Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『インフェルノ』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末も【トムハンクス主演のパンデミック作品】

  • Writer :
  • もりのちこ

地球にとって人類は疫病。特効薬は「地獄=インフェルノ」

ハーバード大学教授ロバート・ラングドンが歴史に秘められた謎を解き事件解決に挑む、ダン・ブラウン原作の大ヒットシリーズ映画化第3弾『インフェルノ』

『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』に続き主役のラングドン教授を演じるのは、トム・ハンクス。そして、監督もこれまでと同様ロン・ハワード監督が務めます。

人口増加問題により人類の滅亡説を唱える生化学者ゾブリストによる、恐ろしいウィルスの開発が進んでいました。

人口の95%が感染する!?この世界が地獄になる前に、ダンテの叙事詩「神曲」の<地獄篇>に秘められた暗号を解き、パンデミックの爆心地を探し出せ! 映画『インフェルノ』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『インフェルノ』の作品情報


(C)2016 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved.

【公開】
2016年(アメリカ映画)

【原作】
ダン・ブラウン

【監督】
ロン・ハワード

【キャスト】
トム・ハンクス、フェリシティ・ジョーンズ、イルファン・カーン、オマール・シー、ベン・フォスター、シセ・バベット・クヌッセン、アナ・ウラル、アイダ・ダービッシュ、ポール・リッター

【作品概要】
ダン・ブラウン原作、世界的大ベストセラー「ラングドン・シリーズ」の実写映画化第3弾。『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』に続き、トム・ハンクスとロン・ハワード監督がタッグを組みました。ラングドンと謎に挑む女医シエナ役は、『博士と彼女のセオリー』『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』の、フェリシティ・ジョーンズが演じています。

映画『インフェルノ』のあらすじとネタバレ


(C)2016 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved.
フィレンツェの街を逃げ回る男の姿がありました。男は、高い塔の上までたどり着きます。追ってはすぐそこまで迫っていました。「隠し場所を教えるんだ」。

「地球にとって人類は疫病 特効薬は地獄」。男は塔の上から身を投げ出します。

ハーバード大学教授で宗教象徴学専門のロバート・ラングドンは、体の酷い痛みで目を覚ましました。どうやらここは病室のようです。

女医のシエナ・ブルックスが声をかけてきました。ラングドンは、自分がなぜここにいるのか、いったい何があったのか覚えていませんでした。

そこに警官の恰好をした女が、拳銃を撃ち乗り込んできます。自分が狙われていると分かったラングドンは、シエナに連れられ間一髪逃げ出します。

なぜ自分が狙われているのか。ラングドンは、頭に浮かぶ悲惨な光景にうなされます。黒マスクの男、焼かれた死体、逃げ惑う人々、斑点が浮き出た顔、それは黒死病の歴史のようでした。

シエナの部屋でラングドンは、ポケットに入った見知らぬバイオチューブを発見します。ラングドンの指紋で開いたチューブの中には、ファラデーの法則を利用したポインターが入っていました。

部屋を暗くしポインターの光りを壁に当てると、映し出されたのは「地獄の見取り図」。

イタリア・ルネッサンスの巨匠サンドロ・ボッティチェルリが、ダンテの叙事詩「神曲」の<地獄篇>に影響を受け描いた作品です。その絵は、ラングドンが見ていた不気味な幻覚の正体のようでした。

ラングドンは映し出された映像と、本物の絵画の相違点に気付きます。アルファベットの文字が加筆されていました。「真実は死者の目を通してのみ見える」。

この暗号を潜ませた人物も判明します。先日フィレンツェで塔から身を投げた男、ベルトラン・ゾブリストによるものでした。

生化学者だったゾブリストは、インターネットで人口増加による人類滅亡説を訴え、多くの信者を獲得していました。

ゾブリストは、人工的にウィルスを製造、黒死病のごとくパンデミックを起こし、人口を減らそうとしていました。ウィルステロの首謀者です。

シエナの部屋に追っ手が到着します。ラングドンを追うのは、監視対応支援チームのクリストフ・ブシャール、WHOのエリザベス・シンスキー、そして大機構最高責任者シムズ総監です。誰が味方で誰が騙しているのか。ラングドンの記憶は曖昧のままです。

絵に隠された暗号に導かれ、ラングドンはシエナと共にヴェッキオ宮殿に向かいます。「真実は死者の目を通してのみ見える」。そこには、ダンテのデスマスクが展示されていました。

しかし、ラングドンたちが到着してみると、ダンテのデスマスクは盗まれた後でした。監視カメラには、マスクを盗むラングドンの姿が映し出されます。

シエナは「何か事情があるはず」と、ラングドンを信じ再び逃亡に手を貸します。

フィレンツェを追放されたダンテが帰りたかった場所、洗礼を受けたサン・ジョヴァンニ洗礼堂にマスクはありました。

無事マスクを回収し、裏面に記載された暗号にたどり着きます。最初の詩節はダンテの引用のようです。そしてまたしても、ゾブリストにより加筆された文が存在しました。

「馬の首を経ち 盲人の骨を奪った…水は血で赤く染まる」。そこにはヴェネツィアの文字もあります。奇しくもその場所は、ダンテが死の原因となったマラリアにかかった場所でもありました。

ラングドンとシエナは、ゾブリストが残した暗号により「ウィルス兵器」へと近づいていました。

その頃、ラングドンを追っていたWHOのエリザベスと、大機構最高責任者シムズ総監が手を組んでいました。

エリザベスは、ラングドンの古くからの知り合いです。お互いを大切に思いながらも、進む道の違いで恋愛関係を諦めていました。ラングドンの命が心配です。

シムズは、権力者たちの依頼を受ける「大機構」という名の機密組織の総監です。ゾブリストから指定日に公開するようメッセージビデオを預かっていました。

事の重要性に気付いたシムズは、ゾブリストの死の知らせの後、約束日を待たずに内容を確認し、ウィルス兵器の存在を突き止めます。

エリザベスとシムズも、ラングドンたちを追ってヴェネツィアに向かいます。

ラングドンとシエナは、サン・マルコ大聖堂に来ていました。「サン・マルコの馬」にまつわる品々が展示されています。親交のある館長エットーレが、2人を案内してくれました。

十字軍のとき、コンスタンティノープルから略奪され持込まれた4頭の馬像。輸送のために馬たちの首を切り落とし運んだという説があります。命令を出したのはエンリコ・ダンドロ総督です。

「私たちは来る場所を間違っていた。ダンドロ総督の墓は、まさしく馬が元々あった場所、コンスタンティノーブルだ」。

以下、『インフェルノ』ネタバレ・結末の記載がございます。『インフェルノ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2016 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved.

そこに、2人を追って来たもうひとつの組織、監視対応支援チームのブシャールがやってきました。逃げるラングドンとシエナ。

しかし、シエナが途中でラングドンを突き放し、ひとり逃げ去ります。シエナの裏切りに動揺するラングドンは、ブシャールに捕まってしまいました。

シエナとゾブリストは恋人同士でした。ゾブリストと思想を同じくするシエナは、ウィルス拡散の手助けをしていたのです。

ゾブリストの身に何かあった場合、自分が計画を実行する。暗号解読のため、シエナは「大機構」のシムズに依頼し、ラングドンを騙し暗号を解かせたのです。

一方、ラングドンを捕えたブシャールの真の目的は、ゾブリストが残したウィルスを高値で売りさばくことでした。

ブシャールが、ラングドンに迫ったその時、シムズが助けに来ました。無事に救出されたラングドンは、エリザベスと合流し、シエナを追いコンスタンティノープル(現イスタンブール)に向かいます。

