Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2020/10/30
Update

映画『罪の声』ネタバレあらすじと感想レビュー。実在の未解決事件の真相を解き明かすミステリー!

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『罪の声』は2020年10月30日(金)より全国ロードショーされています。

映画『罪の声』は、実際に起きた昭和の未解決事件を基にした塩田武士の同題小説の映画化。

監督は『いま、愛に行きます』『麒麟の翼』の土井裕泰。脚本はドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』などで知られる野木亜紀子が手掛けています。

主演に小栗旬と星野源という、いま最も求心力のある2人を迎えて描く重厚な大作ミステリーです。35年の時を経て、脅迫テープに残された子どもの声が未解決事件の全貌へと導きます。

スポンサーリンク

映画『罪の声』の作品情報


(C)2020「罪の声」製作委員会

【公開】
2020年(日本映画)

【原作】
塩田武士『罪の声』(講談社文庫)

【脚本】
野木亜紀子

【監督】
土井裕泰

【キャスト】
小栗旬、星野源、松重豊、古舘寛治、市川実日子、阿部純子、原菜乃華、阿部亮平、宇野祥平、尾上寛之、川口覚、火野正平、宇崎竜童、梶芽衣子

【作品概要】
塩田武士の同名小説を『いま、愛に行きます』(2004)『麒麟の翼』(2011)の土井裕泰監督が映画化。脚本は『逃げるは恥だが役に立つ』(2016)『アンナチュラル』(2018)『MIU404』の野木亜紀子。

主演は小栗旬と星野源。星野に加えて、野木亜紀子脚本作品に出演経験のある古館寛治、松重豊、市川実日子など共演として並んでいます。他にも宇崎竜童、火野正平、梶芽衣子らベテラン俳優も並ぶ重厚な布陣となっています。

映画『罪の声』のあらすじとネタバレ

(C)2020「罪の声」製作委員会

1984年の春、大阪。おまけ付き菓子で人気の製菓メイカー“ギンガ”の社長が、自宅に押し入った暴漢に誘拐され、その後身代金が要求されるという事件が発生しました。

社長は自力で、監禁場所から脱出したことで事件は終了したかに見えました。しかし、犯人グループは今度は店頭に並ぶ製品に毒物を仕込むとして企業を脅迫。

その一方で“くらま天狗“を名乗り、警察・マスコミに数十通に及ぶ“脅迫状”・“挑戦状”を送りつけ、世間を騒がして捜査をかく乱していきます。

警察は犯人を捕らえることができず、“日本初の劇場型犯罪”と言われた“ギン萬事件”の犯人グループは、深淵の中に消え去り、事件未解決のまま時効を迎えました。

昭和を揺るがした“ギン萬事件”から35年。大阪・大日新聞社の阿久津は、平成から令和に変わっていくタイミングで、昭和・平成の未解決事件を改めて追うという企画を任されます。

担当となった事件は“日本初の劇場型犯罪”と呼ばれる“ギン萬事件”。全く記憶にないほどの過去の事件を任されて途方に暮れる阿久津に、社会部の鳥居が、事件の当時イギリスにいた日本人の男がオランダのビール王の誘拐事件を調べ回っていたという情報を与えます。

藁にもすがる思いでロンドンに向かった阿久津はそこで、当時怪しい動きをしていた中国人の存在を知ります。

その男の行方は分かりませんでしたが、当時交際していたジャーナリストの女性は、今は教鞭をとっているソフィという女性を教えられます。

ソフィを訪ねた阿久津ですが、「中国人には知り合いはいない」と言われてしまいます。阿久津は早々に手だてを失ったのです。

そのころ、京都のテーラー曽根の二代目店主の俊也は家の押し入れの奥から、父の名前を冠した箱を発見、中には英語でびっしりと埋められた黒革の手帳と、1984と書き込まれたカセットテープを発見します。

テープを再生すると、そこには自分の子供ころの懐かしい声が吹き込まれていました。懐かしい思いを抱えたまま聞き続けると、突然、テープの音声の調子が変わります。

そして、何かを読み上げるような俊也の声が聞こえてきます。その中で幼い俊也の声は「きょうとへむかって いちごうせんを にきろ ばーすてーい じょーなんぐちの べんちの こしかけ」という文言を読み上げていました。

事態が飲み込めない俊也は、ヒントを探して手帳を開き、英語ばかりの読み解けない文中で“ギンガ”と“萬堂”の文字を見つけます。

2つの社名から昭和の未解決事件=“ギン萬事件”を思い出した俊也は、インターネット上にある企業脅迫に使われた子ども声の音声データーを発見、恐る恐る再生させるとテープと全く同じ内容でした。

思わず俊也はつぶやきます「俺の声だ・・・」と。

俊也はテープと手帳の秘密を調べるために父親の代から付き合いのある仕立て職人の河村のもとへ向かいました。そこで、俊也は父親の兄・伯父の曽根達雄の存在を知らされます。

達雄は死んでいると聞かされてきた俊也は驚きます。達雄をよく知るフジサキと会った俊也は、自分の一族の過去について聞かされました。

達雄と俊也の祖父にあたる人物が、新左翼運動の過激派の内ゲバの“誤爆”で殺されたというのです。祖父の勤め先は“ギンガ”でした。

“ギンガ”側は祖父を過激派の一人だとみなして、誤解であったことにも耳を傾けず、線香一本も上げに来ることはありませんでした。

達雄は心の底に苛立ちを抱えるようになり、やがて大企業を向こうに回した活動に参加していきます。

“ギン萬事件”の直前、食品会社で働いていたフジサキのもとに達雄が突然現れ、“ギンガ”などの在阪食品会社の株価の状況を尋ねてきたことがあったのだそうです。

そしてフジサキは、一枚の写真を見せます。そこは柔道場にいる若き日の光雄と達雄の姿がありました。

この写真に一緒に写っている人物を追えば真相が分かるのではないかと、俊也は30年以上前の出来事を追い始めます。俊也は、最後に達雄から連絡があった時に話していたという堺の小料理屋“し乃”に向かいます。

そこにいた板長は“ギン萬事件”にかかわる事柄と分かると歯切れが悪くなりますが、俊也が自分がテープの“声の子ども”だったと告げると意を決したようにある事実を伝えます。

それは“ギン萬事件”の最中、“し乃”で犯人グループ=くらま天狗の会合があったというモノでした。達雄を含めて複数の男たちがいて、中には闇社会の住人と思われる者もいました。

その中に、耳のつぶれた男がいたと板長は言います。その男の素性を追うと、生島秀樹という元滋賀県警のマル暴の刑事だったことが分かりました。

生島は暴力団から現金の授受があったとされて懲戒処分を受けていました。当時の生島には、中学生の娘の望と息子の聡一郎がいました。

時期を逆算して望がいたのではないかと思われる中学校を訪ねた俊也は、当時の担任教師と会うことができ、ある日突然生島一家が姿を消したことを知らされます。

一方、ロンドンへの出張が空振りに終わった阿久津は、鳥居や、“ギン萬事件”当時、大日の記者だった水島から得た過去の資料やメモを見直し、ロンドンの“ギンガ”株の外人買いが進んでいるという情報をスクラップを発見します。

思わぬ形でロンドンという文字を見た阿久津は、当時を知る証券ディーラーを探して回ります。

東京で、当時を知る元証券ディーラーとコンタクトを取った阿久津は、この記事の外人は“黒目”(=日本人)によるもので偽装した口座を使った株式の空売り目当てとのものではないかという推理を聞かされます。

高値の時に株を売りに出す架空の取引をして、値下がりする時に買い戻せば、その差額が大きな利益を生むというのが空売りです。

そこで、阿久津はギン萬事件の犯人による脅迫状・挑戦状のことを思い出します。犯人からの脅迫を受けて企業の株価は軒並み暴落していたのです。

もし犯人が株価操作による利益を得ていたとしたら、大々的な劇場型犯罪を展開しながらも、ターゲットの企業から一円も手にしなかったことも合点がいきます。

“ギン萬事件”が意図的に株価操作をして利益を得る“仕手筋”によるものではないかという新たな考えが、阿久津の中に出てきました。

他方で、阿久津は当時、犯人によるものではないかと思われる無線のやり取りを知る男にあたり、その後、トラック運転手の金田という男に行き当たります。

彼の知り合いの中古車販売会社の社長は、当時の言動から金田がギン萬事件に一枚噛んでいると確信。社長はその証拠として、ある釣りの場を映した一枚の写真を阿久津に差し出します。その写真には“キツネ目”の男が映っていました。

東京の証券ディーラーにその写真を送ると、この男こそ、当時ディーラーの間で話題になっていた男だと言うことが明らかになります。

阿久津はさらに当時の株式売買事情を知る大物ニシダ(仮名)にたどり着き、録音をしないことを条件に情報を得ます。その男は、短い間ではあるもののニシダのもとでビジネスについて学んでいた男でした。

彼らは仕手筋で、さらに金主(きんしゅ=スポンサー)の上東という人物がいたことを知らされます。大日新聞に戻った阿久津は、これまでの情報から犯人のメンバーと思われる人間を一人、また一人とピックアップしていきます。

そして、メンバーの男と親しい関係にあった女性が堺の小料理屋“し乃”の女将だったことを突き止めました。

一方、生島望の母校から連絡を受けた俊也は、望の同級生だった女性と引き合わされます。女性は、今まで誰にも話していなかったことを聞かせてくれました。

望を含む生島一家が忽然と姿を消してからも、この同級生はこっそりと望から連絡を受けていたというのです。

望の話では、失踪した当日の朝、いつもの朝を迎えていると父親・生島秀樹の友人という2人の男が現れて、「生島は青木に殺された」と話し、生島の家族にも害が及ぶと言い、今すぐ家を離れるように告げます。

取るものも取り合えず家を飛び出した生島の母子3人は、生島の後輩の山下の知縁のある土地に逃れますが、その後・別の建設会社の寮に移って暮らしました。

その様子を聞いていた同級生はさらに、望が“ギン萬事件”の“声の子ども”だと言うことを告げられ、あの声のせいで人生はおしまいだと涙ながらに話していたと俊也に言いました。

同級生と望はその後、会う約束をしていました。待ち合わせ場所は大阪・“ギンガ”の電飾看板の下、しかし望は現れませんでした。

同級生は事件が時効になっても望は現れず、あきらめていましたが、“声の子ども”である俊也が健在であることから、望もまた健在なのではないかと希望を持ちます。

一方、“し乃”の女将にけんもほろろに追い返された阿久津ですが、何かを言いたげな板長と目が合います。女将が出かけた後に、改めて“し乃”に向かった阿久津は、板長にキツネ目の男が映った写真を見せて事情を聞きます。

俊也に続けて、“ギン萬事件”のことを尋ねてきた阿久津の登場に、板長は思わず「自分のことを誰かに聞いたか?」と尋ねます。

板長から、“し乃”の二階の座席で犯人グループの会合があったことを知らされた阿久津は、ついに犯人のしっぽを掴みます。

後日、板長との何気ないやり取りのなかで、自分より前に“し乃”を訪ねてきた人間がいるのではと考えた阿久津は、再び“し乃”を訪れ、俊也の存在を知ります。

京都のテーラー曽根を訪れた阿久津は、曽根俊哉と対面します。全く違う角度から、30年以上前の未解決事件を追った二人の男が出会いました。

俊也を脅迫電話の子どもの一人ではないかと考えた阿久津は、そのことを正面からぶつけますが、俊也は自分には妻子があり、店もあり、病身の母親も抱えている、面白半分に取り上げないでくれと言い追い返します。

一度は阿久津を追い返した俊也ですが、自分のなかでの決着、テープの秘密、手帳の持ち主・伯父の達雄の行方、そして同じ“声の子ども”であろう望と聡一郎の行方を案じ、阿久津と共に真相を追うことを決意します。

“ギン萬事件”から数年後、青木組傘下の建設会社で放火殺人事件があったことを知った阿久津は、容疑者の男・津村と共に当時、中学生ほどの男の子が消えたことを知ります。

この男の子こそ生島の息子・聡一郎だと確信した阿久津は俊也とともに、津村と男の子の後を追い、四国から岡山まで足を延ばします。

男の子・聡一郎と津村は途中で別れ、聡一郎は青木組の追手から逃れるために各地を転々としていました。

岡山の中華料理店では息子同然の扱いを受けて、世話になっていましたが、ある日何かに追われるように姿を消しました。
中華料理店の店主で事情を打ち明けた2人は、聡一郎の連絡先を教えてもらいます。

電話で聡一郎と話をする俊也。聡一郎は自分に関わるなと言って電話を切りますが、もう一度つながった電話で俊也もまた“声の子ども”だと告げ、聡一郎と会う約束をします。

待ち合わせの場所は、かつて望がたどり着けなかった大阪の“ギンガ”の電飾看板の下でした。

30年以上の年月を経て出会った俊也と聡一郎。聡一郎は俊也と、同席した阿久津の前で逃亡生活の真実、そして望のことを語り始めます。

以下、『罪の声』ネタバレ・結末の記載がございます。『罪の声』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2020「罪の声」製作委員会

聡一郎は失踪したその日からの出来事を語って聞かせます。その日の朝、家にやって来た2人の男(曽根達雄と山下)から「父親が殺されて、家族も危ない、今すぐ逃げるように」と言われ、母と姉と共に奈良の山下の恋人の家に逃げます。

しかし、後を追う青木組に行方を掴まれ、やがて青木組の建設会社の寮で軟禁生活を送ることに……。

姉の望は、今の生活、そして“声の子供”であることから逃げ出そうと、寮を抜け出しました。しかし、途中で青木組の追手に捕まり、押し問答になり、揉み合いになっているなかで、望は走ってきた車に撥ねられてしまいました。

姉の死を目の前で見てしまった聡一郎に、青木組の男たちは「言うことを聞かないと母親も殺すぞ」と脅されます。姉の死を受け、聡一郎はただただ、青木組の下で学校にも通わず使い走りをして過ごしました。

そんな彼を何かにつけて世話を焼いた男が、後に放火事件の容疑者となる津村でした。津村は賭博の金を中抜きしたことでリンチに遭いました。

監禁されていた津村を助けた聡一郎は、事務所に火をつけると津村と共に逃亡を図ります。途中で、津村と別れた聡一郎は各地を転々とし、今は目の病を抱え、仕事もない状況でした。

保険証もない聡一郎は病院で診察を受けることはできませんでした。俊也は同じ“声の子供”である総一郎の境遇と自分の人生との明暗の差に罪の意識を感じます。

阿久津は俊也が罪の意識を感じる必要はない、多くのものを奪った犯人こそ非難されるべきだと語り掛けます。そして、阿久津はすべての真相を明らかにするためにロンドンに向かうことを告げます。

阿久津がロンドンに向かったころ、俊也は病院から一時帰宅を許された母親を迎え入れていました。母親の真由美は、悪性の腫瘍を抱えて残された時間はごくわずかでした。

そんな真由美が、家族の目を盗むようにそっとあの押入れの戸を開け、例の箱を取り出します。蓋を開けた真由美は、そこにテープと手帳がないことを知り慌てます。

そこに俊也が現れ必死に帰宅したがっていたのはこの証拠を処分するためだったのかと問いかけます。答えられない母に、さらに俊也は「僕の声を録音したのは誰?」と問いかけます。

長い沈黙のあと、真由美は自分が俊也の声を録音したことを認めます。真由美は俊也の父・光雄と出会う前は、長い間、学生運動に身を投じていました。

家族が巻き込まれた事件での警察の対応に不満を募らせた真由美は反体制の運動に参加、その時にはなんと曽根達雄と出会っていました。

しかし、運動が下火になるにつれて真由美も身を引いて百貨店に就職し、そこで光雄と出会い結婚します。

一人息子の俊也も生まれ、光雄も独立してテーラー曽根を開店、穏やかな日々を送っていた真由美の前に光雄の兄として達雄が訪ねてきました。

光雄に学生運動に参加していたことを隠していた真由美は表情をこわばらせます。その表情を見た達雄はとっさの判断で初対面の関係を装いました。達雄の登場で、真由美の心持ちは大きく乱されます。

そして、1984年、達雄から連絡が入り、“ギン萬事件”の犯人であることを告げられ、協力を求められます。穏やかな生活のなかに火種を抱えるような要求でしたが、真由美は協力することを決め、俊也に脅迫状を読ませてその声を録音します。

子どもを罪人にすることを考えなかったのか? という俊也の言葉に対して、真由美は「心が奮い立った」のだと、当時の心境を語ります。

(C)2020「罪の声」製作委員会

阿久津は全ての真相を明らかにするために再びロンドンに向かいます。以前は空振りに終わったソフィに改めて「当時の交際をしていた“日本人”を知らないか?」と問いかけます。

ソフィは困ったような顔をして、知っていると答えます。前回は日本人ではなく中国人と聞いたために知らないとソフィは応えたのでした。

そして、阿久津はついに曽根達雄の居場所を突き止めます。達雄が店主を務めている書店を訪れた阿久津は、真相を語るように迫ります。驚いた達雄ですが、阿久津は俊也とも縁があることを知ると全てを受け入れます。

そして、達雄は静かに“ギン萬事件”の全容を明らかにしていきます。

全ての始まりは生島秀樹が警察を辞めたところから始まりました。学生運動に疲弊していた達雄は、ロンドンに移り住み静かに暮らしていたところへ生島が訪ねてきたのです。

「警察や企業に一発、ガツンと喰らわせたい」という生島の言葉を聞いた達雄は、気持ちが奮い立ち計画を練り始めます。

日本の企業人は護衛なども付けておらず、誘拐は容易なのではないかと達雄は考えていましたが、実際には身代金の受け渡しは不可能だと感じ、株価操作で利益を生むこと考えます。

計画を伝えられた生島は関西地区で人員を集めていきます。その中には経済ヤクザの青木や青酸ソーダを手に入れやすい山下、キツネ目の男、無線傍受のプロなどが含まれていました。

1984年にロンドンから達雄が帰国、犯人グループが動き出します。

しかし、しょせんは急場の寄り合い所帯、株価操作であまり利益が出なかったこともあって、青木たちと生島・達雄たちとが対立していきます。

大掛かりな金銭の奪取を主張する青木たちに対して、リスクが大きすぎると達雄は意見しますが、どうしても大金を手にしたい生島が方針を転向、大金を手にしようと青木たちのアジトに乗り込んでいきます。

外から、その様子を監視していた達雄たちは、ぐったりした生島を布団に包んで車で運び出す青木達の姿を見てしまいます。

生島の死を察知した達雄は、その足で生島家に駆け込み、一家を逃亡させます。靑木たちは、その後、独断で計画を進めますが、現金奪取に失敗、その後は大きなことも起こせずに沈黙したのです。

達雄は「“ギン萬事件”は形を変えた闘争だった」と語りますが、その言葉を受けて阿久津は「結果、何を生んだのか?」と迫り、生島の2人の子ども・望と聡一郎の壮絶な経験を語って聞かせます。

2人の子どものその後を知らずに、ロンドンに渡っていた達雄はその事実を知らされ、驚愕のあまり立ちすくんでしまいます。その姿を見た阿久津は、その場に達雄を残して立ち去っていきます。

阿久津は記事を書き、一面を飾り大きな騒動を日本に起こします。聡一郎は俊也にしつらえてもらった特注のスーツを着て、記者会見に登壇、生き別れの母を探します。

その後、養護施設に母親がいることを知ると、阿久津と共に向かい、無事再会を果たすとともに、姉の望の死に涙を流しました。

全てを明らかにした俊也に看取られて、真由美はこの世を去ります。社会部に移り、真実を追い続けること決めた阿久津はテーラー曽根を訪れてスーツを注文します。

強い信頼感で結ばれた二人の男は互いに新たな道に進んでいくことを讃えあいます。

スポンサーリンク

映画『罪の声』の感想と評価

(C)2020「罪の声」製作委員会

まずは社会を騒がせた実在事件をネタにした犯罪小説を、見事に映画に仕上げたなというのが最初の感想です。

野木亜紀子はこれまでも原作のあるものを映像化に合わせて巧みに脚色してきましたが、今回の塩田武士の原作小説はその情報量の多さから、どうなることかとも思ったのですが、結果として余計な心配に終わりました。

物語の中で大きな意味を持つロンドンロケも本格的に行なわれていて、贅沢感を感じさせる作品です。

贅沢感と言えば、キャスティングも贅沢でした。渋い、通好みの俳優たちが証言者という形でワンシーンだけ登場しては去っていくのです。

全編通して登場し続けるキャラクターがいない中で、主役の小栗旬と星野源の2人は、物語の軸として作品を支え続けます。

小栗旬の演じる新聞記者・阿久津は、積極的に前に進む形で物語を引っ張り、星野源が演じた“声の子供”の一人・俊也は、受け側に回って、物語に深みを与えます。

今まで本格的な共演がなかった2人ですが、映画『罪の声』を機に、このコンビをまだ見ていたいと思わせる息のあった演技を披露していました。

舞台も積極的に出ているので、映像以外での共演も華やかになりそうです。

まとめ

(C)2020「罪の声」製作委員会

映画はある世代以前の人にはみんな知っている、実際に起きたある未解決事件をモチーフに取り扱っています

原作がそうなっていると言えばそのままなのですが、変なアレンジを加えずに、ストレートに“あの未解決事件”だと分かるようになっています。

ただ、その一方で、時効を迎えたとはいえ、多くの関係者(被害に遭った企業、警察、マスコミ関係者など)が存命と言うこともあって、敢えてその事件の名前を使って、作品を紹介することは控えています。

また小栗旬演じる阿久津が過去を追う形で、“ギン萬事件”のあらましが語られているので、事件についての予習はいらない構成になっています。

むしろ、事前の予習で頭をいっぱいにするよりは、フラットな状態で映画に臨み、込められた情報を一つ残らず回収するような気持ちで鑑賞することをお勧めします

秋映画はミステリー、サスペンス映画が続きますが、映画『罪の声』はその大本命の大作ミステリーと言えるでしょう。


関連記事

サスペンス映画

オゾン映画『2重螺旋の恋人』あらすじと感想。マリーヌ・ヴァクトに見る二項対立の考察

フランソワ・オゾン監督の『2重螺旋(らせん)の恋人』は、8月4日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。 オゾン監督はセクシャル・マイノリティの立場から、同性愛や出産などをモチーフにした …

サスペンス映画

映画『チャイニーズ・ブッキーを殺した男』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ジョン・カサヴェテスが自らの姿に重ね合わせたのは、“クレイジー・ホース”に夢を掛けた男、コズモ・ヴィッテッリ。 異色のフィルム・ノワール『チャイニーズ・ブッキーを殺した男』をご紹介します。 スポンサー …

サスペンス映画

映画ノー・エスケープのあらすじ!ネタバレはゼログラビティにあり!

ゴールデンウィークに映画を観に行くなら、緊張感たっぷりの『ノー・エスケープ自由への国境』はいかがでしょうか。 アルフォンソ・キュアロン監督のSF脱出劇『ゼロ・グラビティ』は米アカデミー監督賞を受賞。そ …

サスペンス映画

韓国映画『ゴールデンスランバー』あらすじネタバレと感想。結末は伊坂原作や日本版とも大きく異なったオリジナル作品へ⁈

日本のベストセラー作家である伊坂幸太郎の人気小説をカン・ドンゥオンを主演に迎え、ノ・ドンソク監督で映画化! 大統領候補暗殺犯に仕上げられた一人の宅配ドライバーの運命は!? 韓国映画『ゴールデンスランバ …

サスペンス映画

スピルバーグ映画『ジョーズ』動画無料フル配信!ネタバレ感想と解説評価

名作として知られる映画『ジョーズ』はスティーブン・スピルバーグ監督の1975年に公開された代表作。 弱冠27歳のスピルバーグ監督が、映画製作の事務所のデスクに山積みされた企画書を盗み見して、見つけた企 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP