Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

【ネタバレ感想】劇場版 響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ|結末に向けた北宇治高校吹奏楽部の新たな挑戦とは?

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

“もっと、もっと 強くなれる”
『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』は、2019年4月19日全国ロードショー。

武田綾乃の原作による小説を『涼宮ハルヒの憂鬱』や『けいおん!』などで知られる京都アニメーションが劇場版として制作。

アニメ化したテレビシリーズの続編として、北宇治高校吹奏楽部に属する主人公の黄前久美子と仲間を再び描いています。

人間関係をはじめとする様々な困難に直面しながらも全国大会出場を目指す彼女たち姿をあらすじと感想とともにご紹介します。

スポンサーリンク

映画『劇場版 響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ』作品情報


(C)武田綾乃・宝島社/「響け!」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
石原立也

【キャスト】
黒沢ともよ、朝井彩加、豊田萌絵、安済知佳、石谷春貴、藤村鼓乃美、山岡ゆり、津田健次郎、小堀幸、雨宮天、七瀬彩夏、久野美咲、土屋神葉、寿美菜子、櫻井孝宏

【作品概要】
製作陣は監督の石原立也や構成、脚本の花田十輝を始め、これまでのシリーズのスタッフが再集結し、アニメーション制作も同様に京都アニメーションが担当しています。

テレビシリーズでは主人公の黄前久美子たちは、1年生でしたが劇場版では2年生になっており、新たに入部してきた新入生とともに全国大会金賞を目指す様子を描いています。

演出に石原立也監督、脚本は花田十輝、テレビシリーズのスタッフとキャストが再結集で見せてくれます。

映画『劇場版 響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ』のあらすじ


(C)武田綾乃・宝島社/「響け!」製作委員会

春先のある夜、北宇治高校2年生に進級した黄前久美子は同級生の塚本秀一を呼び出します。

目的は、以前、誕生日プレゼントをもらったお返しに秀一の誕生日にストラップをプレゼントすることでした。

ストラップを渡し、立ち去ろうとする久美子を秀一は呼びとめ、久美子への想いを告白、久美子は赤面します。

入学式を迎えた北宇治高校で吹奏楽部の面々は新たに新入部員の獲得に励みながらも練習に勤しんでいました。

自分の楽器、ユーフォニアムを準備がてら演奏する久美子を物陰から一年生が覗いています。

入部希望かと尋ねる久美子に迷っていると答える一年生は久美子の音色を「優しい」と言い残し去っていきます。

翌日、音楽室には入部希望者が集まってきます。

前年度、全国大会に出場した北宇治の実力と顧問の滝 昇の評判を聞きつけ、多くの希望者が集まり、喜ぶ吹奏楽部員達ですが、コントラバス、チューバ、ユーフォニアムで構成される低音パートのメンバーは冷めていました。

多くの希望者がいても、低音パートは人気がなく奏者を獲得できるか不安がっていましたが、久美子に声をかける1年生がいました。

前日、たまたま、久美子の演奏を聞いた1年生、久石奏でした。

ユーフォニアム希望の奏のほか、チューバには鈴木美玲、鈴木さつきの二人、コントラバスには月永 求が入部し、低音パートの面々は喜びます。

その後の全体ミーティングで顧問の滝は部員全員に今年の目標を尋ねます。

黒板に「全国大会出場」と書きながら昨年の目標に順ずるか尋ねる滝に部長でトランペット担当の吉川 優子は滝が書いた黒板を「全国大会金賞」と書き直し部の目標とすることを提案し、部員達は承認します。

こうして、北宇治高校吹奏楽部は新たな体制でスタートを切り、久美子は3年生の加部と共に1年生の指導係に就任します。

久美子と加部は1年生へ説明を行い、その中で美玲は大会出場者はオーディションで決まると言う話の真偽を尋ねます。

質問の意図が分からない久美子に奏が学年による序列が考慮されるのかと補足、加部と久美子は考慮されないと答えます。

それからしばらく経ち、低音パートではさつきが徐々に慣れ、求は同じコントラバスの2年生、川島緑輝に懐き、奏も周りと上手く関係を気づいていましたが、美玲だけが馴染めずにいました。

久美子は2年生のトランペット担当、お互いを親友と認める高坂麗奈に美玲のことを相談します。

自分じゃ出来ないなら、誰かにやってもらえばいいと言う麗奈の助言に久美子は奏を呼び出し、美玲と皆との仲をそれとなく取り持つように頼みます。

数日が経ち、帰り道に久美子は偶然、秀一と一緒になります。

秀一の告白以降、秘密裏に交際する二人は不自然に距離をとりながらも低音パートの人間関係について話します。

低音パートのギクシャクした感じをなんとなく感じ取っていた秀一は久美子に早く関係を改善するように促しますが、美玲との仲を取り持ってくれるはずの奏が思ったように成果を出していないことを明かします。

その上、奏は、それが分かっていてわざと成果を出していないような違和感を久美子は感じていました。

5月に開催されるサンライズフェスティバルに出場する北宇治高校はマーティングバンドの練習を始めます。

行進しながらの演奏に苦戦するさつきは練習後も自主的に残って練習します。

一方、美玲は練習が終わるとすぐに帰ってしまいます。

その姿を見ていた久美子に奏は美玲とさつき、どちらが好きかと尋ねます。

久美子は毎日残って練習するさつきは好感が持てるが、美玲は少ない練習時間で十分、成果を上げており、実力もあるため、どちらも吹奏楽部にとって必要だと答えます。

しかし、久美子はそんな美玲が自分で壁を作り、周りから阻害されたと思い込み、低音パートでの居場所をなくしているように感じていました。

サンライズフェスティバル当日。

本番前にチューバ担当の2年生加藤 葉月が美玲の衣装を直そうと手を伸ばした時、美玲はとっさに葉月の手を払い、「触らないで下さい!」と思わず言ってしまいます。

それをさつきにたしなめられた美玲はいたたまれなくなり、逃げ出してしまいます。

追いかけた久美子と奏は影で泣いている美玲を見つけます。

久美子は美玲が壁を作っているだけで、低音パートの皆は美玲と仲良くなりたいと思っていると美玲を説得します。

こうして、皆のところに戻った美玲は少しずつ、低音パートに馴染んでいきます。

それからしばらく経ったある日の帰り道、父親と一緒になった久美子は父親に将来の展望を尋ねられますが、久美子は何も思いつきませんでした。

その後、久美子は「あがた祭り」と呼ばれる近隣の祭りに秀一と共に出かけます。

祭りを楽しんだ二人は通り過ぎる車を避けようとします。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ』ネタバレ・結末の記載がございます。『響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)武田綾乃・宝島社/「響け!」製作委員会

その時、久美子はつまずき、秀一に抱きつく形になり、距離が接近、秀一は思わず、久美子にキスしようとしますが思わず、秀一を突き飛ばし逃げ出してしまいます。

その後、麗奈のもとを訪ねた久美子は麗奈に将来の展望を尋ねます。

「プロのトランペット奏者になりたい。」そう、迷いなく語る麗奈を久美子はまぶしく感じると共に、言いようの無い不安に駆られていました。

地区大会に向けてオーディションが近づく中、全体ミーティングの際、突然、加部が奏者からマネージャーに転じると言う報告をします。

加部に真意を確かめる久美子は加部が顎関節症を患い、演奏が困難になったことを知ります。

加部は悔しい反面、オーディションに望まずほっとしていると明かしながらも、けじめとして最後まで部をささえると言う想いを口にし、久美子に自分の分まで演奏してほしいと話します。

オーディションを間近に控えたある日、久美子の前に奏が姿を見せます。

相談に乗ってほしいという奏は、久美子にユーフォニアム担当の3年生で副部長の中川 夏紀の不満を口にし始めます。

高校から吹奏楽を始めた夏紀は経験年数が勝る奏に対して教えを乞うたのですが、奏はその態度が気に食わない様子でした。

夏紀にはプライドが無いのかと憤る奏に久美子は夏紀は上下を気にせず、奏の実力を認めているから出来る行動だと言い聞かせます。

奏は久美子の話を聞きながらも、前年のトランペットソロパートを当時1年の麗奈が演奏したことを引き合いに部内で揉めなかったか訪ねます。

久美子は揉め事はあったものの、最後は皆、納得していたと説明します。

奏は結果が出たから皆、何も言わないのだと口にします。

そうして向かえたオーデション当日、久美子がオーディションを終え、交代で入っていった奏が演奏を始めると外で聞いていた久美子は奏の演奏に違和感を感じます。

同じく外で聞いていた夏紀は血相を変えてオーディションを行われていた教室に入っていきます。

審査をしていた滝に奏は調子が悪いから後にしてくれと頼み、奏を連れ出します。

何のつもりかと聞く夏紀に何のことか分からないと奏は答えますが、奏がわざと下手に演奏していたのは明白でした。

夏紀は手加減されてオーディションに受かってもうれしくないと声を荒げますが、自分のためだと奏は口にしました。

奏は中学時代、オーディションで大会出場メンバーに選ばれ、その時の先輩は落ちてしまいました。

それでも先輩のために最高の演奏をすることが自分の役目だと一生懸命頑張り、そのときは先輩も応援してくれていましたが、地区予選を突破することが出来ませんでした。

その時、影では先輩が出ても同じだったと言う声が上がり、自然と奏に責任を擦り付けるような雰囲気になってしまいました。

二度とそうならないために、奏は夏紀が大会に出場できるようにしようとしていました。

走り去る奏を追いかけようとする夏紀を制した久美子は自分が行くと言い残し、奏を追いかけます。

奏は追ってきた久美子に頑張る意味を問います。

頑張ってもその先に何があるのかと言う奏に久美子はただ、演奏が上手くなりたいと答えます。

奏もそう思ったからここまで上手くなったのではないかと逆に問い、全力でオーディションを受けるように言います。

その結果がどうなっても久美子や夏紀は奏を裏切らないと言い、奏は久美子の言葉を信じ、オーデションに望むのでした。

オーディションの結果、久美子、奏、夏紀は三人そろって大会に出場できることになりました。

夏休みになり、地区大会を突破し、関西大会に進んだ北宇治高校は夏季合宿を行います。

合宿所での練習を終えた夜に久美子は秀一を呼び出し、交際を保留にしてほしいと打ち明けます。

秀一から誕生日にもらったヘアピンを差し出し、今は吹奏楽に集中したいから、部活を引退し、それでもまだ好きならまた、ヘアピンを渡してほしいとつたえます。

秀一もまた同じように考え、久美子に伝えようとしており、ヘアピンを受け取ります。

こうして向かえた関西大会、北宇治高校は持てるすべての演奏にぶつけ、見事金賞を獲得します。

しかし、金賞受賞校の中から、全国大会に駒を進められるのは3校のみ。

3校の名前が発表されますが、北宇治高校の名前はありませんでした。

悔しさに涙を流す部員達に部長の優子は最高の演奏が出来たことに誇りを持つように語りかけ、来年、雪辱を果たすように残る部員達に思いを託します。

帰りのバスの中でうつむく奏に久美子は声をかけます。

「だから、頑張っても意味無いのに…。」と語る奏に久美子は悔しいか訪ねると、奏は悔しいに決まってると叫び、大粒の涙を流します。

そして、3年生が去り、新しい部長には久美子が選ばれ、北宇治高校の新しい挑戦が始まります。

スポンサーリンク

映画『響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ』感想と評価


(C)武田綾乃・宝島社/「響け!」製作委員会

本作は吹奏楽部の活動をテーマに描かれているため、音へのこだわりが感じられました。

物語の冒頭で久美子が一人、ユーフォニアムを演奏するシーンでは久美子が途中で息継ぎをする呼吸音や、クライマックスの演奏シーンの始まりで静まり返った会場で滝が指揮を始めるために動かす腕の衣擦れの音など細かい所まで表現されていました。

