Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/12/16
Update

【2020年映画ランキングベスト5】感動と泣かずにはいられないヒューマンドラマを選ぶ!《シネマダイバー:星野しげみ選》

  • Writer :
  • 星野しげみ

2020年の映画おすすめランキングベスト5
選者:シネマダイバー星野しげみ

2020年は新型コロナウィルス感染拡大防止のために、映画館への外出も規制がかかりました。それでも厳しい現実をものともせずに、多くの映画が上映されました。

本年を振り返ってみると、アニメ『鬼滅の刃』がセンセーションを巻き起こしましたが、恋愛もの、コメディ、アニメ、ミステリーと様々な作品が誕生しています。

中でも、感染症との闘いの毎日のせいか、信念を持って生きていくことを描いた作品や家族の温かな繋がりや強い絆を考えさせられる作品が心に強く残っています。特に印象深い作品のベスト5をご紹介します。

【連載コラム】『2020年映画ランキングベスト5』一覧はこちら

スポンサーリンク

第5位『異端の鳥』

【おすすめポイント】
疎開先から自宅を目指してさすらう少年が、理不尽な差別や迫害に次々と出会う作品。

少年を襲う数々の暴力的な出来事に、第76回 ベネチア国際映画祭では途中で席をたつ人々が続出する一方、終了後はスタンディングオベーションも起こったそうです。

残酷な映像の中に観客は何を見出すのでしょうか。観ることによって自分が試される作品です。

第4位『朝が来る』

【おすすめポイント】
人気作家辻村深月の同名小説を河瀬直美監督が手掛けました。特別養子縁組や親子の絆、中学生妊娠など社会問題を含んでいます。

きらきら光る木漏れ日の光をふんだんに取り入れた爽やかな映像が印象的で、原作よりも養子となった子供の気持ちが表されています。

スポンサーリンク

第3位『三島由紀夫VS東大全共闘』

【おすすめポイント】
1969年5月に東京大学駒場キャンパスで行われた三島由紀夫と東大全共闘の討論会を映画化。

伝説といわれる討論会の一部始終に三島についての証言も加えたドキュメンタリーです。

三島由紀夫が壮絶な死を遂げてから50年が経ちました。節目の年にその生き様を通して、彼の追い求めたものを描き出します。

第2位『天外者』

【おすすめポイント】
亡き三浦春馬の最後の主演作。三浦春馬が演じるのは、近代日本経済の基礎を築いたといわれる五代友厚。

五代友厚が何を思って偉業を成し遂げたのか。歴史上の人物のことがよくわかり、三浦春馬の白熱する演技に心をゆさぶられる作品です。

スポンサーリンク

第1位『ミッドナイトスワン』

【おすすめポイント】
トランスジェンダーが孤独な少女を通して初めて感じた母性愛が描かれています。

母性の話だけに終わらず、バレエ舞曲との類似する親子関係や、主人公の死の謎などミステリアスな要素も含まれ、考察すればするほど、深い意味のある作品でした。

2020年注目の監督とキャスト

(c)2020「朝が来る」Film Partners

監督賞:河瀬直美
女優賞:永作博美
男優賞:草彅剛

【コメント】
2020年に行われる予定だった東京オリンピック公式記録映画の監督に決定した河瀬直美。背景と人物の心理描写のマッチング、映像の美しさは、卓越したセンスを伺わせます。

不妊治療の末に養子縁組で迎えた子供への愛を全うする母を時には優しく時には毅然たる態度で演じ切った永作博美と、トランスジェンダーという難しい役に挑戦した草彅剛。役者としての成長が見られました。

まとめ

(C)2020 Midnight Swan Film Partner

2020年も多くの映画が上映されました。その中でも特に印象深いベスト5を選んでみました。

幻想的な美しい映像で残酷シーンをも多く取り入れた『異端の鳥』。爽やかな映像で親子の絆と信頼を描き出した『朝が来る』。三島由紀夫の真実に迫るドキュメンタリー『三島由紀夫VS東大全共闘』。五代友厚を三浦春馬が熱演する『天外者』。トランスジェンダーの主人公に草彅剛が体当たりで演じた『ミッドナイトスワン』。

バリエーションに富んだベスト5となりましたが、それぞれの作品によって社会問題や人間関係を様々な角度から観ることができました。

【連載コラム】『2020年映画ランキングベスト5』一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『シェイクスピアの庭』ケネス・ブラナー監督インタビュー【シェイクスピアは真に主観的だ】FILMINK-vol.12

オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外の映画情報をお届けいたします。 映画『All is True』 「FILMINK」から連載12 …

連載コラム

【劇場版BEM 妖怪人間ベム】感想と考察解説。ラスト完結作でテレビ金字塔ダークアニメ“BECOME HUMAN ”は真実となりうるか?|SF恐怖映画という名の観覧車121

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile121 1968年より放映された「早く人間になりたい」と言うセリフが有名な名作アニメ『妖怪人間ベム』。 わずか26話で打ち切られ、さまざまな倫理 …

連載コラム

中国映画『人魚姫』ネタバレあらすじと結末の感想解説。シンチー節で描くギャグとヒューマニズム満載のエンターテインメント|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー26

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第26回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

映画『名も無き世界のエンドロール』あらすじと感想評価レビュー。キャストの岩田剛典×新田真剣佑が描き出す“世界の終わり”の顛末|映画という星空を知るひとよ43

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第43回 第25回小説すばる新人賞を受賞した行成薫の同名小説を、『キサラギ』の佐藤祐市監督が映画化した『名も無き世界のエンドロール』が、2021年1月29日(金 …

連載コラム

『ゾンビーバー』ネタバレ感想と結末あらすじ解説。コメディ映画おすすめの笑いはニューヨーカー好みのハイセンス|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー5

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第5回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信サービス【U-NEXT …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学