Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』あらすじと感想。手作りの韓国料理と自力で生き抜く大切さ|コリアンムービーおすすめ指南10

  • Writer :
  • 西川ちょり

読んで美味しいと話題の五十嵐大介の人気コミックスを韓国で映画化!

映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』がシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート心斎橋他にて2019年5月17日(金)より公開されます。

冬から春、夏、秋へと季節は移ろい、再び冬へ。故郷での特別な一年が、春を迎えるための新たな一歩となる…。 

都会の生活に疲れ、生まれ故郷に戻ってきたヒロインをキム・テリが演じ、『私たちの生涯最高の瞬間』、『提報者 ES細胞捏造事件』のイム・スルレ監督がメガホンをとりました。

【連載コラム】『コリアンムービーおすすめ指南』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』のあらすじ


(C)2018 Daisuke Igarashi / Kodansha All Rights Reserved.

ソウルの大学に進学し、故郷を出たヘウォンは、就職も恋愛も思うように行かず、逃げるように故郷に戻ってきました。雪が積もった冬の日のことでした。

帰ってきたことを誰にも知られたくなかったのですが、すぐに親戚のおばさんにみつかってしまいます。さらには旧友であるジェハとウンスクにも再会します。

ジェハはソウルで会社員をしていたのですが、理不尽な扱いばかりする会社を見限り、故郷に戻って、農業を営んでいます。ウンスクは地元の銀行に就職し、一度も地元を出たことがないため、都会に憧れを抱いていました。

そんな彼らと心を通わせながら、自然に囲まれた故郷でヘウォンは、農作物を自ら育て、実った野菜を料理して食べる毎日を送り始めます。

季節は冬から春へ、そして夏、秋へと移ろい、再び冬が巡ってきました。生まれ育った故郷で一年を過ごしたヘウォンは、新たな春を迎えるために、一歩踏み出す決心をします。

映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』の解説と感想


(C)2018 Daisuke Igarashi / Kodansha All Rights Reserved.

自分の力で生き抜くこと

本作は五十嵐大介の大人気コミックを原作としています。日本でも橋本愛主演で映画化されていますが、日本版が「春夏」、「秋冬」の二部作だったのに対し、韓国版は四季すべてを一作におさめています。

セットやCGなどを一切使わず、実際の四季の風景をありのまま撮るために、クランクイン、クランクアップをそれぞれ4度ずつ繰り返したそうです。

韓国の四季の美しい光景が目の保養をしてくれるのは勿論のこと、陽の光の暖かさや、風が通り過ぎる気配、さらには土の匂いまで、本物の自然の感触がスクリーンから漂ってくるかのようです。

“癒やし”という言葉は昨今、コマーシャリズムにまみれた印象がありますが、本作が与えてくれる「癒やし」にはそうした意味合いはまったく感じられません。

生きるとはかくあるべきという説教臭さや、思想の押し付けのようなものもなく、都会と比較した田舎礼賛映画でもありません。毎日食事を作り、食べるという行為を丁寧に見せ、、”人が自分の力で生きていく姿“をユーモラスに爽やかに描いています。

手作り韓国料理の素晴らしさ


(C)2018 Daisuke Igarashi / Kodansha All Rights Reserved.

寒い冬の夜、人知れず故郷に帰ってきたヘウォンは、空腹を覚え、冷蔵庫を開けますが、当然のごとく何も入っていません。彼女は外に出て、雪に埋もれた白菜を掘り出して、スープを作ります。

それを実に美味しそうに飲むヘゥオン。体がみるみる温まっていく様子が伝わってきます。翌日は、白菜をフライパンで炒め、小麦粉ですいとんを作ります。また別の日は、花や青菜に小麦粉をまぶして天ぷらにします。

茹でたスパゲティの上に花びらをまぶしているので、見た目の美しさのためだろうかと思っていたら、その花びらも一緒に食べるのです。食べられるんだ!とスクリーンに目がくぎづけに。

他にも具沢山のサンドイッチや、チヂミ、じゃがいもパンなど季節ならではの美味しそうな献立が次々に登場。柿をどっさり剥いて、干し柿を作ったり、栗の甘露煮をこしらえて非常食として瓶詰めしたり、玉ねぎをくり抜いて詰め物をした料理など手間暇かけたものも登場します。

農作物を育て料理するというスウォンの行為は母から娘への確かな伝承の証です。母はしたいことがあるからと娘がソウルに行ったのを機会に家を出ており、回想シーンにしか登場しませんが、親の務めとして子供に生きる力、術を伝え、子もそれをしっかりと受け取っています。

そこには限りない愛が溢れており、だからこそ、なお一層、ヘゥオンが料理をする姿が眩しく、出来上がったものの美味しそうな様子に心が踊るのです。

素晴らしきキャスト陣


(C)2018 Daisuke Igarashi / Kodansha All Rights Reserved.

ヘゥオンに扮したキム・テリは、眩しいくらいの笑顔とユーモラスで爽やかな演技をみせ、観るものに清々しさを感じさせます。

パク・チャヌク監督の『お嬢さん』(2016)のオーディションで1500分の1の競争を勝ち抜いて抜擢されたあとも『1987 ある闘いの真実』(2017/チャン・ジュナン)といった話題作やイ・ビョンホンと共演した連続ドラマ『ミスター・サンシャイン』(2018)などに出演し、確実にキャリアアップし、韓国を代表する女優へと成長しています。

ジェハに扮したリュ・ジュンヨルは、『タクシー運転手~約束は海を超えて』(2017/チャン・フン)で、悲劇に巻き込まれる気のいい大学生を演じたかと思えば、『THE KING ザ・キング』(2017/ハン・ジェリム)では、主人公を守る裏社会の人間を演じるなど、幅広い演技力には定評があります。本作では、人生に迷いながらも、自分の信じる道を進もうとする青年を瑞々しく演じています。

ウンスクに扮しているのは、多数のドラマで活躍し、今回イム・スルレ監督に見出され、映画初出演となったチン・ギジュです。コメディー・リリーフ的な役割だけでなく、繊細で多感な少女像を作り上げ、もっとスクリーンで姿を観たいと思わせる好演を見せました。

この3人が交流するさまが生き生きと描かれ、3人の役者の息もピッタリです。

そして、思い出のシーンにしか登場しない不在の母親にはムン・ソリが扮しています。イ・チャンドン監督の『ペパーミント・キャンディー』(1999)で映画デビューし、同監督の『オアシス』(2002)で重度脳性麻痺の障碍者を演じて国内外の映画祭で多くの賞を受賞。二作とも最近、4Kレストア・デジタルリマスター版が日本でも公開されましたので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

イム・スルレ監督作品は『私たちの生涯最高の瞬間』(2008)、『飛べ、ペンギン』(2009)に続き3本目の出演となります。韓国を代表する名女優ですが、大阪アジアン映画祭2019でグランプリを受賞した『なまず』(2018/イ・オクソプ)といった、若い作り手のインディーズ作品にも出演するなど、多方面で映画界に貢献しています。

そんな彼女が母親役だからこそ、娘のみならず、ジェハやウンスクたちに対してもどこかで優しく見守っているような、そんな安心感を与えてくれるのです。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018 Daisuke Igarashi / Kodansha All Rights Reserved.

現代の韓国の若者の就職難や生き辛さについては、社会現象としてイ・チャンドン監督の『バーニング 劇場版』(2018)や、『金子文子と朴烈(パクヨル)』(2017/イ・ジュンイク監督)で金子文子を演じたチェ・ヒソが主演した『アワ・ボディ』(2018/ハン・ガラム/大阪アジアン映画祭2019で上映)などの映画でも言及されています。

本作には、ジェハのサラリーマン時代が少し語られますが、スウォンのソウル時代については恋愛部分がほんの少し語られるだけで、彼女が競争社会で疲労困憊したであろう部分はあえて描かれていません。

イル・スルレ監督はこの作品が人々にとって「休息となれば嬉しい」と発言しています。苦しくつらいときは少しばかり休んでもいい、一度つまずいても、人間は何度もやり直すことができる、という若い人々に対するエールが作品には込められています。

また、スウォンの母親は、早くに恋愛して結婚したため、やりたかったけれどできなかったことがある、それを今から始めてみる、遅いかもしれないけれど、と手紙を残して家を出ていったのですが、イ・スルレ監督は、ここにもやりたいことをするのに遅すぎることはないというメッセージを込めているのではないでしょうか。

人生に迷えるすべての人へ贈る、特別な四季の物語『リトル・フォレスト 春夏秋冬』は、シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート心斎橋他にて5月17日(金)より公開されます。

次回のコリアンムービーおすすめ指南は…


(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

公開前から話題沸騰の『神と共に 第一章:罪と罰』を取り上げます。

お楽しみに!

【連載コラム】『コリアンムービーおすすめ指南』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

ドキュメンタリー映画『太陽の塔』岡本太郎が2つの代表作品に込めた祈りの表現とは|映画と美流百科12

連載コラム「映画と美流百科」第12回 1970年の大阪万博のシンボルとして岡本太郎によって作られた≪太陽の塔≫が耐震修復工事を終え、今年2018年3月に約半世紀ぶりにその内部が公開されました。 そして …

連載コラム

『500ページの夢の束』感想レビュー。自己表現としてのSF物語|SF恐怖映画という名の観覧車12

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile012 人の作る「物語」には不思議な力があります。 それは時に誰かに「夢」や「希望」を与えたり、道を進んでいく動力源にもなれる、ドラマや映画など …

連載コラム

フィリップ・ガレル映画『愛の残像』考察。 向こう側の彼女を探して|偏愛洋画劇場10

連載コラム「偏愛洋画劇場」第10幕 今回ご紹介するのは、ジャン=リュック・ゴダールやフランソワ・トリュフォーなど、ヌーヴェルバーグの映画作家たちから大きな影響を受け、“ポスト・ヌーヴェルバーグ”と称さ …

連載コラム

映画『jam』あらすじと感想。劇団EXILEメンバーをSABU監督が起用した新作アクション・クライム・コメディーの魅力とは|銀幕の月光遊戯11

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第11回 こんにちは、西川ちょりです。 今回取り上げる作品は、12月01日(土)より、東京・新宿バルト9ほかにて全国ロードショーされる『jam』。 SABU監督の新作で、劇 …

連載コラム

映画『マックイーン :モードの反逆児』感想と評価。コムデギャルソン・川久保玲の反骨精神との比較から|映画道シカミミ見聞録39

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第39回 こんにちは、森田です。 今回は、英国の天才的ファッションデザイナーと謳われたアレキサンダー・マックイーンの生涯をたどるドキュメンタリー映画『マックイーン:モ …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP