Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

ハムナプトラ2黄金のピラミッド|あらすじネタバレ感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • かきぴー

前作『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』から9年後の世界が舞台になった『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』。

強敵イムホテップを倒し、つかの間の平和を享受していましたが、冒険心を抑えられないリックとエヴリンに新たな息子を加えて大冒険です。

今回は「ハムナプトラ」シリーズ第2作、『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』を紹介していきます。

スポンサーリンク

映画『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』の作品情報


© 1999 Universal Studios – All Rights Reserved

【公開】
2001年(アメリカ映画)

【原題】
The Mummy Returns

【監督】
スティーブン・ソマーズ

【キャスト】
ブレンダン・フレイザー、レイチェル・ワイズ、ジョン・ハナー、アーノルド・ボズルー、フレディ・ボース、パトリシア・ヴェラスケス、ドウェイン・ジョンソン他

【作品概要】
前作から9年後の世界、リックとエヴリンは結婚し、「アレックス」という子供を授かりました。そして今度は3人で冒険の旅に出ます。

『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』から登場していた人物は変わらず、新たな敵の「スコーピオン・キング」にはプロレスラーにして俳優、「ワイルド・スピード」シリーズや「GIジョー」シリーズにも出演しているドウェイン・ジョンソンです。

作品はサターン賞のファンタジー映画賞や、ティーン・チョイス・アワードのヴィラン賞など、様々な賞にノミネートされました。

映画『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』のあらすじとネタバレ


© 1999 Universal Studios – All Rights Reserved

時は現代から5000年遡ります。最強の戦士スコーピオン・キングは世界征服を目的に、7年余りを戦い続けましたが敗戦したスコーピオン・キングは、アム・シェアーの聖なるオアシスまで逃げました。

死ぬ間際、スコーピオン・キングはアヌビス神へ、「命を助ける代わりに自分の魂を捧げる」と誓いました。

自らの軍勢をスコーピオン・キングへ貸して、無事に敵を倒しスコーピオン・キングはアヌビス神の下僕(しもべ)になりました。

時は戻って1933年。前作『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』で出会ったリックとエヴリンは結婚して、8歳の息子アレックスと共に幸せに暮らしていました。

一方ハムナプトラでは、ハフェズという人物の手によって「死者の書」「アムン・ラーの書」「イムホテップのミイラ」が発掘されます。

エヴリンは夢に導かれて、アヌビスの腕輪を発掘し、イギリスへと帰国します。イギリスには持ち帰った財宝で作った豪邸があります。

エヴリンは、アヌビスの腕輪を使ってアム・シェアーの聖なるオアシスへ行くことをリックへ提案します。

息子のアレックスが好奇心で、アヌビスの腕輪を付けると、そこにはエジプトの光景が広がり1つ目の目印のカルナック神殿が目の前に広がりました。そしてアレックスはハフェズ一派に誘拐されてしまいます。

前作を通して友人になった「メジャイ」のアーデス・ベイが「スコーピオン・キングの呪いが解かれた」と言います。

エジプト入りしたリックたちは、カルナック神殿からアレックスの残した砂絵を元に、最終的に青ナイル川の川奥へと移動してアム・シェアーのオアシスへたどり着きます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』ネタバレ・結末の記載がございます。『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ハフェズ一派の目的は、スコーピオン・キングに与えられたアヌビスの軍勢を使って世界征服することでした。

そのためにはスコーピオン・キングが邪魔です。そこで発掘したイムホテップを利用して、スコーピオン・キングを倒す計画をしていました。

アム・シェアーのオアシスについたメジャイのベイは、鷹を使ってメジャイ軍に居場所を知らせます。

エヴリンは夢で自分が、前世はイムホテップに殺されたセティ1世の娘・ネフェルティティで、前世ではアヌビスの腕輪を守っていた事を知ります。

無事、アレックスと再開したリックたちでしたが、なんとエヴリンがハフェズの部下に刺されて殺されてしまいます。

リックとアレックスはこの事態に、急いで死者の書を使いエヴリンを蘇らせよます。

日の出とともに、腕輪を付けて7日間が経ったのでスコーピオン・キング含めアヌビスの軍勢は蘇ってしまいます。

イムホテップとリックが戦っている最中、スコーピオン・キングは黒幕であるハフェズを八つ裂きにします。その後、スコーピオン・キングとリックはオシリスの槍を使い、スコーピオン・キングを倒します。

