Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/09/11
Update

平成仮面ライダーを演じたイケメン俳優②『クウガ』『電王』からその魅力を紹介|邦画特撮大全13

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第13章

前回は仮面ライダー俳優をジュノンボーイ出身、2.5次元作品出演経験者、若手俳優ユニット所属者の3点に分けて分析しました。

今回は平成仮面ライダーを演じた俳優の魅力を具体的に紹介していきます。

しかし平成仮面ライダーを演じた俳優の数は膨大です。

劇場版で一度変身した人間も“仮面ライダー俳優”と呼称するのであれば、その数は一気に増大します。また近年の劇場版にのみ登場する仮面ライダーは、勝村政信、片岡愛之助、陣内孝則、吉川晃司とベテラン俳優が多いです。

今回はテレビシリーズで仮面ライダーを演じた俳優、仮面ライダーを演じたことがブレイクの切掛けとなった人物に限定し、彼らの魅力を紹介します。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

自然体の演技オダギリジョー『仮面ライダークウガ』

仮面ライダークウガ 第01話

平成仮面ライダーの記念すべき第1作目は『仮面ライダークウガ』(2000)。本作の主人公、五代雄介/仮面ライダークウガを演じた俳優はオダギリジョーです。

五代雄介は本来争いを嫌う穏やかな性格の人物で、普段は居候先の喫茶ポレポレの手伝いをしています。

無差別に人々を襲っていく敵・グロンギのやり方に怒りを覚え、「みんなの笑顔を守るため」に彼らと戦う事を決意しました。

『仮面ライダークウガ』という作品自体の魅力を一言でいうと“リアリティ重視”です。

仮面ライダーであるクウガと警察が協力する、クウガが技の名前を叫ばないなどの他、キックで敵を倒す点や採石場で戦うことにも理由づけがなされています。

オダギリジョーは自然体の演技で、飄々とした雰囲気の五代雄介を演じました。

例えば「変身!!」という掛け声ですが、オダギリは自然な流れでサラリと「変身!!」と発しています。

基本的に「変……身!!」というようにタメを作ったり、異様に力強く叫んだりはしませんでした。

こうしたオダギリの自然体の演技が“リアリティ重視”の作風と合致したのです。

『クウガ』はリアリティを重視した作風のため敵が人間を襲う様子が生々しいなど、子供向け番組としては過激な描写も多々あります。

ですがオダギリジョー演じる五代雄介の飄々とした雰囲気や、五代と他の登場人物とのやり取りが作品全体の雰囲気を和らげていました。

また『クウガ』は平成ライダーで唯一の単独ライダーです。クウガ以外に仮面ライダーが登場しません。ただし他の仮面ライダーシリーズ同様に、五代雄介/仮面ライダークウガと共に戦う仲間たちは登場します。

その代表はやはり五代雄介のバディである刑事・一条薫です。一条を演じたのは葛山信吾。1990年に開催された第3回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのグランプリ受賞者です。

オダギリジョーと葛山は同時期に放映されていた『未来戦隊タイムレンジャー』(2000年)の永井大らと共に、母親層から人気を集めその後も続く“イケメンヒーロー”の火付け役となりました。

一方でオダギリが『クウガ』への出演を“黒歴史”にしていると囁かれていました。

しかし公式プロフィールには『仮面ライダークウガ』がしっかりと記載されています。

また2016年発売の「仮面ライダークウガBlu-ray BOX 2」に収録された特典映像でインタビューに答えている他、さまざまな媒体でオダギリ自身の口から『クウガ』について語っています。

オダギリジョー本人が2014年に出演したラジオで黒歴史説を否定しました。

1人+4体役 佐藤健『仮面ライダー電王』

仮面ライダー電王 第01話

時の運行を守るため、未来からの侵略者・イマジンと闘う『仮面ライダー電王』(2007)。

仮面ライダー電王に変身する野上良太郎は、気弱で腕力もなく不運続きの少年で“仮面ライダー史上最弱”と言われていました。

野上良太郎を演じたのは佐藤健。佐藤は『電王』の前年に放映されたドラマ『プリンセス・プリンセスD』(2006)で俳優デビューしたばかり。

ちなみに『プリンセス・プリンセスD』には佐藤健と同じく『電王』に出演している中村優一、石黒英雄も出演していました。

野上良太郎/仮面ライダー電王はイマジンというキャラクターの力を借りて戦います。

鬼の姿をしたチンピラのようなモモタロス。カメのような姿をしたキザで女好きのウラタロス。クマのような姿をした人情もろいキンタロス。
竜のような姿で甘えん坊なリュウタロス。この4体の力を借りて変身するのです。

イマジンたちは良太郎が仮面ライダーに変身している時だけでなく、生身の時にも憑依できます。

その時の人格は、良太郎ではなく憑依しているイマジンになるのです。つまり佐藤健は1人5役を演じているのです。

イマジンが憑依した状態の良太郎は、声が佐藤健ではなくイマジンを演じる声優によるものになります。

またイマジンごとに良太郎の服装が変わり、髪には各イマジンのパーソナルカラーのメッシュが入ります。

見た目や声が変わるとはいえ、佐藤健は野上良太郎含め5人の人格を演じなければなりません。

しかし佐藤健はデビュー間もないにも関わらず見事に演じ分けたのです。

また良太郎に憑依するイマジンは基本4体ですが、第23話・第24話と劇場版『俺、誕生!』に登場したジーク、桜井侑斗/仮面ライダーゼロノスの契約イマジン・デネブ(TVシリーズ40話のみ)にも憑依されます。

制作側は「仮面ライダーは若手俳優が演じる」という前提もあり、憑依するイマジンたちが極端な性格でそれぞれの人物像が重ならないよう配慮がなされました。

そんな制作側の心配も、佐藤健の見事な演技力に払拭されたのです。

いまや人気・実力ともにあるオダギリジョーと佐藤健。

2人の出発点と言える“仮面ライダー作品”をもう一度見直したり、未見の方は触れてみたりしてはいかがですか。

次回の邦画特撮大全は

次回の邦画特撮大全は“2度ヒーローに変身”した事をテーマに、仮面ライダー出身俳優を紹介したいと思います。

お楽しみ。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ゲート・オブ・キングダム』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ダークファンタジーな王の帰還をフィリップトッド監督が描く|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー35

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第35回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

映画『インザトールグラス』ネタバレ感想と考察解説。ラストまで草むら迷路と黒い岩の正体を深掘りする|SF恐怖映画という名の観覧車129

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile129 サスペンス映画でもホラー映画でも、人に襲い掛かるものが「理不尽」であればあるほど人は恐怖を覚えます。 「なぜ」「どうして」が無いからこそ …

連載コラム

シンウルトラマン予告予想|怪獣×シンゴジラ 斎藤工・長澤まさみら科特隊は何を見たか【光の国からシンは来る?1】

連載コラム『光の国からシンは来る?』第1回 2016年に公開され大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』(2016)を手がけた庵野秀明・樋口真嗣が再びタッグを組んで制作した新たな「シン」映画。 それが、19 …

連載コラム

映画『ラ・チャナ』から女性の生き方と権利を考える。『未来を花束にして』ほか|映画と美流百科5

連載コラム「映画と美流百科」第5回 今回は、スペインのある女性フラメンコダンサーの人生を描いた『ラ・チャナ』をご紹介します。 2016年に制作されたルツィア・ストイェヴィッチ監督の作品で、本名をアント …

連載コラム

【ホラー映画洋画歴代おすすめ】1950年代ベストランキング5選!SFファンの隠れた名作からハマープロ作品まで厳選|増田健ホラーセレクション2

おすすめの1950年代のホラー映画5選。ハマープロの作品が切り開いた時代 さて、ホラー映画に興味を持った方には、過去の作品を見たいと考えても、その膨大な数の前に立ちすくんでいませんか? そんな皆さまの …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学