Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『アウシュヴィッツの生還者』あらすじ感想と評価解説。実在のユダヤ人ボクサー「ハリー・ハフト」の半生をベン・フォスターが見事に演じる|映画という星空を知るひとよ162

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第162回

アウシュヴィッツからの生還者ハリー・ハフトの半生を、その息子が綴った実話をもとに作られた映画『アウシュヴィッツの生還者』。

『レインマン』(1988)『グッドモーニング,ベトナム』(1987)などの名匠バリー・レヴィンソンが手がけました。

主人公のハリー・ハフトを演じるのは、『インフェルノ』(2016)に出演したベン・フォスター。ナチスの余興のための賭けボクシングで、同胞のユダヤ人らと闘わされたという壮絶な過去と妻と息子に囲まれた現代が交互に映し出されます。

映画『アウシュヴィッツの生還者』は8月11日(金・祝)より新宿武蔵野館ほか公開

アウシュビッツに収監されたユダヤ人のハリー・ハフト。彼はどのようにして、地獄のような収容所生活を生き延びたのでしょうか。映画公開に先駆けて、『アウシュヴィッツの生還者』の見どころをご紹介いたします。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

映画『アウシュヴィッツの生還者』の作品情報


(C)2022 HEAVYWEIGHT HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2023年(カナダ、ハンガリー、アメリカ合作映画)

【原題】
THE SURVIVOR

【監督】
バリー・レヴィンソン

【脚本】
ジャスティン・ジョエル・ギルマー

【キャスト】
ベン・フォスター、ヴィッキー・クリープス、ビリー・マグヌッセン、 ピーター・サースガード、ダル・ズーゾフスキー、ジョン・レグイザモ、ダニー・デヴィート

【作品概要】
映画『アウシュヴィッツの生還者』は、アウシュヴィッツからの生還者の息子が、父の半生について書き上げた衝撃の実話を映画化したものです。

監督は『レインマン』(1988)でアカデミー賞監督賞、ベルリン国際映画祭金熊賞に輝いたバリー・レヴィンソン。主人公ハリー・ハフトは、映画「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズの第3作『インフェルノ』(2016)の敵役を演じて、高評価を得たベン・フォスターが務めています。

映画『アウシュヴィッツの生還者』のあらすじ


(C)2022 HEAVYWEIGHT HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

1949年、ナチスの収容所から生還したハリーは、アメリカに渡りボクサーとして活躍する一方で、生き別れになった恋人レアを探しています。

レアに自分の生存を知らせようと、記者の取材を受けたハリーは、「自分が生き延びた理由は、ナチスが主催する賭けボクシングで、同胞のユダヤ人と闘って勝ち続けたからだ」と告白し、一躍時の人となりました。

ボクシング試合をする傍ら、脳裏に浮かぶのは、アウシュヴィッツでの苦役と命を懸けたボクシング試合に明け暮れた日々です。

生きて会おうと誓ったレアのため、ハリーは一生懸命に賭けボクシングで戦い、勝ち抜いてきました。

収容所から生還しても試合を通じてレアを探しますがレアは見つからず、彼女の死を確信したハリーは引退します。

それから14年がたちました。ハリーは別の女性と新たな人生を歩んでいましたが、彼女にすら打ち明けられない秘密に心をかき乱されていました。

そんな中、レアが生きているという報せが届きます。

映画『アウシュヴィッツの生還者』の感想と評価


(C)2022 HEAVYWEIGHT HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

生存に対する苦悩

生還者という言葉には、生き延びた人を称賛するような響きがあります。

本作『アウシュヴィッツの生還者』も、アウシュヴィッツからの生還を成し遂げたハリーに対して、ヒーローを迎えるようなイメージを持つのですが、実際はそんなに甘いものではありません。

まず、ポスターを見てもわかるように、痩せたハリーが上半身裸でリングに立っています。痩せてはいますが、とんでもなく筋肉質です。彼は生きるための手段として、自分の筋力を駆使し、賭けボクシングの勝者であり続けたのです。

それは同胞の命を踏みにじる行為でもありました。その罪の意識は彼の心に深い傷を作り、アウシュヴィッツでの出来事を語る術を封印します。

暗いアウシュヴィッツ時代を象徴するかのように、その頃の映像はすべてモノクロです。白黒であるがゆえにハリーの苦悩は、かえって生々しく映し出されます

息子に語る壮絶な過去


(C)2022 HEAVYWEIGHT HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

本作では過去はモノクロ、現代はカラーで描かれています。

なんとかアウシュヴィッツから生還したハリーは、再会を約束した恋人を探しますが彼女は見つからず、やがて傷心の彼を陰ひなたなく支えた女性と結婚します。そして息子も生まれ、傍目には幸せそうな家族なのですが・・・。

夜中にしょっちゅう悪夢にうなされるハリーは、成長していく息子になかなか自分の過去を語ろうとはしません。それを語ろうとするには、大きな決断と勇気が必要だったのです。

心の奥底に秘めた傷痕は見せたくないし、見られたくないものです。自分が生き残るために何をしてきたのか。

自ら経験した体験談は、言葉にすれば傷口を再び開くような恐ろしいものだったのに違いありません。

戦争に限らず、大きな災害や事故の体験者が自分の体験をなかなか語ろうとしないのには、そんな理由もあるのではないでしょうか。

ハリーがどうやって、またどんな想いで、アウシュヴィッツから生還したのか。父となったハリーは息子に何を語るのか。

ハリーが抱える大きな秘密が明らかになると、人としてどう生きるのかと問われるでしょう。

それでも生き残る道を選んだハリーが、懺悔のように語り出したのが本作の原作となった著書と言えます

まとめ


(C)2022 HEAVYWEIGHT HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

過去から現代まで、ナチスをテーマとした様々な映像作品が作られ、本作『アウシュヴィッツの生還者』もその中の1つとなります。

ナチスドイツの強制収容所アウシュビッツは、収監されれば生きて戻れないとまで噂される地獄のような収容所です。そこでの残酷極まりない出来事は今も語り継がれているのですが、本作ではそこからの生還者の生への希望と心の傷を鮮明に描いています。

恋人との再会のために生き抜こうとしたハリー。ですが、生きるために彼は同胞のユダヤ人との試合に勝たねばなりません。それは同時に相手の死を意味します。

同胞の死を踏み越えて生き延びる彼は、心に深い傷を負うことになりました。戦争がもたらす災いは、生存者の心にまで大きな傷痕を遺すのです

公開作を観れば、地獄の中を生き抜いた者だけが知る深い悲しみを未だに噛みしめて生きるハリーの苦悩がわかることでしょう。

『アウシュヴィッツの生還者』は8月11日(金・祝)より新宿武蔵野館ほか公開です。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

星野しげみプロフィール

滋賀県出身の元陸上自衛官。現役時代にはイベントPRなど広報の仕事に携わる。退職後、専業主婦を経て以前から好きだった「書くこと」を追求。2020年よりCinemarcheでの記事執筆・編集業を開始し現在に至る。
時間を見つけて勤しむ読書は年間100冊前後。好きな小説が映画化されるとすぐに観に行き、映像となった活字の世界を楽しむ。

関連記事

連載コラム

映画『ピアッシング』ネタバレあらすじと考察。ラブロマンスは異常な男女のダークな一夜に震えろ|サスペンスの神様の鼓動18

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ご紹介する作品は、激しい殺人衝動に取り憑かれた真面目 …

連載コラム

SF映画おすすめ5選!洋画邦画ランキング(1960年代)の名作傑作【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車85

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile085 第2次世界大戦が終結し世界に平和が訪れたかと思いきや、新たな戦争の火種が見え隠れしていた1960年代。 映画『博士の異常な愛情 または私 …

連載コラム

アニメ映画『ザ・タワー』あらすじと感想レビュー。難民問題を鋭く描きグランプリと観客賞をW受賞|2019SKIPシティ映画祭14

レバノンの難民キャンプに暮らす少女と曽祖父の強い絆 埼玉県川口市にて、映画産業の変革の中で新たに生み出されたビジネスチャンスを掴んでいく若い才能の発掘と育成”を目指し誕生したSKIPシティ国際Dシネマ …

連載コラム

映画『バニシング』ネタバレ感想と考察レビュー。実際の失踪事件をサスペンスを2重構造へ!|サスペンスの神様の鼓動28

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ご紹介する作品は、孤島を舞台に、3人の灯台守が狂気に …

連載コラム

映画『ポルトの恋人たち 時の記憶』あらすじと感想レビュー。18世紀と近未来日本の時空を超えた愛の物語丨銀幕の月光遊戯10

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第10回 こんにちは、西川ちょりです。 今回取り上げる作品は、11月10日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋他にて全国ロードショーされる『ポルトの恋人たち 時の記 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学