他には、演奏を行う環境での演奏の響き方の違い、例えば、教室の中ではこもって聞こえ、屋外では遠くまで響いていくなど大切に表現されてるのが感じられました。

また、本作では主人公・久美子の心境の変化が強く描かれていました。

これまでのシリーズでは状況に流され、巻き込まれながら、状況を解決しようとする印象が強かったのですが、本作では、自ら、問題を解決しようと悩み苦しむ姿にこれまでの経験からの成長や上級生の自覚や責任のようなものが感じられました。

それとは逆に奏を説得する際に語った「ただ、演奏が上手くなりたい。先のことは分からない」と言うセリフは、責任や自覚といったことからではなく、久美子自身の思いが素直に出たものであり、高校生だからこそ言える飾らない言葉に感じられました。

まとめ


(C)武田綾乃・宝島社/「響け!」製作委員会

『響け!ユーフォニアム』は、単純に高校生の部活に励む姿を描いた「青春もの」ではなく、10代ならではの不安や葛藤を描き、それ故に生じる人間関係の軋轢など濃く描き、高校生の頃に誰もが感じていた「気持ち」が表現されていることが多くの人の共感を呼び、大ヒットしました。

そんな『響け!ユーフォニアム』の劇場版である本作は、これまで以上に困難な問題が発生します。

その問題を乗り越えることで、一人一人が成長し、より素晴らしい演奏することが出来る過程が描かれていました。

クライマックスの演奏シーンはそんなドラマも相まって心に響く演奏でしたが、全国大会への出場はかなわず、残念な結果になってしまいましたが、久美子がこれまでの先輩達の意志を引き継ぎ、新たに吹奏楽部を率いることとなりました

久美子たちが最後の年に奏でる曲はどんなものになるのでしょうか?

関連記事

アニメ映画

映画『ズートピア』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

お正月、あなたの今年の抱負や夢は何でしょうか。今回はカワイイ動物たちが活躍する『ズートピア』をご紹介します。 すでに多くの人が観た作品かもしれませんが、今一度深く考察をしてみたい映画なのでピックアップ …

アニメ映画

【ネタバレ感想】名探偵コナン紺青の拳フィスト2019|最新作は怪盗キッドとコンビで事件解決!

名探偵コナン劇場版23作目。舞台は、日本を飛び出し海外へ! パスポートがない江戸川コナン君。まさかの密入国!? 「平成のシャーロック・ホームズ改め、令和のシャーロック・ホームズになります」の宣言も飛び …

アニメ映画

映画『アーサー・クリスマスの大冒険』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『アーサー・クリスマスの大冒険』作品情報映画『アーサー・クリスマスの大冒険』あらすじとネタバレ『アーサー・クリスマスの大冒険』の感想と評価まとめ 映画『アーサー・ …

アニメ映画

映画サイコパス3期SSネタバレ感想と結末までのあらすじ【PSYCHO-PASS Sinners of the System Case.3】

人気SFアニメシリーズの新プロジェクト 新規劇場作品3部連続公開で贈る第3弾。 ある中央アジアの小国を訪れた狡噛慎也がそこで出会う少女テンジンとの交流。そのテンジンが臨む「復讐」と狡噛が立ち向かう「過 …

アニメ映画

映画『コードギアス復活のルルーシュ』ネタバレ感想。谷口悟朗の新作は今後引き継がれる代表作品に!

10年のときを経て【復活】したコードギアス。 ゼロレクイエムから2年が経ち、平和が訪れた世界で再び戦乱が巻き起こります。 スポンサーリンク CONTENTS映画『コードギアス 復活のルルーシュ』作品情 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP