Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

Entry 2019/01/18
Update

映画『メリーポピンズ』あらすじネタバレと感想。続編リターンズ公開前におさらい

  • Writer :
  • 石井夏子

風に乗って彼女はやってきます。

からっぽのバッグに大きな魔法を詰め込んで。

いまなお根強いファンのいる、1964年製作の名作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』。

当時のアカデミー賞を総なめにした、心躍る音楽と柔らかな映像美

2019年2月に公開される続編『メリー・ポピンズ リターンズ』の予習もかねて、『メリー・ポピンズ』をおさらいしましょう!

スポンサーリンク

映画『メリー・ポピンズ』の作品情報


© 2015 Disney.

【原題】
Mary Poppins

【製作】
1965年(アメリカ映画)

【監督】
ロバート・スティーブンソン

【キャスト】
ジュリー・アンドリュース、ディック・ヴァン・ダイク、デビッド・トムリンソン、グリニス・ジョンズ、ハーマイアニ・バドリー、カレン・ドートリス、マシュー・ガーバー、エルザ・ランチェスター、アーサー・トリーチャー、レジナルド・オーウェン、エド・ウィン、ジェーン・ダーウェル、アーサー・マレット

【作品概要】

オーストラリア出身のイギリスの作家パメラ・L・トラヴァースによる、児童文学シリーズ「メアリー・ポピンズ」を原作とした、ウォルト・ディズニー製作による傑作ミュージカル。

実写とアニメーションの合成という手法が取られ、第37回アカデミー賞では最多13部門にノミネートされ5部門を受賞。

メリー・ポピンズを演じたジュリー・アンドリュースもアカデミー主演女優賞を受賞しました。

またアカデミー歌曲賞を受賞した『チム・チム・チェリー』をはじめ、物語を彩る数々の名曲とともに繰り広げられるミュージカルシーンは、時代が流れた今もなお色褪せることなく輝きを放ちます。

映画『メリー・ポピンズ』のあらすじとネタバレ


© 2015 Disney.

ロンドンに住む銀行勤めのバンクス氏は規律に厳しい男。

その妻バンクス夫人は優しいけれど、女性参政権運動に熱心で、子どもたちの事まで手が回らない様子です。

夫婦はやんちゃ盛りの娘・ジェーンと息子・マイケルのために教育係(原語ではnannyですが、ここでは教育係とします)を探していました。

バンクス氏の希望は厳しい教育係。

ですが子どもたちは『優しくてユーモアがあって魅力的な人』がいいと、バンクス氏に手紙を書いて渡します。

バンクス氏は彼らの手紙を暖炉の中へ破り捨てます。

翌日、パラソルをさして風に乗ってやってきたのは、メリー・ポピンズ。

彼女の手には、破り捨てられたはずの子どもたちの手紙が。

メリーの勢いに圧倒されたバンクス氏は、彼女を教育係として雇います。

優しくて美人でユーモア満点、おまけに魔法まで使えるメリーに、子供たちは大喜びです。

メリーの友人バートと共に、彼らはバートの描いた絵の世界の中に入り込んだり、笑いすぎて部屋の中を浮かんでいる叔父さんのもとを訪ねたりと、不思議で楽しい日々を過ごします。

しかめつらで言うことを聞かなかったジェーンとマイケルは、いつのまにか笑顔の可愛い素直な子どもになっていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『メリー・ポピンズ』ネタバレ・結末の記載がございます。『メリー・ポピンズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

メリーのおかげでバンクス家はメイドもコックも明るくなり、みんな陽気に歌っています。

それを快く思わないバンクス氏は、自分が銀行で働く姿を子どもたちに見せ、改めて厳格にしつけようと銀行に連れて行きます。

銀行の頭取が、マイケルの小遣いを無理に預金させようとしたため子どもたちが抵抗し、それを見た預金者たちが払い戻しに殺到。

銀行は取り付け騒ぎが起こって大混乱に陥りました。

そのことでバンクス氏は、頭取からクビを言い渡されます。

バンクス氏は、メリーから教わった人生を楽しくするための魔法の言葉「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」を思い出し、ジョークを頭取に話し、笑いながら銀行を去って行きます。

今まで仕事のことしか頭になかったバンクス氏は、久しぶりに子どもたちと過ごします。

バンクス夫妻と公園で凧を揚げて遊ぶジェーンとマイケル。

銀行の頭取の息子も公園におり、バンクス氏のジョークのおかげで頭取が笑いながら亡くなったと告げられます。

頭取の息子はバンクス氏を銀行に復職させることを約束し、みんなで一緒に凧あげを楽しみます。

その姿を見届けたメリー・ポピンズは、バートに見送られながら、風に乗って去って行きました。

スポンサーリンク

映画『メリー・ポピンズ』の感想と評価

メリーとバートの関係

誰もが一度は疑問に思ったであろう、メリーとバートの関係。

バートはメリーに「出会ったときと同じで美しい」と愛を込めて伝えます。

と言うことは、2人は旧知の仲で、バートの知る限りメリーの容姿は変わっていないと考えられます。

そしてまた、いまや職業不定で芸達者、いつも笑顔で暮らしているバートですが、幼いころは気難しくて笑わない子供だったといいます。

映画冒頭でのジェーンとマイケルも、暗い眼差しをした扱いづらい子どもでした。

それがメリーとの出会いによって、つまらなかった日常が魔法に包まれていることを知り、輝いていきました。

このことから、バートもジェーンたちと同じく、子どものころにメリー・ポピンズと出会い、楽しい時間を過ごしたと推察できます。

物語の終盤でバートがバンクス氏に「子ども時代はあっという間に終わり、愛情を与えようと思った時にはもう手遅れ」と歌いながら諭すシーンがあります。

その時の彼の眼は、幼かったころの自分を振り返っているかの様です。

自分を孤独から救ってくれたメリーポピンズ。

バートにとってのメリーは、いつまでも変わらぬ憧れの女性なんです。

寂しさの根源

メリーは必要以上に子どもたちと仲良くはせず、距離を置いています。

彼女は、自身が愛情の代替品であると自覚しており、いつか自分を必要としなくなる事を知っています。

仕事人間な父と、女性参政権運動に必死な母。

構ってほしいのに気付いてくれず、寂しい思いを抱える姉弟。

姉弟はメリーが来る前、教育係たちをからかうことで寂しさを紛らわせていました。

大人よりも動物的な本能が強い子どもは、時に“ためし行動”に出ることがあります。

大人の愛情を確かめるために、相手を困らせる行動を取り、その反応を見るんです。

メリー以前の教育係たちはそれに耐えられずに、すぐに辞めてしまいました。

しかしメリーは、彼らの心の奥にある“寂しさ”を理解してます。

そしてその寂しさは、本当は構ってくれない両親に向けたものということも。

「完璧な人間は感情には溺れない」と自分に言い聞かせるように放ったメリー。

一番寂しいのは彼女自身なのかもしれません。

続編『メリー・ポピンズ リターンズ』にも登場するキャラクター

ついに2019年2月、メリーポピンズが帰ってきます。

キャストは一新されているものの、メインとなるキャラクターは変わらず、大人になったバンクス家の弟マイケルを主軸に話は進んでいきます。

『メリー・ポピンズ』から20年後の、大恐慌を迎え暗く厳しい時代のロンドンを舞台にした『メリー・ポピンズ リターンズ』。

メリー・ポピンズを演じるのは『クワイエット・プレイス』(2018)が記憶に新しいハリウッドきっての実力派女優、エミリー・ブラント

20年前と変わらぬ美しさの彼女が、代変わりしたバンクス家に教育係として舞い降り、不思議な魔法で人々を幸せへと導きます。

大人になったマイケル・バンクスはイギリスを代表する中堅俳優、ベン・ウィショーが演じます。

マイケルはかつて父や祖父が働いていたフィデリティ銀行で臨時の仕事に就き、3人の子どもたちと共に、桜通り17番地に暮らしていますが、ロンドンは大暴落の只中で金銭的な余裕はなく、妻を亡くしたばかり。

メリーの魔法は彼を再び救う事が出来るんでしょうか。

マイケルの姉ジェーン・バンクスに扮するのは、イサム・ノグチの母親を描いた日本映画『レオニー』(2010)に主演したエミリー・モーティマー

姉らしく、弟マイケルと彼の子どもたちを気にかけています。

バートは残念ながら登場しませんが、バートを演じていたディック・ヴァン・ダイクは、カメオ出演します。

まとめ

人生に息苦しさを感じるとき、風に乗ってメリー・ポピンズが現れて欲しいと願ってしまいます。

それが叶わないなら「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」と口ずさむだけで、人生は少しだけ明るくなるかもしれません。

実はバート役のディック・ヴァン・ダイクは『メリー・ポピンズ』でバートの他に、悪役である銀行の頭取ミスター・ドース・シニアも演じていました。

御年93歳のディック・ヴァン・ダイクですが、『メリー・ポピンズ リターンズ』ではドース・シニアの息子ドース・ジュニアとしてカメオ出演するとのことで、一層楽しみが増しますね。

続編『メリー・ポピンズ リターンズ』公開をきっかけに、名作映画『メリー・ポピンズ』の魔法の世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

ファンタジー映画

金子雅和映画『アルビノの木』感想と考察。あらすじの森と白鹿様の隠喩の深意とは?

金子雅和監督が海外で行われた各国の映画祭で、10冠の名誉を掴み取った映画『アルビノの木』。 ポルトガルで開催されたフィゲイラ・フィルム・アート2017では、日本映画初である最優秀長編劇映画、最優秀監督 …

ファンタジー映画

実写映画『生理ちゃん』あらすじネタバレと感想。二階堂ふみ×伊藤沙莉らで原作コミックの女性の悩み描く

映画『生理ちゃん』は2019年11月8日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開! 第23回手塚治虫文化賞・短編賞を受賞した小山健の同名人気コミックを実写映画化。それが「生理」をポ …

ファンタジー映画

映画『シェイプ・オブ・ウォーター』あらすじとキャスト。監督ギレルモ・デル・トロ紹介も

アカデミー賞最多13部門ノミネート!! ギレルモ・デル・トロ監督が映し出すファンタジーロマンス。 3月1日(木)より公開の『シェイプ・オブ・ウォーター』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTEN …

ファンタジー映画

ハムナプトラ2黄金のピラミッド|あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説。イムホテップは前作では敵であったが裏切られて可哀想⁈

前作『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』から9年後の世界が舞台になった『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』。 強敵イムホテップを倒し、つかの間の平和を享受していましたが、冒険心を抑えられないリックとエヴ …

ファンタジー映画

映画『山中傳奇』あらすじネタバレと感想!キンフー(胡金銓)監督が4K上映版で復活させたシーンと作風の特徴を詳細に解説

“香港の黒澤明”と称された映画監督キン・フーが1979年に製作した『山中傳奇』が、このほど192分という【4Kデジタル修復・完全全長版版】での上映が実現しました。 1人の男が、2人のミステリアスな女性 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学