スコーピオン・キングを倒したことでピラミッドの崩壊が始まります。イムホテップは、亀裂に巻き込まれ命を落としそうになる所を、ハフェズの部下で最愛のアナクスナムンの魂が入ったミラに助けを求めますが、裏切られます。

イムホテップは裏切られたことに絶望して、失意の中死後の世界へ落ちていきました。

リック達主人公組は、崩壊するピラミッドを抜け、無事に帰路へつきました。

スポンサーリンク

映画『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』の感想と評価


© 1999 Universal Studios – All Rights Reserved

今作『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』は、前作『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』をスケールアップし、新たな敵として「スコーピオン・キング」を出したことでより面白くなったと感じられるでしょう。

新登場したスコーピオン・キングと、ジョナサンに焦点を絞って考えると、両者ともに魅力的なキャラクターだといえます。

特にスコーピオン・キングは、演じているドウェイン・ジョンソンと相まってダーティーなキャラと言うより、戦いを好む狂戦士的なキャラでした。後に『スコーピオン・キング』としてスピンオフが作成される辺り、「ハムナプトラ」シリーズの中で相当な人気キャラだと思います。

一方、息子のアレックスは8歳ながら両親の冒険に付いていくことで、様々な経験をしています。腕輪の啓示をバレないように残す機転や、死者の書を読める知識など「ハムナプトラ」シリーズでも随一の優等生キャラだと思います。

まとめ

今回は『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』を紹介させていただきました。

前作では敵だったイムホテップが、最愛の人アナクスナムンに裏切られてしまい、同情してしまいました。今回はハフェズ以外の敵キャラが魅力的でした。

新キャラの2人はとても魅力的で、対象的な役割をこなしているのが印象的でした。

『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』は、アクションアドベンチャーを余り見たことのない方におすすめしたい1作になっています。

関連記事

ファンタジー映画

エンドレス・ポエトリーあらすじ考察と評価!公開日と劇場は?

日本公開日が2017年11月18日になるアレハンドロ・ホドロフスキー監督の新作『エンドレス・ポエトリー』。 今作は自身の幼少期を題材にした『リアリティのダンス』の続編にあたる作品で、今から映画ファンの …

ファンタジー映画

映画『エンドレス・ポエトリー』感想レビュー【ホドロフスキー監督】

アレハンドロ・ホドロフスキー監督の『エンドレス・ポエトリー』は、11月18日(土)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷ほか全国順次公開。 世界に潜むマジック・リアリ …

ファンタジー映画

映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ランサム・リグズによるベストセラー小説『ハヤブサが守る家』をティム・バートン監督が映画化。ティム・バートンらしさが随所に現れた傑作に仕上がっています。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となります …

ファンタジー映画

『シェイプ・オブ・ウォーター』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

第90回アカデミー賞(作品賞・監督賞・作曲賞・美術賞)最多4部門受賞!! ギレルモ・デル・トロ監督が映し出すファンタジーロマンス。 3月1日(木)より公開中の『シェイプ・オブ・ウォーター』をご紹介しま …

ファンタジー映画

映画『ケイタネバーダイ』あらすじと感想。中村友則監督が描いたリアルな人物描写とファンタジーの世界観とは

どうしようもないチンピラがたどり着いた先はあの世? 自分を殺したヤクザたちへの復讐のため、あの世で再開できた父親のため、主人公ケイタは戦う決意を固める…。 東京・池袋の知る人ぞ知る映画館シネマ・ロサで …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP