Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドラマ映画

映画『ハドソン川の奇跡』あらすじネタバレと感想!ラストの結末も

  • Writer :
  • アキバ

名匠クリント・イーストウッド監督と名俳優トム・ハンクスが初タッグ。

乗員乗客155人全員が奇跡の生還を果たした航空機事件「USエア1549便不時着水事故」を映画化。

今回紹介するのは『ハドソン川の奇跡』。あなたもこの奇跡に感動します。

スポンサーリンク

映画『ハドソン川の奇跡』の作品情報

【公開】
2016年(アメリカ)

【原題】
Sully

【監督】
クリント・イーストウッド

【キャスト】
トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー、クリス・バイアー、マイク・オマリー

【作品概要】
『アメリカンスナイパー』で見る者の心を衝撃で震わせたクリント・イーストウッド監督が、トムハンクスを起用して描いたヒューマンドラマ。

2009年アメリカで実際に起きた航空機不時着水事件を全編IMAXカメラで撮影した話題作です。

原作は、当事者であるチェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断『ハドソン川』の奇跡」。

映画『ハドソン川の奇跡』あらすじとネタバレ

奇跡と英雄


2016 Warner Bros. All Rights Reserved

ラガーディア空港直後の飛行機の操縦席に座る、初老の男性チェズレイ・サリー・サレンバーガー(トム・ハンクス)は、ニューヨークのど真ん中に飛行機が墜落する夢を見て、飛び起きます。

サリーは数日前、実際に機長として操縦していた飛行機がハドソン川に不時着水するという事件を起こしていたのでした。

世間では、その事件の報道が連日流れています。

2009年1月15日。サリーの操縦する飛行機は、ニューヨークの上空で飛行困難のトラブルに見舞われ、ハドソン川に不時着水します。

乗員乗客全員が無事に生還したことから、「奇跡的な運に恵まれた」としてメディアは賞賛しました。

英雄と称されたサリーでしたが、複雑な心境でした。

サリーは、パイロットの制服に着替えて、出掛けます。NTSB(国家運輸安全委員会)の審問会へ向かいます。

NTSBとは、アメリカ合衆国における運送に関連する事故を調査し、将来の事故を防止する目的で原因と対策の究明を行う独立国家機関のことです。

事故の保険金が関係してくる為、事故の原因調査は事細かく行われます。NSTBの審問はかなり厳しいものでした。

事故の原因は、バードストライク。

「離陸直後に鳥の大群と遭遇し、両方のエンジンが停止してしまった」

「40年以上、何千回もの経験から、高度不足から旋回し最寄りの空港に戻ることは出来なかった。ハドソン川であれば、着水出来ると思った。」とサリーは語ります。

審問会を終え、サリーは妻・ローリー(ローラ・リニー)へ電話をかけます。

事件後からはホテルで過ごしていた為、サリーは知らなかったのですが、自宅には大勢のマスコミが押し寄せていて、2人の娘も呆然としていました。

事故の原因が判明するまでは自宅には帰れないと、ローリーに伝えます。

容疑者としての疑惑


2016 Warner Bros. All Rights Reserved

副機長のジェフ(アーロン・エッカート)からテレビに出演が決まったと聞きます。

インタビュアーとの対談で、「英雄と呼ばれる感想は?」と聞かれ、「英雄ではない。ただやるべきことやったまで。」とサリーは答えていました。

その後もいくつものバラエティ番組や報道番組などに出演し、英雄と呼ばれもてはやされ、違和感を感じていました。

インタビューに疲れて窓の外に目をやると、都会のビルに飛行機が落ちる幻想を見るなど、サリーは何度もトラウマに悩まされています。

そんなときにNTSBの審問で「ACARS(航空無線データ通信)では、左エンジンがわずかだが動いていた」と情報が浮き上がってました。

コンピュータのシュミレーションでは、何度もラガーディア空港に到着することができたという結果が出ていたのです。

エンジンは起動していた可能性とシュミレーション結果に、サリーは乗客を危険にさらしたとして容疑者の疑惑が上がってきていました。

究極の決断


2016 Warner Bros. All Rights Reserved

事件当日。2009年1月15日。

サリーはニューヨーク市にあるラガーディア空港内の売店でツナサンドを購入します。その日の目的地は、ノースカロライナ州のシャーロット空港でした。

午後3時半過ぎ、予定より20分遅れて離陸します。

離陸から1分25秒後、バードストライクが起こります。

機体は揺れ、大きな衝撃を受けます。それは、シュミレーションとは全く違ったものでした。

「メーデーメーデーメーデー。こちら1579便、両エンジントラブルにつき、そちらに空港に着陸したい。」サリーはラガーディア空港に連絡します。

ですが、ラガーディア空港へ向かうには、高度が低すぎるとすぐに判断したサリーは、言います。「無理だ。川へ。ハドソン川に降りる。」

サリーは乗員乗客に放送をします。「衝撃に備えて」と。
それを聞いたCA達は「頭を下げて、姿勢を低くして」と何度も乗客に指示を出します。

その頃、ラガーディア空港の管制塔では、サリーの判断にパニックを起こしていました。

何故なら不時着水は、不時着離と違って難易度がとても高く成功率はごくわずかの事例であったからです。

そんな折、奇跡的にもサリーはハドソン川への着水を成功させます。コックピットを出て乗客に救命胴衣の着用と緊急脱出の指示を出します。

この日の気温は、氷点下を超え、水温2℃。サリーは「可能な限り上着を着て避難して」と乗客に呼びかけ、誘導していました。

乗客を飛行機の翼の上に避難させ、サリーは機内に人が残っていないか、何度も確認をします。

NY沿岸警備隊を始め、近くにいた観覧船、水上バス、水上タクシーが駆け付け、乗客を救助していきました。

最後に救助されたサリーは、川に浮かぶ飛行機を見ながら妻のローリーに連絡をします。「事故が起きたが、私は無事だ。今日は帰れない。」

間も無く、救助人数が判明し、155人の乗員乗客全員が無事との連絡が入ってきました。

全員が無事だった事を知ったサリーは胸をなでおろすのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ハドソン川の奇跡』ネタバレ・結末の記載がございます。『ハドソン川の奇跡』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

公聴会が開かれる3日前の夜。

フライトシュミレーションに対してある事に気がつき、同僚のサリー(クリス・バウアー)に、「公聴会の席でシュミレーションをリアルタイムでしてくれないか」と頼みます。

そして当日、公聴会は運輸局連邦航空局で行われました。

ラガーディア空港へ戻るパターンとGW橋から近いテターボロ空港へ行くパターンの2つのフライトシュミレーションが行われ、どちらも成功します。

それを見た後、サリーはこのシュミレーションに対して、「人的要素が加味されていない」と、発言します。

実際、シュミレーターのパイロットは、「機体に鳥がぶつかりエンジンが切れ、空港へ戻る」という事を前提に操縦をしており、そこには判断をする時間は考慮されていなかったのです。

改めて、エンジンが停止してから35秒の時間を置いた設定でシュミレーションをしたところ、先ほどの2つのパターンのシュミレーションをどちらも失敗に終わりました。

この結果に、サリーやジェフに圧をかけていた議長らも押し黙るしかありませんでした。

続いて、本題であるUSエアウエイズ1529便の事故当時のフライトレコーダーを再生されました。

鳥がぶつかる音から、ハドソン川に着水までの数分間の音声が会場に響き渡ります。

聴き終わった後、サリーは休憩を申し出て席を立ちます。

ロビーにでたサリーはジェフに言います。「俺たちは良くやった。素晴らしいチームワークだった。」

2人はがっちりと握手を交わし、会場に戻りました。

会場へ戻ると、NSTBから報告があり、事故当時バードストライクで両方のエンジンが破損していたということが判明しました。サリーは間違っていなかったのです。

最後にサリーがこう語ります。「今回の不時着水は奇跡ではないし、私は英雄ではない。乗員乗客、救助隊、様々な人のお陰で全員助かったのだと思う。」

ラストはサリー本人と妻のローリーの映像が流れ、エンドクレジットとなります。今でも、サリーのもとへ、感謝の手紙は届く様です。

スポンサーリンク

映画『ハドソン川の奇跡』の感想と評価


2016 Warner Bros. All Rights Reserved

非常に綺麗にまとまった、クリント・イーストウッドのベテランを感じさせる贅沢な良作だったと思います。前半に悪夢的な映像を観せる事が後半に連れてのストーリーにとても上手いミスリードとなっています。秀逸です。

そして何よりサリーの人間性には心が熱くなります。格好良いいです。
ジェフとの握手を交わすシーンが最高です。

本作はハリウッドではお馴染みの超ド派手な航空事故のパニックものではなく、「155人を救ったこの男の判断は本当に正しかったのか」という疑惑が向けられ、英雄から容疑者と真実の行方を描く事故後のドラマがメインとなっています。

これでもかっていうくらい何度も流れる事故の回想シーンは印象的です。

ラストの法廷シーンとても良いです。緊迫した回想シーンの後、淡々としたシュミレーション映像。絵面としては比較的に地味な演出を取っています。しかし、これがもしこうなっていたらという恐怖を鑑賞者に提示されていたりします。

そして9.11によってニューヨークに深く刻まれてしまったあの事故の再来にならなかったことや不時着水した飛行機の乗員乗客を救う為、湾岸警備隊を始め、多くの人たちが危機感を持って動いたこと。その一連の流れがあってハドソン川の奇跡が生まれた事を感じさせられました。

スポンサーリンク

まとめ


2016 Warner Bros. All Rights Reserved

クリント・イーストウッドとトム・ハンクスが初めてタッグ組み、全編IMAX撮影で「USエアウエイズ1549便不時着水事故」というノンフィクションに挑みました。

155人の命を救った英雄が何故容疑者になったのか?

今だからこそ、世界に贈る奇跡の「真実」です。

スポンサーリンク

関連記事

ドラマ映画

映画『野火』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

モロッコの現地日付け2016年12月4日に、第16回マラケシュ国際映画祭にて、塚本晋也監督が功労賞「トリビュート」を受賞しました! 塚本監督の積み重ねて来た映画製作の大きな功績に贈られた賞で、授与式に …

ドラマ映画

映画レイジー・ヘイジー・クレイジーあらすじとキャスト!公開日はいつ?

2015年に東京国際映画祭「アジアの未来」にて、アジア発の新進気鋭監督を発掘する部門で上映された『レイジー・ヘイジー・クレイジー』を紹介します。 エロ可愛いくって、それでいて繊細な乙女心を見せてくれる …

ドラマ映画

映画『ふきげんな過去』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク 映画『ふきげんな過去』作品情報 【公開】 2016年(日本) 【監督】 前田司郎 【キャスト】 小泉今日子(未来子)、二階堂ふみ(果子)、高良健吾(康則)、板尾創路(タイチ)、山田望 …

ドラマ映画

映画『ブリムストーン』あらすじとキャスト!感想レビューも

ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に選出された、愛と暴力と信仰心を巡る壮絶な年代記、いよいよ日本公開! 映画『ブリムストーン』は、2018年1月6日(土)より新宿武蔵野館ほかで順次公開される主 …

ドラマ映画

映画『ボブという名の猫』あらすじと感想レビュー!ラスト結末も

今、日本は空前の猫ブーム。猫がテーマの映画は邦・洋問わず見られます。 そんな中、今回は実話でベストセラーにもなった、ホームレス同然のミュージシャンと野良猫の運命的出会いを描いた『ボブという名の猫 幸せ …

映画専門サイトライター募集中