Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

Entry 2020/01/30
Update

映画『キャッツ』あらすじネタバレと感想。吹き替え版には葵わかな×山崎育三郎×大竹しのぶらミュージカル経験のある実力派俳優

  • Writer :
  • もりのちこ

気高くも美しい、個性豊かな「ジェリクルキャッツ」。
ジェリクルキャッツとつき合う方法とは。


世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」が、満を持して映画化です。

「キャッツ」は、イギリスの文学者T・S・エリオットの詩集「キャッツ~ポッサムおじさんの猫とつき合う法」に、アンドリュー・ロイド・ウェバーが曲を付けたミュージカル作品です。

1981年にロンドンで初公演されて以来、アメリカ・ブロードウェイでもロングラン公演を記録し、観客動員数は世界累計8100万人に達しています。

映画化にあたり監督を務めるのは、『レ・ミゼラブル』『英国王のスピーチ』のトム・フーパー監督。

さらには、スティーブン・スピルバーグが製作指揮を、主役のヴィクトリアは英国ロイヤルバレエ団プリンシパルのフランチェスカ・ヘイワードが務めています。

気高く美しい猫たちの華麗な舞踏会、映画版『キャッツ』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『キャッツ』の作品情報


(C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.
【日本公開】
2020年(イギリス・アメリカ合作)

【監督】
トム・フーパー

【キャスト】
フランチェスカ・ヘイワード、ロビー・フェアチャイルド、ジェニファー・ハドソン、ジュディ・デンチ、ジェームズ・コーデン、ローリー・デビッドソン、スティーブン・マックレー、ジェイソン・デルーロ、レベル・ウィルソン、イアン・マッケラン、イドリス・エルバ、テイラー・スウィフト、ダニー・コリンズ、ニーブ・モーガン

【作品概要】
1918年、イギリスでの初公演以来、世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔『キャッツ』が、映画『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督により映画化となりました。

登場人物は個性豊かな猫ばかり。優雅なバレエや軽快なタップダンス、ロックナンバーにのせたパワフルなダンス、猫たちが所狭しと歌い踊ります。

英国ロイヤルバレエ団プリンシパルのフランチェスカ・ヘイワードのほか、ジャームズ・コーデン、ジェニファー・ハドソン、テイラー・スウィフト、ジュディ・デンチら豪華キャストが共演です。

映画『キャッツ』のあらすじとネタバレ


(C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.
ロンドンの片隅にあるゴミ捨て場に、一台の車がやってきます。降りて来た女性は、手に持っていた大きなゴミ袋を捨て立ち去りました。

そのゴミ袋の周りに猫たちが集まってきます。中から現れたのは、若くて臆病な白猫のヴィクトリアでした。

よそ者のヴィクトリアを警戒する猫たち。この町の猫たち「ジェリクルキャッツ」は、気高くも美しい猫たちなのです。

その夜は、ジェリクルキャッツにとって、年に一度の特別な舞踏会が開かれる夜でした。

舞踏会で、長老のオールド・デュトロノミーに選ばれた猫は、再生を許され、新たな命を得て、天上へ上ることが出来るとされています。

今夜の主役は果たして誰なのでしょうか。ジェリクルキャッツは、それぞれの得意な歌とダンスを磨いてきました。

ヴィクトリアを連れ、町を案内するのは、勇敢で兄貴肌の猫マンカストラップ。

始めにエントリーしたのは、昼間はぐうたら、夜は元気なおばさん猫ジェニエニドッツです。ネズミにゴキブリを手なずけ、大きな体を揺らして踊ります。

続いて登場したのは、ハイトーンボイスで雌猫を虜にしちゃう、自由を愛する猫ラム・タグ・タガー。ミルクバーで、最新のヒップホップダンスで勝負です。

楽しい歌と踊りを、遠くから眺める一匹の雌猫がいました。ボロボロのコートを纏い、悲し気なメロディーを歌います。皆から嫌われてしまった、元劇場のスター猫グリザベラです。

そんなグリザベラを、気に掛けるヴィクトリア。グリザベラは、とぼとぼと夜の闇に消えて行きました。

軽快な音楽と共に現れたのは、裕福なグルメ猫バストファージョーンズ。丸々と肥えた雄猫は、町のどこに美味しい食べ物が捨てられているのかを知っています。

ヴィクトリアを誘って人間の家に忍び込んだのは、イタズラ好きな泥棒猫カップル、マンゴジェリーとランペルティーザです。

キラキラ輝く宝石に、豪華なネックレス。ヴィクトリアも着飾り楽しそう。はしゃぐ3匹の猫の耳に聞こえてきたのは、飼い犬の吠える声でした。

「ワンワン」。慣れっこのマンゴジェリーとランペルティーザは、ヴィクトリアを置いて逃げて行ってしまいました。

慌てるヴィクトリアを助けに来たのは、気弱だけれど心優しい手品猫ミストフェリーズでした。

命からがら逃げる、ヴィクトリアとミストフェリーズ。2匹の間には、淡い恋心が芽生えたようです。

個性豊かで、気高くも美しいジェリクルキャッツ。捨て猫のヴィクトリアは、仲間に入れてもらえるのでしょうか。

そしてもう1匹。今宵の舞踏会で代表猫に選ばれようと、悪だくみを企む猫がいました。彼の目は緑色に光っています。

以下、『キャッツ』ネタバレ・結末の記載がございます。『キャッツ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.
神出鬼没で恐ろしい力を持つ、お尋ね者の猫マキャヴィティ。彼は、舞踏会にエントリーしている猫たちを、次々に捕えていきます。

いよいよ舞踏会の時間となりました。慈愛に満ちた長老猫オールド・デュトロノミーが姿を現しました。

舞台となる屋敷のホールには、天上から満月の光りが降り注いでいます。光に照らされ毛並みが輝くジェリクルキャッツたちは、歌い踊り舞踏会を楽しみます。

そんな中、孤独な猫グリザベラがやってきます。皆はグリザベラを追い出してしまいました。

気になり後を追うヴィクトリアは、初めて自分のことを歌います。その歌と踊りは、グリザベラにも響いたようでした。その様子を家の中から長老猫オールド・デュトロノミーが見守っています。

舞踏会は、再生の命を得て、天上へ上ることを望む猫たちの、PRタイムです。

かつては劇場の大スターだった老猫のガス。汽車を愛する働き者の猫スキンブルシャンクス。皆、これまでの猫人生を語り、体を使って表現していきます。

そこへ突然、天上から月の乗り物に乗り、妖艶な雌猫が姿を現しました。悪猫マキャヴィティと行動を共にするバンバルリーナです。

セクシーダンスと共にばら撒かれたのは、猫ちゃん一撃「またたび」でした。ジェリクルキャッツは、クラクラ。もはや踊ることも出来ません。

見計らったように、ツヤツヤの皮に緑の目を光らせたマキャヴィティが登場します。「オールド・デュトロノミーよ、さぁ選択を。俺様しか残っていないぜ」。

オールド・デュトロノミーも負けてはいません。頑なに拒否します。しびれを切らしたマキャヴィティは、オールド・デュトロノミーをその場から消してしまいます。

消えたオールド・デュトロノミーを助けようと、ジェリクルキャッツたちは、力を合わせます。手品猫ミストフェリーズの力で、呼び戻そうということになりました。

内気なミストフェリーズは、なかなか自分の力を発揮できません。ヴィクトリアが寄り添い力を貸してくれました。

オールド・デュトロノミーは無事戻り、悪党猫たちは消え去りました。

時は、今宵の代表猫を選ぶ時間となりました。ヴィクトリアは、家の中に孤独な猫グリザベラを招き入れます。ざわつく猫たちを前に、「さぁ、歌って」と促すヴィクトリア。

グリザベラは、思いの丈を歌い上げます。「メモリー、月の光の中ひとり、かつて私は美しかった、甦れ思い出よ」。心の叫びの歌は、皆の心に響きました。

「天上に行くのは、あなたよ」。オールド・デュトロノミーはグリザベラの手を取り告げます。

抱き合い喜ぶヴィクトリア。「ありがとう」。グリザベラは、大きな気球に乗って朝日の中へ向かって飛んで行きました。

ジェリクルキャッツは広場に出て、歌い踊り見送ります。気高くも美しいジェリクルキャッツ。

オールド・デュトロノミーは、ヴィクトリアに声を掛けます。「あなたも、立派なジェリクルキャッツよ」。

スポンサーリンク

映画『キャッツ』の感想と評価


(C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.
1981年のロンドン公演から始まり、今もなお世界中の舞台で踊られ、愛され続けているミュージカル「キャッツ」。

日本では、劇団四季により1983年から全国で公演され、通算公演回数はなんと、1万回を達成しています。

舞台は、都会の片隅にあるゴミ捨て場。そこで、自由に自分らしく生きている「ジェリクルキャッツ」。登場人物すべてが猫というのも、このミュージカルの特徴です。

映画化にあたり、人間が扮する猫の毛並みを、最新のCG技術でよりリアルに、セットは猫の目線で作られ、通常の3倍ほどの物の大きさになっています。

クルクルと動く猫耳に、ピクピクする口髭、ゆらゆらと揺れるしっぽ、本物の猫のような動きは、まさに「ジェリクルキャッツ」の世界です。

そして、「キャッツ」の魅力は、何と言っても個性豊かな猫たちです。それぞれが得意な歌と踊りで自己紹介をします。

映画版の主人公は、人間に捨てられた臆病な白猫ヴィクトリアです。演じたのは、世界的バレエダンサーのフランチェスカ・ヘイワード

彼女の愛くるしい顔に、しなやかなダンス、透き通った歌声に魅了されます。臆病なヴィクトリアが、ジェリクルキャッツとの出会いで次第に心を開き、自分らしさを取り戻していく姿は、清々しい気持ちになります。

映画『ドリームガール』で共演のビヨンセに負けないパフォーマンスで話題となった、ジェニファー・ハドソンは、落ちぶれた孤独猫グリザベラを熱演しています。

名曲「メモリー」を悲しくも迫力ある歌声で歌い上げ、観るものを圧倒させます。

そしてもう1匹。ジェリクルキャッツに尊敬される長老猫オールド・デュトロノミーには、名女優ジュディ・デンチが登場。

ミュージカル版では、男性が演じる役どころを、今作では彼女のための特別な役どころになっています。その佇まいは、威厳に満ちあふれ、慈悲深いオールド・デュトロノミーそのものでした。

多彩なジャンルから選び抜かれた豪華キャストの共演となっています。

また、「キャッツ」と言えば名曲の数々です。ミュージカル版の作曲を手掛けたアンドリュー・ロイド・ウェバーが、映画版も音楽を担当しています。

今作では、妖艶な雌猫ボンバルリーナとして出演もしている、アーティストのテイラー・スウィフトと共同で、「Beautiful Ghosts」を新たに作曲しています。

映画の主人公ヴィクトリアのための歌として作られた「Beautiful Ghosts」は、物語を盛り上げる1曲となっており、ヴィクトリアを演じたフランチェスカ・ヘイワードが歌っています。

テイラー・スウィフトが歌う「Beautiful Ghosts」は、エンドクレジットで聞くことも出来ます。

私が鑑賞したのは字幕版でしたが、日本とドイツでしか吹替えが許可されなかったという、豪華キャストの吹替え版もおススメです。

白猫ヴィクトリアには葵わかな、案内猫マンカストラップに山崎育三郎、長老猫オールド・デュトロノミーに大竹しのぶと、ミュージカル経験のある実力派俳優が集結となりました。

まとめ


(C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.
長年、世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」の映画版を紹介しました。

ジェリクルキャッツが集う、年に1度の特別な夜。新しい命を授かり天上へ行くのは、どの猫なのか。

気高く自由に生きるジェリクルキャッツが、舞踏会で各々の魅力を表現します。

その個性豊かな歌と踊りは、色々な猫がいて良いのだというこのを、我々に教えてくれます。それは人間も同じです。

ぽっちゃり猫、自由奔放な猫、臆病な猫、孤独な猫、お調子者な猫。自分らしく生きる、それがジェリクルキャッツなのです。

関連記事

ファンタジー映画

実写映画『シンデレラ』ネタバレあらすじと感想考察。ディズニー作品でリリー・ジェームズが主役を演じる

どんな時も勇気と優しさを持つこと。 ゴッドマザーはそんなあなたを見守っているかもしれません。 ラブストーリーの原点であり、世界中で愛され続ける物語、ディズニーの「シンデレラ」が、比類の映像美で実写映画 …

ファンタジー映画

映画『メリーポピンズ』あらすじネタバレと感想。続編リターンズ公開前におさらい

風に乗って彼女はやってきます。 からっぽのバッグに大きな魔法を詰め込んで。 いまなお根強いファンのいる、1964年製作の名作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』。 当時のアカデミー賞を総なめにした、心 …

ファンタジー映画

深田晃司映画『海を駆ける』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

鬼才・深田晃司監督の映画『海を駆ける』は、インドネシアで海からやって来た謎の男が起こす奇跡と、不可解な現象を描きます。 バンダアチェの風景の映像美とディーン・フジオカをはじめとする若手俳優たちのみずみ …

ファンタジー映画

【ハリーポッターとアズカバンの囚人】動画無料視聴方法と感想!

世界中で愛されている「ハリー・ポッター」。また“ハリポタ”の名を知らない人はいないほどです。 ハリーポッターの魔法の世界を再現した第7作の「ハリーポッター」シリーズは、全世界に旋風を巻き起こしました。 …

ファンタジー映画

ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生|あらすじとキャスト。ハリポタ監督のデビッド・イェーツの紹介も

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、11月23日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー! 大ヒットファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズの新たな物語として制作 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学