Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/08/18
Update

映画『妖怪大戦争ガーディアンズ』ネタバレ結末感想とあらすじ解説。キャストの寺田心と共にファンタジックな令和版へ【邦画特撮大全95】

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第95章

今回の邦画特撮大全は『妖怪大戦争ガーディアンズ』(2021)を紹介します。

2021年8月13日(金)から劇場公開されている映画『妖怪大戦争ガーディアンズ』。

2005年に公開され興行収入20億円のヒットを記録した前作『妖怪大戦争』(2005)に続く令和版『妖怪大戦争』で、三池崇史監督が取りまとめます。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『妖怪大戦争ガーディアンズ』の作品情報


(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ

【公開】
2021年(日本映画)

【製作総指揮】
角川歴彦、荒俣宏

【監督】
三池崇史

【脚本】
渡辺雄介

【出演】
寺田心、杉咲花、猪股怜生、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子、赤楚衛二、SUMIRE、北村一輝、松嶋菜々子、岡村隆史、遠藤憲一、石橋蓮司、柄本明、佐藤佐吉、HIKAKIN、荒俣宏、東儀秀樹、神木隆之介、大森南朋、大沢たかお

【作品概要】
大映京都が製作したオリジナル版『妖怪大戦争』(1968)、角川グループ創立60周年を記念して製作された映画『妖怪大戦争』(2005)に続き、昭和・平成を経て令和に製作された新たな“妖怪大戦争”が、本作『妖怪大戦争ガーディアンズ』です。

主人公・渡辺ケイにはドラマやCMでお馴染みの子役・寺田心。そして2005年版と同様に今回も、杉咲花、赤楚衛二、大森南朋、安藤サクラ、大倉孝二、大沢たかおと著名な芸能人たちが特殊メイクで妖怪に扮しています。

ナインティナインの岡村隆史は“小豆洗い”、石橋蓮司は“大首”と前作と同じ妖怪役で出演したほか、製作総指揮を務める作家の荒俣宏と遠藤憲一は前作と違う妖怪役で続投しています。

監督は2005年版に引き続き『クローズZERO』(2007)、『十三人の刺客』(2010)の三池崇史。

映画『妖怪大戦争ガーディアンズ』のあらすじとネタバレ

(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ

父の死後、看護師の母と弟ダイの3人で暮らす小学5年生の渡辺ケイ。ケイは同級生たちと廃校へ肝試しに行きます。

そこでおみくじを引くのですが、ケイが引いたものには運勢が書かれておらず赤い紙でした。ケイは怖くなってその紙を捨ててしまいます。

その夜ケイの枕元に妖怪が現れます。誘われるように外へ出ると、ケイの前に次々と妖怪たちが現れ、ケイを脅かしていきます。

フォッサマグナに眠る古代の化石たちが一つに集合し巨大な“妖怪獣”へと姿を変えたのです。妖怪獣は東京を目指しており、このまま進んでしまうと、東京に張られた結界を破って“あの方”の封印を解いてしまいます。

このままでは人間たちも妖怪たちもただではすみません。

実はケイの先祖は平安時代の妖怪ハンター渡辺綱の血を継ぐ“破風なき家の子”だったのです。この日本最大の危機に妖怪たちは、ケイの力を借りて伝説の武神“大魔神”を復活させようと考えたのです。

人間嫌いの狸の大妖怪・隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)はこの計画に待ったをかけます。「人間が滅んだ先の世界が見たい」というのが隠神刑部の真意でした。

渡辺綱の血を継ぐと言っても気弱な性格のケイは、隠神刑部の気迫に圧されてしまいます。廃校で引いた赤い紙は“破風なき家の子”の証だったのですが、それを持って弟のダイが妖怪たちの前に現れます。

妖怪たちはケイではなくダイの方が“破風なき家の子”だと勘違いし、ダイを大魔神の元へと連れて行きました。

ケイはダイを危険な目には遭わせられないとようやく立ち上がります。そんなダイの前に現れたのは謎の妖怪剣士・狐面の女。狐面の女は「真の勇気はあるか?」とダイに試練を与えます。

果たしてダイはケイより先に大魔神の元へ辿り着き、妖怪獣を倒せるのか――

※以下、ネタバレ

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『妖怪大戦争ガーディアンズ』ネタバレ・結末の記載がございます。『妖怪大戦争ガーディアンズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ

狐面の女は恐怖を克服し木端を渡る試練をケイに出しますが、ケイは足を踏み外し妖怪たちの住む異界へと落ちてしまいました。落ちた先でケイは妖怪・天邪鬼と出会い、仲良くなっていきます。

道中で竜を怒らせてしまうケイたちでしたが、狐面の女が現れ事なきを得ました。狐面の女はケイに伝説の刀“鬼切丸”を託します。そしてケイたち3人は竜の背に乗って、再び大魔神を目指し古代遺跡に行き着きました。

しかし渡辺綱にかつて退治された酒呑童子と茨木童子ら鬼の一族が積年の怨みを晴らそうと、ケイの行く手を阻みます。ケイは鬼切丸を取って鬼たちと戦います。

狐面の女も手を貸しますが、女の妖力は弱まっていました。実は妖怪には名前がありません。人間に名前で呼ばれそれを受け入れれば、存在を名前に縛られ力を失うのです。

狐面の女はケイに「狐さん」と呼ばれ、それに頷いたため力を失いつつあったのです。しかも鬼たちにケイの居場所を知らせていたのは天邪鬼だったのです。

しかしケイは「友達の友達は殺せない」と鬼たちと戦う意思を失います。問答無用とケイに刃を向ける鬼たちでしたが、妖怪獣の進撃により遺跡が崩壊し、みんな瓦礫の下敷きになってしまいます。

ケイは自分を裏切った天邪鬼も自分に刃を向ける鬼たちも助けはじめました。狐面の女も最後の力を使い、鬼たちを助けます。

実は狐面の女の正体は、かつて渡辺綱に助けられた九尾の狐だったのです。狐面の女はケイの行動にかつての命の恩人の姿を重ねたのです。

一方、大魔神の元へ辿り着いた弟ダイでしたが、ダイは“破風なき家の子”ではないため、大魔神を蘇らせることは出来ません。しかし兄のケイを救いたいと武神の形代を刀で貫くのでした。

助かったケイと天邪鬼、茨木童子でしたが、目の前には妖怪獣が迫ります。そこへダイと復活した大魔神がケイを助けに現れました。

ぬらりひょんの「妖怪大戦争だー!!」という掛け声の元、ケイとダイの兄弟と大魔神、妖怪たちの連合軍は妖怪獣と戦いを始めます。

大魔神は竜に乗って妖怪獣を真二つに斬りました。しかし妖怪獣はとぐろを巻いて巨大な竜へと姿を変えます。妖怪獣は「海に還りたい」と涙ながらに言葉を漏らします。

ケイは「戦っちゃいけない」と気付き、妖怪たちに大声で訴えます。隠神刑部は配下の八百八狸と共に腹鼓を打ち始めました。そしてケイとダイ、妖怪たちは歌で妖怪獣の怨念を鎮めたのです。

世界の危機を救ったかに見えましたが、今度は大魔神が暴れ始めます。暴れる大魔神の前にダイと妖怪スネコスリが進み懇願しますが、その願いは届かず踏みつけられそうになります。

ケイは大魔神の足を自力で抑え、弟の代りに自分の命を捧げるから怒りを鎮めてくれと頼むのでした。そんな2人の姿を見て天邪鬼も大魔神に懇願します。

2人の人間と2匹の妖怪の願いを受け入れたのか、大魔神は土塊にと化しました。

隠神刑部はケイとダイの兄弟に人類の行く末を託し、次また人類が同じような危機になればその時は手を貸さないと宣言しました。

スポンサーリンク

映画『妖怪大戦争ガーディアンズ』の感想と評価


(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ

2005年版『妖怪大戦争』に引き続き、三池崇史監督が取りまとめた本作『妖怪大戦争ガーディアンズ』。人気子役が主演、特殊メイクと着ぐるみで表現された妖怪、気弱な少年のひと夏の冒険、全体的なコンセプトは2005年版と共通しています。

しかし映画全体の持つ雰囲気が2005年版とはだいぶ違っているのです。2005年版はファミリー映画ながらほろ苦さのある作品となっていましたが、本作『妖怪大戦争ガーディアンズ』はだいぶファンタジックな仕上がりの作品となっています。

プロデュースチームの不在と監督の変化

作品が持つ空気の違いの理由は、まずプロデュースチーム「怪」の不在です。

2005年版では水木しげる、荒俣宏、京極夏彦、宮部みゆきといった作家陣が原案を提供していました。しかし水木しげるは2015年に逝去されたことなどもあり、今回は荒俣宏のみの参加に留まっています。

そのため前作にあった妖怪に対するマニアックな視線が捨象されています。「戦わない」「自分たちのため戦う」という妖怪像は2005年版から引き継がれていますが、本作の妖怪たちはさらにユーモラスなキャラクター像となりました。

一方で「妖怪は名前がない」という解釈が導入され、キャラクター像はユーモラスながら設定はより精霊的になっています。

もう一つ考えられる理由が、三池崇史監督の変化です。

三池崇史監督は今やメジャー大作を数多く手掛けてきたヒットメーカーですが、元々はVシネマでとがった作品を連作していた監督です。

2005年版『妖怪大戦争』は、『ゼブラーマン』『着信アリ』(2004)と三池監督の知名度を高めたこの2作の翌年の公開だったのです。

そのためか2005年版には若干ながらグロテスクな表現などがありましたが、『妖怪大戦争ガーディアンズ』ではそういった描写はほとんどありません。

そして三池監督は2017年から放送開始された『アイドル×戦士ミラクルちゅーんず!』以降、現在放送中の『ビッ友×戦士キラメキパワーズ』(2021)まで、児童向けのTV特撮「ガールズ×戦士」シリーズの総監督を務めています。

三池監督はこの経験から子どもの視点、どういった要素を子どもが好むか嫌うかを2005年版以上に作品へ導入できるようになったのではと考えられます。

ファンタジック作品となった理由


(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ

そして作品がファンタジックとなった最大の理由は、渡辺綱の登場でしょう。

渡辺綱は平安時代中期に実在した武将で、酒呑童子や土蜘蛛退治で知られる武将・源頼光の家来です。ケイは渡辺綱の末裔であり、その血を受け継ぐため妖怪に助力を懇願されるというのは、ファンタジー作品の王道的な展開です。

2005年版では広島県三次市に伝わる『稲生物怪録』を由来にした部分はあるものの、背景に留められており映画全面に出てくる訳ではありません。

また今回話題となったのが大魔神の復活です。大映京都が製作した特撮映画『大魔神』三部作以来、スクリーンに大魔神が復活するのは55年ぶりです。

実は大映京都は『大江山酒天童子』(1960)というオールスターキャストの特撮時代劇も製作しており、勝新太郎演じる渡辺綱が準主人公として登場するのですが、本作に渡辺綱が登場するのはそのオマージュかも知れません。

最後にフォッサマグナから生まれた“妖怪獣”。こちらは荒俣宏が小松左京の小説『日本沈没』からの影響や、妖怪とフォッサマグナとの関連から発想を得たと語っています。

“妖怪獣”というネーミング自体は、水木しげるの漫画『ゲゲゲの鬼太郎』に登場するものでしょう。

『ゲゲゲの鬼太郎』の該当エピソードでは、妖怪獣を操るのは隠神刑部の配下・八百八狸であり、本作に隠神刑部が登場したのも自然な流れと言えます。

まとめ


(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ

著名な芸能人たちの特殊メイクと着ぐるみによる百鬼夜行、大魔神の復活、妖怪ハンター・渡辺綱の末裔などなど、2005年版『妖怪大戦争』よりもファンタジックな大作となった『妖怪大戦争ガーディアンズ』。2021年、映画館で「ひと夏の冒険」を体験しませんか。

映画『妖怪大戦争ガーディアンズ』は2021年8月13日(金)より全国劇場公開中です。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

ノルウェー映画『ディスコ』あらすじと感想レビュー。北欧のカルト教団事情を調査し描いたリアルな描写|TIFF2019リポート8

第32回東京国際映画祭「コンペティション」部門上映作品『ディスコ』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭がついに2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)ま …

連載コラム

韓国映画『王宮の夜鬼』あらすじと感想。ゾンビ(夜鬼)アクションものでヒョンビンとチャン・ドンゴンが激突!|コリアンムービーおすすめ指南13

陰謀渦巻く王朝に迫りくる“夜鬼”! 朝鮮王朝の存亡をかけた死闘がはじまる! ヒョンビンとチャン・ドンゴンの二大スターが激突する映画『王宮の夜鬼』が9月20日(金)より、シネマート新宿他にて全国ロードシ …

連載コラム

シンエヴァ特典薄い本|内容ネタバレ感想考察。マリの歌“若者たち” ×中身のイラスト×人の造りし流星の意味【終わりとシンの狭間で15】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第15回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした …

連載コラム

映画『キュクロプス』感想と内容解説。大庭功睦監督が描く「情報が錯綜する現代」で信じるべき“本質”とは|サスペンスの神様の鼓動17

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ご紹介する作品は、2019年5月3日から公開される、 …

連載コラム

フランス映画『ジェシカ』ネタバレ感想とレビュー評価。戦う女性がテロのはびこる世に美しく降臨|未体験ゾーンの映画たち2020見破録25

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第25回 様々なジャンルの映画を集めた劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて実 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学