Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/01/31
Update

シンウルトラマン予告考察|ガボラ・ネロンガ×本“野生の思考”×巨大人型生物【光の国からシンは来る?2】

  • Writer :
  • 河合のび

連載コラム『光の国からシンは来る?』第2回

2016年に公開され大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』(2016)を手がけた庵野秀明・樋口真嗣が再びタッグを組んで制作した新たな「シン」映画。

それが、1966年に放送され2021年現在まで人々に愛され続けてきた特撮テレビドラマ『空想特撮シリーズ ウルトラマン』(以下『ウルトラマン』)を基に描いた「空想特撮映画」こと『シン・ウルトラマン』です。


(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

本記事では連載コラム第1回記事に引き続き、2021年1月29日に公開された『シン・ウルトラマン』特報予告を考察・解説。ついに姿を現した「ウルトラ怪獣」や主演・斎藤工が手にしていた本の詳細などに言及します。

【連載コラム】『光の国からシンは来る?』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『シン・ウルトラマン』の作品情報


(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督】
樋口真嗣

【企画・脚本】
庵野秀明

【製作】
塚越隆行、市川南

【音楽】
鷺巣詩郎

【キャスト】
斎藤工、長澤まさみ、有岡大貴、早見あかり、田中哲司、西島秀俊、山本耕史、岩松了、長塚圭史、嶋田久作、益岡徹、山崎一、和田聰宏

映画『シン・ウルトラマン』特報予告の考察・解説

映画『シン・ウルトラマン』特報予告

斎藤工が手にしていた本『野生の思考』

特報予告の00分08秒、無数の本が壁中に敷き詰められた書庫と思われる空間で、斎藤工が読み進めている本。それは表紙の文面から、1962年にフランスの人類学者クロード・レヴィ=ストロースが発表した『野生の思考』だと分かります。

「構造主義の生みの親」と称されるレヴィーストロースの代表的な著作『野生の思考』。当時のヨーロッパ圏における自民族・西洋中心主義への自己批判とともに、同じく当時のヨーロッパ圏では「未開人」と称されていた人々から見出された普遍的な思考「野生の思考」の存在を提唱した書籍として知られています。

その「野生の思考」とは、効率性や概念に重きを置くヨーロッパ圏における「科学的思考」とは別に独立した形で存在し、人類の普遍的思考として捉えられています。そしてトーテミズム(人間集団がある特定の動植物=トーテムと特別な関係を持つと捉える信仰)にも見受けられるように、「野生の思考」とは自己と他者/自然物との「関係」を具体的な「記号」を用い「象徴」として表現することで現象/事物を認識しようとする思考を指しています。


(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

テレビドラマ『ウルトラマン』をはじめ、ウルトラシリーズを観てきた多くの人々は、ウルトラマンという「記号」を用いて作り手たちが描いてきた「象徴」の物語から、当時の社会の在り方や人間の在り方を学んできました。

それは『ウルトラマン』第23話「故郷は地球」、『ウルトラセブン』第42話「ノンマルトの使者」、『帰ってきたウルトラマン』第33話「怪獣使いと少年」などなど、ウルトラシリーズに秘められた「社会批判」という一面が証明しています。

つまり「ウルトラマン」という存在は、「科学的思考」に囚われがちな人々に「野生の思考」を呼び起こさせ、自身が身を置く社会や状況への注意を促す存在という一面を備えているのです。

そして「野生の思考」が「科学的思考」とは別に独立して存在してはいるものの、決して非合理的・非科学的ではないことからも、「科学特捜隊」という名称にも含まれている「科学」と「野生」という二つの思考はあくまでも「異なる認識の形」に過ぎず、その二つの思考をあわせ持つのは可能=「空想」と「科学」の共存は可能でもあります。

斎藤工が手にしていたレヴィ=ストロースの『野生の思考』。そこには、「ウルトラマン」という記号が象徴してきた物語が人々にもたらしたものとその関係性、「科学」と「空想」の共存を意味していると考察できます。

そして、当時のヨーロッパ圏の人々にとっての「未開人」という存在を取り上げている『野生の思考』。そのような本を登場させた理由には、「異星人」であり「超人」であるウルトラマンにとっての「未開人」が「地球人」であること、その上でウルトラマンが彼らの思考や価値、共存の道を探ろうとしていることを示唆するためだったのかもしれません。

「巨大人型生物/ウルトラマン(仮称)調査報告書」

特報予告00分11秒に登場する資料の「巨大人型生物/ウルトラマン(仮称)調査報告書」というタイトルを見て、『シン・ゴジラ』作中で用いられていた「巨大不明生物」を思い出した方は多いはずです。

そして何より重要なのは、この資料のタイトルからも分かる通り、仮称ではありながらすでに「ウルトラマン」という「巨大人型生物」に対する名称が用いられているということです。

「ウルトラマン」という名称は作中にてどのように命名されたのか。『シン・ゴジラ』における「呉爾羅」同様に何らかの伝説・伝承に由来するのか、もしくは『シン・ウルトラマン』におけるウルトラマンは「人類の延長線上に位置する上位存在」=「超人類」として扱われているのか。その答えは映像のみでは判断できませんが、空想は決して尽きません。

「ウルトラ怪獣」ネロンガ・ガボラの出現

特報予告00分16秒に登場した「透明怪獣」ことネロンガと、00分21秒に登場した「ウラン怪獣」ことガボラ。ついにその姿を披露した『ウルトラマン』の怪獣たちの「出現」には、特報予告を観た誰もが胸の高鳴りを抑えられなかったことでしょう。

2体の怪獣は先んじて公開されたウルトラマン同様にフルCGで表現されている他、そジュアルデザインは各怪獣の特徴はしっかりと残しつつも大幅にリファインされています。

その新たなビジュアルに、企画・脚本を務める庵野秀明の代表作である「エヴァンゲリオン」シリーズに登場する「使徒」を想起した方も決して少なくはないはずです。

ネロンガは「透明」になった状態と電気を帯びた角を、ガボラは頭部を覆う6本のヒレを開く姿をと、ウルトラシリーズファン垂涎の各怪獣の「最大の特徴」も映し出されている特報予告。果たしてこの2体は、映画本編ではどのような活躍を見せるのでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

斎藤工が読んでいたレヴィ=ストロースの著作『野生の思考』から垣間見える、「ウルトラマン」という記号が象徴する物語が意味するもの、そして人々の「関係」への再考。そうした製作陣の姿勢は、『ゴジラ』(1954)が戦後日本社会に提示した「象徴」を3.11を経た現代日本社会のもとで再考しようとした『シン・ゴジラ』と重なります。

一方でついに出現した、『ウルトラマン』を代表する怪獣たち。その活躍を期待する反面、『ウルトラマン』における「最初の怪獣」をはじめ、他にも多数の怪獣・宇宙人も出現する可能性への期待も捨て切れません。

2021年1月29日に前触れもなく公開された『シン・ウルトラマン』特報予告。その濃厚過ぎる情報量によって、人々の「空想」という名の内容予想・考察はさらに拡大してゆくでしょう。

次回の『光の国からシンは来る?』は……

次回の連載コラム『光の国からシンは来る?』は、引き続き『シン・ウルトラマン』特報予告内の映像を基に考察・解説。

ウルトラマンへの「変身」シーンと思われる場面やウルトラマンの「動く」姿などから、『シン・ウルトラマン』での活躍を予想していきます。

【連載コラム】『光の国からシンは来る?』記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

シンエヴァンゲリオン考察解説|アスカの式波シリーズと惣流の謎×ケンスケとの絆×使徒化の伏線を考察【終わりとシンの狭間で6】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第6回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした新 …

連載コラム

『ブラックパンサー』感想と考察。黒人ヒーローはワカンダから差別の歴史は塗り替える|最強アメコミ番付評7

連載コラム「最強アメコミ番付評」第7回戦 こんにちは!野洲川亮です。 2018年に公開され、全米興行収入歴代第3位、世界歴代第9位と異例の大ヒットを記録した『ブラックパンサー』。 今回は、作品から垣間 …

連載コラム

『騙し絵の牙』原作小説ネタバレと結末までのあらすじ。塩田武士が大泉洋をイメージして執筆に取り組む|永遠の未完成これ完成である12

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第12回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは2021年3月26日(金)より全国公開予定の『騙し絵の …

連載コラム

シネマルシェの連載コラムとライターのご紹介【編集なかじきり】

本日は「編集なかじきり」として、連載コラムについてお話をさせていただきます。 Cinemarcheの新たなアウトプットして、連載コラムをスタートさせたのは6月12日。早いもので、この企画もそろそろ1ヶ …

連載コラム

講義【映画と哲学】第6講「重喜劇とは何か:ベルクソンから今村昌平の重喜劇を見る」

講義「映画と哲学」第6講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 今村昌平『映画は狂気の旅である 私の履歴書』(日本経済新聞社、2004年) 第6講では、アンリ・ベル …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学