「ウィルス拡散を阻止出来なかった場合、世界の人口の95%が1週間以内に感染するわ」。

「天国そのもののドーム」と称されるアヤスフィアの黄金の天上を通り、ラングドンたちはダンドロの墓にたどり着きました。ウィルスらしきものは見当たりません。

墓の下に耳を当てると水の流れる音がします。ダンテの<地獄篇>最終歌を再現するかのように、下から音が伝わってきます。

「この水の行き着く先はどこですか?」。「ここから少し先にある、街の古い貯水池、イェレバタン・サラユです」。

沈んだ宮殿を意味するイェレバタン・サラユは、広大な地下空間に大理石の柱が何本も建ち、水の上には通路も渡され、今やカフェも備える観光名所になっていました。

現在も使われている貯水池ならば、水系感染の病原体が考えられました。しかし、やっかいなことに、ゾブリストの計画は違ったようです。

暗くて湿度の高い洞窟にたまった水の中で袋に入れられた病原体が培養されています。袋が何かの振動で破れた時、ばら撒かれるウィルスは空気感染で広がります。

さらに今夜は、イェレバタン・サラユでコンサートが開催されるということです。ラングドンたちが駆け付けた時には、すでに大勢の客で賑わっていました。

警察の登場で地下はパニックと化します。洞窟の赤壁の色が、血の色のように水辺を照らし揺らめいています。

人ごみに紛れ、爆弾と起爆装置を手にしたシエナが、ウィルスが沈む柱へと急いでいました。爆弾を水に沈ませたところで、ラングドンがシエナに追いつきます。

「止めるんだ。誰にそんな権利があるんだ。人間は愛の名で大罪を犯してきた。君の行動は愛だと言うのか?」。「人間は行動を起こす責任がある」。

いち早くウィルスの袋を発見したエリザベスは、水の中に飛び込み特殊ケースの中に袋を回収しようとしています。

シエナが、手に持っていた起爆装置を押しました。爆発は起こりませんでした。失敗かと思われた瞬間、シエナは水の中に飛び込み、自らの手で爆弾を押しました。

凄まじい衝撃が一帯を襲います。水の中で衝撃をやりすごしたエリザベスとラングドン。ウィルスを回収したケースも無事でした。

すべては、世界を救いたいという願いからでした。シエナの遺体が運び出されます。

後に、ラングドンはヴェッキオ宮殿に立ち寄り、ダンテのデスマスクを返却しました。

スポンサーリンク

映画『インフェルノ』の感想と評価


(C)2016 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved.

ダン・ブラウンの小説の映画化は『インフェルノ』で3作目となりますが、このロバート・ラングドンシリーズは2020年現在までに5作出版されています。

また、映画化第1弾『ダ・ヴィンチ・コード』は、2003年刊行。第2弾『天使と悪魔』は、2000年に刊行と、映画化の順番が変わっています

作品ごとに物語が完結しているので、どの作品から読んでも楽しめ、充分な読みごたえを得る事が出来ます。

ちなみに、「ダ・ヴィンチ・コード」と「インフェルノ」の間に「ロスト・シンボル」も出版されており、2017年刊行された「オリジン」となります。

人類の歴史に残る名画や建築物に隠された暗号を考察し、そこに現代の科学と宗教を織りぜた壮大なスケール感は、都市伝説好きには堪らないシリーズとなっています。

レオナル・ド・ダヴィンチ、イルミナティ、フリーメイソンと歴史上の重要人物や秘密結社の謎に迫ってきたダン・ブラウンが、今回取り上げたのは、ダンテの「神曲」<地獄篇>。

さらに、ダンテの<地獄篇>に影響を受け描いたとされる、サンドロ・ボッティチェルリの「地獄の見取り図」が映し出されます。

そして事件は、その「地獄の見取り図」を模倣するかのようなウィルステロへと繋がります。

2020年現在、中国・武漢を発生源とされる新型コロナウィルスが、世界中に感染者を増やし生命を脅かしています。

人口増加はこの先、人類を滅亡へと加速させるのか。人間の間引きが我々の知らない秘密裏に行われているとしたら……。信じるか信じないかはあなた次第です。

原作「インフェルノ」との違い


(C)2016 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved.

原作の謎解きはさらに深く、ラングドンが遭遇する危険度も増しています。謎の答え合わせとして小説を読んでみるのもお勧めです。

映画化で原作と違う点がいくつかあります。大きな違いは、エンディングにあります。

映画では、ラングドンと行動を共にしたシエナが最後は命を落としてしまいますが、原作ではシエナは生きのびます。

シエナは、ウィルスを作り出したゾブリストの恋人でした。彼の亡き後、意思を継ぎウィルス拡散にラングドンを利用しようとします。

映画では、ゾブリストとの愛を貫き体を張ってウィルステロを決行しますが、原作でのシエナは、ウィルス拡散を阻止すべく動いていたのです。

さらに原作では、ウィルスはすでに拡散されておりパンデミックが起こります。しかし、人々に変化は見られませんでした。

そのウィルスは、潜行性で誰も感染したことに気付かない、人の生殖機能を破壊するウィルスだったのです。

人口増加による人類滅亡を説いていたゾブリストが開発したウィルスは、今後全人類のDNAに根付き、世界人口の3分の1が生殖不能になり続けるという恐ろしいものでした。

ウィルス拡散を望まなかったシエナでしたが、新たなテクノロジー時代において遺伝子操作は進歩だと言い放ちます。

AI時代はより優れた人間を必要とするでしょう。より強く、より健康で、より高度な知能を持つ人間。トランスヒューマニズムは、もう避けては通れない人類の道なのです。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2016 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved.

ダン・ブラウン原作、世界中でベストセラーとなったラングドンシリーズの映画化第3弾『インフェルノ』を紹介しました。

「今、このスイッチを押せば人類の半分が死ぬ。しかし、押さなければ人類は100年後に滅びる。すべてはあなた次第」

あなたなら、どちらを選択しますか?地球にとって人類こそが疫病なのでしょうか。

これまでにも人類は、数々のパンデミックと戦ってきました。人間は考える生き物です。自分は今何をするべきか。

決して地獄への道を選択しないよう、協力して明るい未来へと歩んでいきたいものです。




関連記事

サスペンス映画

映画『ナチス第三の男』ネタバレ感想評価と結末あらすじ。実話原作を基にハイドリヒ暗殺計画の真実と現実を探る

「ナチス第三の男」暗殺をめぐる真実の物語。 第二次世界大戦中、冷徹極まりない手腕から「金髪の猛獣」と呼ばれたナチス親衛隊No.2のラインハルト・ハイドリヒ。 映画『ナチス第三の男』は、ナチス政権内にて …

サスペンス映画

映画『オンリー・ゴッド』あらすじと感想レビュー!ラスト結末も

2012年に映画『ドライヴ』で日本の映画ファンに、その名を知らしめたニコラス・ウィンディング・レフン監督。 ふたたびニコラス・ウィンディング・レフン監督&ライアン・ゴズリングがタッグを組んだ …

サスペンス映画

映画『マザーレス・ブルックリン』あらすじネタバレと感想。エドワードノートンが原作の設定を1950年代に置き換えて描いたノワール

恩人はなぜ殺されたのか? 真相を追う探偵の前に現れた巨大な敵とは!? エドワード・ノートンが監督・製作・脚本・主演を務めた映画『マザーレス・ブルックリン』。 フルース・ウィリス、ウィレム・デフォー、ア …

サスペンス映画

【三度目の殺人】役所広司(三隅)演技評価と感想。真犯人の真相は?

是枝裕和の最新映画『三度目の殺人』が、2017年9月9日(土)に公開。 弁護士が殺人犯の心の奥底に潜む真意を、弁護する立場から見つめる姿によって、新たな真実を想像する法廷サスペンス。 キャストは是枝監 …

サスペンス映画

映画『ザ・シークレットマン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ウォーターゲート事件を内部告発したFBI副長官の目線で映像化。 『コンカッション』や『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』のピーター・ランデスマン監督が徹底的なリサーチの末に脚本を書き上げた映画 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学