Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

Entry 2017/09/15
Update

ゴーストスクワッドあらすじとキャスト【ノーメイクス映画】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

松尾スズキが主宰する劇団「大人計画」の役者でありながら、映画監督として、キッチュでパワフルな独自の世界観が、常に全壊すぎる映画を世に贈けてくれる日本映画界の秘宝・井口昇監督。

『変態団』『キネマ純情』に続く自主制作映画第3弾『ゴーストスクワッド』の劇場公開が、2018年春にアップリンク渋谷ほか全国順次公開決定!

映画『ゴーストスクワッド』海外版予告

1.映画『ゴーストスクワッド』の作品情報

【公開】
2018年(日本映画)

【脚本・監督】
井口昇

【キャスト】
ノーメイクス(神門実里・洪潤梨・上埜すみれ・柳杏奈)、中村朝佳、なべやかん、島津健太郎、中村瑠美衣、石川ゆうや、杉原勇武・タカハシヒョウリ(オワリカラ)、伴秀光、渡部龍平、デモ田中、阿部亮平

【作品概要】
『変態団』『キネマ純情』に続く自主制作映画第3弾として、鬼才・井口昇監督が再び、ノーメイクスを主演に制作したノンフィクショナル・ホラーファンタジー作品。

『ゴーストスクワッド』では、ノーメイクスのメンバーである、神門実里、洪潤梨、上埜すみれ、柳杏奈の魅力が、前作『キネマ純情』に引き続き描かれています。

2.映画『ゴーストスクワッド』のあらすじ

父親からDVを受けながらも自立した生活が出来ない気弱な女性リカ。

彼女は恋人との諍いをきっかけに幽霊の少女ケイコ、アカリ、ヨシエに取り憑かれてしまいます。

幽霊少女の彼女らは、自分たちの命を奪った犯人たちに復讐して成仏することを手伝って欲しいとリカに頼み込みます。

しかしその為には、リカ自身が生死の境を彷徨う状況に陥らなければならないと言い出します。

危険極まりない依頼を受けてしまった心優しいリカと幽霊少女たちは、手始めにケイコを殺害した犯人への復讐を成功させます。

だが何故か、ケイコは成仏出来ませんでした。そんな訝しがる彼女たちの元に現れたのは地縛霊ナオミ。

ナオミは彼女たちに真の犯人たちは他にいると告げ、自分の率いる指導の下、「幽霊復讐部隊」となって戦うことを命じてきます。

それを受け入れたリカと幽霊少女たち。やがて更なる壮絶な戦いが彼女たちを待ち受ける…。

3.日本映画界の秘宝・井口昇監督とは

【井口昇のプロフィール】
井口昇(いぐちのぼる)は、1969年6月28日に東京都で生まれた、映画監督、俳優。

千代田工科芸術学園を卒業した後、イメージフォーラム映像研究所にて映像を学びます。

1988年当時、学生時代に撮った8ミリ作品『わびしゃび』がイメージフォーラムフェスティバルで審査員賞を受賞

平野勝之監督のもとで撮影現場を経験した後、映画やテレビドラマの監督や劇団大人計画の舞台などで俳優として活動しています。

2007年に大ヒット映画『片腕マシンガール』で世界的に注目を集めます。

昭和リアルの味を煮詰めた快作!『電人ザボーガー

2011年にアメリカのファンタスティック・フェストに『電人ザボーガー』を出品して、ファンタスティック部門の監督賞を受賞

2014年に映画で活躍するアイドルを復活させようと、アイドルグループ「ノーメイクス」をプロデュース。

井口昇監督は、様々な映像コンテンツに境を求めず精力的に活動、日本映画界きっての秘宝な活躍ぶりを国内外に見せつけています。

4.映画『ゴーストスクワッド』の見どころ

女優がアイドルに変わる瞬間 ~ノーメイクスLIVE~

今作『ゴーストスクワッド』最も見どころになるのは、やはり!アイドルグループ「ノーメイクス」でしょう。

井口昇監督自らオーディションを行いメンバーを選出したアイドルグループ「ノーメイクス」は、かつての昭和時代には、映画というメディアをアイドルが牽引していたことを、再び復活させたいと集められた人材です。

「ノーメイクス」の彼女たちは主演映画第1作となったのが、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にも正式出品された『キネマ純情』です。

ノーメイクス主演第1弾!『キネマ純情』(2016)

この物語は高校演劇部に所属するヨシエが、姉ケイコに誘われて親友アカリや演劇部長アキと共に自主映画を作りはじめます。

だが、ナオミ監督のサディスティック演出により、皆は精神的に追い詰められ、次第に彼女たちの関係が歪みはじめるというストーリー。

そして、「ノーメイクス」主演映画第2弾でもある今作『ゴーストスクワッド』は、前作の青春ストーリーから一転!

ケレン味もたっぷりのダークファンタジー作品として、「ノーメイクス」のメンバー、神門実里・洪潤梨・上埜すみれ・柳杏奈が新境地を見せます。

理由もなく無残にその命を奪われた少女の幽霊たちが、この世の無念を果たして成仏するために「幽霊復讐部隊・ゴーストスクワッド」を結成させ、残虐な犯人たちに戦いを挑む!

罪のない少女たちが犠牲となった昭和の幾多の殺人事件。

そこで未来を絶たれた少女たちの怒りと悲しみ、悔恨を代弁すべく、井口昇監督はインディーズ映画でしか踏み込めないアンタッチャブルな「罪と罰」の領域に突入していきます!

時には残酷なまでに非情、それでいながら時にはユーモラス?究極の人間悪と戦う「ゴーストスクワッド」の活躍を描ききった作品。

これこそが日本映画界の秘宝であり鬼才の井口昇監督の新境地!ノンフィクショナル・ホラーファンタジーが誕生です!

まとめ

鬼才・井口昇監督とアイドルグループ「ノーメイクス」が、『キネマ純情』に続き再びタッグを組んだ、恨みMAX!怒りMAX!『ゴーストスクワッド』。

劇場公開は2018年春にアップリンク渋谷ほか全国順次公開です!

ぜひ、お見逃しなく!

なんと!井口昇監督自らがシンガーとしてCDデビューもあるらしい⁉︎

「映画界のために歌までウタンダ〜〜〜♪」 「いえー!映画界のために歌いましょー!」
「本番ヨーイスタート! DADADADADADADADA 大傑作ー!大傑作ー♫」

やはり秘宝です、お聞き逃しもなく!

関連記事

ファンタジー映画

レジェンド/光と闇の伝説|ネタバレ結末あらすじと感想評価。映画監督リドリー・スコットとトム・クルーズで描くファンタジックアドベンチャー

青年が闇の魔王に囚われた王女を救うファンタジックアドベンチャー。 リドリー・スコットが監督を務めた、1986年製作のアメリカのファンタジックアドベンチャー映画『レジェンド/光と闇の伝説』。 妖精やユニ …

ファンタジー映画

映画『ブラ!ブラ!ブラ!』感想とレビュー評価。セリフ無しのロードムービーだから見えてくる豊かさ【胸いっぱいの愛を】

映画『ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの愛を』は2020年1月18日より公開。 2018年開催の第31回東京国際映画祭コンペティション部門にて話題となった、全編セリフなしの極上ファンタスティック・ロードム …

ファンタジー映画

映画『ザ・リバー』感想と考察。エミール・バイガジン監督は小津作品を意識して撮影に挑んだ

第31回東京国際映画祭コンペティション部門に選出されたカザフスタン映画『ザ・リバー』。 映画祭ではアジアン・プレミアとして紹介され、日本のみならずアジアでの初お披露目となった作品です。 エミール・バイ …

ファンタジー映画

映画『ベオウルフ/呪われた勇者』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

バック・トゥ・ザ・フューチャーやザ・ウォークなど数々の名作を作り出したロバート・ゼメキス監督の意欲作『ベオウルフ/呪われし勇者』。 ベオウルフは近年fgoなどにも出ており、一般的に周知されるようになっ …

ファンタジー映画

【ネタバレ】ゴーストブック おばけずかん|あらすじ結末感想と解説評価。オリジナルおばけやキャラの攻略法など注目満載!

おばけはこわい、けど大丈夫! 勇気と友情で大切なものを守り抜け! 「こわいけど、おもしろい」と子供たちに人気の童話シリーズ、「おばけずかん」が、山崎貴監督により実写映画化されました。 どんな願いも叶え …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学