Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2019/06/06
Update

映画『ジョンウィック3:パラベラム』あらすじネタバレと感想。ラスト結末は⁈

  • Writer :
  • こたきもえか

映画『ジョン・ウィック : パラベラム』は2019年10月に日本公開!

今回ご紹介するのは大人気アクションシリーズの第3弾、『ジョン・ウィック : パラベラム』です。

アメリカの映画館では全編にわたって歓声が止まなかった本作。

前作よりも全てにおいてパワーアップした魅力についてお伝えします。

スポンサーリンク

映画『ジョン・ウィック : パラベラム』の作品情報


(R), TM & (C) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
John Wick: Chapter 3 – Parabellum

【監督】
チャド・スタエルスキ

【キャスト】
キアヌ・リーヴス 、ハル・ベリー 、イアン・マクシェーン 、ランス・レディック 、ローレンス・フィッシュバーン 、アーシア・ケイト・ディロン、アンジェリカ・ヒューストン 、マーク・ダカスコス 、ジェイソン・マンツォーカス、ヤヤン・ルヒアン、セセプ・アリフ・ラーマン 、タイガー・フー・チェン ボバン・マリヤノヴィッチ 、キャンディス・M・スミス

【作品概要】
主人公ジョン・ウィックを演じるのは前々作、前作に引き続き「マトリックス」シリーズや『コンスタンティン』(2005)でおなじみのキアヌ・リーブス。

新たにキャストに加わったのは「X-MEN」シリーズや『007 ダイ・アナザー・デイ』(2002)とアクション大作にも出演、また『チョコレート』(2001)でアカデミー賞主演女優賞をはじめ数々の賞を受賞しているハル・ベリー。

殺し屋達が集うコンチネンタルホテルのオーナーにはイアン・マクシェーン、コンシェルジュにはランス・レディック、地下犯罪情報組織を取り仕切るパワリー・キングには「マトリックス」シリーズでキアヌと共演している名優ローレンス・フィッシュバーン。

監督は「マトリックス」シリーズや『クロウ 飛翔伝説』(1994)等数々のアクション映画でスタントを務め、『Vフォー・ヴェンデッタ』(2005)にも出演するチャド・スタエルスキです。

映画『ジョン・ウィック : パラベラム』のあらすじとネタバレ


(R), TM & (C) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

前作の最後、殺しを禁じられているコンチネンタルホテル内部にて殺傷事件を起こしたため、今や世界中の殺し屋たちから狙われる羽目になったジョン・ウィック。

一時間だけ逃げる権利を与えられ、1,400万ドルの懸賞金がかかる中、彼はニューヨークの街を逃走していました。

迫る暗殺者を交わし、公共図書館に到着したジョンは、本の中に隠していた十字架のネックレスとメダルを取り戻します。

ジョンはカサブランカまで飛ぶための安全なチケットとして彼の十字架を受け入れてくれる理事の女性、アンジェリカに会うために先々で暗殺者たちと戦うことに。

アンジェリカはジョンが彼女の情けを使い果たしたことを示すために、彼の背中に烙印を押します。

一方、主席連合の審査員アーシアは、ニューヨーク・コンチネンタルのオーナーであるウィンストンと、地下犯罪情報組織のボスパワリー・キングの元を訪れました。

彼女は、ジョン・ウィックによるサンティーノ殺害を二人が手助けしたことを忠告し、彼らのポジションを捨てるか、それよりも最悪な結果に直面するかを決めるために7日間の猶予を与えると言います。

その頃、モロッコのカサブランカに着いたジョンは、元友人でありカサブランカ・コンチネンタルのマネージャーだったソフィアと再会。

彼は自分の聖印を見せ、主席連合の上位メンバーに彼の懸賞金を放棄することを求めたいと言いました。

ソフィアは彼をベラダという暗殺者の元へ連れて行きます。ベラダはジョンに、広大な砂漠を探し回れば長老を見つけることができるかもしれないと告げました。

この情報と引き換えに、ソフィアの番犬の一匹を渡すよう求めるベラダ。ソフィアが拒むと彼は犬を撃ち、ジョンは激昂したソフィアと共に、ベラダと手下たちを殺してその場を逃走しました。

ジョンへの借りを返したソフィアは砂漠に彼を置き去りにします。

砂漠を彷徨ったジョンは倒れてしまいますが、部下たちによって発見され、長老の元へ連れて行かれました。

ジョンは自分は妻との愛の記憶を“得る”ために生きることに自暴自棄になっていると長老に説明します。

長老はジョンの掟破りを許すことに同意しましたが、その代わりウィンストンを暗殺し、死ぬまで主席連合のために働くことを要求。

決意と責任を示すため、彼は左指を切断し、結婚指輪を長老に渡しました。

以下、『ジョン・ウィック : パラベラム』ネタバレ・結末の記載がございます。『ジョン・ウィック : パラベラム』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(R), TM & (C) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

その間、審査員のアーシアはアジア系暗殺者のゼロと会い、主席連合の決定を強制するためにゼロと彼の弟子たちに協力を求めます。

アーシアは再びパワリー・キングの元を訪れ、彼に銃弾を浴びせました。

ニューヨークに戻ってきたジョンは、ゼロと弟子たちに襲われますがコンチネンタルホテルに逃げ込みます。

ジョンと再会したウィンストンは彼に暗殺者としてではなく、一人の女性を愛し愛された人間として死ぬことを勧めます。

そこへアーシアが到着。ウィンストンはオーナーの座を手放すことを拒否し、またジョンもウィンストンの暗殺を拒否した為アーシアはコンチネンタルを“解体”することを宣言、ホテル内での暗殺を許可します。

アーシアはゼロと弟子たちを戦力として送り込みました。

ジョンはコンチネンタルのコンシェルジュであるシャロンの助けを借りて暗殺者たちを次々と殺害、ゼロの弟子を殺した後、ゼロを殺すことにも成功します。

アーシアはウィンスントンと談判を交渉。ウィンストンは彼女にこの反乱を“強さのショー”と説明し、主席連合に懺悔を申し出ます。

そこへ戦いを終えたジョンが到着。アーシアはジョンを再び脅威とみなし、ウィンストンは彼に何度も銃弾を撃ち込みます。

ジョンの体はコンチネンタルの屋上から地上へ落下しましたが、アーシアとウィンストンが確認すると既に体は消えていました。

かろうじて生きていたジョンは、重傷を負ったパワリー・キングの元を訪れ、主席連合への怒りを確認し合うのでした…。

スポンサーリンク

映画『ジョン・ウィック : パラベラム』の感想と評価


(R), TM & (C) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

新たなキャスト、新たなキャラクターを迎えた『ジョン・ウィック : パラベラム』。

本作の第一の魅力はまず拡大する世界観にあります。

ニューヨークを飛び出しオリエンタルで妖艶な魅力を孕むカサブランカ、明らかになる個性豊かな主席連合のメンバー達。

主席連合理事の女性アンジェリカはバレエ団を所有しており、背中にタトゥーを施したバレリーナ達が舞う場面はバイオレンスなシーンと一転して幻想的で美しい、唯一無二の世界観が繰り広げられます。

ジョン・ウィックは今回、コンチネンタル内、公共図書館、ニューヨークの地下鉄と様々な場所で戦いを繰り広げられますが、どのシーンの装飾も意匠が凝らされており、一アクション映画を超えてフェティッシュで耽美な作品にまで昇華されていると言えます。

もう一つの魅力は『ブレードランナー』を想起させるネオ・ノワール的な色彩。

青や赤と単色で統一されたネオン、頽廃的な殺し屋の街に降り注ぐ雨。バイオレンスも前々作、前作と比べ格段にパワーアップしており、思わず目を背けたくなるほど強烈な描写も。

終盤でジョンと戦う殺し屋ゼロを演じるマーク・ダカスコスは10代の時にカンフーのヨーロッパ選手権で優勝した実績を持ち、『オンリー・ザ・ストロング』(1993)や『ダブルドラゴン』(1994)などの作品に多々出演するアクション俳優です。

本作がシリーズ初出演のハル・ベリーも犬たちと共に華麗なアクションを披露、拳を突き上げたくなるほどに格好いい姿を見せてくれます。

戦いの長いシークエンスが多く見受けられますが一秒たりとも緊張が抜けず画面に見入ってしまうのは、自身もスタントを務めてきた経歴があるチャド・スタエルスキ監督の手腕と豪華な俳優陣のなせる技、暴力的でありながら審美的な映像があるからこそでしょう。

まとめ


(R), TM & (C) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

『ジョン・ウィック : パラベラム』日本公開は2019年の10月

次々と展開される殺し屋たちとジョンの格闘、「自分は何を見ているんだ」とまで思わせる強烈な世界観に全身の血が沸騰間違いなしのアクション大作です。

ぜひ劇場の大スクリーンでヒートアップした映像に没入してみてください!

関連記事

アクション映画

映画『アメリカン・アサシン』あらすじとキャスト。公開する劇場情報も

スパイアクション映画『アメリカン・アサシン』は、6月29日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー! テロリストへの復讐のために、CIAにスカウトされ利用しようとする主人公ミッチ役に、「メイズ …

アクション映画

ローン・サバイバー動画無料視聴はHulu!感想レビューと考察も

2017年『バーニング・オーシャン』『パトリオット・デイ』と実話を描いた作品が立て続けに公開されました。 この2作の共通点は実話というだけではなく、主演・監督のタッグも共通してマーク・ウォールバーグが …

アクション映画

映画『ブルーダイヤモンド』感想レビュー。キアヌリーヴスならではの表情と演技力にファン必見の快作

映画『ブルー・ダイヤモンド』は2019年8月30日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国ロードショー! 極寒の地ロシアで罠にはまった男は、マフィアを相手に一世一代の取引に挑んだのでした。 ロシアを …

アクション映画

映画『BLEACH/ブリーチ』ネタバレ感想と評価。MIYAVIの剣戟アクションの新境地

週刊少年ジャンプに15年にわたって連載されてきた大人気漫画『BLEACH』の完全実写化作品。 この世にとどまる悪霊を退治する死神の仕事を代行することになった高校生の活躍を描く! 『アイアムアヒーロー』 …

アクション映画

『アウトポスト』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の考察。実話アクション映画として描かれた敵兵に囲まれた“米軍基地の兵士たち”

圧倒的多数の敵兵に囲まれた米兵たちの実話を描いたミリタリーアクション! ロッド・ルーリーが監督を務めた、2019年製作のアメリカのミリタリーアクション映画『アウトポスト』。 アフガニスタンの北東部を舞 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学