Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

Entry 2017/10/03
Update

『ソウルステーションパンデミック』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • 西川ちょり

『新感染 ファイナルエクスプレス』が大きな話題を集めたヨン・サンホ監督のアニメーション作品『ソウル・ステーション パンデミック』をご紹介します。

ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭シルバークロウ賞、アジア・パシフィック・スクリーン・アワード最優秀長編アニメ賞に輝いたほか、数多くの映画祭で絶賛された傑作ゾンビ・アニメーションです!

スポンサーリンク

1.映画『ソウル・ステーション パンデミック』作品情報

【公開】
2017年(韓国映画)

【原題】
Seoul Station

【監督】
ヨン・サンホ

【キャスト】
(声の出演)シム・ウンギョン、イ・ジュン、リュ・スンリョン

【作品概要】
ソウル駅で首から血を流したホームレスの老人が目撃される。彼はまもなく死ぬが蘇り、人々を襲い始めた。恋人のキウンとケンカしたヘスンは、感染症パニックに巻き込まれ、ホームレスの男と一緒に逃げ惑う。キウンはヘスンの父親とともに、彼女を救い出そうとするが、感染はどんどん広がり、軍隊が一般市民に発砲し始める。ソンビによるパニックを描き、韓国社会の暗部をえぐり出す社会派アニメーション。

2.映画『ソウル・ステーション パンデミック』あらすじとネタバレ

ある夏の夜、首から血を流した老人が、ソウル駅周辺をふらふらと歩いていました。

助けなければ!と近づいた人もいましたが、老人がホームレスだとわかるとしかめっつらをして足を止めてしまいます。

ソウル駅周辺にたむろするホームレスたちのそばに老人はしゃがみ込みましたが、周りの男たちは彼に見向きもしません。

そこへやってきた一人のホームレスが老人に気づき、ソーシャルワーカーに助けを求めますが、ヤクザの患者に追い返されてしまいます。

仕方なく閉店準備をしていた薬局に無理を言い、薬を手に入れて戻ってみると老人は死んでいました。

駅員にそのことを告げに行くと、駅員は面倒くさそうに立ち上がって、現場へと向かいました。

しかし、驚いたことに、そこには血痕だけが残り、老人の姿はありませんでした。

そのころ、ある旅館で、若い女性、ヘスンが悪夢から目覚めていました。恋人キウンは側におらず、外に出ようとすると、旅館のおかみに呼び止められ、いい加減に宿代を払うようにと催促されます。

払えなければ出ていってもらうよと通告されたものの、金のあてはありません。キウンはネットカフェに入り浸っていて、働く気配すらありません。

ネットカフェでキウンをつかまえると、彼は彼女に体を売らせようと、出会い系サイトに彼女の写真をアップしていました。

怒ったヘスンはキウンを責め立てますが、キウンは「風俗店から連れ出してやったのに、俺の金が無くなるとそういう態度をとるのか」と逆ギレして、彼女を置き去りにしてしまいます。

一人残されたヘスンは、家出したことを後悔し、「お父さんごめんなさい」と泣きじゃくるのでした。

ある中年男のもとに電話がかかってきました。ヘスンに良く似た女性の写真がネットにあがっていると電話の相手は言います。観てみると、確かにヘスンそっくりです。

キウンは連絡してきた男と会い、彼を客だと思って対応していると、ヘスンの父親とわかり愕然とします。

娘はどこだ!と問われ、他に行くところがないので、すぐに宿に返ってくると思いますと答えました。父親の車で宿へと向かいました。

ソウル駅周辺。男は消えた老人を探していました。すると、老人が女性を食べているところに出くわします!

ソウル駅にやって来たヘスンの耳に男の断末魔のような悲鳴が飛び込んできました。携帯が鳴りますが、キウンからとわかった彼女は出ないで切ってしまいます。

「出ないんですけど」と言うキウンに、「戻って来なかったらお前をぶっ殺すからな」と父親は怒鳴りました。

宿に到着しました。受付には誰もいません。廊下を進んで行くと、別の部屋から争うような音と悲鳴のような叫び声が聞えてきました。

不思議に思って振り返ると、扉があいて、男が飛び出してきました。男は女に襲われ絶命してしまいます。

さらに女はキウンたちに襲いかかってきました。父親が何度も殴りつけたので女はその場に崩れ落ちました。

「お父さん殺しちゃいましたよ…」キウンがか細い声を出していると、先程死んだはずの男が起き上がり、二人に襲いかかってきました。

あわてて部屋に入り扉を閉じます。一体何が起こっているんだ?! 彼らの部屋の前には大勢のゾンビが集まり始めていました。

ソウル駅周辺でもゾンビが生きている人間を襲っていました。ゾンビに遭遇したヘスンは数人のホームレスと一緒に走って逃げ、警察署に飛び込みますが、そこにもゾンビがなだれ込んで来ます。

一人の警官が犠牲になり、別の警官とヘスンたちはあわてて、留置所に逃げ込みました。警官は肩に傷を追って苦しそうです。大勢のゾンビが群がり、隙間から手を伸ばしてきます。警官は電話で応援を要請しました。

その頃、父親とキウンは窓から脱出し、屋上に上がっていました。路上にも多くのゾンビがいるのが見えました。ヘスンは相変わらず電話に出ません。

父親は「お前がやつらの気を引いている内に、車を取りに行く。お前は細い道を走って大通りにでろ。そこで拾ってやる」とキウンに命じました。

震えながら、降りていくキウン。それを観て、父親もそっと下に降りていきます。

キウンに気がついたゾンビたちが彼の後を追う間に父親は車に乗り込みました。車の窓ガラスに頭を突っ込んできたソンビを撃退し、車を走らせます。

「大通りってどこなんだ!?」と叫びながら、必死で逃げるキウン。やっと光が見えてきたと思ったら女子高生のゾンビがふらっと目の前に現れました。もうダメかと思った瞬間、父親の車がソンビを轢き殺し、キウンはやっとの思いで車に乗り込みました

一方、警察署では、怪我をした警官が拳銃を構えていました。錯乱していて危なっかしいことこの上ありません。

すると、先程絶命したはずの警官が立ち上がりました。ソンビと化して、留置所に近づいてきました。「生き返ったらああなっちまうのか!?」ホームレスは目をむきました。

その時、応援の警察が到着。彼らはこの異様な有様を見て凍りつきます。一斉にソンビが彼らの方に飛びかかりました。そのどさくさに紛れてホームレスとヘスンは脱出を試みます。

怪我をしていた警官はソンビと化し、ヘスンに襲いかかりますが、ホームレスの男性がピストルを奪い、彼を射殺しました。

他の二人のホームレスは殺されてしまい、残ったのは彼とヘスンだけです。外に出ると救急車が止まっており、彼らを乗せて動き始めました。

大勢の人が噛まれて病院に搬送されているという話しを救急隊員から聞かされる二人。混乱しているらしく、電話しても誰も出ないんですよと男性は言います。

「これはどこへ行くの?」とホームレスが聞くと「病院ですよ」と男性は答えました。「行ってはいけない!」ホームレスは運転手の背後からハンドルを操作しようとし、隊員ははがそうとしてもみ合いになり、ついに車は道路の真ん中に横転してしまいます。

ヘスンとホームレスも激しい打撲を受けましたが、這い出ると、シャッターの降りた駅構内に潜り込みました。

二人は線路に降りて、歩きはじめました。とにかく遠くへ逃げなければというホームレスの背中に向かって、ヘスンは「私は家に帰りたい」と涙声で語りかけました。

「俺も家に帰りたいよ。でももう俺には家がないんだ」男も泣き始めました。

やがて前方に明かりが見えてきたので誰か人がいるに違いないとヘスンは駆けだしました。しかしガラスの向こうのホームに見えたものは、蠢く大勢のゾンビの姿でした。彼らはヘスンたちに気付くとガラスを激しく叩き始めました。

あわてて逃げるヘスンとホームレス。携帯を開くも圏外で、連絡を取ることが出来ません。

キウンと父親は見晴らしの良いところに行こうと、車を走らせました。見下ろすと、車があちこちで襲われているのが見えます。

そしてなにやら軍隊のような一群が、目にはいってきました。「あれはなんだ?」父親はつぶやきました。

ヘスンと男性が外に出ると、ようやく携帯がつながりました。キウンは彼女のお父さんと一緒にいて自分を探していることを知ります。

フェヒョン駅の近くにいるから早く助けに来てくれと頼み、これでやっと助かると思った矢先、またもゾンビに見つかってしまいます。

彼女とホームレスを助けてくれたのは、バリケードを築き、迫ってくるゾンビを次々と殴打している数人の男性でした。

ほっとする間もなく、反対側に目をやると、電車の車両がひっくり返って横づけされており、軍隊によって封鎖されていました。

軍隊はそこに逃げてきた人々を“暴動の扇動者”ときめつけた挙句、放水まで始める始末です。

軍隊の後ろに、車で到着したキウンと父親は幹部に、これは暴動ではない、恋人(娘)がフェヒョン駅にいるから助けに行かなくてはならないと訴えますが、杓子定規な返答しか帰ってこず、話になりません。

すると、物々しい軍用車両が次々とやってきます。幹部はキウンたちに告げるのでした。「たった今、首都防衛司令部に現場の指揮権が移りました」と。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ソウル・ステーション パンデミック』ネタバレ・結末の記載がございます。『ソウル・ステーション パンデミック』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

封鎖された人たちはどうすることも出来ず困惑していましたが、一人の男性が立ち上がって叫び始めました。「俺はこれまでこの国に目一杯尽くしてきたんだ。なのに、この国は国民なんて眼中にないんだ!」

ホームレスの男も立ち上がりました。「俺もこの国に尽くしてきた。なのに今はホームレスだ!」そう叫んで、バリケードをよじ登ってみると、彼の目に入ってきたのは、一斉に銃を構えている軍隊でした。

その瞬間、彼は眉間を撃たれ、落下しました。

軍隊は一般市民に対して次々と発砲し始めました。催涙弾を発射され、反対側に人々は逃げ出しますが、既にバリケードが破られ、ゾンビがなだれ込んでいました。

感染者の餌食になる人々。ヘスンは最後までバリケードを守っていた若者に助けられ、奇跡的に助かりますが、若者は襲われ亡くなってしまいます。

ヘスンも足に傷を負っていました。彼女が入り込んだ建物はタリムマンションのモデルルームでした。キウンに連絡が取れ、彼女は居場所を告げました。

ついにキウンと再会することが出来、二人は喜びあいます。遅れて父親が部屋に入ってきました。

ヘスンは息を呑みました。「この人はお父さんじゃない!」

父親を名乗っていた男はヘスンが逃げ出した風俗店の店長だったのです。「お前が金を返さないせいで俺の人生はめちゃくちゃだ!」男はヘスンの髪の毛を掴み襲いかかりました。

キウンはショールームの台所に設置された包丁を取り、男に切りかかりましたが、簡単に男に奪われてしまいます。

男はその包丁でキウンの喉を切り裂きました。

ヘスンは悲鳴をあげ、走って男から逃げました。男はヘスンを探して、ずんずん奥の部屋へ入っていきます。

男はクローゼットの前にヘスンの足跡を見つけました。彼がヘスンの親のところに金を取り立てに行った時のことを語り始めます。

「お前の父親は病気のようだった。一週間時間をくれというので、親切な俺は本当に一週間待ってやったんだ。一週間後に訪ねていくと病気だったはずのお前の父親は逃げていなくなっていたよ。」

ヘスンをつかまえると、男はヘスンをベッドに連れていき、押し倒しました。すると、ヘスンの様子がおかしいことに気が付きました。目は血走り、ひどく苦しんでいます。

「死ぬな! 死ぬ前に金返してくれよ!」男は叫びましたが、その時既にヘスンはゾンビと化しており、男に飛びかかっていました。

スポンサーリンク

3.映画『ソウル・ステーション パンデミック』の感想と評価

『新感染 ファイナルエクスプレス』が大きな話題を集めたヨン・サンホ監督。もともとはアニメーション作家として知られ、『豚の王』(11)では校内暴力を、『我は神なり』(13)では新興宗教を扱うなど骨太の社会派監督として国内外で高く評価されています。

長編アニメ第3作の本作は、『新感染~』の前日譚と言われています。

真夜中から未明にかけて、なるほど、このようなことが進行していたのか、それがソウル駅始発の列車につながっていくのかと見ていく楽しみがあります。

しかし、『新感染~』とはテーマも、表現方法もかなり違っています。本作は、社会派アニメとしてずしりと心に迫ってくる一編となっています。

作画は、エイドリアン・トミネなどのアイロニー漂うアメリカンコミックを想起させます。登場人物も、皆、社会の底辺でもがいている人々です。

怪我をしている人物がいても、それがホームレスだとわかると途端に皆、知らぬふりをする。ホームレスになるなど自業自得とばかり、排除の精神が働いてしまう様子が冒頭に集中して描かれます。

しかし、一旦何か事が起こると、そのような区別はなくなり、誰もが被害者になってしまうのです。それを社会全体が忘れているとばかり、作品はクールな視線で、ゾンビに襲われ、ゾンビとなっていく人々を描きます。

中盤には、国民の方を見ていない政府への激しい批判が現れます。自国の軍隊が、何の罪もない国民を攻撃してくる様にはゾンビとは違う別の恐怖を感じてしまいます。

これらは、韓国政府、韓国社会だけの問題でなく、いつか起こりうる私たちの問題として普遍的なテーマを内包しているだけに、説得力のある場面となっています。

もっとも、映画は、エンターティンメントとして観ても十分面白く、とりわけ、ゾンビと拳銃を持った狂った警官に囲まれた留置所から如何に逃げ出すかというシーンは実にスリリングで、見事な演出を見せてくれます。

後半のあっと言わせる展開も、考えてみれば腑に落ちる点もあり(ヒント:電話)、しっかり伏線がはられているのに感心してしまいました(『新感染~』の伏線回収も見事でした!)。

まとめ

家に帰りたい」とヘスンは何度も口にしますが、この言葉は、本作のキーワードと言ってもいいかもしれません。

ヘスンと共に逃げるホームレスのおじさんは、もしかしたら、会社に忠誠を誓った仕事人間だったのかもしれません。しかし、会社の倒産か、何かの理由で家族も家も失ってしまったのだろうと想像されます。

ホームレスのおじさんも「俺だって家に帰りたいよ~」と叫びます。

帰りたいのに、その家がない。家族も崩壊してしまっている。でも出てくる言葉は「家に帰りたい」。なんとつらいことでしょう。

一体誰がこんな贅沢なマンションに住めるんだ?!と言いたくなるような超豪華マンションのモデルルームが、最後の舞台になるのも示唆的です。

この作品で崩壊してしまっている「家族の尊厳」、それを取り戻すために『新感染~』は制作されたのではないかと思えてくるくらいです。

勿論、2つの作品は独立した作品で、『新感染~』を見ていなくても十分楽しむことが出来ますが、二作続けてみると一層楽しめることは間違いありません。

関連記事

アニメ映画

『劇場版ハイスクールフリート』ネタバレあらすじと評価・感想。“晴風”が直面する新たな危機とは⁈

満を持して、新生「晴風」出港! 仲間と一緒なら、どんな危機(ピンチ)も乗り越えられる。 圧巻の海上戦と重厚な艦船描写、そして海に生きる少女たちの青春を描き人気を博したアニメ『ハイスクール・フリート』が …

アニメ映画

『インクレディブルファミリー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ピクサーの大ヒット作待望の続編はなんと前作の1秒後からスタート!?。 燃える超能力バトルに、ヒーローの存在意義を問う悪役、そして父親としての役割に悩む主人公。 ヒーロー映画の王道と誰もが共感する家族の …

アニメ映画

映画『カールじいさんの空飛ぶ家』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

妻を亡くしたおじいさんと偶然居合わせた少年、そして不思議な犬ダグと共に、約束を果たす冒険が始まる。 人生の素晴らしさを教えてくれる、そんな心温まる作品『カールじいさんの空飛ぶ家』のご紹介です。 スポン …

アニメ映画

『スパイダーマン:スパイダーバース』感想と評価解説。スタン・リーへ僕らは目の前いる困った人を見かけたら助けるよ⁉︎

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』は、2019年3月8日より全国ロードショー。 全米公開時には初登場で1位を獲得、多くのメディアから“スパイダーマン映画史上最高傑作”と賞賛を受けた作品。 映画『 …

アニメ映画

STAND BY MEドラえもん2|ネタバレ感想レビュー評価。原作漫画アニメから続く“未来”への願いをさらに描く

映画『STAND BY MEドラえもん2』は2020年11月20日(金)より全国ロードショー! 国民的漫画『ドラえもん』のアニメシリーズにおいて初のフル3DCGアニメーション作品として制作され、201 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP