Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/07/25
Update

連載コラム「映画と美流百科」はじまります。映画とアート/ファッションの読本【編集なかじきり】

  • Writer :
  • かりごめあき

連載コラム「映画と美流百科」書き手:篠原愛

2018年6月より、Cinemarcheのヘビーユーザー向けにスタートした「連載コラム」シリーズ

盛夏を迎えた7月より、 Cinemarcheライターの篠原愛さんにによる「映画と美流百科」が新たにはじまります

スポンサーリンク

書き手の紹介

大学で美術を学びながら、講義外の活動では映画研究会で作品鑑賞に明け暮れた篠原さん。

大学を卒業した後、アパレルメーカーで勤務するなど、ファッションやアートに関する幅広い知識と、経験に裏付けされた深い考察力が持ち味のライターさんです。

例えば、「映画とファッション」なら、『ファントム・スレッド』『プラダを着た悪魔』のようなハイファッション系から、『マルタのやさしい刺繍』のような、ほのぼの系まで、アパレルの経験を生かしたコラムを模索中。

また、「映画とアート」であれば、学生時代に学んだアート全般の基礎知識を活かして、デザイナーや画家、写真家、音楽家といったドキュメンタリー映画の解説や、アーティストが主人公のフィクションの考察を執筆していただきます。

そのほかにも、『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』『バレエボーイズ』『パリ・オペラ座のすべて』といった、ダンサーや舞台監督のドキュメンタリー作品から、バレエを題材としたフィクション『リトル・ダンサー』『愛と喝采の日々』『ホワイトナイツ/白夜』など、読み応えのあるアイデアも持っているようです。

今回、篠原愛さんが執筆する連載コラム「映画と美流百科」の第1回は、映画『私は、クロード・モネ』です。

篠原愛さんの連載コラム「映画と美流百科」を、どうぞ、ご期待ください!

Category : 連載コラム

Tags :

関連記事

連載コラム

『あまねき旋律(しらべ)』インド・ナガランドの自然と音楽を堪能する|映画と美流百科9

連載コラム「映画と美流百科」第9回 今回 取り上げる映画は、インドの山間部にある村々で古くから受け継がれてきた“歌”を追った音楽ドキュメンタリー『あまねき旋律(しらべ)』です。 この作品はインド東北部 …

連載コラム

映画『バリーリンドン』ネタバレあらすじと感想。戦列歩兵が得る金と愛を描くキューブリックの隠れた名作|電影19XX年への旅4

連載コラム「電影19XX年への旅」第4回 歴代の巨匠監督たちが映画史に残した名作・傑作の作品を紹介する連載コラム「電影19XX年への旅」。 第4回は、『2001年宇宙の旅』や『時計じかけのオレンジ』の …

連載コラム

大林宣彦映画『HOUSE ハウス』評価解説と元ネタ紹介。『ねらわれた学園』に至った経緯も深掘り|邦画特撮大全50

連載コラム「邦画特撮大全」第50章 目黒シネマにて2019年6月22日から6月28日までの7日間、“大林宣彦デラックス~キネマの玉手箱~”が行われます。 この特集上映は『フィルムメーカーズ 大林宣彦』 …

連載コラム

松下恵映画『アラフォーの挑戦 アメリカへ』ネタバレ感想レビュー。語学留学先で見た多様な価値観と本当の行き先とは⁈|だからドキュメンタリー映画は面白い12

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第12回 「アラサー」、「アラフォー」って呼ぶのは“エイハラ”になるって知ってましたか? 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第12回は、2019年4 …

連載コラム

【東京国際映画祭2019】のん×片渕須直ほかレッドカーペットに登場!『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』|TIFF2019リポート2

第32回東京国際映画祭は2019年10月28日(月)から11月5日(火)にかけて10日間開催! 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭がついに2019年10月28日(月)に …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP