Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

Entry 2022/09/18
Update

実写『アダムスファミリー』ネタバレ結末あらすじと評価解説。クリスティーナ・リッチらが演じるお化けファミリーが繰り広げるブラック・コメディ

  • Writer :
  • 谷川裕美子

魅力たっぷりのお化け一家から目が離せない

チャールズ・アダムスによるひとコマ漫画を、本作が監督デビューとなるバリー・ソネンフェルドが映画化したホラー・コメディ。

古い洋館に住むお化けのアダムス一家が繰り広げる騒動がブラックユーモアたっぷりに描かれる楽しい一作です。

観たことがないけれど、印象的なテーマ曲とお化け一家のシルエットはなんとなくわかるという方もきっとたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

アンジェリカ・ヒューストン、ラウル・ジュリア、クリストファー・ロイド、クリスティーナ・リッチら人気俳優がモンスターファミリーを魅力的に演じます。

彼らが遭遇する驚きの罠とはいったいどんなものだったのでしょうか。

ワクワク感とシニカルな笑い満載の楽しい作品の魅力についてご紹介します。

映画『アダムス・ファミリー』の作品情報


(C)1991 by Paramount Pictures. All rights reserved.

【公開】
1992年(アメリカ映画)

【脚本】
キャロライン・トンプソン、ラリー・ウィルソン

【監督】
バリー・ソネンフェルド

【編集】
デデ・アレン

【出演】
アンジェリカ・ヒューストン、ラウル・ジュリア、クリストファー・ロイド、エリザベス・ウィルソン、ジミー・ワークマン、クリスティーナ・リッチ、カレル・ストライケン、ダン・ヘダヤ、ダナ・アイビ

【作品概要】
チャールズ・アダムスによるひとコマ漫画を原作に映画化。映画『ミラーズ・クロッシング』(1991)の撮影を務めたバリー・ソネンフェルドの監督デビュー作。

不気味なお化け一家に巻き起こる騒動を描くブラック・コメディです。印象的なテーマ曲も人気となりました。

『グリフターズ/詐欺師たち』(1991)のアンジェリカ・ヒューストン、『蜘蛛女のキス』(1986)のラウル・ジュリア、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのクリストファー・ロイドら名優が顔を揃えます。

スリーピーホロウ』(1999)のクリスティーナ・リッチが当時11歳の子役として少女ウェンズデー役で出演しています。

映画『アダムス・ファミリー』のあらすじとネタバレ


(C)1991 by Paramount Pictures. All rights reserved.

クリスマスに湧く街。ある不気味で巨大な屋敷に、裕福なお化けのアダムス一家が住んでいました。

当主のゴメズ、魔女の血を引く美しいモーティシア夫人、子どものウェンズデーとバグズリー、夫人の母のグラニー、執事のラーチ、そして手だけのハンドが一緒に暮らしていました。ゴメズは行方不明の兄のフェスターの身を案じています。

借金を抱えているアダムス家の顧問弁護士のタリーは、金を得ようとアダムス家を訪れてゴメズに新事業を提案しますが、却下されてしまいます。

高利貸しのアビゲイルに借金の催促をされたタリーは、彼女の息子のゴードンが行方不明のフェスターにそっくりなことに気づき、彼をフェスターに仕立ててアダムス一家の金庫を狙う計画を立てます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『アダムス・ファミリー』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『アダムス・ファミリー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)1991 by Paramount Pictures. All rights reserved.

ゴメズはゴードンをフェスターだと思い込み、大喜びで迎え入れます。しかし、ウェンディーだけはゴードンを疑っていました。

秘密の暗号を思い出せず、夜もぐっすり眠れるという以前と違う兄にゴメズは腹を立て、信じてよいものかと悩みます。

一方、アダムス一家に疑われているのではないかとおびえたゴードンは母に相談します。彼女は医者のふりをしてゴメズの気持ちをうまくなだめました。

子どもたちがゴードンに懐くようになる中、ゴードンは屋敷を去ることになり、彼のためのお別れパーティーが開かれます。

その最中、ウェンディーはアビゲイルとゴードンが今夜金庫破りをすると話しているのを聞いてしまいます。彼女は墓場に逃げ込みました。

あやしまれないためにパーティーに戻ったゴードンは、ゴメズと息の合ったダンスを披露します。

アダムス一家はいなくなったウェンズデーを総出で探して見つけ出しましたが、その間にタリーとアビゲイルの企みで裁判所の差止命令が下され、屋敷から締め出されてしまいます。

裁判でも兄のフェスターに全財産が渡る判決が下され、一家は屋敷を出ていくこととなります。

落ち込む夫と家族のために、ひとりでアダムス邸を訪れたモーティシアは、アビゲイルたちに捕らわれてしまいました。

その様子を見たハンドから知らせを受けたゴメズは、妻を助けに屋敷に駆け付けます。

アダムス夫妻をかばおうとするゴードンに、アビゲイルはお前なんか拾わなければよかったとつい口にしてしまいました。

怒りに燃えたゴードンはハリケーンの本を書棚から取り出し、タリーとアビゲイルに向かって本を開いて嵐を起こして墓穴へ吹き飛ばします。ウェンズデーとパグズリーのふたりが彼らを埋葬しました。

7か月後のハロウィーン。嵐に一緒に巻き込まれ稲妻が頭に落ちたゴードンは記憶を取り戻します。ゴードンは実は本物のフェスターでしたが、25年前、マグロの網にかかっていたところを助けてくれたアビゲイルの養子となっていました。

ゴメズらアダムスファミリーは再び屋敷に戻り、ゴードンと子どもたちは楽し気に死者を掘り起こして回ります。

ゴメスとお腹に新しい命を宿したモーティシアは幸せを胸に抱き合い、熱いキスを交わしました。

映画『アダムス・ファミリー』の感想と評価


(C)1991 by Paramount Pictures. All rights reserved.

個性派キャラが生きる独特の世界観

アニメ化、ドラマ化を経て初めて映画化された『アダムス・ファミリー』は、楽しい仕掛けがたくさん施されたワクワク満載のホームコメディです。

本作の魅力はなんといってもその完璧な世界観でしょう。登場人物の衣装から屋敷、墓地など、全てがゴシック様式で描かれています。

少し薄暗い映像はホラー感たっぷりながら、その美しさは洗練されとてもスタイリッシュです。このテイストはティム・バートン監督など後進の多くの人々に大きな影響を与えました。

個性あふれるアダムス一家の中でもひときわ目を引くのは、アンジェリカ・ヒューストン演じる素晴らしく魅力的な妻のモーティシアです。

真っ白い肌にしっかり入れたアイシャドー。それでいて品のある美しさは、どこか極妻の岩下志麻にも通じるド迫力を感じさせます。黒いロングドレスでの立ち姿は思わずみとれてしまう美しさです。

彼女にぞっこんな夫のゴメズのメロメロぶりもチャーミング。わざと芝居くさい切ない猫なで声で「モーティシア」と呼び掛ける声を聞くたびに笑ってしまいます。

濃いカップルの濃厚なラブラブぶりはなかなかヘビーな味わいですが、演じている当人たちが一番楽しんでいる様子が伝わって来ておかしさが倍増するのです。

スリーピーホロウ』(1999)などで知られるクリスティーナ・リッチが、当時11歳でウェンズデーを演じています。

いつもツンとしているのにたまらなくキュートな女の子で、ママに注意されて悪い言葉に言い直したり、がんばってお行儀悪くふるまう姿はたまらないかわいさです。

後年出演し、高い演技力を認められた『バッファロー’66』(1999)でも、アンジェリカ・ヒューストンと共演しています。

本作のファンだと公言していた「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのドク役で知られるクリストファー・ロイドが、行方不明のフェスターのふりをするまぬけなゴードン役を好演

トレードマークのギョロギョロ目玉は、ゴメス役のラウル・ジュリアにもよく似ており、ふたりのリアルな兄弟感がさらに物語を盛り上げます。

ウェンズデーとパグズリーの血まみれ学芸会などの爆笑シーンをはじめ、クスリと笑わせる小ネタも数限りなく仕込まれている最高に楽しい一作です。手だけの姿で走り回るハンドの活躍も必見ですよ。

まとめ


(C)1991 by Paramount Pictures. All rights reserved.

ゴシック様式美を背負った最高にチャーミングなお化け一家の楽しいドタバタコメディ『アダムス・ファミリー』。

演じているのは皆超一流の俳優ばかり。個性あふれるキャラクターへのあふれる愛を感じさせる息の合った素晴らしい演技を見せています。少女時代のクリスティーナ・リッチも見られる貴重な一作です。

個性あふれるキャラクターたちにふたたび会いたいという声に背中を押され、翌年1993年にはモーティシアのかわいい赤ちゃんを交えての大騒動を描くシリーズ2も製作されています。

どうぞこちらも合わせてご覧になり、大笑いしながら楽しんでください。






関連記事

ファンタジー映画

【ネタバレ】ゴーストブック おばけずかん|あらすじ結末感想と解説評価。オリジナルおばけやキャラの攻略法など注目満載!

おばけはこわい、けど大丈夫! 勇気と友情で大切なものを守り抜け! 「こわいけど、おもしろい」と子供たちに人気の童話シリーズ、「おばけずかん」が、山崎貴監督により実写映画化されました。 どんな願いも叶え …

ファンタジー映画

アニメ映画『グリンチ(2018)』あらすじネタバレと感想。ラスト結末までの詳細な解説

有名絵本を「ミニオン」シリーズや『SING』のイルミネーションスタジオが映画化! 意地悪で孤独なグリンチがクリスマスを盗むという大胆な作戦に打って出る! 楽しいギャグと見事なアニメーション、教訓と感動 …

ファンタジー映画

映画『転校生』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【大林宣彦の尾道三部作第1作目】

『君の名は。』の大ヒットの要因となった重要なモチーフは、「男女の入れ替わり」。 その1つに挙げられる映画『転校生』が注目をあびています。 今回は、思春期の性への興味と不安を切なくも爽快に描いた青春映画 …

ファンタジー映画

ハムナプトラ 失われた砂漠の都|あらすじネタバレ感想。ラスト結末も

大人気シリーズ「ハムナプトラ」は、生き返るミイラや蝗の大群などが印象的な一作です。「インディ・ジョーンズ」シリーズに比べて、「ハムナプトラ」シリーズの方が少し新しいのはご存知でしょうか? 今回は199 …

ファンタジー映画

映画『ザ・リバー』感想と考察。エミール・バイガジン監督は小津作品を意識して撮影に挑んだ

第31回東京国際映画祭コンペティション部門に選出されたカザフスタン映画『ザ・リバー』。 映画祭ではアジアン・プレミアとして紹介され、日本のみならずアジアでの初お披露目となった作品です。 エミール・バイ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学