Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/03/11
Update

映画『ビッグ・リトル・ファーム』感想とレビュー評価。“理想の暮らしのつくり方”として、自然の摂理に託した農場づくりに臨む|だからドキュメンタリー映画は面白い42

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第42回

自然を愛する夫婦が望む、究極の農場とは──。

今回取り上げるのは、2020年3月14日(土)よりシネスイッチ銀座、新宿ピカデリー、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国順次ロードショーの、ドキュメンタリー映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』

自然を愛する夫婦が、究極のオーガニック農場を作り上げるまでの8年間を追います。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』の作品情報

(C)2018 FarmLore Films ,LLC

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
The Biggest Little Farm

【製作・監督・脚本・撮影監督】
ジョン・チェスター

【製作】
サンドラ・キーツ

【製作総指揮】
ポール・グリナス、ジェシカ・グリナス、ローリー・デビッド、エリカ・メッサー

【編集】
エイミー・オーバーベック

【キャスト】
ジョン・チェスター、モリー・チェスター、愛犬トッド、動物たち

【作品概要】
映画制作者で、テレビ番組の監督・カメラマンでもあるジョン・チェスターが、2010年から妻モリーと共に始めた農場づくりを記録。

夫婦と動物たちの、笑顔と涙と感動の8年間を追っていきます。

米映画批評サイトの「ロッテントマト」では満足度96%の高評価(2019年11月1日時点)を記録。

映画祭でも、AFI映画祭2018観客賞、ミルバレー映画祭2018観客賞・銀賞、ハンプトンズ国際映画祭2018観客賞、ニューポートビーチ映画祭2019観客賞など、各国で数々の観客賞を受賞しています。

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』のあらすじ

(C)2018 FarmLore Films ,LLC

殺処分寸前で保護した愛犬のトッド。

その鳴き声が原因で、大都会ロサンゼルスのアパートを追い出されたジョンとモリーの夫婦。

料理家でもあるモリーは、本当に体にいい食べ物を育てるため、夫婦で郊外へと移り住むことを決心します。

しかし、そこに広がっていたのは200エーカー(東京ドーム約17個分)もの荒れ果てた農地でした。

大自然の厳しさに翻弄されながらも、2人は愛しい動物や植物たちと未来への希望に満ちた究極に美しい農場を創りあげていきます。

本作は、そんな自然を愛する夫婦が夢を追う8年間の奮闘を追います。

スポンサーリンク

ネイチャー番組の監督自身による農場づくりを記録


(C)2018 FarmLore Films ,LLC

本作監督にして出演者の一人であるジョン・チェスターは、映画製作者、テレビ番組の監督として25年の経歴を持ちます。

ネイチャーチャンネルの「アニマルプラネット」や、イギリスのテレビ局ITVの野生生物番組の製作者として世界中を旅したことがきっかけで、生態系の複雑な相互作用に興味を持つようになります。

そんな彼が本作を製作するきっかけとなったのが、住居にしていたロサンゼルスのアパートで飼っていた愛犬トッド。

2010年に、彼の泣き声が原因でアパートを出ることとなったジョンと妻のモリーでしたが、料理家でもある彼女のモットー、“食の質は農作物にある”に基づき、自分たちの農場を持とうと決意。

カリフォルニア郊外の荒れた土地に、“アプリコット・レーン・ファーム”と名付けた農場を始めます。

雄大な自然模様を映し出すことに定評のあるアニマルプラネットで長らく番組制作に携わっていたジョンだけあって、その映像の綺麗さはとかく目を引きます。

完全なる不調和


(C)2018 FarmLore Films ,LLC

チェスター夫妻は、伝統農法のコンサルタントであるアラン・ヨークの教えを仰ぎ、生態系のシステムを整えることによって、真の意味で“有機的な”農作物を育てようとします。

アランの助言通り、まずミミズを使って土を“生き返らせる”ことからスタートしていく2人。

有機農法は今や珍しいことではありませんが、農場運営というのは、当然ながら思い通りにいかないことが山積み。

せっかく育てた農作物が害虫や動物に食い荒らされれば、山火事や干ばつといった災害に見舞われるなど、「完全なる不調和」なことが次々と起こります。

もっとも、本作は8年間の記録を90分に凝縮しているため、実際は立て続けにトラブルに見舞われたというわけではありません。

それでも、人の力ではどうしようもない自然の脅威とどう向き合っていくのかを、本作は提示します。

スポンサーリンク

自然の摂理にすべてを任す


(C)2018 FarmLore Films ,LLC

本作に登場する、チェスター夫妻が飼っている動物たち。

いや、厳密にいえば、動物たちは“一緒に暮らして”います。

どんなに不調和なことになっても、2人は彼らに強制をせず、むしろ自然の摂理にすべてを任す。

郊外に住むきっかけとなった犬のトッドを筆頭に、豚のエマ、鶏のグリーシー、牛のマギーらとともに、夫妻は共存共栄の道を歩む方法を探っていきます。

乳牛を増やせば、それだけ彼らの糞尿が農園に増えますが、それらを肥料として活用。

糞に沸くウジや育った農作物に付くカタツムリの処理は鶏に任せて、果実を食い荒らす土ネズミは蛇や狼が勝手に食べてくれる。

「トライ(挑戦)とエラー(失敗)」を繰り返しながら答えを見つけていく――彼らが求める農場づくりがそこにあります。

どう適応し、どう活かすか


(C)2018 FarmLore Films ,LLC

本作のサブタイトルには「理想の暮らしのつくり方」とあります。

しかし観た人によっては、夫妻の暮らしぶりを理想と思わない方もいるかもしれません。

広大な土地を農場にするにはそれなりの資金が必要ですし、実際2人が農場運営のプランを友人たちに話して出資を募るも、そう事が簡単に進まない様子も映し出されます。

劇中ではあまり深く触れていないものの、運営を持続する資金面に関する苦労も、8年の間では何度となくあったはず。

理想の暮らしを現実に変えるには、それなりの忍耐力を要する――万人がそれをできるとは限らないのです。

ただ、ジョンは本作を公開するにあたって、以下のようなコメントをしています。

本作が農業の1つのやり方を推奨したり、これが唯一の道だと押し付けたりするものだと受け取られるのは不本意です。むしろ、自然は私たちに多くの答えを教えてくれるということを信じてもらえるきっかけになればと心から願っています。

自然にある多くの答えの中から、人間はすべきことを学び、活かしていけばいいのではないか。本作は、あくまでもその一つの例と考えた方がいいかもしれません。

確実に言えるのは、人間が自然とどう適応し、どこまで管理が可能なのかを知る、良いきっかけとなる作品です。

ジョンは次回作として、豚のエマを主役にしたドキュメンタリーを構想中とのこと。

夫妻にとっても動物たちにとっても、理想の暮らしに完成はないのです。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『影裏』映画と原作小説との違いをネタバレありでラストまで考察。岩手ロケ地とグルメに至るまで郷土愛に満ちた監督のこだわり|永遠の未完成これ完成である8

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第8回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回、紹介するのは、映画『影裏』です。 第157回芥川賞を受賞した、岩手 …

連載コラム

講義【映画と哲学】第3講「悲劇的な知について:ヤスパースの悲劇論からコーエン兄弟作品を見る」

講義「映画と哲学」第3講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 第3講では、ジョエル・コーエンとイーサン・コーエンの兄弟監督の『ブラッド・シンプル』(1984)をは …

連載コラム

映画『461個のおべんとう』感想と評価レビュー。井ノ原快彦主演で“イノッチらしさ満載の愛情弁当”は必見|映画という星空を知るひとよ32

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第32回 2020年11月6日(金)に全国ロードショー公開を迎える映画『461個のおべんとう』は、高校へ行く息子のためにおべんとう作りを3年間、毎日欠かすことな …

連載コラム

映画『ビューティフル・カップル 』ネタバレ感想とレビュー評価。復讐の心理に潜む被害者の尽きない苦しみ|未体験ゾーンの映画たち2020見破録27

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第27回 世界各国の様々なジャンルの映画を集めた、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブ …

連載コラム

映画『蹴る』感想と内容解説。中村和彦監督が電動車椅子サッカーに情熱を注ぐ者たちを撮る|だからドキュメンタリー映画は面白い13

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第13回 電動車椅子を“足”とする者たちが、フィールドを駆け回る――障がいを抱えながらも、彼らはなぜ、そうまでしてボールを追い続けるのか? 『だからドキ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP