Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/07/25
Update

連載コラム「映画と美流百科」はじまります。映画とアート/ファッションの読本【編集なかじきり】

  • Writer :
  • かりごめあき

連載コラム「映画と美流百科」書き手:篠原愛

2018年6月より、Cinemarcheのヘビーユーザー向けにスタートした「連載コラム」シリーズ

盛夏を迎えた7月より、 Cinemarcheライターの篠原愛さんにによる「映画と美流百科」が新たにはじまります

スポンサーリンク

書き手の紹介

大学で美術を学びながら、講義外の活動では映画研究会で作品鑑賞に明け暮れた篠原さん。

大学を卒業した後、アパレルメーカーで勤務するなど、ファッションやアートに関する幅広い知識と、経験に裏付けされた深い考察力が持ち味のライターさんです。

例えば、「映画とファッション」なら、『ファントム・スレッド』『プラダを着た悪魔』のようなハイファッション系から、『マルタのやさしい刺繍』のような、ほのぼの系まで、アパレルの経験を生かしたコラムを模索中。

また、「映画とアート」であれば、学生時代に学んだアート全般の基礎知識を活かして、デザイナーや画家、写真家、音楽家といったドキュメンタリー映画の解説や、アーティストが主人公のフィクションの考察を執筆していただきます。

そのほかにも、『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』『バレエボーイズ』『パリ・オペラ座のすべて』といった、ダンサーや舞台監督のドキュメンタリー作品から、バレエを題材としたフィクション『リトル・ダンサー』『愛と喝采の日々』『ホワイトナイツ/白夜』など、読み応えのあるアイデアも持っているようです。

今回、篠原愛さんが執筆する連載コラム「映画と美流百科」の第1回は、映画『私は、クロード・モネ』です。

篠原愛さんの連載コラム「映画と美流百科」を、どうぞ、ご期待ください!

Category : 連載コラム

Tags :

関連記事

連載コラム

映画『パニック・イン・ミュージアム』ネタバレ感想とラスト結末あらすじ。モスクワ劇場占拠テロ事件からロシア社会を読み解く|未体験ゾーンの映画たち2021見破録39

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第39回 世界各地の埋もれかけた様々な映画を発掘・紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第39回で紹介するのは『パニック・イン・ミュージア …

連載コラム

映画『列車旅行のすすめ』あらすじと感想レビュー。アリツ・モレノ監督は「ブっ飛んだ」奇想天外な原作がお好き|TIFF2019リポート16

第32回東京国際映画祭「コンペティション」部門上映作品『列車旅行のすすめ』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が開催されました。 そのコンペティション部門で上映された作 …

連載コラム

梅沢壮一映画『積むさおり』考察とレビュー解説。日常サスペンスに施した“不快感で斬新な手法|SF恐怖映画という名の観覧車74

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile074 「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2019」の特集を終え、独創性の高い作品群が懐かしく感じる秋。 草木が枯れ落ちる、どこ …

連載コラム

『マーティン/呪われた吸血少年』あらすじ感想と考察解説。ロメロ監督がホラー映画で描く“元祖ガチ怖描写”|SF恐怖映画という名の観覧車152

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile152 数々のホラー映画の基礎を作り出し、ホラー映画界の巨匠と呼ばれる監督ジョージ・A・ロメロ。 彼が「ルーテル教会」の依頼によって製作したにも …

連載コラム

【来るネタバレ感想】最後に原作と映画が別の恐怖を描いた理由を考察|サスペンスの神様の鼓動5

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ピックアップする作品は、第22回ホラー小説大賞受賞作 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学