『セックス・トラフィック』(2004)で注目を集めた後、長編作品の経験はこの1本しかないにも関わらず、大ヒットファンタジー映画「ハリー・ポッター」シリーズの第5弾『不死鳥の騎士団』(2007)の監督に抜擢されます。

同シリーズは、『不死鳥の騎士団』まで3作以上続けて同じ監督というケースはありませんでしたが、イェーツはシリーズ最終章「死の秘宝 PART2」(2011)までの計4作全てで監督を務め、いずれも高い評価と興行収入を収めました。

その後、作家エドガー・ライス・バローズの代表作を実写3Dで映画化した『ザ・レジェンド・オブ・ターザン(原題)』(2016)を監督。そして、「ハリー・ポッター」シリーズのスピンオフ映画にあたる『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016)でも監督を務めました。

今作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の監督も続投しています。

スポンサーリンク

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の主なキャスト


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K. Rowling

エディ・レッドメインのプロフィール

1982年、イングランド・ロンドン出身。父リチャードは銀行の頭取、兄たちは起業家や銀行の重役というエリート一家のレッドメインは、英国一の名門であるイートン校で学びます。なんと、あのダイアナ元妃の息子、ケンブリッジ公ウィリアム王子と同級生だったんですよ!

大学はケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジに入学し、美術史を専攻。2003年に大学を卒業しました。2014年には長年友人関係にあったハンナ・バグショーとイングランド・サマーセットで結婚しました。

2005年、エドワード・オールビー作の劇『山羊…それって…もしかして…シルビア?』に出演し、劇の新人賞を受賞します。2008年にはその180cm越えの長身を武器に、バーバリーのモデルをつとめました。

2009年にはジョン・ローガンによる舞台『Red』でローレンス・オリヴィエ賞助演男優賞とトニー賞という演劇界の名誉ある賞を受賞。

注目を集める場所は舞台にはとどまらず、2012年には、名作ミュージカルを映画化した『レ・ミゼラブル』に物語のキーマンともなるマリウス役で出演しました。

2015年2月22日に、物理学者のスティーブン・ホーキングを演じた『博士と彼女のセオリー』で若干33歳にして初のアカデミー主演男優賞を受賞したほか、同作品でゴールデングローブ賞主演男優賞、英国アカデミー賞主演男優賞、全米映画俳優組合賞など多くの賞を受賞し、若手ながら、世界レベルの俳優へとステップアップを果たします。

参考映像:『博士と彼女のセオリー』(2015)

さらに翌年には、受賞こそ逃したものの、『リリーのすべて』で2年連続でアカデミー主演男優賞にノミネートされるなど、オスカー俳優としてもすっかり知られるようになりました。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のあらすじ


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K. Rowling

ホグワーツ魔法魔術学校の卒業生、ニュート・スキャマンダーは、魔法動物を守るために世界中を旅する魔法動物学者。

今回、アメリカからイギリスに戻ってきたニュートは、アメリカ合衆国魔法議会が捕らえた凶悪な魔法使い、ゲラート・グリンデルバルドが脱走したことを知ります。

若きダンブルドア先生から特命を受け、フランス・パリに向かったニュートは、仲間や魔法生物たちとともにグリンデルバルドの行方を追います。

ところが、グリンデルバルドの悪の力は仲間たちにも及び始めて…。

彼らの運命は?そして、ニュートの恩師ダンブルドアの思惑はいかに?

スポンサーリンク

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の見どころ


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K. Rowling

本作は、「ハリーポッター」シリーズのスピンオフ作品という位置づけですが、前作『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』は世界興行収入900億円をたたき出したヒット作。そこまでいってしまうと、もはやスピンオフの域を超えた、一つの「ファンタスティックビースト」シリーズですよね。

それほどまでに、この「ファンタスティックビースト」は一つのシリーズとしての面白さがある、ということでしょう。

「ファンタスティックビースト」は、俳優のキャスティングのバランスが素晴らしいです。

メインの役にはまだ日本ではそこまで知名度のない俳優を配しつつ、主役のエディ・レッドメインをはじめ、強敵役のジョニー・デップ、恩師のダンブルドアにジュード・ロウなど、ハリウッドスターを迎えています。

出演していると聞くだけで映画館に足を運びたくなるスターもいれば、どんなお芝居をするんだろう、とこれから注目して見てみたくなる俳優もいて、2つの楽しみを味わえるわけです。

また「ハリー・ポッター」シリーズは、世界観がかなり作りこまれています。クスっと笑える仕掛けのあるお菓子“百味ビーンズ”や“蛙チョコレート”、魔法学校の壁画の中のキャラクターの“ほとんど首なしニック”など、細部にまで名前と細かい設定がついています。

それは「ファンタスティックビースト」シリーズにも受け継がれていて、可愛かったり、ちょっと怖かったりする魔法生物に出会えます

「ハリー・ポッター」シリーズしか見ていない…という方には新たなハリポタの世界を堪能することができます。

まとめ


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K. Rowling

「ハリー・ポッターって子供向けの作品でしょ?」「話題になっているのは知っていたけど、8作もあるし……もうシリーズが出過ぎて今更ついていけないかも…」と敬遠していたらもったいないですよ!

子供が楽しめるドキドキのファンタジーであるのはもちろんですが、デビッド・イェーツ監督が担当したハリポタ映画5作目からは、かなりダークでスタイリッシュな大人向けの映像になったとの評判もあり本作も大人にも十分楽しめます

ぜひ本作のタイミングで、ハリー・ポッターの世界に飛び込んでみてください!!ニュート・スキャマンダーという新たな主人公と共に“大人の魔法の旅”を楽しんでください。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、11月23日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー!

関連記事

ファンタジー映画

映画『エンドレス・ポエトリー』感想レビュー【ホドロフスキー監督】

アレハンドロ・ホドロフスキー監督の『エンドレス・ポエトリー』は、11月18日(土)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷ほか全国順次公開。 世界に潜むマジック・リアリ …

ファンタジー映画

映画『ルームロンダリング』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『ルームロンダリング』は、7月7日(土)より、新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー。 シナリオコンペ受賞作を長編実写化する「TSUTAYA CREATORS’ …

ファンタジー映画

映画『ベオウルフ/呪われた勇者』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

バック・トゥ・ザ・フューチャーやザ・ウォークなど数々の名作を作り出したロバート・ゼメキス監督の意欲作『ベオウルフ/呪われし勇者』。 ベオウルフは近年fgoなどにも出ており、一般的に周知されるようになっ …

ファンタジー映画

【ハリーポッターと謎のプリンス】動画無料視聴方法とネタバレ感想

シリーズ前作の映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』の最後はとても辛かったですね。 シリウス・ブラックが亡くなって、ハリーの悲しみが手を取るようにわかりました。 それでも、ハリーは立ち上がらなければな …

ファンタジー映画

金子雅和映画『アルビノの木』感想と考察。あらすじの森と白鹿様の隠喩の深意とは?

金子雅和監督が海外で行われた各国の映画祭で、10冠の名誉を掴み取った映画『アルビノの木』。 ポルトガルで開催されたフィゲイラ・フィルム・アート2017では、日本映画初である最優秀長編劇映画、最優秀監督 …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP