Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/04/18
Update

小栗旬&星野源映画『罪の声』あらすじとキャスト。土井裕泰と野木亜紀子の最強タッグ再び!

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『罪の声』は2020年10月30日(金)より全国ロードショー。

俳優の小栗旬と星野源が、2020年10月30日(金)よりロードショーされる映画映画『罪の声』にて、ついに初共演を果たしました。

塩田武士の小説『罪の声』を原作とし、昭和最大の未解決事件に翻ろうされる2人の男の姿を描き出します。

監督はドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』『カルテット』の土井裕泰監督、脚本はドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』などで知られる野木亜紀子が務める話題作です。

スポンサーリンク

映画『罪の声』について

新聞記者・阿久津英士役は小栗旬

主人公の新聞記者・阿久津英士に扮するのはコメディからシリアスまで、高い演技力で作品の格を上げることで知られる小栗旬

2020年には『ゴジラVSコング(仮題)』でハリウッド進出が決定しています。

小栗旬が演じる阿久津英士の役柄

小栗旬が演じる阿久津英士は、30年以上前に発生し、既に時効となっている事件の真相を追う役どころです。

阿久津という役に対し、「阿久津という人間を通して、数々と声と向き合い、寄り添い、反発しながら、真実の声を聞き逃さないように真相にたどり着けたらと思います。時代が変わろうとしている今、それでも忘れ去ってはいけない小さな小さな声がある。」と語る小栗旬。

役とともに前に進み、小さな声と真摯に向き合う小栗旬、期待しています。

小栗旬のコメント

原作を読んだ小栗旬は、「原作を読み終えた後、開けてはいけないと言われている扉を開けてしまったような興奮と不安を持ったことを覚えています」とその読後感を振り返ります。

映画化に際しては、「これは覚悟のいることだな」と思ったといいますが、「製作チームにお会いし、皆さんの揺るぎない覚悟をうかがって、その覚悟の一員にさせてもらうことを決意しました」と強い思いを明らかに。

また、共演者の星野源に対しては「独特の存在感を持ち、物腰が柔らかく、私自身、時折ただのファン目線で一緒に撮影していることを喜んでしまう、星野源という素晴らしいアーティストと共に作れる」と喜びをあらわにしました。

スポンサーリンク

曽根俊也役は星野源

俳優・ミュージシャン・文筆家として幅広く活躍している星野源

『映画ドラえもん のび太の宝島』『未来のミライ』(2018)といったアニメ映画に声優としても出演し、マルチな才能を見せています。

星野源が演じる曽根俊也の役柄

星野源は、父親から受け継いだテーラーを営み平凡な毎日を過ごすなか、偶然にも幼少期の自分が知らないうちに昭和最大の未解決事件に関わっていたことを知ってしまう男・曽根俊也役を演じます。

本作のプロデューサーの那須田淳は3年前の企画段階から、曽根俊也を星野源でイメージしていたそう。

その話を聞いてから長い月日が経ったいま、曽根俊也役を演じられることについて、「悲劇でありながらも、人間がこの社会で生きる上でとても大切なメッセージが込められたこの作品の中で、曽根俊也の悲しみと共に生き、演じていきたいと思います」と星野源は語っています。

星野源のコメント

星野源はこの企画を聞いたときのことを、「その発想と恐ろしさに激しく鳥肌が立ったのを今でも覚えている」と振り返りました。

そして初共演の小栗と、『逃げるは恥だが役に立つ』で現場をともにした土井裕泰監督と脚本の野木亜紀子については、「随分前から知り合っていた小栗くんと初めてじっくりとお仕事できること、心から信頼し、尊敬している土井監督、野木さんとまたご一緒できることも本当に嬉しく、幸せに思います」と信頼を寄せています。

原作小説『罪の声』とは

塩田武士の小説『罪の声』は2016年に出版され、その年の「週刊文春」ミステリーベスト10で国内部門第1位を獲得、さらに第7回山田風太郎賞を受賞するなど高い評価を得ました。

フィクションですが、警察庁広域重要指定114号の未解決事件の「グリコ・森永事件」がモチーフです。

塩田の綿密な取材と着想が織り交ぜられ、事件の真相と犯人像に迫るストーリーがリアリティにあふれていることで大きな話題を呼んでいます。

塩田武士は21歳のとき、関西弁のユニークな挑戦状をマスコミに送りつけ、町のあちこちに指示書を貼って身代金を運ばせるという「グリコ・森永事件」の劇場型犯罪に、子どもの声が利用されていることを知ったといいます。

小説『罪の声』を書き始めたきっかけに付いて、塩田武士はこう語っています。

「一説には3人の子どもが関わっているとされるが、私は最年少の未就学児と同世代で、しかも同じ関西に育った可能性が極めて高い。どこかですれ違っているかもしれない。そう思った瞬間、全身に鳥肌が立ち、どうしてもこの子どもたちの物語が書きたくなった」

最初に小説のアイデアを出した時は編集者に、まだその技量が無いと断られたそう。

その後、数々の作品を生みだし、実力を確固たるものにした塩田に、その編集者がそろそろ書いてみてはと打診。

塩田には幼い娘さんがいたため、「グリコ・森永事件」でお菓子に毒を混ぜ、子どもに与えた犯人の悪意や冷酷さを改めて考えました。

何度も書き直し、考え直し、小説の完成には15年を要したそうです。

だからこそ塩田武士は、この小説の映像化は容易ではないと考えていたようですが、製作陣の覚悟を聞き、キャストの名前を聞き、野木氏の脚本を読み、気持ちが翻意していったと言います。

「この映画は総力戦になる、という予感がある。また、そうでなければ戦後最大の未解決事件には立ち向かえはしない。新しい時代を迎える日本で、映画が持つ大きな力を信じて、大作の完成を待ちたい」と語る塩田武士の固い決意に、日本映画と日本の未来を感じます。

スポンサーリンク

モチーフとなった「グリコ・森永事件」とは

グリコ・森永事件(グリコ・もりながじけん)とは、1984年(昭和59年)と1985年(昭和60年)に、阪神を舞台に食品会社を標的とした一連の企業脅迫事件のこと。

警察庁広域重要指定114号事件。犯人が「かい人21面相」と名乗ったことから、かい人21面相事件などとも呼ばれます。

1984年3月、江崎グリコの社長が誘拐。その後、「かい人21面相」を名乗る犯人グループが青酸ソーダ入り菓子をスーパーなどに置き、食品企業を次々に脅迫します。

1985年8月、「もお やめや」と犯行終結を宣言。

この間、マスコミに挑戦状が送りつけられ、劇場型犯罪と呼ばれました。

2000年(平成12年)2月13日に愛知青酸入り菓子ばら撒き事件の殺人未遂罪が時効を迎え、すべての事件の公訴時効が成立。

この事件は完全犯罪となり、警察庁広域重要指定事件では初の未解決事件となりました。

映画『罪の声』の作品情報

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
塩田武士『罪の声』

【監督】
土井裕泰

【キャスト】
小栗旬、星野源

【作品概要】
未解決の「グリコ・森永事件」をモチーフとした塩田武士の同名小説が原作。

事件を追う新聞記者役に、「銀魂」シリーズ、『人間失格 太宰治と3人の女たち』(2019)、『ゴジラVSコング(仮題)』(2020)の小栗旬。

幼いころに自分が事件と関わっていたと知ってしまう男を、『箱入り息子の恋』(2013)や『逃げるは恥だが役に立つ』(2016)で俳優として、ミュージシャンとしても活躍中の星野源が演じます。

監督は『逃げるは恥だが役に立つ』、『カルテット』(2017)、映画『いま、会いにゆきます』(2004)の土井裕泰が、本作でも確かな演出力を発揮。

脚本は『逃げるは恥だが役に立つ』、そして2018年に『アンナチュラル』、『獣になれない私たち』、『フェイクニュース』のオリジナル脚本3作品を送り出した野木亜紀子です。

映画『罪の声』のあらすじ

記者の阿久津(小栗)は昭和最大の未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、残された証拠を元に取材を重ねる毎日を過ごしていましたが、どうしても気になることがありました。

「なぜ犯人グループは、脅迫テープに男児の声を吹き込んだのか」。

一方、京都でテーラーを営む曽根は、父の遺品の中からカセットテープを見つけます。

再生すると、聞こえてきたのは幼少期の自分の声。

それは、30年以上前に複数の企業を脅迫し、日本中を震撼させた事件で犯行グループが使用したテープと全く同じ声でした。

やがて運命に導かれるように2人は出会い、ある大きな決断へと向かいますが…。

まとめ

本作は既に撮影を開始しており、2019年6月にオールアップを予定しています。

脚本家の野木亜紀子は、原作を読み解き、その重要なエピソードを残しながらも映像に適した形で独自のつなぎのエピソードを加える手腕が高い評価を得ています。

さらに、監督の土井裕泰は、人間の多面的な部分を映像で見せる確かな演出力の持ち主です。

原作、スタッフ、キャストと全てがそろった本作。

映画『罪の声』は2020年10月30日(金)より全国で公開です。

続報にご期待下さい。





関連記事

新作映画ニュース

映画『僕に、会いたかった』2枚でTAKAHIROになるティザービジュアル!板垣瑞生らキャスト写真も解禁

「EXILE」TAKAHIRO主演『僕に、会いたかった』 日本の音楽シーンをリードするダンス&ボーカルグループ「EXILE」。 そのヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKA …

新作映画ニュース

『鬼滅の刃』映画主題歌「炎」解説|歌詞から人気キャラ煉獄杏寿郎を読み解く!

映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』は2020年10月16日公開! 累計発行部数1400万部を突破した吾峠呼世晴の大ヒット漫画を原作としたアニメ『鬼滅の刃』が満を持してスクリーンへ登場します。 炭治郎 …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『太陽がほしい 劇場版』あらすじ。戦時中に性被害を受けた中国人女性の証言とは

「私は慰安婦ではない」 中国人女性のことばに耳を傾け、寄り添い、支え、記録を続けた20年。 「慰安婦」という言葉からは想像できない過酷な人生がそこにありました。 ©2018 Ban Zhongyi 班 …

新作映画ニュース

中村倫也が奇跡を起こした映画『長いお別れ』の本編映像解禁!中野量太監督の撮影秘話も

“持ってる男”中村倫也が起こした奇跡とは 中野量太監督が、中島京子の同名小説を映画化した『長いお別れ』が2019年5月31日(金)に全国ロードショーとなります。 蒼井優、竹内結子、松原智恵子、山﨑努と …

新作映画ニュース

実在の文豪の晩年を描いた映画『シェイクスピアの庭』予告編紹介!家族との絆を取り戻すまで

『シェイクスピアの庭』は3月6日より全国順次公開。 没後400年以上を経て、今もなお愛され続ける幾多の名作を世に送り出した英国の偉大な文豪、ウィリアム・シェイクスピア(1564年-1616年)。 (C …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学