Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

ハムナプトラ2黄金のピラミッド|あらすじネタバレ感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • かきぴー

前作『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』から9年後の世界が舞台になった『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』。

強敵イムホテップを倒し、つかの間の平和を享受していましたが、冒険心を抑えられないリックとエヴリンに新たな息子を加えて大冒険です。

今回は「ハムナプトラ」シリーズ第2作、『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』を紹介していきます。

スポンサーリンク

映画『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』の作品情報


© 1999 Universal Studios – All Rights Reserved

【公開】
2001年(アメリカ映画)

【原題】
The Mummy Returns

【監督】
スティーブン・ソマーズ

【キャスト】
ブレンダン・フレイザー、レイチェル・ワイズ、ジョン・ハナー、アーノルド・ボズルー、フレディ・ボース、パトリシア・ヴェラスケス、ドウェイン・ジョンソン他

【作品概要】
前作から9年後の世界、リックとエヴリンは結婚し、「アレックス」という子供を授かりました。そして今度は3人で冒険の旅に出ます。

『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』から登場していた人物は変わらず、新たな敵の「スコーピオン・キング」にはプロレスラーにして俳優、「ワイルド・スピード」シリーズや「GIジョー」シリーズにも出演しているドウェイン・ジョンソンです。

作品はサターン賞のファンタジー映画賞や、ティーン・チョイス・アワードのヴィラン賞など、様々な賞にノミネートされました。

映画『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』のあらすじとネタバレ


© 1999 Universal Studios – All Rights Reserved

時は現代から5000年遡ります。最強の戦士スコーピオン・キングは世界征服を目的に、7年余りを戦い続けましたが敗戦したスコーピオン・キングは、アム・シェアーの聖なるオアシスまで逃げました。

死ぬ間際、スコーピオン・キングはアヌビス神へ、「命を助ける代わりに自分の魂を捧げる」と誓いました。

自らの軍勢をスコーピオン・キングへ貸して、無事に敵を倒しスコーピオン・キングはアヌビス神の下僕(しもべ)になりました。

時は戻って1933年。前作『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』で出会ったリックとエヴリンは結婚して、8歳の息子アレックスと共に幸せに暮らしていました。

一方ハムナプトラでは、ハフェズという人物の手によって「死者の書」「アムン・ラーの書」「イムホテップのミイラ」が発掘されます。

エヴリンは夢に導かれて、アヌビスの腕輪を発掘し、イギリスへと帰国します。イギリスには持ち帰った財宝で作った豪邸があります。

エヴリンは、アヌビスの腕輪を使ってアム・シェアーの聖なるオアシスへ行くことをリックへ提案します。

息子のアレックスが好奇心で、アヌビスの腕輪を付けると、そこにはエジプトの光景が広がり1つ目の目印のカルナック神殿が目の前に広がりました。そしてアレックスはハフェズ一派に誘拐されてしまいます。

前作を通して友人になった「メジャイ」のアーデス・ベイが「スコーピオン・キングの呪いが解かれた」と言います。

エジプト入りしたリックたちは、カルナック神殿からアレックスの残した砂絵を元に、最終的に青ナイル川の川奥へと移動してアム・シェアーのオアシスへたどり着きます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』ネタバレ・結末の記載がございます。『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ハフェズ一派の目的は、スコーピオン・キングに与えられたアヌビスの軍勢を使って世界征服することでした。

そのためにはスコーピオン・キングが邪魔です。そこで発掘したイムホテップを利用して、スコーピオン・キングを倒す計画をしていました。

アム・シェアーのオアシスについたメジャイのベイは、鷹を使ってメジャイ軍に居場所を知らせます。

エヴリンは夢で自分が、前世はイムホテップに殺されたセティ1世の娘・ネフェルティティで、前世ではアヌビスの腕輪を守っていた事を知ります。

無事、アレックスと再開したリックたちでしたが、なんとエヴリンがハフェズの部下に刺されて殺されてしまいます。

リックとアレックスはこの事態に、急いで死者の書を使いエヴリンを蘇らせよます。

日の出とともに、腕輪を付けて7日間が経ったのでスコーピオン・キング含めアヌビスの軍勢は蘇ってしまいます。

イムホテップとリックが戦っている最中、スコーピオン・キングは黒幕であるハフェズを八つ裂きにします。その後、スコーピオン・キングとリックはオシリスの槍を使い、スコーピオン・キングを倒します。

スコーピオン・キングを倒したことでピラミッドの崩壊が始まります。イムホテップは、亀裂に巻き込まれ命を落としそうになる所を、ハフェズの部下で最愛のアナクスナムンの魂が入ったミラに助けを求めますが、裏切られます。

イムホテップは裏切られたことに絶望して、失意の中死後の世界へ落ちていきました。

リック達主人公組は、崩壊するピラミッドを抜け、無事に帰路へつきました。

スポンサーリンク

映画『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』の感想と評価


© 1999 Universal Studios – All Rights Reserved

今作『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』は、前作『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』をスケールアップし、新たな敵として「スコーピオン・キング」を出したことでより面白くなったと感じられるでしょう。

新登場したスコーピオン・キングと、ジョナサンに焦点を絞って考えると、両者ともに魅力的なキャラクターだといえます。

特にスコーピオン・キングは、演じているドウェイン・ジョンソンと相まってダーティーなキャラと言うより、戦いを好む狂戦士的なキャラでした。後に『スコーピオン・キング』としてスピンオフが作成される辺り、「ハムナプトラ」シリーズの中で相当な人気キャラだと思います。

一方、息子のアレックスは8歳ながら両親の冒険に付いていくことで、様々な経験をしています。腕輪の啓示をバレないように残す機転や、死者の書を読める知識など「ハムナプトラ」シリーズでも随一の優等生キャラだと思います。

まとめ

今回は『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』を紹介させていただきました。

前作では敵だったイムホテップが、最愛の人アナクスナムンに裏切られてしまい、同情してしまいました。今回はハフェズ以外の敵キャラが魅力的でした。

新キャラの2人はとても魅力的で、対象的な役割をこなしているのが印象的でした。

『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』は、アクションアドベンチャーを余り見たことのない方におすすめしたい1作になっています。

関連記事

ファンタジー映画

映画『ダンボ』あらすじネタバレと感想。実写2019版でティムバートンが贈るメッセージとは

大きすぎる耳を持ったダンボ。 その耳には奇跡を起こす力がありました。 世界中で愛されるディズニーの名作アニメ―ション『ダンボ』を実写化。 この名作を『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワン …

ファンタジー映画

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

東野圭吾の同名ベストセラー小説を、Hey! Say! JUMPの山田涼介とベテラン俳優西田敏行のW主演で実写映画化。 過去と現在が繋がる不思議な雑貨店を舞台に、現実に背を向けて生きてきた青年と悩み相談 …

ファンタジー映画

アニメ映画『グリンチ(2018)』あらすじネタバレと感想。ラスト結末までの詳細な解説

有名絵本を「ミニオン」シリーズや『SING』のイルミネーションスタジオが映画化! 意地悪で孤独なグリンチがクリスマスを盗むという大胆な作戦に打って出る! 楽しいギャグと見事なアニメーション、教訓と感動 …

ファンタジー映画

映画『ルイスと不思議の時計』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

古い屋敷に潜む人類を滅ぼす力を持つ、恐ろしい時計の謎に挑む、魔術師の戦いを描いたファンタジー映画『ルイスと不思議の時計』。 ゴールデングローブ賞に2度輝いているジャック・ブラックと、大女優ケイト・ブラ …

ファンタジー映画

映画『ボーダー(2019)』感想考察と評価レビュー。原作は【ぼくエリ】で知られるヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの短編小説

映画『ボーダー 二つの世界』は2019年10月11日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー! 映画『ボーダー 二つの世界』の原作者は、異色の吸血鬼小 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学