Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2021/06/09
Update

韓国映画『整形水』あらすじネタバレ感想とラスト結末解説。アニメホラーが描く“残酷で人間的な現実”

  • Writer :
  • ジンリナ

韓国・人気WEB漫画が原作の
“美容整形”をめぐるホラー・アニメーション映画!

『整形水』は、塗っただけで美しくなれる奇跡の「整形水」を手にした女性が、美しい姿へと生まれ変わったことで体験する恐怖を描き出したホラー・アニメーション映画です。

「アニメ界のカンヌ映画祭」とも称される第44回アヌシー国際アニメーション映画祭をはじめ、第26回フランス・エトランジュ国際映画祭など全世界の映画祭で大好評を博し、ボストンサイエンスフィクション映画祭では最高アニメーション賞を受賞しました。

「整形」の本質を見つめようとするそのストーリーは、その「リアルさ」によって観るものに強いメッセージを伝えてきます。

映画『整形水』の作品情報


(C)2020 SS Animent Inc. & Studio Animal &SBA. All rights reserved.

【日本公開】
2021年(韓国映画)

【原題】
奇々怪々 整形水(英題:BEAUTY WATER)

【原作】
オ・ソンデオ・ソンデ(LINEマンガ『奇々怪々』内「整形水」)

【監督】
チョ・ギョンフン

【キャスト】
ムン・ナムスク、チャン・ミンヒョク、チョ・ヒョンジョン、キム・ボヨン、チェ・スンフン、キム・ソヒョン、カン・シヒョン、パク・ソングァン

【作品概要】
トゥーンアーティストとして知られるオ・ソンデのWEB漫画における人気エピソードを原作とし、韓国国内では初のWEB漫画原作による長編アニメーション映画。塗ると美人になれる「整形水」を知った主人公が、美人へと生まれ変わったことで味わう恐怖を描き出す。

韓国国内での公開に合わせて、シンガポール・台湾・香港・オーストラリア・ニュージーランドと世界各地にて同時公開された。

映画『整形水』のあらすじとネタバレ


(C)2020 SS Animent Inc. & Studio Animal &SBA. All rights reserved.

スタイリストとして働くイェジはブサイクな顔や容姿のせいで、周囲の人々からの無視やからかいの標的にされていました。

とある放送局の楽屋でも、彼女が担当する売れっ子芸能人ミリから人間扱いされず、侮辱を受けるイェジ。その時、ハンサムな新人俳優ジフンが入って来て、イェジを見るや否や「目がとても綺麗だ」と褒めます。そんなジフンにイェジは好感を抱きます。

一方テレビのニュースでは、20代女性の失踪事件が報道されていました。

番組撮影が始まるのを待つイェジの前に、あるスタッフが文句を言いながら現れます。テレビショッピング番組で紹介する商品を試食するモデルが車のパンクで遅れており、困っているようでした。するとそのスタッフは、イェジに代理出演を依頼します。

最初は驚いたイェジですが、やむなく出演することに。撮影が始まり、テーブルに並ぶ商品の食べ物を大食いしてゆく彼女は、自身の怒りやストレスを食べることで解消していました。

イェジは仕事帰りにもコンビニに寄り、大量の食べ物を買います。家に帰っても外見や仕事のストレスから、両親にも八つ当たりしてしまいます。

自室でPCを開いたイェジは、自分がモデルの代理で出演したテレビショッピング番組の放送を観ます。イェジの食べる姿に対して、視聴者たちは無数の誹謗中傷の書き込みをしていました。それを目にしたイェジはショックを受け、心に大きな傷を負います。

その日以降イェジは家から出られなくなり、仕事へも行けなくなります。そんな彼女を、ただ心配するしかない両親。

数日後、イェジのもとに心当たりのないEメールと箱が届きます。最初はスパムメールや詐欺だと思ったイェジですが、文面に書かれていた「整形」という言葉が気になり、届いたメールを開きます。

そのメールには「奇跡の整形水」の詳細と動画が添付されており、動画内ではある女性が整形水を顔に塗っていくと、別人のように美しい顔へと変化してゆく光景が映し出されていました。

塗るだけで「完璧な美人」になれる整形水が気になったイェジは、付いていたサンプルの整形水を顔に塗ります。すると、別人のように綺麗になり、その効果に感激しました。

整形水の効果を実感したイェジは、整形水の送り主を訪ねます。そして送り主であり、整形水を開発したメーカーの社長に「全身を整形してくれ」と頼みますが、社長は広報モデルになる条件で「整形料金を原価(2千万)にする」と答えます。

また整形水によって整形する際の注意事項として、整形水の原液が肌に触れたり、整形水を入れた湯船に20分以上浸かってしまうと肌が溶けるとイェジは知らされます。

家に帰ったイェジは、両親に「2千万のお金が至急必要だ」と言います。突然大金を求められ驚く両親に対し、「出してくれないと自殺する」と脅迫するイェジ。

両親が何とか2千万を出してくれたお陰で、イェジは全身整形を受けることに。瞬く間にモデル並みの容姿へと変化したイェジは、家に帰って両親を驚かせます。

現在の容姿に合うサイズの服を買うために、両親のカードでショッピングをするイェジ。そんな彼女は町を歩く度に人々の注目を集め、初めて感じる異性の視線に幸福感を得ます。

周囲の人々が思う「完璧な美人」となったイェジは一瞬にしてSNSのスターとなり、人生が180度変化。イェジは「ソルヘ」という名前で活動するようになり、多くの男性たちからアタックされます。

ある日、クラブで偶然会ったミリのマネージャーが「芸能人をやってみる気はないか」と名刺を渡して来ました。ミリが何故か行方不明になってしまったため、マネージャーは新たな人材を探していたのです。

また偶然ジフンと再会したイェジは、自信のある外見でジフンに近づきます。しかしジフンは、「ソルヘ」と呼ばれる彼女が以前出会ったイェジだとは気づきませんでした。

しばらくするとイェジは、充分に美しい容姿をしているにも関わらず、体が少し太ったように感じてしまいます。長年抱え続けてきた容姿へのコンプレックスが蘇った彼女は、恐怖のあまりもう一度整形水を使うことにします。

以下、『整形水』ネタバレ・結末の記載がございます。『整形水』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2020 SS Animent Inc. & Studio Animal &SBA. All rights reserved.

家の浴室。携帯で注意事項の通り「20分」のタイマーをセットし、湯船に浸り目を閉じるイェジ。しかし残りわずかだった携帯電話の充電が切れてしまったため、タイマーが20分後に鳴ることはありませんでした。

時間が経ち、うっかり寝落ちしたイェジは驚いて目覚めて湯船から上がろうとすると、全身の皮膚が溶けきっていました。ショックを受けたイェジはそのまま意識を失います。

騒ぎを聞きつけ浴室に駆けつけた両親は、ほとんどの皮膚が剥がれ落ち骸骨のような容姿と化したイェジを目にし驚きます。両親は自分たちの皮膚を剥がしイェジの皮膚に貼り付けてみますが、上手くいきません。

目を覚ましたイェジは、酷い状態の容姿のまま社長を訪ねます。僅かな所持金を出し「身体を戻して欲しい」と頼むイェジに対し、社長は「ルールを破った」と怒り侮辱の言葉を吐き捨てますが、最終的に彼女の「顔」と「手」だけを元の形へと戻しました。

しかし他の部位は戻してもらえなかったことでイェジは怒り、「全身を整形するなら、金をもっと持ってこい」と言う社長を衝動的に殺害してしまいます。

イェジは社長の遺体を整形水に浸して溶かした後、皮膚を剥ぎ取って自分の皮膚に貼り付けることで、再び美しい容姿を手に入れます。

しかしその美しい容姿とは裏腹に、イェジが両親に対しぶつける罵詈雑言や横暴な振る舞いはますます酷くなってしまいます。また以前イェジに皮膚を与えようとしたために、両親の容姿は日毎に例の骸骨のような姿へと変わっていました。

さらにイェジは精神が不安定になり始め、過去の自分の姿、自分が殺した社長の幻覚が見えるようになります。ある時には、幻覚に苛まれ両親に「皮膚をくれ」とせがんでしまいますが、両親の必死な説得でようやく平静をとり戻す場面もありました。

その後、イェジはジフンと偶然を装って会うようになり、次第に親しい間柄になって恋人関係へ。そしてデートの中で、イェジはジフンにプロポーズをされました。

晴れて婚約したイェジたちはキスを交わして、ジフンの家へと向かいます。そこでイェジはジフンの家族写真を見ますが、そこに映っている美しい容姿の「長女の姉」と思われる女性とは反対に、「次女の姉」と思われる女性はブサイクでした。

また家族写真にも関わらずジフンの姿が見当たらず、不思議に思ったイェジは彼に尋ねますが、「自分が生まれる前に撮ったものだ」とだけジフンは説明しました。

やがてジフンの自室に入ったイェジは、そこであの整形水のボトルと、机の引き出しに隠されていた大勢の女性の身分証を見つけ出します。

過去に発生していた20代女性の失踪事件が、すべてジフンの仕業だと気がついたイェジ。彼女は家から逃げ出そうとしますが、そのことがジフンにバレてしまいます。

そして揉み合いへと発展した中で、イェンは刃物でジフンを刺してしまいます。イェジはそのままジフンの家を飛び出します。

逃げている途中、イェジはバレリーナを目指していた幼い頃の記憶を思い出します。優れた才能を持っていたものの、その容姿が原因でコンクールでも2位となってしまった幼い自分を、当時の両親はハグして優しく慰めてくれたのです。

両親を見かけ必死に呼びかけるイェジですが、外見は「ソルへ」であるため両親は彼女が自分たちの娘であると気づけませんでした。その時、イェジは追いかけてきたジフンに捕まり連れ戻されてしまいます。

意識を失ったイェジが目覚めると、全裸で逆さま吊りにされていました。実はジフンも整形水の使用者であり、彼自身が写真に映っていたブサイクな「次女の姉」その人だったのです。

整形水によって美しい容姿を手に入れたジフンは、やがて「整形」そのもので美を得るようになりました。そして綺麗な女性が多い世の中であえて「ハンサムな男性」に姿を変えて活動し、美しい女性の身体の部位を集めては、自らの身体へと溶け込ませていたのです。

ジフンは「最高級の美」を全て収集し取り込むべく、出会った当初からイェジの美しい瞳を狙っていました。また「ソルヘ」が姿を変えたイェジだとはじめから気づいていたジフンは、瞳を手に入れるためだけに「ソルヘ」と接触を続けていたのです。

服を脱いだジフンの上半身には、これまで収集した女性たちの美しい身体の部位が無数に貼り付いていました。そのまま、整形水に入れられるイェジ。

やがてイェジの瞳と鼻を、自身の太腿へと貼り付けるジフン。そして自身の太腿と化したイェジを見て、ジフンは「愛してるよ」とキスをしました。

映画『整形水』の感想と評価


(C)2020 SS Animent Inc. & Studio Animal &SBA. All rights reserved.

韓国「大人向け」アニメーションのさらなる飛躍

韓国国内におけるオリジナル・アニメーション作品は長い間、『ポンポンポロロ』(2003)や『ラーバ』(2011)などの子ども向け作品、『庭を出ためんどり』(2011)などの家族向け作品が中心でした。

その一方で2010年代以降には『我は神なり』(2013)や『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)の前日譚を描いた『ソウルステーション/パンデミック』(2016)といったヨン・サンホ監督作など、いわゆる「社会派アニメ」「大人向け」のオリジナル・アニメーション作品が注目されるようになりましたが、それでも国内での興行成績で苦しむ作品は少なくありませんでした。

そうした現状の中で、韓国の人気WEB漫画を原作に制作されたアニメーション映画『整形水』。原作にはなかったストーリー展開が新たに加わえられ、中でも映画後半部での強烈な映像表現は、原作が持つ奇怪な雰囲気をより一層強めています

その結果、韓国製アニメ映画としては異例の観客動員数である10万人を突破する大ヒットを記録。また企画段階から世界市場を念頭に置き6年という制作期間を費やしたという本作は、国内での公開にあわせての海外同時公開を敢行。その反響もあってか、多数の海外映画祭にて高い評価を獲得しました。

韓国国内初の人気WEB漫画が原作のアニメーション映画、美容大国・韓国では非常に身近な「整形」という題材など、国内市場を意識した要素を盛り込んだ一方で、海外市場での展開も見越しての公開戦略。それは韓国の「大人向け」オリジナル・アニメーション作品が持つ、韓国アニメーションのグローバルな競争力の確立そのものであり、今後の韓国アニメーション業界のさらなる飛躍を予感させられます。

声優ムン・ナムスクの「演じ分け」にも注目!


(C)2020 SS Animent Inc. & Studio Animal &SBA. All rights reserved.

また主人公イェジの声を担当したのは、声優のムン・ナムスク。テレビアニメ『ドラえもん』韓国語吹き替え版でのドラえもん役(2代目)、『ちびっ子バス・タヨ』の主人公タヨ役などの人気キャラクターのCVを担当し、多様なキャストを演じてきた実力派です。

『整形水』では、自らの容姿にコンプレックスを抱き続けてきたイェジ、そして整形水によって美しい容姿を手に入れた「ソンヘ」としてのイェジの両方を演じています。

整形前のイェジの対し、整形水によって姿を変えたイェジは本当に「別人」のような声となっており、主人公の整形前後での心情の変化が顕著に理解できます。それはムン・ナムスクが、自分自身に自信を持つことができず生きてきた整形前のイェジの心情を繊細に表現しているからでもあります。

ビジュアルの演出にひけをとらない程の彼女の演じ分けは、「身体」のみではない、整形による「心」の変化をよりドラマチックに演出しています。

ムン・ナムスクの卓越した演技力が、『整形水』の映画としての完成度を一段階高めたといっても過言ではないでしょう。

韓国の「整形」事情と世界中が共感するストーリー


(C)2020 SS Animent Inc. & Studio Animal &SBA. All rights reserved.

先述の通り、異例の観客動員数10万人を突破する大ヒットを記録した『整形水』。その最大の要因は、やはり美容大国・韓国の社会で生きる人々から多くの共感を得られた「整形」という現代的な題材にあるといえます。

韓国では多くの人々が美容整形をポジティブに認識しており、就活・婚活における「戦略」として若いうちに整形手術へ臨むという人間も決して少なくありません。また国内で活躍する芸能人による整形の公言も多く、韓国国内において整形は「美しさを得る/保つことで、自らの人生を豊かにする方法の一つ」と認識している層が多数派といって過言ではないでしょう。

それゆえに韓国国内での美容クリニック/整形外科の売り上げは減少を知らず、また比較的安価な整形手術費も相まって、日本など海外客からの依頼も増加を続けているそうです。

そうした韓国国内の整形事情がストーリーの根底に流れている一方で、『整形水』は人生を豊かにするための「美」を追求するあまり、「豊かな人生」ではなく「美」そのものが自身の生の目的となってしまう人間の存在も描き出します。それは韓国のみならず万国に共通する普遍的なストーリー、言い換えれば「残酷な、そして人間的な現実」といえます。

イェジは自身の人生を豊かにするために整形に臨みますが、やがて手にした美しさに心を囚われ翻弄されてしまいます。そして自身が「美」を通じて手に入れようとしていた「本当に求めていたもの」を思い出したその時、現実は最も残酷な形で彼女の心を打ち砕いてしまうのです。

美容大国・韓国の社会にとっては身近な存在である「整形」という現代的な題材。「豊かな人生」ではなく「美」そのものが自身の生の目的となってしまう人間の姿という、どの時代・どの場所にも通じる普遍的なストーリー。その二つの要素が見事に組み合わさったからこそ、原作漫画ならびに映画『奇々怪々整形水』は多くの人々に共感を得られる、魅力的な作品となったのです。

まとめ

「整形水」などの設定自体はファンタスティックではあるものの、本作が描きだすものは非常に現実とリンクしているといえます。それは美容大国・韓国の社会にとっては身近な「整形」という現代的な題材、「美」に自身の生を囚われる人間の姿という時代・場所を問わぬ普遍的なストーリーからもうかがい知ることができます。

またコンプレックスが生み出す不安や焦燥感こそが恐怖の「種」であり、「ホラー」と呼ばれるジャンル作品が持つ「根幹」の一つなのだと、本作は実感させてくれます。

オ・ソンデの原作漫画が描こうとしたテーマを忠実に汲み取った上で、アニメーションとして、映画としてより強烈な恐怖を表現しようとした『整形水』。「ホラー・アニメーション映画」ならびに「韓国製オリジナル・アニメーション作品」を代表する一作といえます。




関連記事

アニメーション

【ネタバレ】ウイッシュ|あらすじ感想と結末の評価解説。ディズニー100周年を飾る“願いの力”をめぐる物語とは⁈

この願い、あきらめることはない! ディズニー100周年の集大成が誕生。 ウォルト・ディズニー・カンパニー創立100周年を記念して製作された長編アニメーション映画『ウイッシュ』。 新たなヒロイン・アーシ …

アニメーション

アニメ『耳をすませば』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説。スタジオジブリ近藤喜文の“最初で最後の監督作品”とは

「好きなひとが、できました」 天才アニメーターの初にして最後となった監督作。 漫画家・柊あおいの同名少女コミックをスタジオジブリがアニメーション映画化。映画『耳をすませば』。 1995年に公開された本 …

アニメーション

映画『犬ヶ島』あらすじネタバレと感想。ラスト結末【考察された日本文化】

映画『犬ヶ島』は、5月25日より全国ロードショー! 『グランド・ブダペスト・ホテル』や『ファンタスティックMr.FOX』など、マニアックなまでの人気を博したウェス・アンダーソン監督。 日本を深く愛する …

アニメーション

映画『プロメア』ネタバレ感想と内容解説。今石洋之監督がSF作品のセオリーよりもテンションで押しきった快作

「燃えていいのは魂だけだ!」×「燃やさなくては生きていけない」 ヒット作を世に送り続ける今石洋之と中島かずきのタッグが挑む初の完全オリジナル劇場版アニメーション。 松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人ら実 …

アニメーション

『僕が愛したすべての君へ』ネタバレ結末感想と評価解説。小説のアニメ映画化でパラレルワールドの可能性を探る‟僕と君の物語”

僕と君の長い物語「僕が愛したすべての君へ」 TikTokで話題となった小説「僕が愛したすべての君へ」と「君を愛したひとりの僕へ」。 2016年6月にハヤカワ文庫より刊行された乙野四方字のこれらの小説は …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学