Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/12/03
Update

バットマンvsスーパーマン (2016)|ネタバレ解説と評価。ワンダーウーマンの絶対的な象徴を超えた魅力|最強アメコミ番付評16

  • Writer :
  • 野洲川亮

こんにちは、野洲川亮です。

2016年に公開された『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』は、DCコミックスのアメリカン・コミックの『バットマン』と『スーパーマン』の実写化された映画。

今回はDCコミック二大巨頭の対決を描き、「DCエクステンデッド・ユニバース」シリーズとしては、第2作目となる作品で、新たなヒロインも生みだした『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』を解説していきます。

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『バットマン vs スーパーマン』のあらすじ

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

地球育ちのクリプトン星人、クラーク・ケントことスーパーマン(ヘンリー・カヴィル)は、『マン・オブ・スティール』(2013)で、地球をクリプトン星に変えようと企んだゾッド将軍との戦いに勝利し、地球の危機を救いました。

しかし、メトロポリスを舞台にした二人の人智を超えた戦いで街は壊滅状態となり、ブルース・ウェイン(ベン・アフレック)は自社ビルが倒壊し、多くの部下が命が落とす様を目にします。

親を失った少女を抱きかかえながら、ブルース・ウェインは英雄スーパーマンの戦いに憎悪の目を向けます。

それから3年の月日が経ち、クラーク・ケントは恋人ロイス(エイミー・アダムス)と共に出版社デイリー・プラネットに勤めながら、スーパーマンとして地球全土を股にかけ活躍していました。

そんなスーパーマンを危険視するブルース・ウェインも、バットマンとして自警活動を行い、ゴッサムシティの犯罪者たちと20年以上に渡り戦ってきました。

とあるきっかけで、バットマンはクリプトン星人を弱体化させる鉱石クリプトナイトの存在を知り、これを強奪します。

一方、上院議員によるスーパーマンの責任の是非を問う公聴会が行われますが、突然会場は爆破され、スーパーマン以外の人々が死亡してしまいます。

これらの動きを裏で仕組んでいたのが、レックス・コーポ社長であるレックス・ルーサー(ジェシー・アイゼンバーグ)でした。

レックスの陰謀により、お互いを危険視することになったバットマンとスーパーマンは対決することになり、その裏ではレックスが自分と亡きゾッド将軍のDNAを掛け合わせた怪物ドゥームズデイを生みだします。

戦いの最中に誤解が解け、共闘することになったバットマンとスーパーマン、さらにアマゾネス族の王女、ワンダーウーマン(ガル・ガドット)を加えた3人で、ドゥームズデイとの戦いに挑みます。

ワンダ―ウーマン、バットマンの奮闘で出来た隙を突き、ドゥームズデイを倒したスーパーマンでしたが、相打ちで死亡してしまいます。

レックスは逮捕されますが、いずれ地球に災いが起こることを警告します。

スーパーマン亡き後の来たるべき事態を見据えたバットマンは、ワンダ―ウーマンと共に“メタヒューマン”と呼ばれる超人たちを集め、ヒーローチームを結成することを誓います。

一般人目線で描かれたスーパーヒーローの戦い

Courtesy of Warner Bros. Pictures/ TM & (C) DC Comics(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

本作の象徴的なシーンとして、『マン・オブ・スティール』でのクライマックスの戦いを、ブルース・ウェイン目線で見るオープニングが挙げられます。

『マン・オブ・スティール』劇中では、宇宙人同士のスーパーバトルをドラゴンボール実写版とも言えるような、派手で外連味あふれるシーンとして描かれていましたが、本作ではブルース・ウェインという一般人(超人的能力は持たないバットマン)目線で、スーパーマンの絶大な力の脅威と恐怖の面がより強調して描かれました。

それはさながら9.11テロを彷彿とするような、陰惨で無慈悲なものであり、子供の頃に見ていた“ウルトラマンが戦うことで街がメチャクチャに破壊される”ことのような、正義の矛盾や陰の部分を映し出すものでもありました。

作品序盤のビジュアルインパクトを観客に与え、バットマンの劇中における行動の動機そのものとなる正に名シーンと言えるでしょう。

「大いなる力は大いなる責任を伴う」という、作品は違えど「スパイダーマン」シリーズおなじみのこの名セリフは、強大な力を有するスーパーヒーローの主人公が多いアメコミ映画においては、永遠の共通テーマとして本作にも通底しています。

スポンサーリンク

二大巨頭を飲み込んだ魅力のワンダ―ウーマン

Clay Enos/ TM & (C) DC Comics(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

しかし、本作で観客に最も大きな印象を残すのは、上述したストーリー上の真面目なテーマをも超えてしまうワンダーウーマンというキャラクターでしょう。

本作でバットマンと共にシリーズ初登場となったワンダーウーマンですが、やはり演じるガル・ガドットの逞しさと美しさを兼ね備えた表情、スタイルに、観客は目を奪われていきます。

生身のアクションもほぼ本人がこなしていますが、出身国イスラエルの国防軍で戦闘トレーナーとして兵役を務めていたという“本物感”も、ワンダーウーマンというキャラクターの説得力を深めています。

そして、クライマックスでテーマ曲「Wonder Woman’s Wrath」が鳴り響き、ドゥームズデイとの戦闘が始まるシーンでは、バットマン、スーパーマンという古典的な二大スターから、強く美しい女性像への支持が一般的となった時代の変化をも象徴していると言えます。

本作の後、単独主演作『ワンダーウーマン』(2017)、DC版アベンジャーズの『ジャスティスリーグ』(2017)でも主役の存在感を示していくわけで、イチ映画キャラクターを超えた時代や女性を代表するアイコンへと成長していく予感まで感じさせました。

今後のシリーズが成功していくかは、バットマン、スーパーマンという、アメコミを象徴してきたキャラクターを超えた、彼女の存在にかかっていると言っても過言ではないでしょう。

『ワンダーウーマン』(2017)

『バットマン vs スーパーマン』を観た人へのオススメ作品

MCUシリーズに対抗する形で始まったDCシリーズですが、『マン・オブ・スティール』、『ワンダーウーマン』、『ジャスティスリーグ』と、本作の前後を描いた作品は是非ご覧ください。

直接的な繋がりは強くありませんが世界観を同一にしている、DCのヴィランたち大集合映画『スーサイド・スクワッド』もまた違った魅力を放つ作品です。

バットマン役ベン・アフレックは、マーベルコミックのヒーロー『デアデビル』(2003)でもタイトルロールを演じています。

圧倒的な肉体的存在感を放つスーパーマン役ヘンリー・カヴィルは、大人気シリーズ第6作『ミッション:インポッシブル フォールアウト』で、トム・クルーズと共に命がけスタントアクションをこなしています。

最後にワンダーウーマンを演じたガル・ガドットは、「ワイルド・スピード」シリーズで映画デビュー、24歳のその頃から変わらない美貌でブレイクを果たし、スターの道を駆け上っていくことになります。

次回の「最強アメコミ番付評」は…

いかがでしたか。

次回の第17回戦では、ヴェノムの作者が生んだダークヒーロー『スポーン』を考察していきます。

お楽しみに!

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『五億円のじんせい』感想レビュー。望月歩の爽やかな個性と若い世代への暖かな眼差し|銀幕の月光遊戯 36

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第36回 2019年7月20日(土)より、ユーロスペース他にて、『五億円のじんせい』が全国順次ロードショーされます。 『ソロモンの偽証』、『3年A組-今から皆さんは人質です …

連載コラム

HIKARI監督映画『37セカンズ』東京国際映画祭リポート【光がきらめく】FILMINK-vol.28

FILMINK-vol.28「The Light Shines on 37 Seconds」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外 …

連載コラム

【ネタバレ感想】ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ南北英雄|チウ・マンチェク演じる武術家ウォン・フェイホン(黄飛鴻)が復活!|未体験ゾーンの映画たち2019見破録31

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第31回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。様々な58本の映画が公開中ですが、今回はカ …

連載コラム

映画『血筋』感想とレビュー評価。消息不明の父親と再会した息子の愛憎の先にあるもの|だからドキュメンタリー映画は面白い36

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第36回 音信不通だった父親と18年ぶりに再会した青年が知る、切っても切れない親子の血筋。 今回取り上げるのは、2020年3月14日(土)より新潟シネ・ …

連載コラム

映画『ビッグ・リトル・ファーム』感想とレビュー評価。“理想の暮らしのつくり方”として、自然の摂理に託した農場づくりに臨む|だからドキュメンタリー映画は面白い42

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第42回 自然を愛する夫婦が望む、究極の農場とは──。 今回取り上げるのは、2020年3月14日(土)よりシネスイッチ銀座、新宿ピカデリー、YEBISU …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP