Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/08/31
Update

映画『素晴らしき、きのこの世界』感想と考察解説。自然科学ドキュメンタリーが迫るキノコワールドの神秘|だからドキュメンタリー映画は面白い62

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第62回

今回取り上げるのは、2021年9月24日(金)より、新宿シネマカリテ・ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開の『素晴らしき、きのこの世界』

本作は、きのこ・菌類の秘めたる力に迫ったドキュメンタリー映画。「タイムラプス映像のパイオニア」と言われる映像作家ルイ・シュワルツバーグが手掛けました。

きのこ・菌類の秘めたる力に迫った、驚異の映像美が話題の一本です。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『素晴らしき、きのこの世界』の作品情報


(C)2018, Fantastic Fungi, LLC

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
Fantastic Fungi

【監督】
ルイ・シュワルツバーグ

【脚本】
マーク・モンロー

【ナレーション】
ブリー・ラーソン

【キャスト】
ポール・スタメッツ、マイケル・ポーラン、ユージニア・ボーン

【作品概要】
ナショナルジオグラフィックやディズニーネイチャーのドキュメンタリー作品を手掛け、「タイムラプス映像のパイオニア」と言われる映像作家ルイ・シュワルツバーグが、きのこ・菌類の秘めたる力に迫ったドキュメンタリー映画。

アカデミー賞受賞作『イカロス』(2017)や『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』(2018)のマーク・モンローが脚本を担当。大のきのこ好きという女優のブリー・ラーソンが、ナレーションを務めているのも話題です。

本国アメリカでは20週にわたる超ロングラン上映が行われ、アメリカの映画批評サイト「ロッテントマト」でも100点を獲得するなど高く評価されました。

映画『素晴らしき、きのこの世界』のあらすじ


(c)2018, Fantastic Fungi, LLC

食物としてのみならず、生命の再生や維持、アルツハイマーやがんの治療、環境汚染の浄化にまで役立つことから、地球上の様々な問題への応用が期待されているきのこ・菌類。

幻覚作用をもたらす一方で、人間の命を救うほどの力も持っていると言われます。

本作では、そうしたきのこ・菌類の可能性を提示すべく、菌類学者ポール・スタメッツやジャーナリストのマイケル・ポーラン、人気フードライターのユージニア・ボーンら専門家が、医療や環境問題に対する菌類を用いた解決策を明かしていきます。

スポンサーリンク

秘密主義者きのこ


(c)2018, Fantastic Fungi, LLC

本作『素晴らしき、きのこの世界』は、おそらく映画史上初と思われる、“きのこ・菌類”に特化したドキュメンタリーです。

動物のように自ら動くわけでもなく、かといって草木のような植物にカテゴライズされるかといえば、ちょっと違う。動物でも植物でもない、秘密主義に包まれたこの不思議な生物。

ですがその実は、土中に張り巡らせた菌類のネットワークによって、物質を腐らせ分解し、菌類同士や他の生物と栄養素を共有、つながりを形成し、それを生きた土壌に変える力を備えています。

そうしたきのこ・菌類の生態を、『素晴らしき、きのこの世界』は1枚ずつ撮影された写真をつなぎ合わせてコマ送り動画にする手法「タイムラプス」で撮影。神秘的かつ驚異の映像美が堪能できます。

好きこそ物の上手なれ

(c)2018, Fantastic Fungi, LLC

本作では、そんなきのこ・菌類に憑りつかれた専門家たちが多数登場し、その魅力と可能性を語ります。

たとえば、メイン被写体ともいえる菌類学者のポール・スタメッツは、吃音症に悩まされていた少年時代に、好奇心で口にしたマジックマッシュルームでトリップ体験をしたことで、吃音が突然治り、これが菌類の世界に目覚めたと告白。

また、ニューヨークで活躍するフードライターのユージニア・ボーンは、自身を含めた菌類愛好者を“マイコフィリア”と称し(逆にきのこが嫌いな者は“マイコフォビア”と呼ぶとか)、「万物はきのこが原因で起きている」として、きのこからなる新薬開発や地球環境の保全エネルギー問題など、私たちの生活にいかにきのこが密接に関わっているのかを、切々と語ります。

愛してやまない物事を追求していくうちに、いつの間にかその分野の第一人者に……「好きこそ物の上手なれ」とばかり、彼らはさかなクンや恐竜くんのように、きのこ・菌類で人生が大きく変わったのです。


(c)2018, Fantastic Fungi, LLC

きのこ・菌類にまとわりついている怪しさ、いかがわしさ、そして神秘性が、本作にはすべて詰まっています。

専門家たちが語る意見の中には、正直眉唾ものと感じずにはいられないものもあるかと思います。しかし、怪しさ、いかがわしさ、そして神秘性は、未来への希望と置き換えることもできるでしょう。

空中を舞う胞子を掴みきれないように、知っているようで知らないきのこワールドに足を踏み入れてみるのも、また一興かもしれません。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

映画『息子のままで、女子になる』感想評価とレビュー。サリー楓に密着したLGBTドキュメンタリーは“You decide.”の言葉が意味を解く|映画という星空を知るひとよ65

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第65回 新世代のトランスジェンダーのアイコンとして注目されるサリー楓。男性として生まれた楓が、“女性”として踏み出した瞬間を追ったドキュメンタリー映画『息子の …

連載コラム

『仮面ライダー鎧武』感想評価とキャスト紹介。高杉真宙&佐野岳らの魅力×名キャラクターたちが勢揃い|邦画特撮大全60

連載コラム「邦画特撮大全」第60章 今年2019年10月25日から劇場公開される『超・少年探偵団NEO –Beginning-』。江戸川乱歩の『少年探偵団』シリーズを翻案した作品で、主人公の小林少年役 …

連載コラム

シンエヴァンゲリオン考察|ループ説解説=“否定”という庵野秀明の贖罪ד決別”という再会の願い【終わりとシンの狭間で8】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第8回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした新 …

連載コラム

【今野健太インタビュー動画】シアターモーメンツ新作『#マクベス』マルカム役への意気込みと劇団への想いを語る| THEATRE MOMENTS2019⑦

連載コラム『THEATRE MOMENTS2019』第7回 ©︎Cinemarche 「日本発のワールドスタンダード演劇」をモットーに、これまで精力的な取り組みを展開してきた劇団シアターモーメンツ。 …

連載コラム

映画『ブラインデッド』あらすじネタバレと感想。ゾンビサバイバルをカナダのホラー専門スタジオが描く|未体験ゾーンの映画たち2020見破録18

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第18回 世界の様々な映画を集めた、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて実施 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学