Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

【ネタバレ】グリーン・ナイト|結末あらすじ感想と考察評価。最後映画エンドロール解説で残された“謎”を探る

  • Writer :
  • さくらきょうこ

A24が送るダーク・ファンタジー『グリーン・ナイト』

ライトハウス』(2019)や『ミッドサマー』(2019)など、エッジの効いたホラーやスリラー映画で人気の映画制作・配給会社「A24」。

2021年につくられた『グリーン・ナイト』は、アーサー王円卓の騎士のひとり、ガウェインが主人公の物語です。

監督は『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』(2017)で高い評価を得たデヴィッド・ロウリー。

ロバート・レッドフォードの俳優引退作となった『さらば愛しきアウトロー』(2018)に続く監督作が、この『グリーン・ナイト』です。

映画『グリーン・ナイト』の作品情報

(C)2021 Green Knight Productions LLC. All Rights Reserved

【日本公開】
2022年(アメリカ・カナダ・アイルランド合作映画)

【監督・脚本・編集】
デヴィッド・ロウリー

【キャスト】
デヴ・パテル、アリシア・ヴィキャンデル、ショーン・ハリス、ケイト・ディッキー、ジョエル・エドガートン、サリタ・チョウドリー、バリー・コーガン、ラルフ・アイネソン

【作品概要】
日本でも数々のゲームやマンガの題材として人気のあるアーサー王伝説。

本作は、円卓の騎士ガウェインにスポットをあてたJ・R・R・トールキンの『サー・ガウェインと緑の騎士』をベースにしています。もともとは作者不詳の頭韻詩であったものを、『指輪物語』の作者で言語学者でもあるトールキンが物語としてまとめあげました。

クリスマスの宴に現れた緑の騎士。アーサー王や騎士、その親族たちの集まる場で緑の騎士は“首切りゲーム”を持ちかけます。その挑発にのった若きガウェインは騎士の首を斬り落としますが、彼はその首を持ち上げると「1年後のクリスマスに私を捜し出し、ひざまづいて私からの一撃を受けるのだ」と言って去ってしまいます……。

“A24版『ロード・オブ・ザ・リング』”ともいうべき本作は、まだ騎士になる前のひ弱なガウェインが、決心のつかないまま周囲に促されるように旅立ち、夢とも現実ともつかないような危機に見舞われながら緑の騎士を探して進んでいく冒険ファンタジーです。

映画『グリーン・ナイト』のあらすじとネタバレ

(C)2021 Green Knight Productions LLC. All Rights Reserved

鐘の音が響く中、若い男性が女性を馬に乗せて逃げていきます。背後に見える城では火事が起きています。

それは過去の出来事。いまその景色がみえる部屋の中ではガウェインが寝ており、恋人の娼婦エセルが彼を起こそうと水をかけます。今日はクリスマス。ふたりは支度をして娼館から教会にでかけます。

自宅に戻ったガウェインは母に朝帰りをとがめられながら、伯父であるアーサー王が催す宴に行く準備をします。体調不良で宴には行かないと言っていた母は、ガウェインが出かけたあとで姉妹たちとともに召喚の魔術を使い、手紙に封をして燃やします。

円卓の間で酒を飲み始めたガウェインはアーサー王に呼ばれ、となりに座って武勇伝を話すよう請われます。しかしまだ騎士ですらないガウェインに話すことなどなにもありません。

するとそこへ突然、ヒイラギを持った騎士が馬に乗ったまま入ってきました。皆剣を抜きますが、王は彼を招き入れ手紙を受け取ります。女王が読み上げたその内容はこうです。

「ゲームをしよう。我こそはという騎士は進み出て武器を取り、名誉をもってわしに一撃を加えろ。傷を与える者にこの戦斧を進呈しよう。だがその者は誓わねばならぬ」

「1年後のクリスマスにわしを捜し出せ。緑の礼拝堂でひざまづいてわしの一撃を受けろ。やられたままやり返し、信頼と友情と共に別れよう」……。

アーサー王の「だれかおらぬか」という問いに、少し間を置いて名乗りを上げたのはガウェイン。アーサー王に聖剣を借り騎士に対峙しますが、彼は戦斧を置くと姿勢を低くし、斬りやすいように小首をかしげて攻撃を待っています。

ガウェインは一撃で首を落としますが、騎士は自らの手でそれを拾い上げると「1年待つ」と言い残し、笑いながら去っていきました。

一年が経ち、キャメロットの都では人形劇になるほどにガウェインは有名に。酒場では酔った客に絡まれ、母親が魔女だと言われてケンカ沙汰に。泥だらけで帰宅するとアーサー王が来ていました。年老いて弱っている王は「もうすぐ1年だ」と言い、旅に出るよう促します。

ガウェインの母は姉妹たちとともに、彼を守るための魔術を緑色の帯に施します。「腰につけて決して手放さないように」とその帯を渡されたガウェインは「戻れる?」と不安そうです。

馬に乗りひとり都を出たガウェイン。エセルに渡された鈴をにぎりながら、彼女が旅に反対していたこと、そしてガウェインとの結婚を望んでいたことを思い出していました。

親切心

北を目指すガウェインは、多くの死体が転がる場所に差しかかります。すると死体から金目のものを盗んでいる男が、ガウェインに気づいて話しかけてきました。

「イカす斧だな」と言ったその男に緑の礼拝堂についてたずねると、彼は道を教えてくれました。礼を言って進もうとするガウェインに礼金を要求しますが、男は1枚のコインしかもらえませんでした。

その後ガウェインは、見知らぬ男と女にふたりがかりで押さえつけられてしまいます。そこへ先ほどの盗賊の男が現れ、ガウェインはナイフを突きつけられ身ぐるみをはがされました。

大事な緑の帯も取られ、下着姿で木の下に転がされるガウェイン。盗賊は盾を壊し、戦斧を奪い、ガウェインの愛馬に乗り走っていきます。仲間の男女も追いかけて行ってしまいました。

横たわったままなにもしなければ、ガウェインは死んでしまいます。彼は懸命に這って荷物のところまで行き、残されていた剣で血だらけになりながら手の縄を切りました。

聖ウィニフレッドの精霊

あたりが暗くなり、ガウェインは偶然見つけた小屋に入り込みます。そこはもうだれも住んでいないようで、2階に上がるとベッドで眠り込んでしまいました。

深夜、「私の寝台でなにを?」と女性に起こされます。ガウェインが旅の者だと言って謝ると、ウィニフレッドと名乗る彼女は泉で探してほしいものがあると言ってきました。「私の頭を探してほしい」と言う彼女はいきさつを話し始めます。

「あるとき男がやってきて、私を抱こうとした」「追い返したけど、また夜にやってきて扉を破られた」「抵抗したら斬首されてしまった」……。

泉までやってきたガウェインは「頼みをきいた見返りは?」とたずねますが、彼女に「なぜ聞くの」と叱られ、そのまま泉へと入っていきます。

水の底で頭蓋骨を見つけたガウェインがそれを拾って岸にあがると、そこにウィニフレッドの姿はありませんでした。

小屋へ帰ると、持っていた頭蓋骨が生首に変わり、驚いて落としてしまいます。ウィニフレッドの生首は「命のかぎり守ってあげます」と言い、気づけば頭蓋骨に戻っていました。

ガウェインは寝台にあったウィニフレッドの身体の骨の上に、彼女の頭蓋骨を置きます。あたりが明るくなると、部屋には盗賊に取られたはずの戦斧が置いてありました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『グリーン・ナイト』ネタバレ・結末の記載がございます。『グリーン・ナイト』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)2021 Green Knight Productions LLC. All Rights Reserved

うまく火を起こすこともできないガウェイン。いつしか彼のそばには一匹のキツネが現れ、追い払おうとしてもいなくならずにずっとついてきます。

キツネと旅するガウェインは、きのこの毒にあたったりしながら進んでいきます。すると前方の山の稜線から、巨大な手が出てきました。

急いで山を上ると、そこには女性の姿をした複数の巨人がゆっくりと歩いていました。

ガウェインは「肩に乗せて運んでくれ」と叫んで巨人を呼びますが、いざ手を伸ばされると怖くなって逃げてしまいます。仕方なく、後ろから歩いてついていくガウェインとキツネ。

雨の降る夜。ガウェインは疲労と空腹で倒れてしまいます。城があるのを発見したキツネに導かれ扉を叩くと、城の主人が「友よ」とあたたかく迎えてくれました。

12月21日の朝。城の主人は「新年には出かけなければならず、今日はこれから狩りに行くが君はゆっくり休養するように」と告げます。

そして朝食の場で主人の奥方を紹介されますが、その顔はエセルにそっくりでガウェインは驚きます。またそこには、目隠しをした謎の老婆も同席していました。

「緑の礼拝堂へは一日もかからずに行けるので、クリスマスの朝にはちゃんと送り出す」と主人は語ると、狩りへと出かけてしまいます。

ガウェインは城の蔵書を奥方に見せてもらいながら、クリスマスプレゼントだと一冊を手渡されます。そして「騎士は感謝のキスをするべきでしょ?」と言われたので、奥方の頬に恐る恐るキスをしました。

城の主人はその夜「ここは変わったことが起きる家だ」と言います。そして、「狩りで手に入れた獲物と、ガウェインがこの城で得たものを交換しよう」と提案します。

翌日彼はまた狩りへと出かけ、ガウェインは肖像画代わりにピンホールカメラのような方法で写真を撮ってもらいます。

奥方はことあるごとに誘惑してきますが、そこは騎士道精神を重んじる王族のガウェイン。彼女を傷つけないように言葉巧みにかわしていきます。

狩りから戻った主人は、麻袋に入った獲物をガウェインに渡します。そこにはあのキツネが入っているようで、彼はそれを逃がしました。

ガウェインが城で得たものといえば、奥方からの誘惑しかなかったので、彼は無言で主人に軽くキスをします。そして翌日も同じようなことをくり返し、さすがにガウェインもこのまま世話になるのが気まずくなってきます。

夜。主人は今回の緑の騎士のことについて「新しい君を見てみたい。だが、今の君をなつかしく思うだろう」と語ります。

翌朝早く、大勢の従者とともに主人は狩りに出かけてしまい、ガウェインのベッドの横には奥方が迫ってきていました。

「許されない」とガウェインは拒否しようとしますが、奥方はなぜかあの盗賊にとられたはずの緑の帯を持っており、積極的にベッドの中のガウェインの下半身に手をのばしてきます。

あえなく射精し緑の帯を汚してしまったガウェインは、部屋の隅に老婆がいることに気づき飛び起きます。そしてそのままあわてて支度をして城を出ました。しかし彼は、森の中で城の主人に出くわしてしまいます。

主人は「私によこすものはないのかね?」は言うと、ガウェインにいきなり口づけしてきました。そして、少し離れたところに転がっている獲物の大イノシシをくれたのです。

緑の礼拝堂へ行くために川にやってきたガウェイン。すると突然、キツネが人間の言葉で「もう旅は終わりにしたほうがいい」と忠告してきますが、ガウェインはキツネを追い払い小舟に乗りこみます。

礼拝堂の看板らしきものが見え岸に上がると、いまにも朽ち果てそうな、緑に覆われた礼拝堂らしき建物が見えてきました。その奥の玉座には緑の騎士が座っていますが、まるで石像のようで微動だにしません。ガウェインは戦斧をそこに置いて座り込みます。

一晩が過ぎ朝になると、緑の騎士が動き出しました。「来たのか。クリスマスか」そう言って戦斧を持つと、覚悟を決めたガウェインに向かって振り下ろそうとします。

「待って……」やはり怖くなったガウェインは、礼拝堂から出てしまいます。礼拝堂の外にはなぜか盗まれた愛馬が待っており、それに乗ってガウェインはキャメロットの都へ逃げ帰ります。

生還したことでアーサー王はガウェインを騎士と認め、やがて亡くなったアーサー王の跡を継いで国王となりました。

エセルは男の子を出産しますが、すぐにその子は召し上げられ、わずかな金を渡され捨てられてしまいます。ガウェインは別の国の姫と結婚し娘を授かりますが、彼は王としての資質に欠け、やがて戦争で成長した息子を亡くしてしまいます。

敗走し都へ戻ったガウェイン王は群衆に物を投げつけられ、その様子をエセルは冷ややかに見つめています。その後敵国に攻め込まれ、王妃と王女は出奔。王冠を置き、帯を解いたガウェインは斬首されます。

気づくと、ガウェインは緑の礼拝堂にいました。先ほどの“ガウェイン王”としての出来事は、ここで逃げ帰った場合に待ち受ける未来だったのです。

今度こそ覚悟を決めたガウェインは、緑の帯をはずして首を垂れます。緑の騎士は「よくやった」とガウェインの成長を認め、こう言います。

「首とともに去れ」と……。

映画『グリーン・ナイト』の感想と評価

(C)2021 Green Knight Productions LLC. All Rights Reserved

ドラゴンや怪物がたくさん出てくる中世のファンタジー活劇を期待していた人は肩すかしのように感じてしまうかもしれないこの『グリーン・ナイト』ですが、ひとりの人間の内面を徹底的に見つめ、その成長の過程をともに体験できる意義深い作品となっています。

そもそも、「かの有名な円卓の騎士ガウェインが、まだ“騎士”ではなかった頃」という設定がまず斬新です。原作との違いをふまえ解説します。

サー・ガウェインとはどんな人物?

アーサー王伝説に登場する“円卓の騎士”の中で、サー・ガウェインは「礼節の権化」といわれ、最も騎士道精神を重んじる高潔な人物です。

アーサー王や円卓の騎士については、いままで数々の映画で取り上げられていますが、ジョン・ブアマン監督の『エクスカリバー』(1981)でガウェインを演じたのは、若き日のリーアム・ニーソン。原作のイメージにピッタリな気がします(ちなみに本作のロケ地は『エクスカリバー』と同じくアイルランドのウィックロー県など)。

原作でのガウェインは、待ち受ける数々の困難に対し騎士として冷静に対処し、緑の礼拝堂ではグリーン・ナイトにそれを評価されます。そこでガウェインは3度、緑の騎士から戦斧を振り下ろされるのですが、その内容は以下のとおり。

【1度目】
わずかに肩を引いてしまうガウェイン。緑の騎士はそれをなじりそのままやめてしまう。
【2度目】
当たらないようにわざと外した緑の騎士。ガウェインは「さっさとやれ」と怒る。
【3度目】
わずかに首をかすり皮膚を切っただけ。ガウェインは身をかわし、これをもって終了となる。

緑の騎士はガウェインに対して、律儀に約束を守ったことを評価し(1度目)、城の奥方からの誘惑を主人へのキスとして返したから許し(2度目)、色欲におぼれずただ自分の命が惜しかっただけなので罪は軽い(3度目)、だからその傷で罪滅ぼしとすると言って緑の帯を返し解放します。

都に戻ったガウェインは礼節を重んじる騎士らしく、戒めとして正直にこの話を披露します。以上が原作のサー・ガウェインですが、本作のガウェインは正反対の人物だということがわかりますね。

試練を与える母は“魔術師”

映画『グリーン・ナイト』が原作と大きく異なる部分がもうひとつ、ガウェインの母の設定です。

ここでの母はモーガン・ル・フェイということになっていますが、原作でのその名前の人物はガウェインの伯母、すなわち母(原作での名はモルゴース)の1番上の姉である魔女という設定です。本作ではそのふたりを合わせたような、強力な魔術を使える者として母が登場します。

『グリーン・ナイト』のガウェインは娼館に入り浸り、ダラダラと自堕落に日々を過ごすニートのような若者です。

アーサー王には子どもがなく、その甥であるガウェインはいずれ王位を継ぐことになるにも関わらず、なんの勉強も訓練もしていません。恋人の娼婦エセルのことは大好きですが、彼女の希望どおり結婚することなどできないとわかっているのに離れることもできません。

そんな息子に喝を入れるために母が考えたのが、今回の試練です。一人前の騎士になるためには業績が必要。そのため、母は魔術で緑の騎士“グリーン・ナイト”を召喚します。

そして一連の冒険と数々の危機は、息子を成長させるためのミッション。それは、アーサー王と円卓の騎士が持つ「五芒星」の首飾りに象徴される五つの徳(寛容・友愛・純潔・礼節・同情心)を試すものなのです。

ちなみにガウェインもその首飾りをつけていましたが、それには値しないと城の奥方に判断され引きちぎられてしまう場面があります。

城を出たガウェインはキツネを借りた母の言葉に惑わせられることもなく緑の礼拝堂へ向かいますが、最後の最後で怖気づいてしまいます。そこで最悪なバッドエンドの未来を見ることになるのですが、母からしてみれば、それは使いたくなかった魔法かもしれません。

あやしい城の主人とその奥方

原作では緑の騎士の正体は“城の主人”ということになっています。前述のサー・ガウェインの項で説明した緑の礼拝堂でのやりとりも、城の主人ということであれば納得の展開です。

本作では、その設定は明らかにされていません。ただ面白いのは、この城の住人の配役です。本作で城の主人を演じたジョエル・エドガートンは、アントワーン・フークア監督の『キング・アーサー』(2004)でガウェイン役を務めました。

また城の奥方を演じたアリシア・ヴィキャンデルは、本作でエセル役も務めています。ガウェインと深く関わるふたりの女性を同じ俳優が演じることで、より試練の難易度を上げようとする意図が感じられます。

また、城にいた謎の老婆も気になるところです。原作ではこの老婆の正体はモーガン・ル・フェイだったのですが、本作では息子を見守る母の仮の姿だったのかもしれません。

オープニング&エンドロール後映像の謎

オープニングが描く“ガウェインの出自”

怠惰なガウェインが寝ている娼館の窓から見えるオープニングの映像は、トロイの王子パリスとスパルタ王妃ヘレナの駆け落ちシーンです。

原作にも同じ記述があるのですが、これはトロイの血筋であるブルトゥスが建国したブリテンの物語であること、アーサー王の甥であるガウェインもまた同じ血統だというところからきているそうです。

エンドロール後の“少女と王冠”の意味は?

最後、バッドエンドのときに王妃とともに逃げて行った王女らしき女の子が、床から王冠を拾い上げてかぶる場面で映画は終わります。

これが現実の未来なのか、なにを暗示しているのかはわかりません。

もしかすると、現代において女性たちが声を上げ始めた有害な男性性、家父長制などへの批判から今回のようなガウェインのキャラクターが誕生し、彼の未来を示唆する意味でラストの少女が現れたのかもしれません。

まとめ

(C)2021 Green Knight Productions LLC. All Rights Reserved

そもそも、“緑”とはなんだったのか?

緑とは“自然”、そして自然の力と深くつながる“魔法”のことであり、本作では“自然と文明の対立”を象徴するものとして描かれています。

それは同時に、“キリスト教と異教徒との対立”という図式も意味しています。アーサー王や円卓の騎士、そしてキャメロットの人々はキリスト教を信仰していますが、ガウェインの母は魔術を用いる異教徒であり、そのため酒場でガウェインは「魔女だ」などと揶揄されるのです。

ガウェインと“緑の騎士”の試練を巡る物語を描いた本作は、キリスト教の《文明》VS異教徒の《自然》の物語でもあるのです。

ちなみに2022年、55年の時を経て日本公開されたチェコ映画『マルケータ・ラザロヴァー』(1967)も、キリスト教徒の支配階級と異教徒との対立が描かれた大作でした。

『グリーン・ナイト』に登場する緑の騎士は苔むした木の皮のような容貌をしており、中世の教会などの装飾によくみられるグリーンマンを彷彿とさせます。

また“グリーンマン”といえば、本作と公開日の近いイギリス映画『MEN 同じ顔の男たち』(2022)にもそのような存在が登場しますね。

そして、盗賊の男が死体について語る際の「自然が片付けてくれる」や、城の奥方の「緑は最後に残る、熱意が冷め情熱や人が死ぬ時にあなたの足跡も草が埋め尽くす」というセリフには、「人間は緑=自然にはかなわない」という考えが込められています。

映画『グリーン・ナイト』は、気弱な若者が母親によって成長を促されるというパーソナルな物語を、中世の英雄譚に重ね、壮大なテーマをスタイリッシュに魅せる寓話的な美しい作品です。




関連記事

ファンタジー映画

映画『西遊記 女人国の戦い』あらすじネタバレと感想。香港返還後の現実を映し出したソイ・チェン監督

2019年は香港映画が熱い! これまでにいくつもの映像作品がある『西遊記』。香港の俊英ソイ・チェン監督がシリーズ化した「モンキー・マジック」第3弾『西遊記 女人国の戦い』が日本公開されました。 本コラ …

ファンタジー映画

映画『フィッシュマンの涙』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

CONTENTS映画『フィッシュマンの涙』作品情報映画『フィッシュマンの涙』あらすじとネタバレ 魚人間の誕生 魚人間の苦悩魚人間のゆくえ 『フィッシュマンの涙』の感想と評価まとめ 映画『フィッシュマン …

ファンタジー映画

いぬむこいりキャストとあらすじ!原作は民話?有森也実の演技評価も

天孫降臨の地より日本の千年を撃つ!美しくパンクな幻想世界!片嶋一貴監督の4時間を超える大作は衝撃の連続の4章構成! 2017年まさに大作の名に相応しい『いぬむこいり』のクロニクルを有森也実が女優人生を …

ファンタジー映画

映画『ケイタネバーダイ』あらすじと感想。中村友則監督が描いたリアルな人物描写とファンタジーの世界観とは

どうしようもないチンピラがたどり着いた先はあの世? 自分を殺したヤクザたちへの復讐のため、あの世で再開できた父親のため、主人公ケイタは戦う決意を固める…。 東京・池袋の知る人ぞ知る映画館シネマ・ロサで …

ファンタジー映画

映画『駅までの道をおしえて』あらすじネタバレと感想。キャスト陣が伊集院静の原作短編小説を“優しさ”で演じる

映画『駅までの道をおしえて』は10月14日(金)より全国ロードショー公開 作家・伊集院静の同名短編小説を、数々の話題作のプロデューサーとして活躍する橋本直樹自らが監督・脚色を手がけて映画化。 主演を務 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学